アサーティブコミュニケーションとは?

アサーティブコミュニケーションとは?

スポンサードリンク

『コミュニケーションスキル(能力)で人間関係を美しく』を古い記事から読む
【記事タイトル】コミュニケーションスキル:相手を見るコミュニケーションスキル
【記事本文】

コミュニケーションスキル:相手を見るコミュニケーションスキル


コミュニケーションスキル:相手を見るコミュニケーションスキル』に・・・


★興味のない方は

人気ブログランキング


★興味のある方は読み進めてください


コミュニケーションスキルを身につけるときに気をつけることは、

『相手を意識すること』


相手あってのコミュニケーションスキルなのですが、中には、独りよがりな方法を求める人がいます


「絶対に人に好かれるコミュニケーションスキルを教えてください」

「誰にでも好かれるコミュニケーションスキルを伝授してください」

などとよく言われますが、その裏の動機を聞くと、妙なものを想像していることがわかります


確かに、ほとんど誰にでも好かれるコミュニケーションスキルを教えることは可能です


しかし、彼らが想像しているのとは全く別物です


彼らは誰にでも通じる「全人類攻略コミュニケーションスキル」のようなものを想定していました

そんなものあってたまるか!

相手に合わせたコミュニケーションが絶対に必要になります

例えば、今流行の聞き上手

これは悪くない。


ほとんどの場合、うまく行くコミュニケーションスキルの一つでしょう

しかし、聞き上手も全くうまく行かない場合があります

例えば、


相手が、自分の話しをするのが嫌いな人の場合


話したくないのに、話すような雰囲気に持っていかれると嫌です


「それでも、うまく聞き出せばいいのでは?」

確かにそうです。


でもそれにはかなり高等なコミュニケーションスキルが必要です


一般の人が習得している聞き上手というのは、そんな人に対応できるほどレベルの高いものではありません

また、これは少し無茶な話になりますが、聞き上手になりたくてたまらない人に対して聞き上手になろうとすると失敗します

なんとかして聞き上手になりたいのに、ならしてくれないことに憤りを感じるかもしれません


まあ、これは無茶な例ですね

でも、人間は本当にいろいろなので、その人々に合わせるコミュニケーションスキルが必要になります


全人類攻略コミュニケーションスキルなんてものは存在しないことを理解してくださいね

大多数に通じるコミュニケーションスキルみたいなものはありますがね


●コミュニケーションスキル:相手を見るコミュニケーションスキル まとめ●


人に合わせたコミュニケーションをしよう。

全人類攻略コミュニケーションスキルなんてない!


●コミュニケーションスキル:相手を見るコミュニケーションスキル まとめ 終●

●コミュニケーションスキル:相手を見るコミュニケーションスキル 終わり●


『コミュニケーションスキル:相手を見るコミュニケーションスキル』の関連記事が下にあります↓
(『コミュニケーションスキル:相手を見るコミュニケーションスキル』がカテゴリ内の始めての記事の場合は、まだ表示されていません。ご了承ください。)


【記事タイトル】コミュニケーションスキル【タイプ別攻略編】1
【記事本文】

コミュニケーションスキル【タイプ別攻略編】1●


コミュニケーションスキル【タイプ別攻略編】1』に・・・


★興味のない方は

人気ブログランキングコミュニケーションスキルを学ぶ!


★興味のある方は読み進めてください


今回、攻略するのはこのタイプ!



一体感タイプ

一体感タイプというのは、人との一体感を一番大切にする人のこと


職業で言うと、看護師さんや獣医さん、保育士などが多い
(あくまで傾向とイメージで、実際は個人個人で違う)

人と触れ合う職業ね

一体感タイプは、人との一体感を覚えるのが好き


スポーツなんかだと、団体種目をみんなで協力しながらやるのが好き

人の役に立っていることに喜びを感じる

悲しい時は、人にそばにいて欲しい

こんな一体感タイプを攻略するためのコミュニケーションスキルの一つ目


それは、「人の役に立っていること」を強調する言葉を投げかけること

何かしてもらったときはすぐに

「君のおかげで、本当に助かった。ありがとう。」

などとすぐにお礼を言いましょう


相手は、「人の役に立った」と感じることで非常に気分を良くします

逆に落ち込んでいる時は


「君の事はみんなが心配しているし、みんな君のためなら何でも協力するよ」
(特に、僕はそうだよ。ということを伝えよう)


ということを上手く伝えましょう。

それが一体感タイプには一番うれしい


何よりも大切なのは、「いつも気にかけている」ということを伝えること

それを感じることで非常に安心できる

一体感タイプは、自分がされるとうれしいことは他人にもする


母性本能が豊かな人や親分肌の人が多い


人のためにいろいろする

人のことを自分のことのように心配したりする

コミュニケーションを一緒に共感しながら楽しむ、という人が多い


一体感タイプの短所は、感情の起伏が激しいこと

そのへんを知った上でうまく対応するコミュニケーションスキルを身につけよう


人に頼りすぎてべったりするのも短所の一つ


多めに見てあげられるといいですね

●コミュニケーションスキル【タイプ別攻略編】1 まとめ●


一体感タイプには、「あなたのことを気にかけていますよ」と上手く伝えるコミュニケーションスキルが有効


●コミュニケーションスキル【タイプ別攻略編】1 まとめ 終●

●コミュニケーションスキル【タイプ別攻略編】1 終わり●


『コミュニケーションスキル【タイプ別攻略編】1』の関連記事が下にあります↓
(『コミュニケーションスキル【タイプ別攻略編】1』がカテゴリ内の始めての記事の場合は、まだ表示されていません。ご了承ください。)


【記事タイトル】コミュニケーションスキル【タイプ別攻略編】2
【記事本文】

コミュニケーションスキル【タイプ別攻略編】2●


コミュニケーションスキル【タイプ別攻略編】2』に・・・


★興味のない方は

人気ブログランキングコミュニケーションスキルを身につける!


★興味のある方は読み進めてください


今回、攻略するのは、


自己実現タイプ

自己実現タイプの生きがいは、そのまま文字通り自己実現

自分への自信を持ち、プライドも高い

そのため、能力を軽く見られたり、同情されるのをあまり好まない

こんな自己実現タイプ


どんなコミュニケーションスキルが有効なのだろうか?


大体憶測がつくだろうが、


「相手の自尊心をみたす」コミュニケーションスキルが有効

プライドの高い自己実現タイプに良く聞く殺し文句をいくつか教えよう


・「これは、君にしかできない。ぜひ君に頼みたい」


・「君だからできたんだね。おめでとう。あんなことできる人他に思いつかないよ」


・「今回の失敗の原因は君が一番わかっているだろう。余計なことは言わないでおくよ」


明らかに「相手の自尊心をみたす」コミュニケーションスキル


これが自己実現タイプに効きます


自己実現タイプをうまく扱うコミュニケーションスキル

がっつり使い込もう


●コミュニケーションスキル【タイプ別攻略編】2 まとめ●


自己実現タイプには、相手の自尊心を満たすコミュニケーションスキルが一番効く


●コミュニケーションスキル【タイプ別攻略編】2 まとめ 終●

●コミュニケーションスキル【タイプ別攻略編】2 終わり●


『コミュニケーションスキル【タイプ別攻略編】2』の関連記事が下にあります↓
(『コミュニケーションスキル【タイプ別攻略編】2』がカテゴリ内の始めての記事の場合は、まだ表示されていません。ご了承ください。)


【記事タイトル】コミュニケーションスキル:コミュニケーションのすごいスキル【1】
【記事本文】

コミュニケーションスキルコミュニケーションのすごいスキル【1】●


コミュニケーションスキルコミュニケーションのすごいスキル【1】』に・・・


★興味のない方は

人気ブログランキングですごいコミュニケーションスキルを身につける


★興味のある方は読み進めてください


今回は、かなり強力なコミュニケーションスキルについて


ファーストコンタクト、つまり初対面の場面を制するテクニックです


相手があなたに最高に良い印象を持つように仕向けます


作り笑い、お世辞・・・これらのテクニックもなかなか強力です


徹底的に工夫すれば、かなり強力なコミュニケーションスキルとなりえます

でも、それらは徹底的に訓練しないとどうもうそ臭い


作り物であることを見抜かれる可能性が比較的高いのだ


そして、好意が嘘であることを見抜かれたとき、相手はあなたに一番悪い印象を抱く

これは少しリスクが大きすぎるように思う

そこで、相手の潜在意識にまで浸透するつくり愛想を実現したいと思う


方法は簡単


あなたの心の中に、本当に心から楽しくなれるものを思い浮かべるのだ


自然と笑みが浮かぶほどの楽しいもの


大好きな恋人でも異性でもいいし、ペットでも家族でもいい

心から愛を感じられるものだ

そういったものが心に浮かぶ時、あなたの表情・姿は非常に魅力的になっている

意識では動かせない不随意筋があなたの美しさを作っている


だから、相手は絶対にそれが作り物だとは見抜けない


その心で相手に向かってみよう


好意返報の法則に基づき、あなたのことを心から愛することになるだろう


心から愛するものを浮かべる、これが最強の初対面用コミュニケーションスキル


この上のスキルもあるのだが、それはまた次回


●コミュニケーションスキル:コミュニケーションのすごいスキル【1】 まとめ●


自分が心から愛せるものを浮かべて、相手に接しよう


●コミュニケーションスキル:コミュニケーションのすごいスキル【1】 まとめ 終●

●コミュニケーションスキル:コミュニケーションのすごいスキル【1】 終わり●


『コミュニケーションスキル:コミュニケーションのすごいスキル【1】』の関連記事が下にあります↓
(『コミュニケーションスキル:コミュニケーションのすごいスキル【1】』がカテゴリ内の始めての記事の場合は、まだ表示されていません。ご了承ください。)


【記事タイトル】コミュニケーションスキル【雑談お話編】
【記事本文】

コミュニケーションスキル【雑談お話編】●


コミュニケーションスキル【雑談お話編】』に・・・


★興味のない方は

人気ブログランキングコミュニケーションスキル【雑談お話編】に匹敵する技術を習得!


★興味のある方は読み進めてください


雑談やお話は非常に重要です


そこでの話し方ももちろん重要


しかし、今回取り上げるコミュニケーションスキルは、雑談やお話の内容に秘密があります


雑談やお話にこんな重要な意味があったなんて!


と驚かれることでしょう


いや、賢いあなたなら、すでにこのコミュニケーションスキルを習得済みだったかもしれませんね

では、そのコミュニケーションスキルを確認してみましょう


それは、本題に始まる前にする雑談やお話の時に使えます


どんなテクニックかというと・・・

『雑談やお話の中に、あなたが有利になるような話しを意図的に盛り込む』

というものです


こうすることで、相手は潜在意識の中であなたの能力や人柄を認めます


本題に入る前にあなたはかなり有利な立場にいるのです


営業や交渉ならば、非常にあなたの有利に進めることができます


なぜ、このテクニックがよく通じるのか?


それは、本題に入る前の雑談やお話は、警戒することなく気軽に聞けるからです


警戒心なしに気軽に聞いたことは自然と本当のことだと信じます


雑談をしているときに、相手の言っていることが本当なのかどうか真剣に検討する人はあまりいませんからね


ですから、本題に入る前の雑談やお話のうちに、あなたの有利に働くネタを仕込むといいのです


これは非常に有効で強力なコミュニケーションスキルのひとつです


ぜひ使いこなしましょう

●コミュニケーションスキル【雑談お話編】 まとめ●


本題に入る前の雑談やお話で、あなたの有利な立場を確保してしまおう


●コミュニケーションスキル【雑談お話編】 まとめ 終●

●コミュニケーションスキル【雑談お話編】 終わり●


『コミュニケーションスキル【雑談お話編】』の関連記事が下にあります↓
(『コミュニケーションスキル【雑談お話編】』がカテゴリ内の始めての記事の場合は、まだ表示されていません。ご了承ください。)


【記事タイトル】コミュニケーションスキルで先を気にさせる話し方
【記事本文】

コミュニケーションスキルで先を気にさせる話し方●


コミュニケーションスキルで先を気にさせる話し方』に・・・


★興味のない方は

ALT+数字+ENTER


★興味のある方は読み進めてください

相手に話を聞いてもらうためには、常に次が気になる話し方をしなくてはいけない


まだ、俺の考えは甘かった

そのせいでひどいことになったんだよ

とかいうと、絶対に話の続きが気になります


気になった話は聞いていて嫌な気分がしません


相手に話を聞いてもらいたいときは、聞きたくなる話し方をするというコミュニケーションスキルを最低限身につけておきたいですね


そういうコミュニケーションスキルがあれば、話を沢山聞いてもらえるので非常に気分がいいです


それに、話し方が改善されると自分で自分の話を面白くも感じられるのでお得

どういう話の先が気になるか、それを日ごろから研究したい


基本的に好奇心を刺激する話し方をすると人は話を聞きたくなります


うまく好奇心を刺激する話し方を身につけてコミュニケーションスキルを上げましょう

いつもまわりの話に耳を傾けてください


誰かコミュニケーションスキル高い人が、きっと好奇心を刺激するうまい話し方をしているはずです

また、どうやったら好奇心を刺激できるのか、話し方の講座、コミュニケーションスキルの講座などをチェックしてみるのもいいかもしれない


最近は話し方やコミュニケーションスキルを重視する傾向が高まっているので、そういう講座は十分な数用意されています

ぜひ、話し方講座、コミュニケーションスキル講座を試したり、日常の中で話し方やコミュニケーションスキルを研究したりしてみてはいかがでしょう?

確実に自分の話し方やコミュニケーションスキルがあがりますよ!


●コミュニケーションスキルで先を気にさせる話し方 まとめ●


話し方やコミュニケーションスキルを身につける。好奇心を刺激して話を聞いてもらおう


●コミュニケーションスキルで先を気にさせる話し方 まとめ 終●

●コミュニケーションスキルで先を気にさせる話し方 終わり●


『コミュニケーションスキルで先を気にさせる話し方』の関連記事が下にあります↓
(『コミュニケーションスキルで先を気にさせる話し方』がカテゴリ内の始めての記事の場合は、まだ表示されていません。ご了承ください。)


【記事タイトル】コミュニケーションスキル【話し方の改善】
【記事本文】

コミュニケーションスキル【話し方の改善】●


コミュニケーションスキル【話し方の改善】』に・・・


★興味のない方は

人気ブログランキングコミュニケーションスキルや話し方以外の・・・

★興味のある方は読み進めてください


コミュニケーションスキルで重要なものの一つ、話し方

話し方の重要性は誰もが気づいています


しかし、なかなかうまい話し方を身につけられないのが実情です

なぜなのか?

それは、人には話したい、というかなり強い欲求があるからです


その欲求に振り回される形で話してしまうので、よい話し方ができません


つまり、その欲求を上手くコントロールするのがコミュニケーションスキルということになります


話し方をうまく変えるには次のルールを守る必要があります

『興味を引く一言と、相手に質問されたことしか話さない』


これは話し方を改善するためのゴールデンルールです

コミュニケーションスキルの向上に欠かせない最高のルール


これを完全に守れれば、余計な話をすることはありません


さらに、非常に面白い話し方が身につきます


人にものすごく関心を持ってもらえるのです


このコミュニケーションスキルを身につければ、あなたの話し方は非常に魅力的なものになるでしょう


もちろん、その分難易度が高いです


頑張ってもこのコミュニケーションスキルはなかなか習得できなかったりします

でも、習得への努力を繰り返す間中、あなたのコミュニケーションスキルはレベルアップし続けています

●コミュニケーションスキル【話し方の改善】 まとめ●


コミュニケーションスキルを上げるルールを守って、話し方を改善しよう


●コミュニケーションスキル【話し方の改善】 まとめ 終●

●コミュニケーションスキル【話し方の改善】 終わり●


『コミュニケーションスキル【話し方の改善】』の関連記事が下にあります↓
(『コミュニケーションスキル【話し方の改善】』がカテゴリ内の始めての記事の場合は、まだ表示されていません。ご了承ください。)


【記事タイトル】コミュニケーションのすごい・・・』が『英語の勉強方法ー!…』を紹介
【記事本文】

●『 コミュニケーションのすごい・・・』が『英語の勉強方法ー!…』を紹介●


今回はご紹介するサイトは、

英語の勉強方法-!英語の勉強方法-!』です

このブログは、東大生が英語の勉強方法について語ったもの。
自分でもかなり詳しく英語の勉強方法を研究していたのだが、
Dr.terukiという医師の英語の勉強方法に負けたらしい。

そこで、そのDr.terukiさんの英語の勉強方法を中心に、
様々な英語の勉強方法を紹介している。

英語を勉強する前に忘れずやっておきたいこと、
東大受験を経験した上での大学受験英語の話など
いろいろな話題が充実しています。

他に、英単語の暗記方法・英語発音の勉強方法についても
詳しく紹介されています。

英語の勉強方法にご興味のある方は、一度ごらんになられては
どうでしょうか?


●『 コミュニケーションのすごい・・・』が『英語の勉強方法ー!…』を紹介 今回のリンク●

『英語の勉強方法-!英語の勉強方法-!』

●『 コミュニケーションのすごい・・・』が『英語の勉強方法ー!…』を紹介 今回のリンク●


●『 コミュニケーションのすごい・・・』が『英語の勉強方法ー!…』を紹介 完●


『『 コミュニケーションのすごい・・・』が『英語の勉強方法ー!…』を紹介』の他に相互紹介記事がたくさんあります↓↓
(相互紹介をご希望される方は、紹介文をご用意の上、コメント欄から申請ください。)

今日は、当ブログにお越しいただきありがとうございました。

ぜひ、またご来訪ください。

次は、より優れた記事を用意してお待ちしております。


【記事タイトル】『 コミュニケーション・・・』が、『ビジネスアイディア…』を紹介
【記事本文】

●『 コミュニケーション・・・』が、『ビジネスアイディア…』を紹介●


今回はご紹介するサイトは、

ビジネスアイディアビジネスアイディアコンテストで勝つ!

このサイトでは、ビジネスアイディアを考える方法を紹介しています。
ビジネスアイディアを考えるには、いろいろな工夫が要りますね。
そのヒントが無料でたくさん楽しめるサイトです。

面白いビジネスアイディアを考えたい人、
ビジネスアイディアコンテストで勝ちたい人、
今すぐ実行するビジネスアイディアが必要な人、
あらゆるビジネスアイディアを必要とする人にオススメです。

読んでみると、思いも寄らないほどビジネスアイディアが
思い浮かんでしまうかもしれません。
興味のある方は、どうぞごらんになってください。


●『 コミュニケーション・・・』が、『ビジネスアイディア…』を紹介 今回のリンク●

ビジネスアイディア!ビジネスアイディアコンテストで勝つ!

●『 コミュニケーション・・・』が、『ビジネスアイディア…』を紹介 今回のリンク●


●『 コミュニケーション・・・』が、『ビジネスアイディア…』を紹介 完●


『『 コミュニケーション・・・』が、『ビジネスアイディア…』を紹介』の他に相互紹介記事がたくさんあります↓↓
(相互紹介をご希望される方は、紹介文をご用意の上、コメント欄から申請ください。)

今日は、当ブログにお越しいただきありがとうございました。

ぜひ、またご来訪ください。

次は、より優れた記事を用意してお待ちしております。


【記事タイトル】『 コミュニケーションのすごいスキルを』が『キャッチコピーの作り方の参考にどうぞ!』を紹介
【記事本文】

●『 コミュニケーションのすごいスキルを』が『キャッチコピーの作り方…』を紹介●


今回はご紹介するサイトは、

キャッチコピーの作り方:キャッチコピーの作り方の参考のどうぞ!

このサイトは、キャッチコピーの作り方について
いろいろな情報を提供しています。

売れるキャッチコピーの作り方、
人をひきつけるキャッチコピーの作り方など、
話題は豊富です。


キャッチコピーの作り方の基本的な法則なども
しっかりと述べられています。
キャッチコピーの作り方にご興味のある方は、一度ごらんに
なられるとよいかもしれません。

●『 コミュニケーションのすごいスキルを』が『キャッチコピーの作り方の参考にどうぞ!』を紹介 今回のリンク●

キャッチコピーの作り方:キャッチコピーの作り方の参考のどうぞ!

●『 コミュニケーションのすごいスキルを』が『キャッチコピーの作り方の参考にどうぞ!』を紹介 今回のリンク●


●『 コミュニケーションのすごいスキルを』が『キャッチコピーの作り方の参考にどうぞ!』を紹介 完●


『『 コミュニケーションのすごいスキルを』が『キャッチコピーの作り方の参考にどうぞ!』を紹介』の他に相互紹介記事がたくさんあります↓↓
(相互紹介をご希望される方は、紹介文をご用意の上、コメント欄から申請ください。)

今日は、当ブログにお越しいただきありがとうございました。

ぜひ、またご来訪ください。

次は、より優れた記事を用意してお待ちしております。


【記事タイトル】『 コミュニケーションのすごいスキルを』が『リーダーシップ理論…』をご紹介
【記事本文】

●『 コミュニケーションのすごいスキルを』が『リーダーシップ理論…』をご紹介●


今回はご紹介するサイトは、

リーダーシップ理論を超えて:リーダーシップ理論の限界を打ち破る!
です

このサイトでは、リーダーシップに関する記事を取り上げています。
今のところ、このサイトのリーダーシップ理論は、
人間的な魅力を重視したリーダーシップ理論となっているようです

リーダーシップを発揮するための7つの習慣などは
非常に面白いですね。
ここに書かれているリーダーシップ理論を守れば、
かなり立派なリーダーになれると思います

リーダーシップ理論を学んで立派なリーダーシップを発揮したい方、
将来リーダーになってみたい方、
リーダーシップ理論に興味のある方に、オススメのサイトです

一般的なリーダーシップ理論を越えることを目指しているだけあって、
なかなかレベルが高く、
現在にふさわしいリーダーシップ理論を展開していますよ

●『 コミュニケーションのすごいスキルを』が『リーダーシップ理論…』をご紹介 今回のリンク●

リーダーシップ理論を超えて:リーダーシップ理論の限界を打ち破る!

●『 コミュニケーションのすごいスキルを』が『リーダーシップ理論…』をご紹介 今回のリンク●


●『 コミュニケーションのすごいスキルを』が『リーダーシップ理論…』をご紹介 完●


『『 コミュニケーションのすごいスキルを』が『リーダーシップ理論…』をご紹介』の他に相互紹介記事がたくさんあります↓↓
(相互紹介をご希望される方は、紹介文をご用意の上、コメント欄から申請ください。)

今日は、当ブログにお越しいただきありがとうございました。

ぜひ、またご来訪ください。

次は、より優れた記事を用意してお待ちしております。


【記事タイトル】『 コミュニケーションのすごいスキルを』が『女の口説き方、暴露100連発byモテる男【未来】』をご紹介
【記事本文】

●『 コミュニケーションのすごいスキルを』が『女の口説き方、暴露100連発byモテる男【未来】』をご紹介●


今回はご紹介するサイトは、


女の口説き方女の口説き方暴露100連発BY【未来】

です


このサイトは、女の口説き方について書かれています。
驚くことにブログ管理人の未来さんは、
小学5年生のころから女の口説き方について研究し続けているそうです。


そのころから磨いてきた女の口説き方の一部が
公開されています。
すごい女の口説き方テクニックに驚くばかりです。

彼は、現在は、女の口説き方専門の恋愛コンサルとして
リアルで活躍中だそうです。
少しずつネットの世界に進出しようとしているみたいですが。

また、現在は、女の口説き方に関するメルマガも発行しているようです。
そちらのほうは、ブログよりもさらにつっこんだ女の口説き方を
紹介しています。

まさに女の口説き方のスペシャリストというべき彼の
女の口説き方ブログは、モテない男性のみならず、
偏差値60ちょっとの少しモテる男性にもぴったりです。


女の口説き方に興味があるかたはぜひ、ご覧ください。


●『 コミュニケーションのすごいスキルを』が『女の口説き方、暴露100連発byモテる男【未来】』をご紹介 今回のリンク●

女の口説き方:女の口説き方暴露100連発BY【未来】

●『 コミュニケーションのすごいスキルを』が『女の口説き方、暴露100連発byモテる男【未来】』をご紹介 今回のリンク●


●『 コミュニケーションのすごいスキルを』が『女の口説き方、暴露100連発byモテる男【未来】』をご紹介 完●


『『 コミュニケーションのすごいスキルを』が『女の口説き方、暴露100連発byモテる男【未来】』をご紹介』の他に相互紹介記事がたくさんあります↓↓
(相互紹介をご希望される方は、紹介文をご用意の上、コメント欄から申請ください。)

今日は、当ブログにお越しいただきありがとうございました。

ぜひ、またご来訪ください。

次は、より優れた記事を用意してお待ちしております。


【記事タイトル】コミュニケーションスキルの基本は聞き方の裏にあり!
【記事本文】

●コミュニケーションスキルの基本は聞き方の裏にあり!●


今回は、『コミュニケーションスキルの基本は聞き方の裏にあり!』というテーマの記事です


★興味のある方は読み進めてください


聞き方は非常に大切です。


コミュニケーションスキルを磨く人
ならよく知っていることでしょう。

以前は、話し方を学ぶ人ばかりが多かったのですが、
最近は聞き方を学ぼうとする人が増えてきました。

いわゆる「聞き上手」をテーマに掲げた書籍・セミナーも
増えてきましたね。

しかし、まだ十分といえるほど聞き方のスキルを身につけている
人は少ないでしょう。
聞き方を学ぶ人の裏には、恐ろしい癖があるのです。


その癖とは…

『どうしても、人間は自分のことを一番と感ること』

です。

一番すごいとか
一番頭がいいとか
一番かっこいいとか
一番かわいいと思っているのではありません。


自分が一番重要な存在である、と考えているのです。

聞き方はこのことをよく理解した上で身につけようとしないと
しっかりと身につけることはできません。
自分を一番に重要視する自分を監視しながら身につける
必要があるのですね。

●コミュニケーションスキルの基本は聞き方の裏にあり! ポイント●


よい聞き方を身につけるためには、自分を一番重要と考えて
しまう癖があることを自覚することからはじめよう


●コミュニケーションスキルの基本は聞き方の裏にあり! ポイント 終●

●コミュニケーションスキルの基本は聞き方の裏にあり! 完●


『コミュニケーションスキルの基本は聞き方の裏にあり!』の関連記事が表示されています↓↓
(『コミュニケーションスキルの基本は聞き方の裏にあり!』は、他の記事と関連付けて読むことで、さらに価値を増します。『コミュニケーションスキルの基本は聞き方の裏にあり!』だけで理解できなかった内容が理解できることもあるはずです。ぜひ、時間に余裕がありましたら、目を通してください。)

今日は、当ブログにお越しいただきありがとうございました。

ぜひ、またご来訪ください。


次は、より優れた記事を用意してお待ちしております。


【記事タイトル】『 コミュニケーションのすごいスキルを』が『ネットセキュリティ塾!』をご紹介』をご紹介
【記事本文】

●『 コミュニケーションのすごいスキルを』が『ネットセキュリティ…』をご紹介●


今回はご紹介するサイトは、

ネットセキュリティ


今回ご紹介するサイトは、ネットセキュリティに関するサイトです。
ネットセキュリティというのは想像以上に大切なんですね。
ネットの世界がここまで危険だとは思いませんでした。

最近もどんどん新しいウィルスなどが誕生してネットセキュリティが
脅かされています。
また、多くの人はネットセキュリティ意識が低くて、定番のウィルスにも
やられているそうです。

ネットセキュリティのプロの方は、一般の方のパソコンが
あまりにウィルスに感染しすぎていて驚きます。
メールを使うだけでもサイトを少し閲覧するだけでも
危険はあるんですね。

ネットセキュリティは本当に大切です。
ネットセキュリティについて、少しでも知りたいなら、
見ておいたほうがいいかもしれません。
多くの場合、すでにネットセキュリティが犯されていることを実感される
ことでしょう


●『 コミュニケーションのすごいスキルを』が『ネットセキュリティ塾!』をご紹介 今回のリンク●

ネットセキュリティ塾

●『 コミュニケーションのすごいスキルを』が『ネットセキュリティ塾!』をご紹介 今回のリンク●


●『 コミュニケーションのすごいスキルを』が『ネットセキュリティ塾!』をご紹介 完●


『『 コミュニケーションのすごいスキルを』が『ネットセキュリティ塾!』をご紹介』の他に相互紹介記事がたくさんあります↓↓
(相互紹介をご希望される方は、紹介文をご用意の上、コメント欄から申請ください。)

今日は、当ブログにお越しいただきありがとうございました。

ぜひ、またご来訪ください。

次は、より優れた記事を用意してお待ちしております。


【記事タイトル】コミュニケーションスキル(聞き方)は、人生の成功を…
【記事本文】

コミュニケーションスキル(聞き方)は、人生の成功を…●


今回は、『コミュニケーションスキル(聞き方)は、人生の成功を…』というテーマの記事です


★興味のある方は読み進めてください


聞き方で人生変わります。

聞き方を変えるだけでコミュニケーションスキルは
かなりアップします。
その結果、多くの人と仲良くなることができ、
人生の成功が加速します。


また、聞き方を変えると多くの情報を手に入れることができます。
その結果、成功するための情報がたくさん集まり、
人生の成功が加速します。


この二つの大きなメリットをまずは自覚しましょう。

その上で、聞き方を変えて行くのです。

人は、誰しも話を聞いて欲しい。
そして、話したい。
話を聞ける人が圧倒的に少数です。
話の聞き方が圧倒的にうまければ、絶対に好かれます。

うまくなくても、とりあえず聞くだけで好かれます。
人の話を聞く習慣をつけましょう。
すごく人に好かれます。

人は誰でも優れた情報を持っています。
優れた聞き方を身につければ、その情報を好きなだけ取り出せます。
そうすれば人生の成功は近づきます。

人に教えてもらえばもらうほど教えてもらうのがうまくなります。
人の話を聞くことによる成功はどんどん加速していくものなのです。

周りの人すべてを師匠と考えて人生の成功を歩んでいきましょう。
この目的を踏まえたうえで聞き方を工夫するといいですね。


●コミュニケーションスキル(聞き方)は、人生の成功を… ポイント●


聞き方を上達すれば、人に好かれ、成功する日も近づく


●コミュニケーションスキル(聞き方)は、人生の成功を… ポイント 終●

●コミュニケーションスキル(聞き方)は、人生の成功を… 完●


『コミュニケーションスキル(聞き方)は、人生の成功を…』の関連記事が表示されています↓↓
(『コミュニケーションスキル(聞き方)は、人生の成功を…』は、他の記事と関連付けて読むことで、さらに価値を増します。『コミュニケーションスキル(聞き方)は、人生の成功を…』だけで理解できなかった内容が理解できることもあるはずです。ぜひ、時間に余裕がありましたら、目を通してください。)

今日は、当ブログにお越しいただきありがとうございました。

ぜひ、またご来訪ください。


次は、より優れた記事を用意してお待ちしております。


【記事タイトル】コミュニケーション能力向上だ!聞き方の3つの法則
【記事本文】

コミュニケーション能力向上だ!聞き方の3つの法則●


今回は、『コミュニケーション能力向上だ!聞き方の3つの法則』というテーマの記事です


★興味のある方は読み進めてください

聞き上手には3つの特徴があります。
これはそのまま聞き方の基本になります。

コミュニケーションスキルをアップさせるには
欠かせない3つの特徴ですね。
普通の人は、強く意識しないとなかなかできない
ことばかりです。

では、早速見てみましょう。

1.積極的に話を聞いている

これは簡単なようで難しいですよ。
僕はよく周りの人が話をしている様子などを観察していますが、
ほとんどの人が人の話を聞き流しています。


積極的に聞いているのではなくて「聞いている振り」をしています。

2.うなずいたり相槌をして聞いている

聞き方のうまい人はうなずきや相槌が上手です。
普通の人は、「はぁ」「ああ」「ふ~ん」などと
『聞き流す』相槌をします。


しかし、聞き方の上手い人は、
「うんうん」「なるほど」「へぇ~」という少し積極的な言葉のあとに
さらに話しやすくなる一言を求めたり、相手の話を褒めたりします。

3.アイコンタクトをする


聞き方の上手い人は相手の話を聞くとき、相手の目を見ます。
目を見ることで話を聞いてもらっているという実感が湧くんですね。
それを自然とやるのが聞き方の上手な人です。


人目を見ながら話を聞くようにしたいものですね。

●コミュニケーション能力向上だ!聞き方の3つの法則 ポイント●


コミュニケーションスキルをアップさせるために聞き方の3原則を守ろう


●コミュニケーション能力向上だ!聞き方の3つの法則 ポイント 終●

●コミュニケーション能力向上だ!聞き方の3つの法則 完●


『コミュニケーション能力向上だ!聞き方の3つの法則』の関連記事が表示されています↓↓
(『コミュニケーション能力向上だ!聞き方の3つの法則』は、他の記事と関連付けて読むことで、さらに価値を増します。『コミュニケーション能力向上だ!聞き方の3つの法則』だけで理解できなかった内容が理解できることもあるはずです。ぜひ、時間に余裕がありましたら、目を通してください。)

今日は、当ブログにお越しいただきありがとうございました。

ぜひ、またご来訪ください。


次は、より優れた記事を用意してお待ちしております。


【記事タイトル】コミュニケーションスキルアップ「あなたはどう思いますか?」
【記事本文】

コミュニケーションスキルアップ「あなたはどう思いますか?」●


今回は、『コミュニケーションスキルアップ「あなたはどう思いますか?」』というテーマの記事です


★興味のある方は読み進めてください

いきなり意見を言わないでください。

人は自分の意見を言う前に、相手に意見を述べられても
話をほとんど聞きません。
自分の意見のことばかり考えてしまうからですね。
そうなると、もう相手はうわの空。
こちらの話には一切耳を傾けません。


逆に、相手の意見を先に聞いてあげると、相手は
あなたの意見を熱心に聞いてくれます。

一度、自分の意見を聞いてもらえれば相手は
すっきりします。
そして、どうしてもしたいことがなくなった相手は
自然とあなたの意見に耳を傾けます。

一度相手の話を聞いただけで、本当に相手に話を聞いてもらえます。
激しい言い合いも、相手の話をしっかりと聞くだけで
簡単に収まったりするのです。
何はともあれ、話を聞く習慣をつけましょう。

まずは、
「あなたはどう思いますか?」
と質問するのです。

この習慣がつけば、人間関係がかなりよくなります。
人にすごく好かれます。
自分の意見もよく通るようになります。
いいこと尽くめですね。


●コミュニケーションスキルアップ「あなたはどう思いますか?」 ポイント●


まずは、「あなたはどう思いますか?」と質問して
相手の意見を聞こう。


●コミュニケーションスキルアップ「あなたはどう思いますか?」 ポイント 終●

●コミュニケーションスキルアップ「あなたはどう思いますか?」 完●


『コミュニケーションスキルアップ「あなたはどう思いますか?」』の関連記事が表示されています↓↓
(『コミュニケーションスキルアップ「あなたはどう思いますか?」』は、他の記事と関連付けて読むことで、さらに価値を増します。『コミュニケーションスキルアップ「あなたはどう思いますか?」』だけで理解できなかった内容が理解できることもあるはずです。ぜひ、時間に余裕がありましたら、目を通してください。)

今日は、当ブログにお越しいただきありがとうございました。

ぜひ、またご来訪ください。


次は、より優れた記事を用意してお待ちしております。


【記事タイトル】コミュニケーションスキル、アップ!盗まない技術
【記事本文】

コミュニケーションスキル、アップ!盗まない技術●


今回は、『コミュニケーションスキル、アップ!盗まない技術』というテーマの記事です


★興味のある方は読み進めてください

人の話を聞くのは難しい。

それを実感してもらえると思います。
間接的に。

もちろん、うまく人の話を聞くための
解決策もセットです。

では、早速本題に入ってみます。


人は相手の話す権利を奪い取ります。
しかも多くの場合無意識に。
あなたも何度か経験があるでしょう。

相手の話を少し聞いたときに、思いついたことを
すぐに口に出してしまった経験が。
そして、そのまま自分の話を続けてしまったでしょう。


ほとんどの相手は露骨に、嫌がったりはしないでしょう。
むしろ、話を聞いてもらえなかったことでストレスを感じている
ことにも気づきません。
人には「無意識ストレス」というものがありますからね。
自分で自覚できないうちに感じているストレスのことです。

しかし、無意識にでもストレスを感じていれば、
あまりいい気分はしません。
ですから、相手の話を奪うのはもうやめるべきです。

これは非常に難しいことなのですが…。

思いついたことは、どうしても口にしたくなります。
日常生活で話すことのほとんどが思いつきによるものです。
実際に、自分で確認してみるとよくわかります。

この癖を直せば、聞き上手へ向けて一歩近づけます。
人が話している途中に、思いつきで話すことがなくなる
ということは非常に素晴らしいことです。

間違いなく、多くの人から好かれるでしょう。
「あの人は、話を本当に良く聞いてくれる!」
と大評判になってもおかしくないです。

難しいですが、少しずつ努力することでこの癖を
直すことは可能です。
人の話を奪い取らないようになれば、
確実にコミュニケーションスキルがアップします。


●コミュニケーションスキル、アップ!盗まない技術 ポイント●


人の話を奪い取らないようにしよう


●コミュニケーションスキル、アップ!盗まない技術 ポイント 終●

●コミュニケーションスキル、アップ!盗まない技術 完●


『コミュニケーションスキル、アップ!盗まない技術』の関連記事が表示されています↓↓
(『コミュニケーションスキル、アップ!盗まない技術』は、他の記事と関連付けて読むことで、さらに価値を増します。『コミュニケーションスキル、アップ!盗まない技術』だけで理解できなかった内容が理解できることもあるはずです。ぜひ、時間に余裕がありましたら、目を通してください。)

今日は、当ブログにお越しいただきありがとうございました。

ぜひ、またご来訪ください。


次は、より優れた記事を用意してお待ちしております。


【記事タイトル】『コミュニケーションのすごいスキルを』が『ベンチャー起業で成功するために』をご紹介
【記事本文】

●『コミュニケーションのすごいスキルを』が『ベンチャーな起業…』をご紹介●


今回はご紹介するサイトは、

ベンチャーな起業で成功する!
です


このサイトは、ベンチャーな起業に関するブログです。
同時にベンチャーな起業に関するメルマガも発行しています。
メルマガは、『ベンチャーな起業の勘違い!』というタイトルですね。

ベンチャーな起業をする時に必要な心構え
ベンチャーな起業をする時に必要な資金集め
ベンチャーな起業をする時に必要な人材の集め方
ベンチャーな起業をする時に必要なリーダーシップ
ベンチャーな起業をする時に必要なマインド
ベンチャーな起業をする時に必要な戦略
・・・・
などベンチャーな起業に関する話題が非常に豊富です。

ベンチャーな起業に興味のある方は一度ご覧になってみると
いいかもしれません。
ベンチャーな起業に関する多くの記事がありますよ!


●『コミュニケーションのすごいスキルを』が『ベンチャー起業で成功するために』をご紹介 今回のリンク●

ベンチャーな起業で成功する!

●『コミュニケーションのすごいスキルを』が『ベンチャー起業で成功するために』をご紹介 今回のリンク●


●『コミュニケーションのすごいスキルを』が『ベンチャー起業で成功するために』をご紹介 完●


『『コミュニケーションのすごいスキルを』が『ベンチャー起業で成功するために』をご紹介』の他に相互紹介記事がたくさんあります↓↓
(相互紹介をご希望される方は、紹介文をご用意の上、コメント欄から申請ください。)

今日は、当ブログにお越しいただきありがとうございました。

ぜひ、またご来訪ください。

次は、より優れた記事を用意してお待ちしております。


【記事タイトル】『 コミュニケーションのすごいスキルを』が『文章力を向上させるには…』をご紹介
【記事本文】

●『 コミュニケーションのすごいスキルを』が『文章力を向上させるには…』をご紹介●


今回はご紹介するサイトは、

文章力を向上させる
です

このサイトでは、『文章力を向上させる方法』
を取り上げています。
文章力をつけるのは非常に難しいですよね。


上のサイトではなぜ文章力を理解するのが難しいのかを説明した上で、
文章力を向上させる方法を紹介しています。
難しい文章力の向上をするのはやはりある程度大変なようです

ホンモノの文章力を身につけるには、どうしたらいいのか?
その答えが書かれていましたが、かなり困難な道なのですね。
その現実を突きつけられて「はっ」としました。
気が引き締まる思いです。

文章力を上げるために文章構成力も身につけられます。
わかりやすい文章を書く力も身につけられます。
読書と文章力の関係を学んだり、
ビジネスの文章力を身につけることもできます。


文章力のおくの深さを体験してみたい方は
ぜひご覧になってみてください

●『 コミュニケーションのすごいスキルを』が『文章力を向上させるには…』をご紹介 今回のリンク●

文章力:文章力を向上させるには…

●『 コミュニケーションのすごいスキルを』が『文章力を向上させるには…』をご紹介 今回のリンク●

●『 コミュニケーションのすごいスキルを』が『文章力を向上させるには…』をご紹介 完●


『『 コミュニケーションのすごいスキルを』が『文章力を向上させるには…』をご紹介』の他に相互紹介記事がたくさんあります↓↓
(相互紹介をご希望される方は、紹介文をご用意の上、コメント欄から申請ください。)

今日は、当ブログにお越しいただきありがとうございました。

ぜひ、またご来訪ください。

次は、より優れた記事を用意してお待ちしております。


【記事タイトル】『 コミュニケーションのすごいスキルを』が『簡単に?ネットで稼ぐ方法を大量に』をご紹介
【記事本文】

●『 コミュニケーションのすごいスキルを』が『簡単に?ネットで稼ぐ方法を大量に』をご紹介●


今回はご紹介するサイトは、


簡単に?ネットで稼ぐ方法を大量に
です

このサイトでは、ネットで稼ぐ方法が大量に紹介されています。
懸賞で稼ぐとか、アンケートで稼ぐとか、紹介者しか稼げない
ものは紹介されていません。

グーグルアドセンス広告を使用してネットで稼ぐ方法、
メルマガと情報商材によりネットで稼ぐ方法、
携帯アフィリエイトに参入してネットで稼ぐ方法、
情報起業をしてネットで稼ぐ方法、
など、本格的に稼ぐ方法について紹介しています。

ただの小遣い稼ぎというよりは、ある程度本格的に
稼ぐことを意識している方に向いているサイトですね

ネットで稼ぐのは簡単といいつつも、全力で取り組まないと
いけないといっています。
なぜなら、本当に簡単に稼げる方法をみつけたら、その方法で
徹底的に努力する人間が現れるからです。

自分だけが簡単に稼げるからといって、怠けていると、
すぐに稼げなくなってしまうのです。

だから、本気でネットで稼ぐ人のために情報を公開しているのです。
情報のレベルは、初心者でも理解できる内容になっています。
完全に自分が稼ぐ道を決めた人は、そのカテゴリーの記事だけを
見ればいいでしょう。

まだ、どうやってネットで稼ぐか、決めかねている人は、
様々な情報に無料で触れてみてはいかがでしょう。

サイトと連動させて、メルマガも発行しているようです。
そちらの購読もあわせてオススメします。


●『 コミュニケーションのすごいスキルを』が『簡単に?ネットで稼ぐ方法を大量に』をご紹介 今回のリンク●

簡単に?ネットで稼ぐ方法を大量に

●『 コミュニケーションのすごいスキルを』が『簡単に?ネットで稼ぐ方法を大量に』をご紹介 今回のリンク●


●『 コミュニケーションのすごいスキルを』が『簡単に?ネットで稼ぐ方法を大量に』をご紹介 完●


『『 コミュニケーションのすごいスキルを』が『簡単に?ネットで稼ぐ方法を大量に』をご紹介』の他に相互紹介記事がたくさんあります↓↓
(相互紹介をご希望される方は、紹介文をご用意の上、コメント欄から申請ください。)

今日は、当ブログにお越しいただきありがとうございました。

ぜひ、またご来訪ください。

次は、より優れた記事を用意してお待ちしております。


【記事タイトル】『 コミュニケーションのすごいスキルを』が『インターネットの未来予想できる?』をご紹介
【記事本文】

●『 コミュニケーションのすごいスキルを』が『インターネットの未来予想できる?』をご紹介●


今回はご紹介するサイトは、


インターネットの未来予想できる?

今、インターネットの世界は急速に変化しています。
その変化の速さを犬の寿命になぞらえてドッグイヤーという言葉を
使うほどに…。

その急速な変化の中で、大きなひずみが生じています。
急に大金を稼ぐ人が現れたり、
巨大な詐欺によって多くの人がお金を失ったり、
個人情報の漏洩からリアルの世界でも犯罪の被害者になる人ができたり…。

これからも強烈な変化が起こり続けることでしょう
いったいインターネットの未来には何が待っているのか?


このサイトでは、
『インターネットの未来予想できる?』
という質問系のタイトルで読者に問題意識を与えてくれる。

もちろん、ブログ管理人もインターネットの未来を予想できる
わけではない。
インターネットの未来に絶大な影響を与えそうな人物・企業を
取り上げたり、
インターネットの現在を見たり、過去を振り返ったりして、
インターネットの未来について真剣に考えているのだ。

少しでもインターネットの未来が気になる方は一度
ごらんになられてはどうだろう。
明確な答えが得られるわけではないが、考えるきっかけを
得るには丁度よいのではないだろうか。


●『 コミュニケーションのすごいスキルを』が『インターネットの未来予想できる?』をご紹介 今回のリンク●

インターネットの未来予想できる?

●『 コミュニケーションのすごいスキルを』が『インターネットの未来予想できる?』をご紹介 今回のリンク●


●『 コミュニケーションのすごいスキルを』が『インターネットの未来予想できる?』をご紹介 完●


『『 コミュニケーションのすごいスキルを』が『インターネットの未来予想できる?』をご紹介』の他に相互紹介記事がたくさんあります↓↓
(相互紹介をご希望される方は、紹介文をご用意の上、コメント欄から申請ください。)

今日は、当ブログにお越しいただきありがとうございました。

ぜひ、またご来訪ください。

次は、より優れた記事を用意してお待ちしております。


【記事タイトル】『コミュニケーションのすごいスキルを』が『簡単に?ネットで稼ぐ方法を大量に』をご紹介
【記事本文】

●『 コミュニケーションのすごいスキルを』が『簡単に?ネットで稼ぐ方法を大量に』をご紹介●


今回はご紹介するサイトは、


簡単に?ネットで稼ぐ方法を大量に
です。

このサイトは、簡単にネットで稼ぐ方法
大量に紹介しているブログです。

といっても、誰でも簡単に『100万円』ネットで稼ぐ!
といった雰囲気のサイトではありません。
怠けていたら、稼げないというころをさりげなく
教えてくれるブログです。

簡単にネットで稼ぐために必要な常識ということで、
様々なネットビジネスをするに当って、有用な情報を紹介しています。


ビジネスの視点もしっかりあり、
最新のネット事情も把握しており、
稼ぐためのマインドに関する記述も充実しています。

主なトピックは…


・簡単にネットで稼ぐ情報起業のコツ


・簡単にネットで稼ぐgoogle adsense


・簡単にネットで稼ぐキーワードマーケティング


・ネットビジネスの基礎


・・・などです。


他にも、携帯アフィリエイト、情報商材アフィリエイト、メルマガ
海外のネットビジネスなど様々なトピックがあります。
いろいろなネットで稼ぐ方法を概観できるのでいいブログですよ。

中には、簡単にネットで稼ぐ方法をおおざっぱにだけど
そのまま紹介しているような記事もあります。
また、いろいろな情報源も紹介されています。

簡単にネットで稼ぐための、正統な情報源といえるのではないのでしょうか?


現在ネットビジネスに挑戦していて、情報収集をしたい方、
これからネットビジネスに挑戦しようとしている方、
まだはじめるかどうかはわからないが、ネットビジネスに興味がある方
などにオススメのサイトです。

もし、自分が該当するな、と思ったら一度ご覧になってみてはいかがでしょう?
簡単にネットで稼ぐために貴重な情報を提供するメルマガもあるみたいですよ。
そちらのほうもあわせて楽しまれるといいと思います。

『爆発的にネットで稼ぐハイレベルな基礎演習』
というメルマガです。
結構本格的に、簡単にネットで稼ぐ方法を紹介してくれる
メルマガなんです。


今回は、簡単にネットで稼ぐ方法についていろいろ
書いてあるブログを紹介させていただきました!


●『 コミュニケーションのすごいスキルを』が『簡単に?ネットで稼ぐ方法を大量に』をご紹介 今回のリンク●

簡単に?ネットで稼ぐ方法を大量に

●『 コミュニケーションのすごいスキルを』が『簡単に?ネットで稼ぐ方法を大量に』をご紹介 今回のリンク●


●『 コミュニケーションのすごいスキルを』が『簡単に?ネットで稼ぐ方法を大量に』をご紹介 完●


『『 コミュニケーションのすごいスキルを』が『簡単に?ネットで稼ぐ方法を大量に』をご紹介』の他に相互紹介記事がたくさんあります↓↓

*もし、当ブログと相互紹介をご希望される方がいらっしゃいましたら
 紹介文をご用意の上、コメント欄から申請ください。


内容に関連性のあるブログは大歓迎いたします。
内容にそれほど関連性がなくてもOKです。
倫理的・社会的に問題のあるサイトとの相互紹介は
行っておりません。ご了承ください。


【記事タイトル】『コミュニケーションスキル(能力)で人間関係を美しく』が『記憶力アップの極意』をご紹介
【記事本文】

●『コミュニケーションスキル(能力)で人間関係を美しく』が『記憶力アップの極意』をご紹介●


今回はご紹介するサイトは、

記憶力アップの極意

です

このサイトでは、記憶力アップの極意を多数紹介しています。

●記憶力アップ法

●記憶力アップの食材・食べ物

●脳と記憶力の関係

●集中力と記憶力の関係

●記憶力に関する本

・・・・など話題は多岐にわたります。


多くのひとが記憶力を十分に発揮しきれていません。
そのため、記憶力が足りないための悩みを抱えているでしょう。
忘れ物が多かったり、勉強がなかなか思うようにはかどらなかったり…。

そんな悩みを記憶力アップにより解決するなら、
このサイトを見てみるといいかもしれません。
記憶力をアップさせるヒントがたくさん書いてあります。

記憶力がアップすれば、日常生活も楽になります。
また、老後の不安もなくなります。
きっとしっかりと記憶力をアップさせれば、老後も記憶力
の衰えにそれほど悩む必要もなくなるでしょう。


そして、勉強がはかどり、何か自分がかなえたいと思っていた
夢をかなえられるかもしれません。
記憶力アップには無限の可能性があります。
記憶はアイディア発想のもとでもあるのです。


様々なチャンス・成功につながる記憶力をアップさせたい方は、
ぜひ一度ごらんになってみてください!


●『コミュニケーションスキル(能力)で人間関係を美しく』が『記憶力アップの極意』をご紹介 今回のリンク●

記憶力アップの極意

●『コミュニケーションスキル(能力)で人間関係を美しく』が『記憶力アップの極意』をご紹介 今回のリンク●


●『コミュニケーションスキル(能力)で人間関係を美しく』が『記憶力アップの極意』をご紹介 完●


『『コミュニケーションスキル(能力)で人間関係を美しく』が『記憶力アップの極意』をご紹介』の他に相互紹介記事がたくさんあります↓↓

*もし、当ブログと相互紹介をご希望される方がいらっしゃいましたら
 紹介文をご用意の上、コメント欄から申請ください。


内容に関連性のあるブログは大歓迎いたします。
内容にそれほど関連性がなくてもOKです。
倫理的・社会的に問題のあるサイトとの相互紹介は
行っておりません。ご了承ください。


【記事タイトル】『コミュニケーションスキル(能力)で人間関係を美しく』が『記憶力がアップする』をご紹介
【記事本文】

●『コミュニケーションスキル(能力)で人間関係を美しく』が『記憶力がアップする』をご紹介●


今回はご紹介するサイトは、

記憶力がアップする

です

このサイトでは、記憶力がアップする方法を多数紹介しています。
どれも非常に参考になるものばかりです。
早速、内容を見てみましょう。

●記憶力アップ法

●記憶力アップの食材・食べ物

●脳と記憶力の関係

●集中力と記憶力の関係

●記憶力に関する本

・・・・など話題が多岐にわたるブログです。


多くのひとが記憶力を十分に発揮しきれていません。
そのため、記憶力が足りないための悩みを抱えているでしょう。
忘れ物が多かったり、勉強がなかなか思うようにはかどらなかったり…。

そんな悩みを記憶力アップにより解決するなら、
このサイトを見てみるといいかもしれません。
記憶力をアップさせるヒントがたくさん書いてあります。

記憶力がアップすれば、日常生活もより楽しく充実したものになります。

また、老後の不安もなくなりますね。
一度しっかりと記憶力をアップさせれば、老後も記憶力
の衰えにそれほど悩む必要もなくなるでしょう。


そして、勉強がはかどり、自分がかなえたい
夢をかなえられるかもしれません。
記憶力アップには無限の可能性があります。
記憶はアイディア発想のもとでもあるのです。


様々なチャンス・成功につながる記憶力をアップさせたい方は、
ぜひ一度ごらんになってみてください!
脳の活性化にもなると思いますよ。


●『コミュニケーションスキル(能力)で人間関係を美しく』が『記憶力がアップする』をご紹介 今回のリンク●

記憶力がアップする

●『コミュニケーションスキル(能力)で人間関係を美しく』が『記憶力がアップする』をご紹介 今回のリンク●


●『コミュニケーションスキル(能力)で人間関係を美しく』が『記憶力がアップする』をご紹介 完●


『『コミュニケーションスキル(能力)で人間関係を美しく』が『記憶力がアップする』をご紹介』の他に相互紹介記事がたくさんあります↓↓

*もし、当ブログと相互紹介をご希望される方がいらっしゃいましたら
 紹介文をご用意の上、コメント欄から申請ください。


内容に関連性のあるブログは大歓迎いたします。
内容にそれほど関連性がなくてもOKです。
倫理的・社会的に問題のあるサイトとの相互紹介は
行っておりません。ご了承ください。


【記事タイトル】『コミュニケーションスキル(能力)で人間関係を美しく』の内容予告【1】
【記事本文】

●『コミュニケーションスキル(能力)で人間関係を美しく』の内容予告【1】●


今回は、『『コミュニケーションスキル(能力)で人間関係を美しく』の内容予告【1】』というテーマの記事です


★興味のある方は読み進めてください

『コミュニケーションスキル(能力)で人間関係を美しく』で
どんな記事を更新していくかを考えてみます。
現在の予定は、こんなところです。



●コミュニケーションスキル(能力)アップの聞き方!

 コミュニケーションスキル(能力)をアップさせるために
 聞き方の習得は非常に大切です。
 コミュニケーションスキル(能力)は大まかに分けて二つ。
 話し方と聞き方です。
 そして、一般に聞き方を習得する方が大切。
 話し方よりも、すぐに身について、効果が高いんですね。


●コミュニケーションスキル(能力)の基本

 コミュニケーションスキル(能力)の中でも基本的だと
 思われるものを取り上げます。
 想像以上に、基本が大切です。
 多くの人が、この基本を守るだけでコミュニケーションスキル(能力)
 を飛躍的に上げることができます。


●コミュニケーションスキル(能力)の上級編

 ある程度コミュニケーションスキル(能力)が高い人には、
 基本だけじゃ物足りません。
 少しレベルの高いコミュニケーションスキル(能力)を
 習得してさらに上を目指しましょう。


●コミュニケーションスキル(能力)研修

 コミュニケーションスキル(能力)研修はどのように行うのか?
 また、どのように受ければいいのか?を考えて見ます。


●心理を知り、コミュニケーションスキル(能力)を

 コミュニケーションスキル(能力)とは切っても切れない関係にある
 人間の心理に焦点を当ててみたいと思います。


●コミュニケーションスキル(能力)セミナー

 コミュニケーションスキル(能力)セミナーで何が得られるか?
 どんなセミナーが自分にとってよいのか、を考えるヒント!


●ビジネスでのコミュニケーションスキル(能力)

 ビジネスで、コミュニケーションスキル(能力)を生かす方法、
 ビジネスで必要なコミュニケーションスキル(能力)を身につける方法
 をご紹介します。


●コミュニケーションスキル(能力)を向上させる話し方

 コミュニケーションスキル(能力)を向上させるのに欠かせない
 話し方について。
 聞き方には少し負けますが、話し方もかなり重要です。
 


●コミュニケーションスキル(能力)を使った日常

 管理人の日記です。
 大体コミュニケーションスキル(能力)を使っていますが、
 たまにはダメな日も。。。


●メールコミュニケーションスキル(能力)で作る人間関係

 メールというコミュニケーションツールを使って人間関係を
 よくする方法を考えて見ます。
 少し特殊なコミュニケーションの形ですが、これから主流に
 なっていくでしょう。


●人間関係をコミュニケーションスキル(能力)で上手に!

 コミュニケーションスキル(能力)を身につける最大の目的は
 人間関係の改善、という人は少なくありません。
 事実、コミュニケーションスキル(能力)は非常に人間関係を
 改善するのに役立ちます。
 

●『コミュニケーションスキル(能力)で人間関係を美しく』の内容予告【1】 完●


『『コミュニケーションスキル(能力)で人間関係を美しく』の内容予告【1】』の関連記事が表示されています↓↓
(『『コミュニケーションスキル(能力)で人間関係を美しく』の内容予告【1】』は、他の記事と関連付けて読むことで、さらに価値を増します。『『コミュニケーションスキル(能力)で人間関係を美しく』の内容予告【1】』だけで理解できなかった内容が理解できることもあるはずです。ぜひ、時間に余裕がありましたら、目を通してください。)

今日は、当ブログにお越しいただきありがとうございました。

ぜひ、またご来訪ください。


次は、より優れた記事を用意してお待ちしております。


【記事タイトル】◇『インターネットの未来~web2.0はあるか~』をご紹介◇
【記事本文】

◇『インターネットの未来~web2.0はあるか~』をご紹介◇


『インターネットの未来~web2.0はあるか~』をご紹介します!

インターネットの未来~web2.0はあるか~

です。


カテゴリを見るだけでも、インターネットの未来について
興味津々の内容が盛りだくさんです!!

●インターネットの未来【世界規模の展望】

●インターネットの未来を作る社長たち

●インターネットの未来を創る企業群

●インターネットの未来を担うビジネスの現在を見る

●インターネットの未来を見る

●インターネットの未来:インターネット現在の研究から見る

●インターネットの過去

●インターネット社会の未来【インターネット社会の未来とは?】


それでは、記事の一部をご紹介いたします!!
---------------------------------

アフィリエイト市場の規模拡大からインターネットの未来を

アフィリエイト市場で、大金を稼ぐ高校生たち。
アフィリエイトにより、上場まで果たしたベンチャー企業たち。
そして、アフィリエイトでさらに規模拡大を続ける大企業。


アフィリエイトの登場は、多くの人を稼がせた。
これからもこの傾向は続くだろう。


今となっては、当たり前の仕組みである。
しかし、昔の仕組みと比べると改めて
「素晴らしい!」と感動してしまう。


昔は、ギャンブル的な広告戦略をとらざるを得なかった。
どれだけ売れるかはわからない。
様々なデータを積み上げて、
非常に難しい予測をせざるを得なかった。


これが当たり前だった。


しかし、アフィリエイトでは、売れた分だけ支払えばよい。
うまく行った時に初めて、ビットを支払うギャンブルといえる。
ほぼ完全にノーリスクのギャンブルといえる。

日本のアフィリエイト市場にはまだまだ問題点が多い。
アフィリエイト市場の規模が拡大しきったアメリカの
成熟した仕組みと比べるとよくわかる。


不正も目立つし、アフィリエイト報酬もかなり低い。
他にも多数の問題点が目立つ。

---------------------------
他にもアフィリエイトに関する情報もたっぷりあります!必見です!!

インターネットの未来。インターネットの未来を研究する。
インターネットの未来は、賢く生き、賢く稼ぐには欠かせない知識となりつつあります


●『インターネットの未来~web2.0はあるか~』をご紹介 今回のリンク●


インターネットの未来~web2.0はあるか~

●『インターネットの未来~web2.0はあるか~』をご紹介 完●


●『インターネットの未来~web2.0はあるか~』をご紹介の他に相互紹介記事がたくさんあります↓↓

☆もし、当ブログと相互紹介をご希望される方がいらっしゃいましたら
 紹介文をご用意の上、コメント欄から申請ください。


内容に関連性のあるブログは大歓迎いたします。
内容にそれほど関連性がなくてもOKです。
倫理的・社会的に問題のあるサイトとの相互紹介は
行っておりません。ご了承ください。


【記事タイトル】集中力アップさせる方法【持続時間つけるメンタルトレーニング法と…】をご紹介
【記事本文】

集中力アップさせる方法【持続時間つけるメンタルトレーニング法と…】をご紹介


集中力アップさせる方法【持続時間つけるメンタルトレーニング法と…】をご紹介します!

集中力アップさせる方法

カテゴリを見るだけでも、集中力アップさせる方法は
興味津々の内容が盛りだくさんです!!

『集中力アップの極意』のサイトポリシーについて

集中力アップのコツ

集中力アップの方法【即席テクニック】

集中力持続のコツ:集中力を持続させるには?

集中力:集中力アップの驚異

集中力アップさせる方法~トレーニング法&集中力…キーワード



それでは、記事の一部をご紹介いたします!!
---------------------------------
集中力アップの小技、集中力アップさせるテクニック●


集中力アップの小技、集中力アップさせるテクニック』に・・・

集中力がどうも切れかけている…

集中力がどうしても高められない…


そんなときは、気軽にできる単純作業で集中力を高めることにしましょう!

スポーツをやっている時なら靴紐を締めてみると集中力を高めることができます


単純で気軽にできる作業がいいんですね


思いのほかリラックスできて、集中力アップも望めるお得なテクニックです

どうしても一番集中力を維持させたいが、集中力が切れ掛かってしまった時

そんな時には、いったんその作業のことは忘れて、気軽にできる単純作業をやってみよう

そうすれば自然と集中力が維持できるようになります


集中力を高める方法の一つとして覚えておいて損はないです


---------------------------
他にも集中力に関する情報がたっぷりあります!必見です!!


集中力をアップさせる方法のスーパーブログです。集中力をつける。
そして、アップさせる。さらに、持続させる方法で人生を変えましょう。
メンタルトレーニング・音楽・持続時間・本・教室・食べ物…
あらゆる方法を使って集中力をつける。そして、アップさせる!!

●集中力アップさせる方法【持続時間つけるメンタルトレーニング法と…】をご紹介 今回のリンク●


集中力アップさせる方法【持続時間つけるメンタルトレーニング法と…】

●『集中力アップさせる方法【持続時間つけるメンタルトレーニング法と…】』をご紹介 完●



【記事タイトル】『コミュニケーションスキル(能力)で人間関係を美しく』のブログ成分解析
【記事本文】

『コミュニケーションスキル(能力)で人間関係を美しく』のブログ成分解析

ブログ『コミュニケーションスキル(能力)で人間関係を美しく』の成分解析結果は以下の通りです


●『コミュニケーションスキル(能力)で人間関係を美しく』は、主に『コミュニケーション』と『スキル』について書かれています


・『コミュニケーション』に関しては十分な情報があります

・このブログの管理人は『コミュニケーション』が非常に大好きな人でしょう

・『コミュニケーション』と『技術』の組み合わせが非常によいブログです

・『スキル』と『技術』の組み合わせはあまりよくありません

・もっと『コミュニケーション』と『能力』の関連性を強調した記事が必要です

・『コミュニケーション』と『スキル』と『技術』と『能力』のすべてをとり挙げた記事があります
 これは非常にいいことです。一番のお勧め記事といえるでしょう。

・『能力』と『方法』に関する記事が少ないのは管理人の趣味のせいでしょう

・管理人は『方法』について世を徹して学ぶ必要があります

・管理人は一日に一回『能力』と叫ぶ必要があります

・管理人がこれ以上『コミュニケーション』と『スキル』ばかり取り上げて記事を書くと悲劇が起こります

・管理人は、ラーメンを食べながら『技術』について考えています

・管理人の『能力』への愛情は少しゆがんでいます

・このブログの将来は『コミュニケーション』と『スキル』ばかりを取り上げた記事を増やすと危ういです
 しかし、『技術』と『方法』をもっと重視すればよい期待が持てます


・このブログのテーマをランダムに列挙すると
 『能力』『スキル』『方法』『コミュニケーション』『技術』となります


この調子でますます更新に励みましょう!
次回はさらによい結果が期待できます
『技術』と『方法』が含まれる記事をもう少し増やしましょうね


【記事タイトル】『コミュニケーションスキル(能力)で人間関係を美しく』のブログ成分解析、第2弾。
【記事本文】

『コミュニケーションスキル(能力)で人間関係を美しく』のブログ成分解析、第2弾。

ブログ『コミュニケーションスキル(能力)で人間関係を美しく』の成分解析をした結果を以下に示します。


*かなりくだらないこと、とんでもないことを書いています。

●『コミュニケーションスキル(能力)で人間関係を美しく』は、主に『コミュニケーション』と『能力』について書かれたブログです。

・『コミュニケーション』に関しては十分な情報があるようです

・このブログの管理人は『コミュニケーション』がとても好きな人のようです

・『コミュニケーション』と『スキル』の関連付けがとてもよいブログです

・『能力』と『スキル』の関連付けはあまりよくありません

・もっと『コミュニケーション』と『技術』の関連性を強調した記事が必要かもしれません

・『コミュニケーション』と『能力』と『スキル』と『技術』のすべてをとり挙げた記事がいくつかあるようです
 これはとてもいいことです。一番のお勧め記事といえるでしょう。

・『技術』と『方法』に関する記事が少ないのは管理人の趣味のせいでしょう

・管理人は『方法』について世を徹して学ぶ必要があるかもしれません

・管理人は一日に一回『技術』と叫ぶ必要があるかもしれません

・管理人がこれ以上『コミュニケーション』と『能力』ばかり取り上げて記事を書くと悲劇が起こります

・管理人は、アイスクリームを食べながら『スキル』について考えています

・管理人の『技術』への愛情は少しゆがんでいます

・このブログの将来は『コミュニケーション』と『能力』ばかりを取り上げた記事を増やすと危険にあふれます。
 しかしその反対に、『スキル』と『方法』をもっと重視すればよい期待が持てます


・このブログのテーマをランダムに列挙すると
 『方法』『技術』『能力』『コミュニケーション』『スキル』となると思います


この調子でますます更新に励みましょう!
次回はさらによい結果が期待できます
『スキル』と『方法』が含まれる記事をもう少し増やしましょうね
これは前回と同じ警告です。
同じ傾向が続いているのは少し危険かもしれません。


【記事タイトル】『コミュニケーションスキル(能力)で人間関係を美しく』のホームページ情報
【記事本文】

『コミュニケーションスキル(能力)で人間関係を美しく』のホームページ情報
タイトル:コミュニケーション能力(10)
     コミュニケーションスキルで人間関係を美しく(20)
     コミュニケーションスキル(能力)で人間関係を美しく(30)
タイトルかな:こみゅにけーしょんのうりょく
サブタイトル:ビジネスや親子に大事なコミュニケーションスキル

内容:ビジネス親子に大事なコミュニケーションスキル(20)
   ビジネスに親子に問題ないコミュニケーションスキルを身につける方法(30)
   ビジネスに親子に問題のないコミュニケーションスキルを身につける方法。携帯電話、メールの話が豊富(50)
   ビジネスに親子に問題のないコミュニケーションスキル(能力)を身につける方法。携帯電話のコミュニケーション、メールのコミュニケーション、ゲームのコミュニケーション、ビジネスのコミュニケーションの話が豊富(100)
   ビジネスに親子に問題のないコミュニケーションスキル(能力)を身につける方法。携帯電話のコミュニケーション、メールのコミュニケーション、ゲームのコミュニケーション、ビジネスのコミュニケーション、英語のコミュニケーション、コミュニケーションの問題点についての話が豊富(200)
   ビジネスに親子に問題のないコミュニケーションスキル(能力)を身につける方法。携帯電話のコミュニケーション、メールのコミュニケーション、ゲームのコミュニケーション、ビジネスのコミュニケーション、英語のコミュニケーション、コミュニケーションの問題点についての話が豊富(35×5)
   ビジネスに親子に問題のないコミュニケーションスキル(能力)を身につける方法。携帯電話のコミュニケーション、メールのコミュニケーション、ゲームのコミュニケーション、ビジネスのコミュニケーション、英語のコミュニケーション、コミュニケーションの問題点についての話が豊富(35×10)

キーワード:ntt 携帯電話 看護 ゲーム ビジネス 犬 スキル メール 英語 親子

カテゴリー指定キーワード:コミュニケーション お役立ち 人間 家族 ビジネス  

       コミュニケーションスキル委員(15)
       コミュニケーションスキル委員(20)
       コミュニケーションスキル委員(25)
      こみゅにけーしょんすきるいいん(ふりがな15)


【記事タイトル】コミュニケーションスキル、なかんずく、話し方の改善
【記事本文】

コミュニケーションスキル【話し方の改善】●


コミュニケーションスキル【話し方の改善】』に・・・


★興味のない方は

人気ブログランキングコミュニケーションスキルや話し方以外の・・・

★興味のある方は読み進めてください


コミュニケーションスキルで重要なものの一つ、話し方

話し方の重要性は誰もが気づいています。
しかし、なかなかうまい話し方を身につけられないのが実情です。
周りの人の話を聞いていれば良くわかります。



なぜなのか?



それは、人には話したい、というかなり強い欲求があるからです。
しかも、自分の思うがままに話したい、という。
その欲求に振り回される形で話してしまうので、よい話し方ができません



つまり、その欲求を上手くコントロールするのがコミュニケーションスキルということになります。


話し方をうまく変えるには次のルールを守る必要があります。



『興味を引く一言と、相手に質問されたことしか話さない』



これは話し方を改善するためのゴールデンルールです



コミュニケーションスキルの向上に欠かせない最高のルール



これを完全に守れれば、余計な話をすることはありません。
話をわかりにくくするのは、情報過多です。
つまらなくするのも情報過多です。
少ない言葉なら相手の印象に残ります。
言葉を厳選すれば、変なことを言ってしまうことが減ります。



さらに、非常に面白い話し方が身につきます
人にものすごく関心を持ってもらえるのです



このコミュニケーションスキルを身につければ、
あなたの話し方は非常に魅力的なものになるでしょう。



もちろん、その分難易度が高いです
頑張ってもこのコミュニケーションスキルはなかなか習得できなかったりします。



でも、習得への努力を繰り返す間中、
あなたのコミュニケーションスキルはレベルアップし続けています。
コミュニケーションスキルの観点から、会話を見直してみると非常に面白いことがわかります。



●コミュニケーションスキル【話し方の改善】 まとめ●



コミュニケーションスキルを上げるルールを守って、話し方を改善しよう



●コミュニケーションスキル【話し方の改善】 まとめ 終●

●コミュニケーションスキル【話し方の改善】 終わり●



『コミュニケーションスキル【話し方の改善】』の関連記事が下にあります↓
(『コミュニケーションスキル【話し方の改善】』がカテゴリ内の始めての記事の場合は、まだ表示されていません。ご了承ください。)


【記事タイトル】『コミュニケーション能力(スキル)を向上させ会社の人間関係づくりの天才になる方法』概要
【記事本文】

『コミュニケーション能力(スキル)を向上させ会社の人間関係づくりの天才になる方法』

非言語的コミュニケーション能力(スキル)を向上させる!

41250 コミュニケーション
8817 コミュニケーション 能力
1988 コミュニケーション スキル
1207 コミュニケーション 力
983 コミュニケーション 人間 関係
794 非 言語 コミュニケーション
776 ビジネス コミュニケーション
768 パーソナル コミュニケーション
648 ノンバーバル コミュニケーション
608 コミュニケーション 能力 向上
543 グローバル コミュニケーション
542 パナソニック コミュニケーション
540 コミュニケーション 研修
437 非 言語 的 コミュニケーション
406 ロジカル コミュニケーション
379 社内 コミュニケーション
364 職場 コミュニケーション
362 リアル コミュニケーション
357 コミュニケーション 技法
343 コミュニケーション 論
329 クライシス コミュニケーション
326 言語 的 コミュニケーション
322 コミュニケーション とり 方
322 マーケティング コミュニケーション
321 コミュニケーション 学
309 コミュニケーション 技術
308 コーポレート コミュニケーション

47534 人間 関係
4353 職場 人間 関係
3075 人間 関係 アドバイス
2914 人間 関係 悩み
1925 人事 管理 労務 管理 人間 関係 ビジネス マナー 提案 制度
997 会社 人間 関係
983 コミュニケーション 人間 関係
668 人事 管理 労務 管理 人間 関係
657 人間 関係 ストレス
614 人間 関係 悩み 相談
586 職場 人間 関係 ビジネス マナー
567 人間 関係 論
443 仕事 人間 関係
399 人間 関係 力
306 人間 関係 職場
245 職場 人間 関係 付き合い
179 就職 人間 関係
167 人間 関係 トレーニング
166 ビジネスマナー 人間 関係
159 人間 関係 心理学
139 悩み 人間 関係
131 心理学 人間 関係
128 人間 関係 コミュニケーション
121 人間 関係 能力
120 人間 関係 づくり
104 転職 人間 関係
87 人間 関係 プログラム
87 人間 関係 仕事
84 人間 関係 できない
84 占い 人間 関係
78 人間 関係 作り 方
72 職場 人間 関係 悩み
71 人間 関係 重要性
70 豊か 人間 関係
65 思いやり 人間 関係 スキル
62 人間 関係 改善
60 人間 関係 づくり トレーニング
60 新入 社員 人間 関係


【記事タイトル】『コミュニケーション能力(スキル)を向上させ会社の人間関係づくりの天才になる方法』概要
【記事本文】

『コミュニケーション能力(スキル)を向上させ会社の人間関係づくりの天才になる方法』

非言語的コミュニケーション能力(スキル)を向上させる!

41250 コミュニケーション
8817 コミュニケーション 能力
1988 コミュニケーション スキル
1207 コミュニケーション 力
983 コミュニケーション 人間 関係
794 非 言語 コミュニケーション
776 ビジネス コミュニケーション
768 パーソナル コミュニケーション
648 ノンバーバル コミュニケーション
608 コミュニケーション 能力 向上
543 グローバル コミュニケーション
542 パナソニック コミュニケーション
540 コミュニケーション 研修
437 非 言語 的 コミュニケーション
406 ロジカル コミュニケーション
379 社内 コミュニケーション
364 職場 コミュニケーション
362 リアル コミュニケーション
357 コミュニケーション 技法
343 コミュニケーション 論
329 クライシス コミュニケーション
326 言語 的 コミュニケーション
322 コミュニケーション とり 方
322 マーケティング コミュニケーション
321 コミュニケーション 学
309 コミュニケーション 技術
308 コーポレート コミュニケーション

47534 人間 関係
4353 職場 人間 関係
3075 人間 関係 アドバイス
2914 人間 関係 悩み
1925 人事 管理 労務 管理 人間 関係 ビジネス マナー 提案 制度
997 会社 人間 関係
983 コミュニケーション 人間 関係
668 人事 管理 労務 管理 人間 関係
657 人間 関係 ストレス
614 人間 関係 悩み 相談
586 職場 人間 関係 ビジネス マナー
567 人間 関係 論
443 仕事 人間 関係
399 人間 関係 力
306 人間 関係 職場
245 職場 人間 関係 付き合い
179 就職 人間 関係
167 人間 関係 トレーニング
166 ビジネスマナー 人間 関係
159 人間 関係 心理学
139 悩み 人間 関係
131 心理学 人間 関係
128 人間 関係 コミュニケーション
121 人間 関係 能力
120 人間 関係 づくり
104 転職 人間 関係
87 人間 関係 プログラム
87 人間 関係 仕事
84 人間 関係 できない
84 占い 人間 関係
78 人間 関係 作り 方
72 職場 人間 関係 悩み
71 人間 関係 重要性
70 豊か 人間 関係
65 思いやり 人間 関係 スキル
62 人間 関係 改善
60 人間 関係 づくり トレーニング
60 新入 社員 人間 関係


【記事タイトル】『コミュニケーション能力(スキル)を向上させ会社の人間関係づくりの天才になる方法』概要
【記事本文】

『コミュニケーション能力(スキル)を向上させ会社の人間関係づくりの天才になる方法』

非言語的(ノンバーバル)コミュニケーション能力(スキル)を向上させる!
コミュニケーション能力(スキル)で職場の人間関係づくりをする方法

41250 コミュニケーション
8817 コミュニケーション 能力
1988 コミュニケーション スキル
1207 コミュニケーション 力
983 コミュニケーション 人間 関係
794 非 言語 コミュニケーション
776 ビジネス コミュニケーション
768 パーソナル コミュニケーション
648 ノンバーバル コミュニケーション
608 コミュニケーション 能力 向上
543 グローバル コミュニケーション
540 コミュニケーション 研修
437 非 言語 的 コミュニケーション
406 ロジカル コミュニケーション
379 社内 コミュニケーション
364 職場 コミュニケーション
362 リアル コミュニケーション
357 コミュニケーション 技法
343 コミュニケーション 論
329 クライシス コミュニケーション
326 言語 的 コミュニケーション
322 コミュニケーション とり 方
322 マーケティング コミュニケーション
321 コミュニケーション 学
309 コミュニケーション 技術
308 コーポレート コミュニケーション

47534 人間 関係
4353 職場 人間 関係
3075 人間 関係 アドバイス
2914 人間 関係 悩み
1925 人事 管理 労務 管理 人間 関係 ビジネス マナー 提案 制度
997 会社 人間 関係
983 コミュニケーション 人間 関係
668 人事 管理 労務 管理 人間 関係
657 人間 関係 ストレス
614 人間 関係 悩み 相談
586 職場 人間 関係 ビジネス マナー
567 人間 関係 論
443 仕事 人間 関係
399 人間 関係 力
306 人間 関係 職場
245 職場 人間 関係 付き合い
179 就職 人間 関係
167 人間 関係 トレーニング
166 ビジネスマナー 人間 関係
159 人間 関係 心理学
139 悩み 人間 関係
131 心理学 人間 関係
128 人間 関係 コミュニケーション
121 人間 関係 能力
120 人間 関係 づくり
104 転職 人間 関係
87 人間 関係 プログラム
87 人間 関係 仕事
84 人間 関係 できない
84 占い 人間 関係
78 人間 関係 作り 方
72 職場 人間 関係 悩み
71 人間 関係 重要性
70 豊か 人間 関係
65 思いやり 人間 関係 スキル
62 人間 関係 改善
60 人間 関係 づくり トレーニング
60 新入 社員 人間 関係


【記事タイトル】非言語的(ノンバーバル)コミュニケーション能力(スキル)はいつも人間関係をよくする
【記事本文】

非言語的(ノンバーバル)コミュニケーション能力(スキル)はいつも人間関係をよくする。


ここでいう非言語的(ノンバーバル)コミュニケーション能力(スキル)とは、
一般的にリアクションと呼ばれているものです。
非言語的(ノンバーバル)コミュニケーション能力(スキル)と呼べるレベルの
リアクションをするコツは二つです。

◆相手の話を「そうなんだ」「そう思うんだ」と受け入れること
*相手の意見が正しいと思うなら「そうだよね」「私もそう思う」と共感しよう。
◆ニコニコしたり笑ったりして楽しそうに聞くこと

「コミュニケーション能力(スキル)」のコミュニケーションとは「伝えること」という
意味があります。
ですから、相手の意見を受け入れていること、楽しく聞いていることを
相手に「伝えること」が大切です。


この二つをこなせることは、説得力がある話ができることよりも、
面白い話をできることよりも、断然価値のあることです。
このコミュニケーション能力(スキル)があれば人間関係づくりは
簡単にできます。


自分の正当性を守るために相手の意見を否定するのはもうやめましょう。
面白くない話に積極的に反応して、その話を面白くしましょう。


このコミュニケーション能力(スキル)の重要性を理解して、
習得に全力を注ぎましょう。
人間にとって最も誇れる種類の能力だと思います。


【記事タイトル】『コミュニケーション能力・スキル向上で人間関係をよくする技術』のキーワード
【記事本文】

『コミュニケーション能力・スキル向上で人間関係をよくする技術』のキーワード
41250 コミュニケーション
8817 コミュニケーション 能力
4862 毎日 コミュニケーション
2601 シニア コミュニケーション
2566 横浜 コミュニケーション
2452 ジー コミュニケーション
1988 コミュニケーション スキル
1860 コミュニケーション ゲーム
1648 モバイル コミュニケーション プロバイダ
1631 日立 コミュニケーション テクノロジー
1573 モバイル コミュニケーション
1395 コミュニケーション デザイン
1387 異文化 コミュニケーション
1209 東京 コミュニケーション アート 専門 学校
1207 コミュニケーション 力
1202 グッド コミュニケーション
1189 アニマル コミュニケーション
1148 大阪 コミュニケーション アート 専門 学校
1120 トヨタ コミュニケーション システム
1088 コミュニケーション 障害
1083 富士通 コミュニケーション サービス
1059 フュージョン コミュニケーション
1024 コスプレ コミュニケーション
1019 日経 コミュニケーション
983 コミュニケーション 人間 関係
897 サイバー コミュニケーション
889 名古屋 コミュニケーション アート 専門 学校
841 京セラ コミュニケーション システム
836 横浜 コミュニケーション 障害
794 非 言語 コミュニケーション
792 アート コミュニケーション
776 ビジネス コミュニケーション
768 パーソナル コミュニケーション
741 ディス コミュニケーション
707 横浜 コミュニケーション 障害 研究会
686 キリン コミュニケーション ステージ
686 コミュニケーション コミュニケーション 理論
676 日立 コミュニケーション
674 イースト コミュニケーション
673 オーラル コミュニケーション
657 リスク コミュニケーション
648 ノンバーバル コミュニケーション
636 京セラ コミュニケーション
608 コミュニケーション 能力 向上
572 ft コミュニケーション
568 東京 コミュニケーション アート
543 グローバル コミュニケーション
542 パナソニック コミュニケーション
540 コミュニケーション 研修
523 ソニー コミュニケーション ネットワーク
520 富士通 コミュニケーション
516 トヨタ コミュニケーション
514 コミュニケーション 講座
512 コミュニケーション ボード
508 ドリーム オブ トータル コミュニケーション
480 アポロ コミュニケーション
464 ms コミュニケーション
462 ジェイズ コミュニケーション
456 テニス コミュニケーション
449 コミュニケーション ツール
446 エフティ コミュニケーション
437 名古屋 学院 大学 キャンパス コミュニケーション
437 非 言語 的 コミュニケーション
425 インター コミュニケーション
421 ファン コミュニケーション
418 フィジカル コミュニケーション
416 コミュニケーション スキル 能力 高める 目標
414 ヤング コミュニケーション
413 コミュニケーション 障害 吃音
410 名古屋 コミュニケーション アート
406 ロジカル コミュニケーション
402 g コミュニケーション
394 メディア コミュニケーション
390 コミュニケーション サイト
383 阪急 コミュニケーション
379 社内 コミュニケーション
371 大阪 コミュニケーション アート
367 名古屋 学院 大学 キャンパス コミュニケーション システム
364 職場 コミュニケーション
362 リアル コミュニケーション
357 コミュニケーション 技法
343 コミュニケーション 論
343 サイエンス コミュニケーション
342 インデックス コミュニケーション
341 コミュニケーション 教育
338 福岡 コミュニケーション アート 専門 学校
334 コミュニケーション カード
332 ネット コミュニケーション
329 クライシス コミュニケーション
326 メッド コミュニケーション
326 言語 的 コミュニケーション
322 コミュニケーション とり 方
322 マーケティング コミュニケーション
321 コミュニケーション 学
309 コミュニケーション 技術
308 コーポレート コミュニケーション
305 ビーコン コミュニケーション
301 リクルート メディア コミュニケーション
300 エグゼ コミュニケーション
300 ライフ コミュニケーション

229 コミュニケーション 能力 育成
99 コミュニケーション 能力 引き出し
94 日本語 コミュニケーション 能力 認定 試験
90 コミュニケーション 能力 低下
88 コミュニケーション 能力 必要性
83 日本語 コミュニケーション 能力 検定
82 実践的 コミュニケーション 能力
78 コミュニケーション 能力 高める
77 コミュニケーション 能力 診断
71 会社 必要 コミュニケーション 能力
68 コミュニケーション 能力 小学校
67 コミュニケーション 能力 検定
67 中国語 コミュニケーション 能力 検定
62 コミュニケーション 能力 学校 図書館
59 コミュニケーション 能力 本
58 コミュニケーション 能力 ブログ
57 中学校 英語 教育 コミュニケーション 能力
54 数学 的 コミュニケーション 能力
53 コミュニケーション 能力 大阪
45 コミュニケーション 能力 開発 友人 関係 通信 教育
44 コミュニケーション 能力 テスト
41 日本語 コミュニケーション 能力
40 コミュニケーション 能力 チェック
37 実用 コミュニケーション 能力 検査
34 コミュニケーション 能力 アップ
34 コミュニケーション 能力 子供
33 子ども コミュニケーション 能力
32 コミュニケーション 能力 学校
31 英語 活動 コミュニケーション 能力
29 コミュニケーション 能力 障害
29 総合的 学習 コミュニケーション 能力
28 コミュニケーション 能力 定義
28 コミュニケーション 能力 小学校 教育
26 英語 コミュニケーション 能力 判定 テスト
25 コミュニケーション 能力 育成 中学校
25 コミュニケーション 能力 開発
25 教育 コミュニケーション 能力 小学校 算数 科
24 コミュニケーション 能力 がない
24 コミュニケーション 能力 学習 指導要領
24 コミュニケーション 能力 小学校 研修
24 外国語 コミュニケーション 能力
24 英語 コミュニケーション 能力
24 読みとる 能力 コミュニケーション 能力
22 コミュニケーション 能力 評価
22 コミュニケーション 能力 高校生 インタビュー
22 国際 コミュニケーション 英語 能力 テスト
21 コミュニケーション 能力 上げる
21 コミュニケーション 能力 向上 方法
20 コミュニケーション 能力 - アダルト
20 コミュニケーション 能力 セミナー
20 コミュニケーション 能力 講座
20 中学校 コミュニケーション 能力 育成
19 コミュニケーション 能力 高める 方法
19 外国語 コミュニケーション 能力 検定
19 異文化 コミュニケーション 能力
18 コミュニケーション 能力 就職
18 コミュニケーション 能力 就職 活動
18 コミュニケーション 能力 悩み
17 コミュニケーション 能力 人間 関係
17 子ども 言葉 コミュニケーション 能力 対策
17 子供 コミュニケーション 能力
17 小学校 国語 教育 コミュニケーション 能力
17 自分 コミュニケーション 能力
17 自己 pr コミュニケーション 能力
16 コミュニケーション 能力 開発 ついて 友人 関係 通信 教育 いて 友人 関係 通信 講座
16 中学 英語 コミュニケーション 能力 書く 話す
15 コミュニケーション 能力 検査
15 コミュニケーション 能力 育成 指導
15 コミュニケーション 能力 鍛える
15 コミュニケーション 能力 面接
15 中国 人 コミュニケーション 能力
15 学校 組織力 コミュニケーション 能力
14 se コミュニケーション 能力
14 コミュニケーション 能力 低い
14 コミュニケーション 能力 大学
14 コミュニケーション 能力 文部 科学 省
14 コミュニケーション 能力 試験
14 国語 コミュニケーション 能力
14 就職 コミュニケーション 能力
14 文部 科学 省 コミュニケーション 能力
14 日本人 コミュニケーション 能力
14 英語 教育 小学校 コミュニケーション 能力
14 英語 教育 小学校 コミュニケーション 能力 研究 校
13 コミュニケーション 必要 三つ 能力 ― 人間 力 論理 力 対話 力
13 コミュニケーション 能力 依存
13 コミュニケーション 能力 小学生
13 中学校 校内 研究 コミュニケーション 能力
13 研究 コミュニケーション 能力
13 若年 コミュニケーション 能力 要 支援者 就職 プログラム
12 コミュニケーション 能力 サッカー
12 コミュニケーション 能力 ナンパ
12 コミュニケーション 能力 不足
12 コミュニケーション 能力 不足 悩み 相談
12 コミュニケーション 能力 中学
12 コミュニケーション 能力 教育
12 コミュニケーション 能力 方法
12 コミュニケーション 能力 欠如

41 コミュニケーション スキル アップ
39 コミュニケーション スキル ワーク ショップ
39 コミュニケーション スキル 講座
37 看護 コミュニケーション スキル
36 コミュニケーション スキル セミナー
34 コミュニケーション スキル トレーニング
32 コミュニケーション スキル 向上
31 コミュニケーション スキル 書籍
31 コミュニケーション スキル 研修
29 人間 コミュニケーション スキル 講座
24 コミュニケーション スキル 尺度
22 中学生 用 コミュニケーション スキル 学習
20 コミュニケーション スキル エンカウンター
20 コミュニケーション スキル 子供
19 コミュニケーション スキル テスト
19 コミュニケーション スキル リレーション 尺度
19 精神科 コミュニケーション スキル 研究
18 立正 大学 コミュニケーション スキル
17 地域 コミュニケーション スキル
15 介護 職 求められる コミュニケーション スキル
14 コミュニケーション スキル ゲーム
14 コミュニケーション スキル 判定 法
14 コミュニケーション スキル 実践
12 コミュニケーション スキル 看護
12 ビジネス コミュニケーション スキル 研究所
12 自己 評価 精神科 コミュニケーション スキル 研究
11 コミュニケーション スキル 作業 療法
11 総合的 学習 コミュニケーション スキル
10 コミュニケーション スキル アップ セミナー
10 コミュニケーション スキル アップ 研修
10 コミュニケーション スキル キャリア 教育
10 コミュニケーション スキル 体育館
10 コミュニケーション スキル 活動 ワーク ショップ 中学
10 コミュニケーション スキル 看護 学 生 臨地 実習
10 コミュニケーション スキル 訓練

43 コミュニケーション 力 向上
27 コミュニケーション 力 身 つく クロース アップ マジック 23
24 コミュニケーション 力 小学校
22 コミュニケーション 力 研究
21 仏語 コミュニケーション 力
20 子ども コミュニケーション 力 家族 学校
20 教師 コミュニケーション 力
17 コミュニケーション 力 チェック
17 氷河期 世代 コミュニケーション 力 不足 悩み
15 コミュニケーション 力 向上 メソッド pcm
15 コミュニケーション 力 養成 塾 盛岡
14 コミュニケーション 自己 表現 力
14 職場 力 コミュニケーション
13 コミュニケーション 力 子ども
13 営業 コミュニケーション 力
13 教育 小学校 コミュニケーション 力 小学校 研究 主題
13 表現 コミュニケーション 力
13 食 コミュニケーション 力
12 コミュニケーション 会話 力
12 コミュニケーション 力 テスト
12 コミュニケーション 力 診断
12 コミュニケーション 力 身 つく クロース アップ マジック
11 コミュニケーション 力 育成
11 コミュニケーション 力 齋藤 孝
11 人間 力 コミュニケーション 能力 本田 由紀
11 伝え合う 力 非 言語 コミュニケーション
11 子ども コミュニケーション 力
10 コミュニケーション 力 低下 若者
10 コミュニケーション 力 教師
10 コミュニケーション 力 斉藤 孝
10 コミュニケーション 力 高める
10 齋藤 孝 コミュニケーション 力

128 人間 関係 コミュニケーション
35 コミュニケーション 人間 関係 社内
28 コミュニケーション 人間 関係 カード ゲーム
17 コミュニケーション 能力 人間 関係
13 人間 関係 コミュニケーション 福岡 教室

38 コミュニケーション 非 言語
26 非 言語 コミュニケーション しぐさ
22 非 言語 コミュニケーション ソーシャル ワーク
22 非 言語 コミュニケーション 表情
19 日本人 甘え 非 言語 コミュニケーション
18 非 言語 コミュニケーション ワークシート
16 コミュニケーション 非 言語 体験
16 言語 的 コミュニケーション 非 言語 的 コミュニケーション
15 非 言語 コミュニケーション アイコン タクト
14 非 言語 コミュニケーション エクササイズ ワークシート
14 非 言語 コミュニケーション 種類
14 非 言語 的 コミュニケーション 認知 症
13 コミュニケーション 論 非 言語 インターネット
13 マナー 身だしなみ コミュニケーション 非 言語
13 看護 非 言語 的 コミュニケーション
13 非 言語 コミュニケーション エクササイズ
13 非 言語 コミュニケーション 手話
12 コミュニケーション 技術 非 言語
12 非 言語 コミュニケーション 心理学
12 非 言語 コミュニケーション 相談 援助
11 コミュニケーション 技術 非 言語 行動
11 伝え合う 力 非 言語 コミュニケーション
11 言語 非 言語 コミュニケーション
11 非 言語 コミュニケーション 卒業 論文
10 言語 的 非 言語 的 コミュニケーション
10 非 言語 コミュニケーション 本
10 非 言語 コミュニケーション 重要性


【記事タイトル】コミュニケーションスキル(能力)について吉井さんから学ぼう。
【記事本文】

「今のあなたの心の状況は、あなた自身が決める」笹氣 健治vs吉井 伯榮

無料なのにすごい情報量です。
限定公開対談をテキストに落とした感じの内容です。


【記事タイトル】コミュニケーションスキル習得のために、性格を分析する。
【記事本文】

コミュニケーションスキル習得のために、相手の性格を分析することは非常に重要です。初対面の人相手に使える、「ほぼだれにでも使える礼儀正しい無難なコミュニケーションスタイル」を習得したら、すぐに相手の性格に合わせたコミュニケーションスキルの習得が必要になるのです。

◆積極的かどうか。
人によりコミュニケーションに対する積極度は異なります。相手の積極性のレベルを肯定しながら、そのレベルにあったコミュニケーションをするスキルを習得していきましょう。相手の性格を理解して相手の発言の意味を深く理解し、最も適切な形で相手の意見を肯定し、自分の意見を述べるのが基本ですが、タイプによって最適なスキルを習得していく必要があるのです。

コミュニケーションスキル習得の目的は?
コミュニケーションスキルを習得をする前に相手とどのような関係を作るかを明確に決めましょう。この際も、相手の性格の理解が役に立ちます。それと同時に自分の性格も理解することが大切です。性格のタイプごとに相性のいい悪いがあるので、それをよく理解した上で習得したコミュニケーションスキルを上手に使いこなすべきなのです。


【記事タイトル】コミュニケーション能力に関するキーワードを調べて、 より読者のあなたへ優れたコンテンツを提供することを目指します。
【記事本文】

コミュニケーション能力に関するキーワードを調べて、
より読者のあなたへ優れたコンテンツを提供することを目指します。

キーワード 

競合する広告主 

検索ボリューム: 8月 

平均検索ボリューム 

コミュニケーション能力 

0.46 

12100 

12100 

コミュニケーション 能力 向上 

1000 

1000 

コミュニケーションの能力 

-1 

720 

コミュニケーション能力教育 

-1 

140 

コミュニケーション能力テスト 

-1 

110 

ビジネス コミュニケーション 能力 

58 

91 

コミュニケーション 能力 研修 

91 

73 

コミュニケーション能力評価 

-1 

73 

コミュニケーション 能力 アップ 

-1 

46 

コミュニケーション能力研究 

-1 

46 

コミュニケーション能力検査 

-1 

28 

対人コミュニケーション能力 

-1 

28 

コミュニケーション能力問題 

-1 

-1 

企業コミュニケーション能力 

-1 

-1 

グーグル他のキーワード: コミュニケーション能力
コミュニケーション能力 向上 コミュニケーション能力 診断 コミュニケーション能力 低下

他のキーワード: コミュニケーション スキル
コミュニケーションスキル 研修 コミュニケーションスキル 向上 コミュニケーションスキル セミナー

ヤフーでは検索数の多い順に、
コミュニケーション スキル ジーコミュニケーション コミュニケーション ゲーム コミュニケーション 能力
となっているが、細かいデータはない。

現時点のこのブログのアクセス内訳
1.
コミュニケーションスキル
129 1.74 00:01:19 96.12% 57.36%
2.
コミュニケーション能力 向上
21 1.71 00:01:21 95.24% 66.67%
3.
コミュニケーションスキル 向上
19 2.05 00:01:39 89.47% 57.89%
4.
コミュニケーション力 向上
10 2.10 00:00:30 100.00% 40.00%
5.
コミュニケーション能力向上
5 2.20 00:02:12 60.00% 40.00%
6.
人間関係能力
5 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
7.
コミュニケーション スキル
3 1.33 00:00:05 100.00% 66.67%
8.
コミュニケーションスキル 看護
3 1.67 00:00:31 100.00% 33.33%
9.
コミュニケーション能力 向上方法
3 1.33 00:00:07 100.00% 66.67%
10.
人間関係づくりトレーニング
3 1.33 00:00:37 100.00% 66.67%
11.
コミュニケーションスキルとは
2 2.00 00:01:51 100.00% 50.00%
12.
コミュニケーションスキル尺度
2 1.00 00:01:32 100.00% 50.00%
13.
コミュニケーション力 診断
2 2.50 00:00:42 100.00% 50.00%
14.
コミュニケーション能力向上方法
2 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
15.
コミュニケ-ションスキル
2 1.00 00:00:00 50.00% 100.00%
16.
人間力関係テスト
2 7.00 00:03:36 50.00% 0.00%
17.
看護 コミュニケーションスキル
2 2.00 00:00:29 100.00% 50.00%
18.
職場 コミュニケーション 改善
2 1.50 00:00:10 100.00% 50.00%
19.
職場 コミュニケーションの定義
2 2.00 00:00:17 50.00% 50.00%
20.
"コミュニケーションスキル尺度"
1 3.00 00:00:43 100.00% 0.00%
21.
ftコミニュケーション
1 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
22.
ありがとう コミュニケーション 文化
1 4.00 00:01:58 100.00% 0.00%
23.
すごい 分析 性格
1 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
24.
アニマルコミュニケーション テキスト
1 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
25.
イーストコミュニケーション
1 2.00 00:00:52 100.00% 0.00%
26.
ゲーム コミュニケーション能力低下
1 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
27.
コミニケーションスキル
1 2.00 00:15:21 0.00% 0.00%
28.
コミュニケーション ゲーム スキルアップ
1 2.00 00:00:55 100.00% 0.00%
29.
コミュニケーション ゲーム 言語
1 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
30.
コミュニケーション 人間関係
1 6.00 00:00:52 100.00% 0.00%
31.
コミュニケーション 定義
1 3.00 00:01:30 100.00% 0.00%
32.
コミュニケーション 能力 評価方法
1 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
33.
コミュニケーション 重要性 ゲーム
1 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
34.
コミュニケーションとは 文部科学省
1 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
35.
コミュニケーションのとり方
1 2.00 00:01:43 0.00% 0.00%
36.
コミュニケーションの意味
1 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
37.
コミュニケーションゲーム内容
1 2.00 00:00:12 100.00% 0.00%
38.
コミュニケーションスキル 人間関係
1 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
39.
コミュニケーションスキル 小学校
1 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
40.
コミュニケーションスキル 相手に伝える 子ども
1 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
41.
コミュニケーションスキル 診断方法
1 3.00 00:00:39 100.00% 0.00%
42.
コミュニケーションスキルアップ検定
1 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
43.
コミュニケーションスキルゲーム
1 3.00 00:02:49 100.00% 0.00%
44.
コミュニケーションスキル向上
1 4.00 00:01:33 100.00% 0.00%
45.
コミュニケーションスキル向上 心理学 ゲーム
1 2.00 00:00:20 0.00% 0.00%
46.
コミュニケーションソーシャルワーク
1 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
47.
コミュニケーションテスト 認知症
1 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
48.
コミュニケーション・スキル
1 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
49.
コミュニケーション力 上級編
1 2.00 00:01:11 100.00% 0.00%
50.
コミュニケーション力 人間関係
1 2.00 00:02:11 100.00% 0.00%
51.
コミュニケーション力が身につくクロースアップマジック23
1 2.00 00:00:30 100.00% 0.00%
52.
コミュニケーション力チェック
1 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
53.
コミュニケーション向上対策
1 2.00 00:00:10 100.00% 0.00%
54.
コミュニケーション技術・コミュニケーションとは・看護技術
1 2.00 00:25:33 100.00% 0.00%
55.
コミュニケーション改善 大阪
1 2.00 00:00:32 100.00% 0.00%
56.
コミュニケーション能力
1 2.00 00:01:02 100.00% 0.00%
57.
コミュニケーション能力 コミュニケーションスキル
1 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
58.
コミュニケーション能力 人間関係 小学校
1 3.00 00:00:35 100.00% 0.00%
59.
コミュニケーション能力 向上 方法
1 2.00 00:00:18 100.00% 0.00%
60.
コミュニケーション能力 評価方法
1 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
61.
コミュニケーション能力 通信教育
1 1.00 00:00:00 0.00% 100.00%
62.
コミュニケーション能力の向上セミナー 看護
1 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
63.
コミュニケーション能力を高める活動
1 3.00 00:01:53 100.00% 0.00%
64.
コミュニケーション能力向上のためには
1 2.00 00:01:03 100.00% 0.00%
65.
コミュニケ-ションの意味
1 2.00 00:01:46 100.00% 0.00%
66.
ノンバーバル コミュニケーション ゲーム
1 2.00 00:01:52 100.00% 0.00%
67.
ノンバーバルコミュニケーション 職場
1 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
68.
ノンバーバルコミュニケーションとは
1 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
69.
パナソニックコミュニケーションズ 社員研修所
1 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
70.
ビジネス スキル 人間力
1 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
71.
メッドコミュニケーションズ
1 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
72.
ワークショップ コミュニケーションゲーム
1 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
73.
中国語 コミュニケーション能力 教育
1 4.00 00:01:38 100.00% 0.00%
74.
中学校 人間関係作り ワークシート
1 2.00 00:00:27 100.00% 0.00%
75.
人間 能力
1 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
76.
人間コミュニケーション
1 3.00 00:01:08 100.00% 0.00%
77.
人間力 コミュニケーション力
1 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
78.
人間関係
1 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
79.
人間関係 コミュニケーション 看護
1 3.00 00:00:30 100.00% 0.00%
80.
人間関係 スキル
1 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
81.
人間関係 スキル コミュニケーション
1 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
82.
人間関係 能力 検定
1 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
83.
人間関係の改善 対話の確立
1 2.00 00:01:28 100.00% 0.00%
84.
人間関係の確立
1 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
85.
会社 人間関係
1 2.00 00:00:13 100.00% 0.00%
86.
会社 人間関係 コミュニケーション
1 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
87.
友人関係能力
1 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
88.
子どものすごい能力
1 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
89.
子どものコミュニケーション・スキル訓練
1 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
90.
小学校 コミュニケーション能力
1 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
91.
携帯 依存 中学生 直接 コミュニケーション
1 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
92.
文部科学省 コミュニケーション 親子
1 2.00 00:00:43 100.00% 0.00%
93.
斉藤孝 コミュニケーション講座
1 2.00 00:01:05 100.00% 0.00%
94.
斎藤孝 人間関係
1 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
95.
日本人の人間関係
1 3.00 00:03:51 100.00% 0.00%
96.
毎日コミニュケーション 新入社員 ブログ
1 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
97.
異文化コミュニケーション トレーニング
1 2.00 00:00:06 100.00% 0.00%
98.
異文化コミュニケーション 通信講座
1 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
99.
研究発表 教えることで自分のスキルアップ
1 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
100.
能力 コミュニ
1 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
101.
言語コミュニケーション能力
1 3.00 00:05:03 100.00% 0.00%
102.
言語的コミュニケーション
1 2.00 00:00:11 100.00% 0.00%
103.
話し方コミュニケーション友人を作る
1 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
104.
認知症、コミュニケーション技法
1 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
105.
非言語体験
1 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
106.
非言語的コミュニケーション 看護
1 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
107.
非言語的コミュニケーション方法
1 2.00 00:00:06 100.00% 0.00%
108.
非言語的コミュニケーション研修・介護職
1 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
109.
面接技術 非言語的コミュニケーション
1 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%


キーワード 

検索ボリューム 8月 

平均検索数 

 

コミュニケーションスキル 

3600 

4400 

 

コミュニケーション スキル アップ 

140 

170 

 

コミュニケーション スキル 向上 

58 

91 

 

コミュニケーションスキルセミナー 

91 

73 

 

コミュニケーションスキル評価 

-1 

22 

 

コミュニケーションスキル看護 

-1 

-1 

 

コミュニケーションスキル資格 

-1 

-1 

 

医療 コミュニケーション スキル 

-1 

-1 

 

対人コミュニケーションスキル 

-1 

-1 

 

「コミュニケーションスキルのアップ」と「コミュニケーション能力の向上」を
望む人がいる。求めている情報は本質的に同じだと思うが、
よりよくコミュニケーションするためには、横文字中心・漢字中心のスタイル
を使い分けてコミュニケーションをした方がいいかもしれない。

「コミュニケーションスキルのアップ」で検索するのは、
ヤフーを使うインターネット初心者が比較的多く、
「コミュニケーション能力の向上」で検索するのは、
グーグルを使うインターネット中級者が多いようである。


【記事タイトル】コミュニケーションスキル能力をアップ向上させるためには、 相手が言ったことだけを理解するのではなく、
【記事本文】

コミュニケーション能力を向上させるためには、
相手が言ったことだけを理解するのではなく、
相手が表現しきれなかった情報も予測する。

そしてこの広い視野でコミュニケーションを見た上で、
わからない部分をすぐに質問しよう。
質問力を向上させることは、コミュニケーション能力の向上の
中でも最も重要なもののひとつである。

コミュニケーション能力が向上すれば、
「そんなこと聞いてない」などということはなくなる。


コミュニケーション能力を向上させるためには、
自分が正しくても偉そうな態度を取らない。
正しいことを偉そうに言われたら、間違っている人間が強い反感を
持つのはコミュニケーション学の常識である。

相手のコミュニケーション能力を想像し、相手の思考パターンが
すんなりと受け入れるコミュニケーションを心がけよう。

上記の二つの知恵をコミュニケーションスキルのアップに役立ててください。


【記事タイトル】コミュニケーション能力向上のためのメモ
【記事本文】

コミュニケーション能力を向上させるためには、
相手が言ったことだけを理解するのではなく、
相手が表現しきれなかった情報も予測する。

そしてこの広い視野でコミュニケーションを見た上で、
わからない部分をすぐに質問しよう。
質問力を向上させることは、コミュニケーション能力の向上の
中でも最も重要なもののひとつである。

コミュニケーション能力が向上すれば、
「そんなこと聞いてない」などということはなくなる。

コミュニケーション能力を向上させるためには、
自分が正しくても偉そうな態度を取らない。
正しいことを偉そうに言われたら、間違っている人間が強い反感を
持つのはコミュニケーション学の常識である。

相手のコミュニケーション能力を想像し、相手の思考パターンが
すんなりと受け入れるコミュニケーションを心がけよう。

相手に自分のすごさを伝えたい時は自慢話より苦労話にする。
コミュニケーションスキルが向上すれば自慢話でも素直に聞いてもらえるが、
自慢話を異常に毛嫌いする人もいるので相手の素性が知れないときは苦労話が無難。

19:16 2008/10/09ヤフー検索キーワード
コミュニケーション能力 人間関係 コミュニケーション能力 向上 コミュニケーション能力 テスト
コミュニケーション能力 トレーニング コミュニケーション能力 とは コミュニケーション能力 説明
コミュニケーション能力 低下 コミュニケーション能力 本 自己pr コミュニケーション能力 実践的コミュニケーション能力
19:17 2008/10/09グーグル検索キーワード
コミュニケーション能力 向上 コミュニケーション能力 診断 コミュニケーション能力 低下


【記事タイトル】コミュニケーションスキル・能力向上ブログのキーワード別アクセス数ベスト10
【記事本文】

コミュニケーションスキル・能力向上ブログのキーワード別アクセス数ベスト10
1. コミュニケーションスキル149
2. コミュニケーション能力 向上44
3. コミュニケーションスキル 向上18
4. コミュニケーション力 向上12
5. コミュニケーションスキルアップ検定9
6. コミュニケーションスキルとは6
7. コミュニケーション スキル5
8. コミニケーションスキル4
9. コミニュケーション コミュニケーション3
10. コミュニケーションスキルアップ 検定3

あなたが検索したキーワードはありますか?
「コミュニケーションスキル(能力)アップで人間関係を向上 」では上記のキーワード
で検索された方に最高に役立つコミュニケーション情報をお届けします。


【記事タイトル】アサーティブコミュニケーションとは?その意味を記載
【記事本文】

「アサーティブコミュニケーション」の意味を理解しよう
「アサーティブコミュニケーション」とは、相手のことを尊重したうえで適切な形で自己主張をするというような意味を持ちます。コミュニケーションをする際には理想的な態度ですね。一つのスキルになるくらいですから、普通にできることではありません。特に、相手の不利益になるような厳しいことをはっきりと告げる際に必要とされるスキルです。

アサーティブコミュニケーションを知らずに困ることとは?
このコミュニケーションスキルを備えていないと大まかに分けて、ふたつのミスを犯します。
・不満を相手に伝えないため、大きなストレスを抱える。
上司や親から命令を受けた際に、不満や言いたいことをコミュニケーションせずに、行動していると命令に同意していると考えられ、どんどんストレスがたまる状況に陥ります。アサーティブコミュニケーションを知らないと自信を持って話すことができないのです。
・相手の感情についてコミュニケーションせずに、意見を押し付ける。
上司や親という立場にある人間が行ってしまいやすいミスです。なかなか思いが伝わらないので、伝えるのを諦めることもありますが、逆に何度もしつこく伝えて嫌われてしまう恐れもあります。アサーティブコミュニケーションを学んでいないと、嫌われた状態で重要なことを伝えるのは不可能です。

アサーティブコミュニケーションの力とは?
上記の二つは逆の立場のコミュニケーションスキル不足による人間関係の問題です。どちらか一方がアサーティブなコミュニケーションスキルを持っていれば、この人間関係問題はかなり軽減されます。どちらか一方のコミュニケーションスキルに問題がある場合でも、アサーティブコミュニケーションを行えば上手くそのことを伝え状態を改善できるのです。

アサーティブコミュニケーションを実践しよう
まずは相手の立場と感情を思いやって、「いつ」「どこで」伝えるかを決めましょう。基本的に注意をする場合やネガティブな情報を伝える場合は、早めに伝えたほうがいいのですが、感情的に弱っている時には耐えられません。また、「男性は皆の前で叱り、ふたりきりの時に褒めると良い」「女性は皆の前で褒めて、ふたりきりの時に叱ると良い」などというように、他の人に聞かれているかどうかも重要なポイントです。

◆言い方の問題
論理的な考え方をする人は、「はっきりと告げる」方法が有効です。言いづらいことをはっきり行ってくれたあなたを信用します。感情的な人には、「気を使って伝える」方法が有効です。貴女が気を使ってくれていることを知ると、あなたを信用します。

アサーティブコミュニケーションの続き
次回はアサーティブなコミュニケーションスキルを身につけることで人間関係を改善する具体的な方法をお伝えします。楽しみにしていてください。


【記事タイトル】コミュニケーションスキルアップのために役立つ基本の話をいくつか
【記事本文】

コミュニケーション能力を向上させるためには、
相手が言ったことだけを理解するのではなく、
相手が表現しきれなかった情報も予測するとよい。

サイグラムや「さあ、才能に目覚めよう」の「ストレングス・ファインダー」などの
統計的分析は非常に役立つ情報である。
後者は主に自己分析のためのものであるが、自分がどういう人間かを知ると、
自分特有のミスコミュニケーションに気づきスキルアップすることができるのです。

そしてこの広い視野でコミュニケーションを見た上で、
わからない部分や自分が勘違いしそうな部分をすぐに質問しよう。
質問力を向上させることは、コミュニケーションスキルアップの
中でも最も重要なもののひとつである。

コミュニケーション能力が向上すれば、
「そんなこと聞いてない」などということはなくなる。
コミュニケーションをしているときに「わからなかった部分」は記憶から消えていく。
勘違いした部分は、勘違いが確かな記憶になっていく。
コミュニケーションスキルについて考えることがなければ、その存在にすら気づけない
ミスコミュニケーションです。
この問題点に気づいた時点でコミュニケーションスキルがアップするまで
あと一歩と考えてよいでしょう。

コミュニケーション能力を向上させるためには、
自分が正しくても偉そうな態度を取らない。
正しい正しくないは主観的な価値観にすぎない。
自分が間違っているかもしれないし、ほかに正しい意見が共存しえるかもしれない。
正しいことを偉そうに言われたら、自分の間違いに気付いた人間でも
強い反感を持つのはコミュニケーション学の常識である。


相手のコミュニケーション能力を想像し、相手の思考パターンが
すんなりと受け入れるコミュニケーションを心がけよう。
自分が正しいと思うことを主張するよりもコミュニケーションにより
お互いに少しでもよい変化が起きる方が重要である。
自分の正しさを相手に伝えるのはコミュニケーションスキルがかなりアップするまでは
うまくいかないと思って、失敗しておこったり傷つかないようにしよう。

相手に自分のすごさを伝えたい時は自慢話より苦労話にするとよい。
苦労話は不幸話ではない。不幸話はリアクションをしづらく、コミュニケーションの障害となる。
笑い飛ばす感じて深刻さを軽減し、やりがいを強調して希望のある話にしよう。

コミュニケーションスキルが向上すれば自慢話でも素直に聞いてもらえるが、
自慢話を異常に毛嫌いする人もいるので相手の素性が知れないときは苦労話が無難。
その人に自慢話がうざい人とレッテルを張られて他の人に言いふらされたら、
コミュニケーションスキルがアップしてからの自慢話も変な意味にとられてしまう。

根拠のない不安によってコミュニケーションする内容を変えてはいけない。
自分の現時点の信念でいちばんと思える内容を堂々とコミュニケーションすべき。
そのコミュニケーションを客観視する視点を時々持つことで、
コミュニケーションスキルアップを図るとよい。


【記事タイトル】コミュニケーション能力を向上する目的は実践的なものを
【記事本文】

コミュニケーション能力向上の目的は相手を思うようにコントロールすることであってはならない。
コミュニケーション能力向上の必要性を感じるのは相手が思うようにならないことが原因であるから、
最初の一歩目でこの考え方を改める必要がある。
本当に上級になった時点でも「相手にとっても良い方向に誘導する」以上のことはしてはいけない。
一時的にうまくいったとしても後で相手に「だまされた」という強い恨みを抱かせてしまう。
そして、多くの場合はコミュニケーションの最中にすぐに反感を買うことになる。
相手を思うようにコントロールするというより、相手をいい気分にさせて、
少しずつ相手のことを気遣いながら望ましい方向に誘導するのです。
これは現実社会の仕組みにあっているので実践的コミュニケーション能力が向上できる。

コミュニケーション能力を向上させるためには、
相手が言ったことだけを理解するのではなく、
相手が表現しきれなかった情報も予測するとよい。

サイグラムや「さあ、才能に目覚めよう」の「ストレングス・ファインダー」などの
統計的分析は非常に役立つ情報である。
後者は主に自己分析のためのものであるが、自分がどういう人間かを知ると、
自分特有のミスコミュニケーションに気づきスキル向上することができるのです。
自分でも何度もコミュニケーションを繰り返すことで統計的な判断ができるようにしたい。
直感で相手の言いたいことがわかったと思ったら「統計的な根拠に基づいているか」と
自分に質問してみよう。
毎回、この質問をすることでコミュニケーションにおける統計的な判断能力が磨かれていく。

そしてこの広い視野でコミュニケーションを見た上で、
わからない部分や自分が勘違いしそうな部分をすぐに質問しよう。
質問力を向上させることは、コミュニケーションスキル向上の
中でも最も重要なもののひとつである。

コミュニケーション能力が向上すれば、
「そんなこと聞いてない」などということはなくなる。
コミュニケーションをしているときに「わからなかった部分」は記憶から消えていく。
勘違いした部分は、勘違いが確かな記憶になっていく。
コミュニケーションスキルについて考えることがなければ、その存在にすら気づけない
ミスコミュニケーションです。
この問題点に気づいた時点でコミュニケーションスキルが向上するまで
あと一歩と考えてよいでしょう。

コミュニケーション能力を向上させるためには、
自分が正しくても偉そうな態度を取らない。
正しい正しくないは主観的な価値観にすぎない。
自分が間違っているかもしれないし、ほかに正しい意見が共存しえるかもしれない。
正しいことを偉そうに言われたら、自分の間違いに気付いた人間でも
強い反感を持つのはコミュニケーション学の常識である。


相手のコミュニケーション能力を想像し、相手の思考パターンが
すんなりと受け入れるコミュニケーションを心がけよう。
自分が正しいと思うことを主張するよりもコミュニケーションにより
お互いに少しでもよい変化が起きる方が重要である。
自分の正しさを相手に伝えるのはコミュニケーションスキルがかなり向上するまでは
うまくいかないと思って、失敗しておこったり傷つかないようにしよう。

相手に自分のすごさを伝えたい時は自慢話より苦労話にするとよい。
苦労話は不幸話ではない。不幸話はリアクションをしづらく、コミュニケーションの障害となる。
笑い飛ばす感じて深刻さを軽減し、やりがいを強調して希望のある話にしよう。

コミュニケーションスキルが向上すれば自慢話でも素直に聞いてもらえるが、
自慢話を異常に毛嫌いする人もいるので相手の素性が知れないときは苦労話が無難。
その人に自慢話がうざい人とレッテルを張られて他の人に言いふらされたら、
コミュニケーションスキルが向上してからの自慢話も変な意味にとられてしまう。

根拠のない不安によってコミュニケーションする内容を変えてはいけない。
自分の現時点の信念でいちばんと思える内容を堂々とコミュニケーションすべき。
そのコミュニケーションを客観視する視点を時々持つことで、
コミュニケーションスキル向上を図るとよい。

コミュニケーションで人間関係を改善したければ、相手がかけてほしい言葉を
いう癖をつけるとよいです。

コミュニケーションスキル向上の初期段階では、自分の得意な形式のコミュニケーションばかり求めます。
そのせいで変な方向に独りよがりな話になってしまうこともあります。
また、過剰な自信から苦手意識が抑圧されているコミュニケーションに関しては
「言わなくても何となくわかってくれるだろう」と思い込んでしまうことがあります。

コミュニケーションスキル向上の新しい段階。
それは、話してはいけない不幸話、自慢話、意見の押し付けをする相手と
うまくコミュニケーションすることです。
相手がコミュニケーションスキル向上を望んでいるのならば、
指摘してアドバイスをしてもよいでしょう。
自分に近い人で長期的にかかわっていく必要がある人なら、
その方向に誘導する必要もあるでしょう。

相手の不幸話から「私はだめだ」という言葉が出るとつい「そんなことないよ」
といきなり否定して相手を慰めようとしてしまいます。

コミュニケーション上級スキル向上にうってつけの課題が、相手を改善することです。
教育、指導、コーチング、洗脳のためのコミュニケーションですね。
とくに相手の悪い癖を直そうとするときは、頭ごなしに否定して反感を買ったり、
遠まわしに言おうとして帰って反感を買ったり、
遠まわしすぎて相手に全く伝わらなかったりしてしまうものです。


【記事タイトル】コミュニケーション能力向上のための実績的な基本トレーニング情報追加
【記事本文】

コミュニケーション能力向上の目的は相手を思うようにコントロールすることであってはならない。
強力なコミュニケーション手段の一つである催眠術でも同じことが言える。
催眠術やコミュニケーション能力向上の必要性を感じるのは相手が思うようにならないことが
原因であるから、最初の一歩目でこの考え方を改める必要がある。
催眠術は一方的に相手を操っているように見えるが、お互いの信頼関係を構築するからこそ
安心していうことが聞けるのである。
相手の信頼関係を裏切るような暗示を入れようとすると、催眠にかかりやすい人でも、
急に催眠から覚めてしまうことが多い。
どんなにうまく操っても催眠が解けてから強い反感を買い、直接または間接に復讐を受けることになる。

コミュニケーション能力が向上して、
本当に上級になった時点でも「相手にとっても良い方向に誘導する」以上のことはしてはいけない。
一時的にうまくいったとしても後で相手に「だまされた」という強い恨みを抱かせてしまう。
そして、多くの場合はコミュニケーションの最中にすぐに反感を買うことになる。
相手を思うようにコントロールするというより、相手をいい気分にさせて、
少しずつ相手のことを気遣いながら望ましい方向に誘導するのです。
この方法だと現実社会の仕組みにあっているので実践的なコミュニケーション能力が向上できる。

コミュニケーション能力向上を脳の変化という観点で見てみましょう。
話し上手になるためには発話系の脳番地を変化させる必要があります。
発声トレーニングでも鍛えることができます。歌を歌ったり、一人スピーチでも鍛えられます。
わかりやすく正確な言葉で話すためには言語系の脳番地を変化させるとよいでしょう。
これは、読み書きでも鍛えることできます。
相手の反応を理解するためには視覚系の脳番地を鍛えることが必要です。
相手のことをよくみながら、特に見落としている部分を探しながらコミュニケーションをすると鍛えられます。
聞き上手になるために欠かせない聴覚系の脳番地を変化させることも重要です。

コミュニケーションをする前に頭の中に相手の話を整理するテンプレートを用意しよう。
自分の話を伝えるテンプレートも用意しよう。

コミュニケーション能力を向上させるためには、
相手が言ったことだけを理解するのではなく、
相手が表現しきれなかった感情や考え方も予測するとよい。
相手のコミュニケーションの裏にある心と理性の葛藤に思いを巡らせるのだ。
過去に蓄積された心と理性の記憶がその人のコミュニケーションスタイルを決定づける。
これは向上心がある限り永遠に続ける価値のある実践的なコミュニケーション能力トレーニングだ。

コミュニケーション相手の心と理性を分析して解釈するさいに、
統計的分析は非常に役立つ情報である。
統計的分析により自己分析することも重要である。
自分がどういう人間かを知ると、自分特有のミスコミュニケーションに気づき能力を向上できます。
何度もコミュニケーションを繰り返すことで統計的な判断ができるようにしよう。
直感で相手の言いたいことがわかったと思ったら「統計的な根拠に基づいているか」と
自分に質問してみよう。
毎回、この質問をすることでコミュニケーションにおける統計的な判断能力が磨かれていく。
個性が重視される時代でも、義務教育やマスコミという強力な画一洗脳装置があるので、
統計をとると共通の性格要素がたくさん見られる。

そしてこのように深くコミュニケーションを見た上で、
わからない部分や自分が勘違いしそうな部分をすぐに質問しよう。
質問力を向上させることは、コミュニケーション能力向上の
中でも最も重要なもののひとつである。
そのためには、自己分析により自分の心と理性を見つめる必要がある。

コミュニケーション能力が向上すれば、
「そんなこと聞いてない」などということはなくなる。
コミュニケーションをしているときに「わからなかった部分」は記憶から消えていく。
勘違いした部分は、勘違いが確かな記憶になっていく。
コミュニケーション能力について考えることがなければ、その存在にすら気づけない
ミスコミュニケーションです。
この問題点に気づいた時点でコミュニケーション能力が向上するまで
あと一歩と考えてよいでしょう。

コミュニケーション能力を向上させるためには、
自分が正しくても偉そうな態度を取らない。
正しい正しくないは主観的な価値観にすぎない。
自分が間違っているかもしれないし、ほかに正しい意見が共存しえるかもしれない。
正しいことを偉そうに言われたら、自分の間違いに気付いた人間でも
強い反感を持つのはコミュニケーション学の常識である。


相手のコミュニケーション能力を想像し、相手の思考パターンが
すんなりと受け入れるコミュニケーションを心がけよう。
自分が正しいと思うことを主張するよりもコミュニケーションにより
お互いに少しでもよい変化が起きる方が重要である。
自分の正しさを相手に伝えるのはコミュニケーション能力がかなり向上するまでは
うまくいかないと思って、失敗しておこったり傷つかないようにしよう。

相手に自分のすごさを伝えたい時は自慢話より苦労話にするとよい。
苦労話は不幸話ではない。不幸話はリアクションをしづらく、コミュニケーションの障害となる。
笑い飛ばす感じて深刻さを軽減し、やりがいを強調して希望のある話にしよう。

コミュニケーション能力が向上すれば自慢話でも素直に聞いてもらえるが、
自慢話を異常に毛嫌いする人もいるので相手の素性が知れないときは苦労話が無難。
その人に自慢話がうざい人とレッテルを張られて他の人に言いふらされたら、
コミュニケーション能力が向上してからの自慢話も変な意味にとられてしまう。

根拠のない不安によってコミュニケーションする内容を変えてはいけない。
自分の現時点の信念でいちばんと思える内容を堂々とコミュニケーションすべき。
そのコミュニケーションを客観視する視点を時々持つことで、
コミュニケーション能力向上を図るとよい。

コミュニケーションで人間関係を改善したければ、相手がかけてほしい言葉を
いう癖をつけるとよいです。

コミュニケーション能力向上の初期段階では、自分の得意な形式のコミュニケーションばかり求めます。
そのせいで変な方向に独りよがりな話になってしまうこともあります。
また、過剰な自信から苦手意識が抑圧されているコミュニケーションに関しては
「言わなくても何となくわかってくれるだろう」と思い込んでしまうことがあります。

コミュニケーション能力向上の新しい段階。
それは、話してはいけない自己卑下、不幸話、自慢話、意見の押し付けをする相手と
うまくコミュニケーションすることです。
相手がコミュニケーション能力向上を望んでいるのならば、
指摘してアドバイスをしてもよいでしょう。
自分に近い人で長期的にかかわっていく必要がある人なら、
その方向に誘導する必要もあるでしょう。

相手が「私はだめだ」という自己否定をするとつい「そんなことないよ」
といきなり否定して相手を慰めようとしてしまいます。
相手の心がとりあえずその言葉を求めている場合には問題ありません。
一時的にでも癒されて「ありがとう」と言ってくれる場合も多いでしょう。
しかし、パターン学習が進みすぎて反射的に慰めるようになると、
相手は「私のことに興味ないのかな」と傷ついてしまいます。
時にはじっくり考える様子を見せて、
「自分の否定したい部分を堂々と話せるなんてすごいね。あなたはなかなかいい人間だと思うよ」
というような感じのコミュニケーションをするのもよいかもしれません。

コミュニケーション上級能力向上にうってつけの課題が、相手を改善することです。
教育、指導、コーチング、洗脳のためのコミュニケーションですね。
とくに相手の悪い癖を直そうとするときは、頭ごなしに否定して反感を買ったり、
遠まわしに言おうとして帰って反感を買ったり、
遠まわしすぎて相手に全く伝わらなかったりしてしまうものです。

自分の保身のために乱用するいいわけにはしないでほしいが、今の社会では嘘が重要である。
個人情報保護法やプライバシーが騒がれ隠すことを奨励する傾向があるうえに、
科学的な正しさはまだそれほど重要視されていない。
まだまだ占いで戦争や人の人生、刑罰を決めていた時代の名残がたくさん残っている平成社会。
コミュニケーション能力が向上してくると人間の心の非合理性が本当によく見えるようになる。
その非合理性の問題点を適切に簡潔に指摘できるようになっても、心の非合理性をよく考えれば、
遠回りをした方が賢明である。
スムーズなコミュニケーションを創出できるようになったばかりのときは特に、
社会的な洗脳を対処するときの遠回りの重要性を忘れてはいけない。


【記事タイトル】コミュニケーション能力向上で人間関係の悩みを改善しよう
【記事本文】

コミュニケーション能力向上の目的は相手を思うようにコントロールすることであってはならない。
強力なコミュニケーション手段の一つである催眠術でも同じことが言える。
催眠術やコミュニケーション能力向上の必要性を感じるのは相手が思うようにならないことが
原因であるから、最初の一歩目でこの考え方を改める必要がある。
催眠術は一方的に相手を操っているように見えるが、お互いの信頼関係を構築するからこそ
安心していうことが聞けるのである。
相手の信頼関係を裏切るような暗示を入れようとすると、催眠にかかりやすい人でも、
急に催眠から覚めてしまうことが多い。
どんなにうまく操っても催眠が解けてから強い反感を買い、直接または間接に復讐を受けることになる。

コミュニケーション能力を向上したい人を引き付けるための一番のえさとなる
「相手を思い通りにコントロールできる」というキャッチコピーに注意することはもうわかったと思います。
とても魅力的な話ですが、こんなキャッチコピーに惑わされてはいけません。
職場の人間関係を改善する方法としてコミュニケーション能力を向上する、
といった今の自分にあった目標に集中することが大切です。
職場の人間関係の悩みの中でも一番重要な部分か一番改善しやすそうな部分に集中するのです。


コミュニケーション能力が向上して、
本当に上級になった時点でも「相手にとっても良い方向に誘導する」以上のことはしてはいけない。
一時的にうまくいったとしても後で相手に「だまされた」という強い恨みを抱かせてしまう。
そして、多くの場合はコミュニケーションの最中にすぐに反感を買うことになる。
相手を思うようにコントロールするというより、相手をいい気分にさせて、
少しずつ相手のことを気遣いながら望ましい方向に誘導するのです。
この方法だと現実社会の仕組みにあっているので実践的なコミュニケーション能力が向上できる。

コミュニケーション能力向上を脳の変化という観点で見てみましょう。
話し上手になるためには発話系の脳番地を変化させる必要があります。
発声トレーニングでも鍛えることができます。歌を歌ったり、一人スピーチでも鍛えられます。
わかりやすく正確な言葉で話すためには言語系の脳番地を変化させるとよいでしょう。
これは、読み書きでも鍛えることできます。
相手の反応を理解するためには視覚系の脳番地を鍛えることが必要です。
相手のことをよくみながら、特に見落としている部分を探しながらコミュニケーションをすると鍛えられます。
聞き上手になるために欠かせない聴覚系の脳番地を変化させることも重要です。

コミュニケーション能力を向上させ続ける仕組みを作ろう。
何度も繰り返すコミュニケーションを自分でセルフモニタリングして、
理性により分析して良い部分と悪い部分を分ける癖をつける。
そしてコミュニケーションをするたびに悪い部分を直す方法を考え、
実践の場でトレーニングを行って少しずつでも直すのです。

コミュニケーションの多様なスタイルを理解し、それぞれの機会にコミュニケーション能力の向上を試みよう。
メール、チャット、セミナー、書籍、雑談、商談、会議、口喧嘩、仕事の指示、研修。
事前にどのようなコミュニケーションをするかを考えることもコミュニケーション能力向上には欠かせない。
何度も何度も予行練習することが大切なのです。


コミュニケーションをする前に頭の中に相手の話を整理するテンプレートを用意しよう。
相手はコミュニケーションにより何を達成しようとしているのか。
自分の話を伝えるテンプレートも用意しよう。
話し方だけではなく態度で示すことも重要である。
それがコミュニケーションの本質なのだ。

コミュニケーション能力を向上させるためには、
相手が言ったことだけを理解するのではなく、
相手が表現しきれなかった感情や考え方も予測するとよい。
相手のコミュニケーションの裏にある心と理性の葛藤に思いを巡らせるのだ。
過去に蓄積された心と理性の記憶がその人のコミュニケーションスタイルを決定づける。
これは向上心がある限り永遠に続ける価値のある実践的なコミュニケーション能力トレーニングだ。

コミュニケーション相手の心と理性を分析して解釈するさいに、
統計的分析は非常に役立つ情報である。
統計的分析により自己分析することも重要である。
自分がどういう人間かを知ると、自分特有のミスコミュニケーションに気づき能力を向上できます。
何度もコミュニケーションを繰り返すことで統計的な判断ができるようにしよう。
直感で相手の言いたいことがわかったと思ったら「統計的な根拠に基づいているか」と
自分に質問してみよう。
毎回、この質問をすることでコミュニケーションにおける統計的な判断能力が磨かれていく。
個性が重視される時代でも、義務教育やマスコミという強力な画一洗脳装置があるので、
統計をとると共通の性格要素がたくさん見られる。

そしてこのように深くコミュニケーションを見た上で、
わからない部分や自分が勘違いしそうな部分をすぐに質問しよう。
質問力を向上させることは、コミュニケーション能力向上の
中でも最も重要なもののひとつである。
そのためには、自己分析により自分の心と理性を見つめる必要がある。

コミュニケーション能力が向上すれば、
「そんなこと聞いてない」などということはなくなる。
コミュニケーションをしているときに「わからなかった部分」は記憶から消えていく。
勘違いした部分は、勘違いが確かな記憶になっていく。
コミュニケーション能力について考えることがなければ、その存在にすら気づけない
ミスコミュニケーションです。
この問題点に気づいた時点でコミュニケーション能力が向上するまで
あと一歩と考えてよいでしょう。

コミュニケーション能力を向上させるためには、
自分が正しくても偉そうな態度を取らない。
正しい正しくないは主観的な価値観にすぎない。
自分が間違っているかもしれないし、ほかに正しい意見が共存しえるかもしれない。
正しいことを偉そうに言われたら、自分の間違いに気付いた人間でも
強い反感を持つのはコミュニケーション学の常識である。


相手のコミュニケーション能力を想像し、相手の思考パターンが
すんなりと受け入れるコミュニケーションを心がけよう。
自分が正しいと思うことを主張するよりもコミュニケーションにより
お互いに少しでもよい変化が起きる方が重要である。
自分の正しさを相手に伝えるのはコミュニケーション能力がかなり向上するまでは
うまくいかないと思って、失敗しておこったり傷つかないようにしよう。

相手に自分のすごさを伝えたい時は自慢話より苦労話にするとよい。
苦労話は不幸話ではない。不幸話はリアクションをしづらく、コミュニケーションの障害となる。
笑い飛ばす感じて深刻さを軽減し、やりがいを強調して希望のある話にしよう。

コミュニケーション能力が向上すれば自慢話でも素直に聞いてもらえるが、
自慢話を異常に毛嫌いする人もいるので相手の素性が知れないときは苦労話が無難。
その人に自慢話がうざい人とレッテルを張られて他の人に言いふらされたら、
コミュニケーション能力が向上してからの自慢話も変な意味にとられてしまう。

根拠のない不安によってコミュニケーションする内容を変えてはいけない。
自分の現時点の信念でいちばんと思える内容を堂々とコミュニケーションすべき。
そのコミュニケーションを客観視する視点を時々持つことで、
コミュニケーション能力向上を図るとよい。

コミュニケーションで人間関係を改善したければ、相手がかけてほしい言葉を
いう癖をつけるとよいです。

コミュニケーション能力向上の初期段階では、自分の得意な形式のコミュニケーションばかり求めます。
そのせいで変な方向に独りよがりな話になってしまうこともあります。
また、過剰な自信から苦手意識が抑圧されているコミュニケーションに関しては
「言わなくても何となくわかってくれるだろう」と思い込んでしまうことがあります。

コミュニケーション能力向上の新しい段階。
それは、話してはいけない自己卑下、不幸話、自慢話、意見の押し付けをする相手と
うまくコミュニケーションすることです。
相手がコミュニケーション能力向上を望んでいるのならば、
指摘してアドバイスをしてもよいでしょう。
自分に近い人で長期的にかかわっていく必要がある人なら、
その方向に誘導する必要もあるでしょう。

相手が「私はだめだ」という自己否定をするとつい「そんなことないよ」
といきなり否定して相手を慰めようとしてしまいます。
相手の心がとりあえずその言葉を求めている場合には問題ありません。
一時的にでも癒されて「ありがとう」と言ってくれる場合も多いでしょう。
しかし、パターン学習が進みすぎて反射的に慰めるようになると、
相手は「私のことに興味ないのかな」と傷ついてしまいます。
時にはじっくり考える様子を見せて、
「自分の否定したい部分を堂々と話せるなんてすごいね。あなたはなかなかいい人間だと思うよ」
というような感じのコミュニケーションをするのもよいかもしれません。

コミュニケーション上級能力向上にうってつけの課題が、相手を改善することです。
教育、指導、コーチング、洗脳のためのコミュニケーションですね。
とくに相手の悪い癖を直そうとするときは、頭ごなしに否定して反感を買ったり、
遠まわしに言おうとして帰って反感を買ったり、
遠まわしすぎて相手に全く伝わらなかったりしてしまうものです。

自分の保身のために乱用するいいわけにはしないでほしいが、今の社会では嘘が重要である。
個人情報保護法やプライバシーが騒がれ隠すことを奨励する傾向があるうえに、
科学的な正しさはまだそれほど重要視されていない。
まだまだ占いで戦争や人の人生、刑罰を決めていた時代の名残がたくさん残っている平成社会。
コミュニケーション能力が向上してくると人間の心の非合理性が本当によく見えるようになる。
その非合理性の問題点を適切に簡潔に指摘できるようになっても、心の非合理性をよく考えれば、
遠回りをした方が賢明である。
スムーズなコミュニケーションを創出できるようになったばかりのときは特に、
社会的な洗脳を対処するときの遠回りの重要性を忘れてはいけない。


【記事タイトル】コミュニケーション能力向上のためのメモさらに更新
【記事本文】

幸せになるための人間関係をよくするコミュニケーションの秘訣。
目標を達成するためには、つまり、幸せになるためには人間関係の良好を保つことが非
常に大事です。なぜなら、目標が大きければ大きいほど、目標達成には他者の協力が必要と
なってくるからです。
では、人間関係を良好にするためにはどのようなことに気を配る必要があるのでしょうか。
良好な人間関係を築くためのコミュニケーション14の秘訣を以下に示します。
◆秘訣1相手の優越感を高める
ほぼすべての人が他人から優れていると評価されると喜びます。
◆秘訣2相手の価値観を尊重する
相手の考え方を理解するように努めることです。
◆秘訣3自分の価値観を押し付けない
自分の考えを主張することは相手の価値観を否定する事を意味します。
◆秘訣4自分の正しさを主張しない
相手が明らかに間違っていても、ストレートに否定しない。そうすると相手から憎まれます。
ですから、さりげなく相手の間違いを指摘するようにします。
◆秘訣5相手に親身になる
相手が困っていることに対して親身に接する。そうすれば、感謝してもらえます。
◆秘訣6相手に感謝する
自分ひとりの力でどうにかなったと思わない。常にだれだれのおかげと考える。
小さな事でも「ありがとう」という。
◆秘訣7謙虚になる
自分はまだまだ半人前と思うようにし、自信過剰にならない。そして、相手を立てます。大物と
いわれる人物に限って腰が低かったりするものです。
◆秘訣8相手に嫌がらせを受けても反射的には怒らない。
◆秘訣9笑顔でいる
笑顔でいると、くつろいだ場が出来ます。相手もそして自分も気持ち良くなるでしょう。
◆秘訣10他人の悪口を言わない
他人の短所を指摘する考え方は、憎しみを生む考え方です。悪口(愚痴)を聞かされた方
は、自分も陰で悪口を言われてるのではと思ってしまいます。苦手(嫌い)な相手にも今まで
気付かなかった長所や美点が必ずあるはず。その点に興味を持つようにしよう。しかし、どう
しても鬱憤が晴れないときははその鬱憤をひたすら紙に書くという手もあります。簡単ですが
意外とスッキリするものです。
◆秘訣11冗談を言う
ユーモアは話しの潤滑油となります。また、面白い冗談を言うことで相手は喜びます。相手
を喜ばせると自分も楽しくなります。そして、結局くつろいだ場が出来ます。しかし、自分本位
の冗談は控えめにした方が良いかもしれません。つまらないと反感を買ってしまうかもしれま
せん。やはり、相手の笑いの壷をつくような面白い冗談を言ったほうが、相手も楽しいし、相
手を笑わせたということで自分も満足できて、楽しくなります。
◆秘訣12情報を提供する
人に喜ばれそうな情報を提供する。そうすることで、相手に喜ばれます。そして、自分もそ
の情報を「出力」することで、頭の中でその情報が整理されます。その結果、その情報がより
強く自分の頭にインプットされます。
◆秘訣13報告・連絡・相談(ホウレンソウ)を徹底する。
本来は、経営者がホウレンソウが徹底される仕組みを構築しておくべきです。
◆秘訣14愛情の長期的な影響も考える。
コミュニケーション能力向上の目的は相手を思うようにコントロールすることであってはならない。
強力なコミュニケーション手段の一つである催眠術でも同じことが言える。
催眠術やコミュニケーション能力向上の必要性を感じるのは相手が思うようにならないことが
原因であるから、最初の一歩目でこの考え方を改める必要がある。
催眠術は一方的に相手を操っているように見えるが、お互いの信頼関係を構築するからこそ
安心していうことが聞けるのである。
相手の信頼関係を裏切るような暗示を入れようとすると、催眠にかかりやすい人でも、
急に催眠から覚めてしまうことが多い。
どんなにうまく操っても催眠が解けてから強い反感を買い、直接または間接に復讐を受けることになる。

話し上手や聞き上手になることより人間関係を改善することを目指そう。
人間関係での悩みやストレスを軽減するだけでも十分コミュニケーション能力を向上させるメリットはある。

コミュニケーション能力を向上するメリット。
社会に受け入れられる言葉の使い方をしていると社会で高く評価されるアイディアを考えられるようになる。
人間関係が改善し、人間関係の悩みとストレスがなくなる。

表情やボディランゲージを使った非言語コミュニケーション。

相手の頭の中で何を考えていようと思想の自由を保障しよう。
相手の考え方を勝手に想像して被害者意識を持たない。ただの被害妄想であることが多い。
コミュニケーションにより相手の考えていることを確認しよう。
相手を見たときコミュニケーション能力の低い人はたいてい悪いところから見てしまうので、
逆に良いところに注目してみよう。特に見知らぬ人への嫌悪感に気をつけよう。

話しかけて無視されるのもコミュニケーションの一部と考えよう。
声をかけてほしい時に声をかけないことでも印象が決められる。

相手と自分のスタイルをうまく折衷できるようなコミュニケーションを目指そう。
相手のことを理解しないと自分のことをうまくコミュニケーションして理解してもらう方法はなかなかわからない。
コミュニケーション不足が生じても相手の特徴をうまく理解して自分で解決する方法を考えよう。

いきなり初対面の人や嫌いな人とのコミュニケーション能力向上に挑戦せずに、
ある程度仲の良い人とのコミュニケーションでトレーニングをしよう。
高い理念を持って素晴らしいコミュニケーション人間関係を作ろう。

コミュニケーション能力を向上したい人を引き付けるための一番のえさとなる
「相手を思い通りにコントロールできる」というキャッチコピーに注意することはもうわかったと思います。
とても魅力的な話ですが、こんなキャッチコピーに惑わされてはいけません。
職場の人間関係を改善する方法としてコミュニケーション能力を向上する、
といった今の自分にあった目標に集中することが大切です。
職場の人間関係の悩みの中でも一番重要な部分か一番改善しやすそうな部分に集中するのです。


コミュニケーション能力が向上して、
本当に上級になった時点でも「相手にとっても良い方向に誘導する」以上のことはしてはいけない。
一時的にうまくいったとしても後で相手に「だまされた」という強い恨みを抱かせてしまう。
そして、多くの場合はコミュニケーションの最中にすぐに反感を買うことになる。
相手を思うようにコントロールするというより、相手をいい気分にさせて、
少しずつ相手のことを気遣いながら望ましい方向に誘導するのです。
この方法だと現実社会の仕組みにあっているので実践的なコミュニケーション能力が向上できる。

コミュニケーション能力向上を脳の変化という観点で見てみましょう。
話し上手になるためには発話系の脳番地を変化させる必要があります。
発声トレーニングでも鍛えることができます。歌を歌ったり、一人スピーチでも鍛えられます。
わかりやすく正確な言葉で話すためには言語系の脳番地を変化させるとよいでしょう。
これは、読み書きでも鍛えることできます。
相手の反応を理解するためには視覚系の脳番地を鍛えることが必要です。
相手のことをよくみながら、特に見落としている部分を探しながらコミュニケーションをすると鍛えられます。
聞き上手になるために欠かせない聴覚系の脳番地を変化させることも重要です。

コミュニケーション能力を向上させ続ける仕組みを作ろう。
何度も繰り返すコミュニケーションを自分でセルフモニタリングして、
理性により分析して良い部分と悪い部分を分ける癖をつける。
そしてコミュニケーションをするたびに悪い部分を直す方法を考え、
実践の場でトレーニングを行って少しずつでも直すのです。

コミュニケーションの多様なスタイルを理解し、それぞれの機会にコミュニケーション能力の向上を試みよう。
メール、チャット、セミナー、書籍、雑談、商談、会議、口喧嘩、仕事の指示、研修。
事前にどのようなコミュニケーションをするかを考えることもコミュニケーション能力向上には欠かせない。
何度も何度も予行練習することが大切なのです。


コミュニケーションをする前に頭の中に相手の話を整理するテンプレートを用意しよう。
相手はコミュニケーションにより何を達成しようとしているのか。
自分の話を伝えるテンプレートも用意しよう。
話し方だけではなく態度で示すことも重要である。
それがコミュニケーションの本質なのだ。

コミュニケーション能力を向上させるためには、
相手が言ったことだけを理解するのではなく、
相手が表現しきれなかった感情や考え方も予測するとよい。
相手のコミュニケーションの裏にある心と理性の葛藤に思いを巡らせるのだ。
過去に蓄積された心と理性の記憶がその人のコミュニケーションスタイルを決定づける。
これは向上心がある限り永遠に続ける価値のある実践的なコミュニケーション能力トレーニングだ。

コミュニケーション相手の心と理性を分析して解釈するさいに、
統計的分析は非常に役立つ情報である。
統計的分析により自己分析することも重要である。
自分がどういう人間かを知ると、自分特有のミスコミュニケーションに気づき能力を向上できます。
何度もコミュニケーションを繰り返すことで統計的な判断ができるようにしよう。
直感で相手の言いたいことがわかったと思ったら「統計的な根拠に基づいているか」と
自分に質問してみよう。
毎回、この質問をすることでコミュニケーションにおける統計的な判断能力が磨かれていく。
個性が重視される時代でも、義務教育やマスコミという強力な画一洗脳装置があるので、
統計をとると共通の性格要素がたくさん見られる。

そしてこのように深くコミュニケーションを見た上で、
わからない部分や自分が勘違いしそうな部分をすぐに質問しよう。
質問力を向上させることは、コミュニケーション能力向上の
中でも最も重要なもののひとつである。
そのためには、自己分析により自分の心と理性を見つめる必要がある。

コミュニケーション能力が向上すれば、
「そんなこと聞いてない」などということはなくなる。
コミュニケーションをしているときに「わからなかった部分」は記憶から消えていく。
勘違いした部分は、勘違いが確かな記憶になっていく。
コミュニケーション能力について考えることがなければ、その存在にすら気づけない
ミスコミュニケーションです。
この問題点に気づいた時点でコミュニケーション能力が向上するまで
あと一歩と考えてよいでしょう。

コミュニケーション能力を向上させるためには、
自分が正しくても偉そうな態度を取らない。
正しい正しくないは主観的な価値観にすぎない。
自分が間違っているかもしれないし、ほかに正しい意見が共存しえるかもしれない。
正しいことを偉そうに言われたら、自分の間違いに気付いた人間でも
強い反感を持つのはコミュニケーション学の常識である。


相手のコミュニケーション能力を想像し、相手の思考パターンが
すんなりと受け入れるコミュニケーションを心がけよう。
自分が正しいと思うことを主張するよりもコミュニケーションにより
お互いに少しでもよい変化が起きる方が重要である。
自分の正しさを相手に伝えるのはコミュニケーション能力がかなり向上するまでは
うまくいかないと思って、失敗しておこったり傷つかないようにしよう。

相手に自分のすごさを伝えたい時は自慢話より苦労話にするとよい。
苦労話は不幸話ではない。不幸話はリアクションをしづらく、コミュニケーションの障害となる。
笑い飛ばす感じて深刻さを軽減し、やりがいを強調して希望のある話にしよう。

コミュニケーション能力が向上すれば自慢話でも素直に聞いてもらえるが、
自慢話を異常に毛嫌いする人もいるので相手の素性が知れないときは苦労話が無難。
その人に自慢話がうざい人とレッテルを張られて他の人に言いふらされたら、
コミュニケーション能力が向上してからの自慢話も変な意味にとられてしまう。

根拠のない不安によってコミュニケーションする内容を変えてはいけない。
自分の現時点の信念でいちばんと思える内容を堂々とコミュニケーションすべき。
そのコミュニケーションを客観視する視点を時々持つことで、
コミュニケーション能力向上を図るとよい。

コミュニケーションで人間関係を改善したければ、相手がかけてほしい言葉を
いう癖をつけるとよいです。

コミュニケーション能力向上の初期段階では、自分の得意な形式のコミュニケーションばかり求めます。
そのせいで変な方向に独りよがりな話になってしまうこともあります。
また、過剰な自信から苦手意識が抑圧されているコミュニケーションに関しては
「言わなくても何となくわかってくれるだろう」と思い込んでしまうことがあります。

コミュニケーション能力向上の新しい段階。
それは、話してはいけない自己卑下、不幸話、自慢話、意見の押し付けをする相手と
うまくコミュニケーションすることです。
相手がコミュニケーション能力向上を望んでいるのならば、
指摘してアドバイスをしてもよいでしょう。
自分に近い人で長期的にかかわっていく必要がある人なら、
その方向に誘導する必要もあるでしょう。

相手が「私はだめだ」という自己否定をするとつい「そんなことないよ」
といきなり否定して相手を慰めようとしてしまいます。
相手の心がとりあえずその言葉を求めている場合には問題ありません。
一時的にでも癒されて「ありがとう」と言ってくれる場合も多いでしょう。
しかし、パターン学習が進みすぎて反射的に慰めるようになると、
相手は「私のことに興味ないのかな」と傷ついてしまいます。
時にはじっくり考える様子を見せて、
「自分の否定したい部分を堂々と話せるなんてすごいね。あなたはなかなかいい人間だと思うよ」
というような感じのコミュニケーションをするのもよいかもしれません。

コミュニケーション上級能力向上にうってつけの課題が、相手を改善することです。
教育、指導、コーチング、洗脳のためのコミュニケーションですね。
とくに相手の悪い癖を直そうとするときは、頭ごなしに否定して反感を買ったり、
遠まわしに言おうとして帰って反感を買ったり、
遠まわしすぎて相手に全く伝わらなかったりしてしまうものです。

自分の保身のために乱用するいいわけにはしないでほしいが、今の社会では嘘が重要である。
個人情報保護法やプライバシーが騒がれ隠すことを奨励する傾向があるうえに、
科学的な正しさはまだそれほど重要視されていない。
まだまだ占いで戦争や人の人生、刑罰を決めていた時代の名残がたくさん残っている平成社会。
コミュニケーション能力が向上してくると人間の心の非合理性が本当によく見えるようになる。
その非合理性の問題点を適切に簡潔に指摘できるようになっても、心の非合理性をよく考えれば、
遠回りをした方が賢明である。
スムーズなコミュニケーションを創出できるようになったばかりのときは特に、
社会的な洗脳を対処するときの遠回りの重要性を忘れてはいけない。


【記事タイトル】コミュニケーションスキルを学ぶならNLP学院
【記事本文】

コミュニケーションスキルを学ぶならNLP学院もお勧めです。

職場、家庭、恋愛での人間関係をよくするためのNLPによる
コミュニケーションスキルを教えてくれます。
本格的に学ぶとかなりのコミュニケーションスキルが
身につきます。


【記事タイトル】コミュニケーションスキル(能力)向上で人間関係を改善するための情報を書いてみて。
【記事本文】

「コミュニケーションスキル」というテーマでインターネットや図書館で
調査して、いろんなタイプの悩みを解決できる文章を書いてみて。

家庭の人間関係のコミュニケーションスキルをアップする方法、
ビジネス人間関係のコミュニケーションスキルをアップする方法、
職場の人間関係のコミュニケーションスキルをアップする方法、
・・・
という風にいろいろなテーマを設定して。


【記事タイトル】人間関係を自在に操るコミュニケーションスキル。プロパガンダ
【記事本文】

●人間関係を自在に操るコミュニケーションスキル。
テレビや動画を好む人々には直情的なコミュニケーション
スキルを使って人間関係を構築する。
そして、情報を省略・歪曲していることを糾弾されない
ように長文型のブログで知的な人との人間関係を改善する。

上記は世界を最も動かすコミュニケーションスキル
=プロパガンダの基本原則です。
このように人間関係に合わせてコミュニケーション
スキルを調節し、双方にアクセスすることがないように
すると余計な混乱なくよい人間関係を作れます。


【記事タイトル】●人間関係は最初が肝心です。
【記事本文】

●人間関係は最初が肝心です。
人間関係を改善するのはコミュニケーションスキルと
ストレスに耐える力が多様に必要になります。
人間関係の悩みは自殺の主要な原因に上がる
ほど深刻なものです。

人間関係の改善は自分と相手のどちらを変えても可能です。
相手を変えるコミュニケーションスキルに熟練
していない限りは自分を変える方が楽です。
自分を根本的に変えたり自分を偽る必要はありません。

その人間関係の改善のためだけにコミュニケーション
スタイルを一時的に変えるのです。
それにしても人間関係を改善するのは大変です。
最初に不審を抱かれるとすべてのコミュニケーションが
悪意のバイアスを持って解釈されます。

逆に最初の印象が良いとコミュニケーションは
善意のバイアスで解釈されます。
その人間関係においてのみコミュニケーション
スキルが擬似的に向上します。


【記事タイトル】●言語的コミュニケーションスキルの限界。
【記事本文】

●言語的コミュニケーションスキルの限界。
言語をコミュニケーションに使っている限り、
直列的な情報いがいはほとんど伝わらない。
頭の中では並列思考をするのが自然だが、
言語的なコミュニケーションをしているとき
は直列思考に偏るのが普通だ。

思いついたことを次々とコミュニケーションして
も相手は理解できない。
相手の頭の中にはあなたから得た言語情報の他に
あなたの言語的情報をきっかけに連想した情報も
顕在化しているからだ。

人間関係ができていない人とコミュニケーション
するときは当然ひとつのテーマに沿った直列的な
情報を伝えるべきだ。
相手の理解スキルのレベルが全く分からないときは
統計情報をもとに確率論でコミュニケーションスタイル
を決めるのが良い。

ひとつのテーマについて一つずつ順番に伝える
スキルを磨いていこう。
イメージによりコミュニケーションする技術が
開発されて定着するまでは。


【記事タイトル】●コミュニケーションスキル、言語を丁寧に使う。
【記事本文】

●コミュニケーションスキル、言語を丁寧に使う。
思いつきでしゃべるとどもったり、余計なことを
いったり、「え~、あの」などと余計な言葉を
大量に話してしまいます。

わかりにくくなりますし、自信がなさそうなので
発言内容も信頼しにくくなります。
言語を丁寧に使ってきれいに話すことも重要な
コミュニケーションスキルの一つです。

最初は言語を明瞭に使うことを考えて今の自分の
コミュニケーションスキルのレベルを調査します。
問題点を明確にして個別に解決していきましょう。

発音の技術よりも精神的なコミュニケーション
スキルが原因であることも多いです。
幼少時や子供のころなどに人前で話をして失敗
して気づついた経験があるとコミュニケーション
が明確にできなくなることが多いです。

発言責任は限定的であることをしって覚悟を
もてば解消されます。
他にも解決方法はたくさんあります。
自分独自のコミュニケーションスキルに合わせた
ものも含めれば無限にあるのです。


【記事タイトル】●コミュニケーション上級スキル向上トレーニング
【記事本文】

●コミュニケーション上級スキル向上トレーニング
コミュニケーション上級スキル向上にうってつけの課題が、相手を改善することです。
教育、指導、コーチング、脱洗脳のためのコミュニケーションですね。
とくに相手の悪い癖を直そうとするときは、頭ごなしに否定して反感を買ったり、
遠まわしに言おうとしたため嫌味に取られ、返って強い反感を買ったり、
遠まわしすぎて相手に全く伝わらなかったりしてしまうものです。

自分の保身のために嘘を乱用するいいわけにはしないでほしいが、
今の社会では嘘が重要である。
個人情報保護法やプライバシーが騒がれ隠すことを奨励する傾向があるうえに、
科学的な正しさはまだそれほど重要視されていない。

事実から目をそむけて生きるのが好きな
人が多すぎる。
社会的に強い立場にある人間にもまだまだ
そういう人間が多い。

社会としては未熟なコミュニケーションスキルで
機能しているという意味で残念だが、
個人レベルで社会のコミュニケーションスキルを
向上させるプロセスでは時には現在のレベルに
合わせる必要もある。

まだまだ占いで戦争や人の人生、刑罰を決めていた
時代の名残がたくさん残っている平成社会。
コミュニケーションスキルが向上してくると
人間の心の非合理性が本当によく見えるようになる。
その非合理性の問題点を適切に簡潔に指摘できるようになっても、
心の非合理性をよく考えれば、遠回りをした方が賢明である。

コミュニケーションスキル向上を始めたばかりなら特に、
社会的な洗脳を対処するときの遠回りの重要性を忘れてはいけない。
わざわざ遠回りするということは戦略を持って、
それを正確に実行していくということである。


【記事タイトル】●コミュニケーションスキル向上の目的を明確に。
【記事本文】

●コミュニケーションスキル向上の目的を明確に。
人間関係ごとにコミュニケーションスキル向上により
達成したい目標は異なります。
職場の人間関係ならばただ仲良くなればよいわけではありません。
会社の業績を高めるためにコミュニケーションスキル向上
が必要となるのです。

人間関係の悩みを抱える人間は主観的すぎます。
客観的に人間関係を見れていれば改善策はすぐにわかります。
コミュニケーションスキル向上によりお互いの
主観を確認して客観的な見方に近付けていく
という目的をもつとよいでしょう。

どんなに客観的に見える考えでも視野を広めれば、
集団の主観の合計にすぎません。
世界に少し目を向ければ考え方の多様性はすぐにわかります。
客観的であることは理想的な目標であり、
完全な達成は不可能なものです。

客観性を目指すことでコミュニケーションスキル向上
により人間関係を改善することは楽になっていきます。
特定の人間関係の範囲で客観的に正当な
役割分担をすることを目指すのです。

会社経営、職場、家庭と人間関係の改善は特定の
自分だけの目標を持って行いましょう。
そのためにロジカルシンキングで過去の人間関係
から抽出した望ましいコミュニケーションスキル
を手に入れ活用して改善することが必要です。


【記事タイトル】相手を変える人間関係改善方法。
【記事本文】

相手を変える人間関係改善方法。

相手をよく知るコミュニケーションスキル。
相手の意見をまずは受け入れる。
そして多くのことを聞き出す。
なんでそういうことを言ったのかを考える。

相手の人間関係やコミュニケーションに関する
考え方を分析しておく。
それに合わせた方法で相手を自分好みに変える。

・お礼やWINWINの人間関係に関して
相手が何でお返しをすればいいかを明確に
した上で、相手に与える。
御礼を期待せずによくしてあげたと思わせて、
相手がお返しを自発的にするように誘導する。


【記事タイトル】●コミュニケーション能力向上をアナウンサーの話術に
【記事本文】

●コミュニケーション能力向上をアナウンサーの話術に
多くのインターネット放送やラジオ番組やテレビ番組では、
「あー」「まあ」「あの」という言葉が多く入りすぎていて
実に聞き苦しいインタビューが標準である。

アナウンサーのようにわかりやすくすらすら話す技術を
持たなければコミュニケーション能力の向上は難しい。
内容が伝わりにくくなるので、話のわかりやすさや深さ
がかなり軽減されてしまう。

相手の話を聞いて思いついたことをすぐに口にしてしまう
ために起きてしまう現象である。
日本語文法に従ったわかりやすいテンプレートを念頭に
置いておいて思いついた言葉をこのテンプレートにはめて
話す訓練をしよう。

コミュニケーション能力向上のためには、自分の意見を
頭の中でもしっかり明確にして話す必要があります。
実際に声に出してトレーニングするのもよい方法です。
喉を傷めない範囲で高品質な練習をするためには、
事前に頭の中でしっかりシミュレーションをしておく
ことが非常に重要です。

わかりにくい話し方を続ければ続けるほどそれが口癖と
なってコミュニケーション能力は低下していきます。
口癖によりコミュニケーションに対する意識の低さが
簡単に伝わってしまいます。
何でも同じ口癖でコミュニケーションをするとあまり
物事を考えていないと疑われることもあります。


【記事タイトル】自己紹介(読者の投稿)
【記事本文】

自己紹介

初めまして。コミュニケーションスキルを向上しようとしている者です。
私は、人とコミュニケーションをとるのがすっごく苦手です。
自分の考えていることを上手く伝えることができません。
集団でいる時上手く笑えません。
冗談が通じません、全く。
常に自分は他の人と違うんじゃないかと孤独に悩む日々。
私の理想とする人は、人に優しくできて、でも上手く自己主張できる人。
優しさと自己主張って相反するものがあると思うんですが、
どうすればそれらが両立できるのか考えていきたいと思います。
本やインターネットで勉強して、ブログ記事を通して、自分を成長させるコミュニケーションスキルを探していきます。


【記事タイトル】友人の関係をアップさせるコミュニケーションスキル(読者投稿)
【記事本文】

友人の関係をアップさせるコミュニケーションスキル

友人との関係ってとても大切です。自分を本当に分かってくれる友人がいるだけで、人生への充実度が変わってくると思うんです。休日に遊びに行くことができる、何か嫌なことがあってもその人がいるだけで心が楽になれる、話を聞いてもらいそれに理解を示してくれる・・・そんな関係って理想です。私にも親友と呼べる人はいます。でも、彼女達を大好きなはずなのに自分の中にある壁を崩すことができないんです。なぜか一歩踏み出すことができないんです。自分を全部見せることを怖がってるんです。分かってます。友達がいてくれるだけで恵まれていることを。でも、もっと私は友達と分かり合いたいと思っています。そのためのコミュニケーションスキルを探しているんです。

私なりに探求してみました。

1、人の話を聞く(単純ですがすごく大切なこと)

一般的な人は、誰かが話すのを聞いた直後でも、聞いたことの約半分しか覚えていない。どんなにその人物が注意深く聞いていたとしてもである。話を聞いた二ヵ月後、その話の二十五パーセントしか覚えていなかった。私達が何かを学んだとしても八時間以内には二分の一から三分の一を忘れている。六ヵ月後に忘れることよりも、さらに短い時間に忘れることのが多い。人の話を聞けていないという要因は学校教育にあるとも言われている。主な手段がリーディングだからだ。リスニング能力には全く関心が払われていないらしい。

私達が相手の話を聞いていると思っても、聞くことは難しいということが分かりました。私も人の話をよく忘れています。自分だけと思っていたのですが、そうではなかったみたいで安心しました。確かに、学校教育はリーディング中心です。聞くに重点をおいた授業は大学から始まるし。子供の頃から聞く習慣をつけるということが重要であることがわかりました。そういう人はきっとより良いコミュニケーションスキルをつけているんでしょうね。聞くということは何事も勉強であると思っています。私のようなあまり人の話を聞いていない人間は他の人よりも学びが少ないんです。人の話を聞くことで知識も増えるし、そのことについて考えて成長することもできると思うんです。自分が話したことで他の人は忘れているのに、ある人は覚えていてくれると思ったらその人に好意を抱くと思うんです。

リスニング中の集中力の方が、対人関係における他のどんなコミュニケーションに要する集中力よりも難度が高いと言われている。人は話す速度よりずっと早いスピードで物事を考えています。アメリカ人の平均的な話す速度は、一分間に125語である。この程度の速度では、130億個の細胞で構成された、現代のデジタルなコンピューターでさえもかなわないほど効率よく働く人間の脳にとっては遅く感じられる。人は一つの話を聞きながら、別の思考に当てる余裕の時間を持つことができるのである。

私にもそういう体験があって、人の話を聞いているのに、別のことを考えている時があります。どんなに集中して聞いていても、別のことが頭に浮かんでくるんです。人間の脳は複雑なんですね。これは癖であるとも本に書いてあったので、直すことも可能ではないかと思います。直さないとより良いコミュニケーションスキルは身につかないのかもしれません。

上手な聞き手は、定期的に四つの思考活動を行っている。
①聞き手は話の先を考える。つまり、趣旨がなんであるか、いまの話の内容から導き出される結論は何かを予想しようとする。
②聞き手は、相手が論点ずけるために挙げた例証を検証する。この例証は妥当だろうか、これは完璧な論拠となるのだろうか、と聞き手は自問自答する。
③聞き手はその時点までに話された論点を定期的に反芻し、論点を頭の中で整理する。
④聞き手は、必ずしも話された言葉にすべてがこめられているとは限らないと考え、話し手の真意を探ろうと言外のニュアンスを読み取ろうとする。話された言葉に、別の意味を追加するものがあるかどうかを見極めようと、聞き手は相手の表情や身振り手振り、声の調子など非言語的な表現手段に注意を払う。話し手は、この話題のある部分を故意に避けているのではないか、だとすれば、その理由は何か、と自問する。


しかしながら、リスニングの途中で話された事柄を全て暗記することなど不可能に近い。せいぜい二つか三つの事柄を記憶にとどめるだけで、他の多くの事実と混同したり、残りを聞き逃すことになってしまう。人が話すとき、聞き手に望むことは、自分の考えを理解してくれることだ。より上手な聞き手は話しての考えを把握することに注意を集中させていて話し手の意図を理解するために必要なだけの事実しか記憶にとどめようとしなかった。上手な聞き手なしには、人は気軽に話さないし、またコミュニケーションの流れもめったに流れてくれない。

読者投稿


【記事タイトル】2、相手の良いところを見つける
【記事本文】

2、相手の良いところを見つける(読者投稿)

コミュニケーションスキルをアップすることは、常にポジティブな表情でいること。表情って大切です。そして、相手の良いところを見つけることが大事なのです。苦手だなと思ってしまう相手には、自然と顔にそれが出ているものだと思うんです。私も実際そうで、自分が苦手だなと思っている相手とは自然と関係がギクシャクしてってしまうんです。きっと顔に出てるんだと思います。じゃあどうすれば、苦手な人とも大好きな人と同じように接することができるのか。相手の良いところを頑張って見つける!が重要なんです!

本に書いてあったことですが、最初に百点満点を相手に求めるから減点法になってしまうんです。むしろゼロからはじめて、相手のいいところを見つけることで加点していけば、けっこうすばらしいと思える人があちこちにいてくれる。自分はさておき他人に満点を期待するというのはこちらの身勝手というもの。相手が期待に応えてくれなければ、裏切られたような気持ちが生まれる。何よりそう構える事によって相手の実像が見えなくなる。これでは対人関係が歪むばかりです。まず相手に白紙で臨め、そこからいいところを見つけることでポイントを積み重ねていこうというのです。頑固な人が信念のある人に、お人よしが寛大な心の持ち主に見えることもあります。美点を見ることによって人の心にゆとりが生じます。

コミュニケーションスキルをアップするためには、相手の良いところを見つけることが大切だと思います。人って、他の人の欠点が目につきがちです。人がイライラすることの90パーセント以上は、人の欠点を見てしまうからじゃないでしょうか?私もいつもネガティブに考えてしまっていて、あの人はどうしてああいう考え方をするんだろうとか、言い方がきついとか、友達と遊んで別れた後でも悪い事をけっこう考えてしまうんです。どうせならポジティブなことを考えて生きたいし、相手の良いところに着目したい。その方が自分を幸せにすることができる。自分の幸せは自分の思い方次第だと思っています。相手の良いところを見つけるスタイルで、人と接する事ができたら、ポジティブなコミュニケーションスキルを得ることができるのかもしれません。


【記事タイトル】3、相手の目を見て対話する(読者の投稿)
【記事本文】

3、相手の目を見て対話する

人って口では何だって言えるんです。自分もそうです。
話してることじゃその人を判断することはできません。
その人の本当の気持ちも判断できません。
では、何を持って人の気持ちを察することができるのか?
人の気持ちを理解して、より良いコミュニケーションスキルを得ることができるのか?
それは、相手の目を見ることが大切です。
本に書いてあったことですが、
非言語(ノンバーバル)コミュニケーションの研究者A・メラビアンは、人間の気持ちや態度を判断する時、その人の言葉によって判断できるのはわずかに7パーセントであり、三十八パーセントはのちにふれる周辺言語(パラ・ランゲージ)と呼ばれる声のトーンとボリューム、あと五十五パーセントが表情や動作だと分析しています。表情・動作のメッセージをとらえるのは他でもない目。目の働きがクローズアップされてきます。
相手の目に全ての答えが書いてあります。
私は、人と話す時に、特別親しい人でなければ、目をそらしてしまうんです。
相手にとっては良い気分じゃないでしょう。
この時に、2で言った相手の良いところを探すが生きてくると思うんです。
相手の良いところを考え、余裕な気持ちでいれば、目をそらさないで対話することもできると思います。
私以外にもけっこうこういう日本人の方はいるらしく、
本に書いてあったことですが、
日本人にはひときわ視線恐怖症が多い。視線恐怖症という病名は欧米にはないらしい。病気とまではいかなくても、視線恐怖は日本人に特有の傾向で、何気ない日常の行動の中で視線を合わせるのを避ける点で諸外国、特に欧米と異なっている。
目を見れないということは国民性なんですかね。日本人の方は、繊細な方が多いんですね。
国民性かもしれないけど、やっぱり目を見て話せる人は、良いコミュニケーションスキルを持っている人だと思うんです。
人の目を見てその人の感情を判断して、人と話す。
自分も頑張って、このコミュニケーションスキルを得ようと思います。


【記事タイトル】4、映画からコミュニケーションスキルを学ぶ(読者の投稿)
【記事本文】

4、映画からコミュニケーションスキルを学ぶ

コミュニケーションスキルを学ぼうと思っても、
なかなか理想的なコミュニケーションスキルは頭に浮かばないものかもしれません。
そういう時は、「Good Will Hunting」がオススメです。
話の内容は、

幼い頃に虐待にあったため、なかなか人に自分の本当の姿を出すことができないウィル(主人公)。ケンカをしたり、警察に厄介になる日々。
最愛の妻に先立たれ、深い悲しみにくれていた精神科医。
精神科医はウィルに、目先の欲にとらわれるのではなく、自分らしく生きる生き方を教えていきます。
天才的な頭脳を持っていたウィルだったが、欲しかったのは本物の愛。
精神科医とふれていくにつれて、新たな生きる希望を見出す。
そして、愛に目覚めていく。

最後は本当に感動的です。
人と人の関わり合いとは何なのか、真実の愛とは何か、考えさせられます。
感動的なコミュニケーションスキルを頭の中に一つ理想として置いておくことも、
コミュニケーションスキルを学ぶ上で大切だと思います。


【記事タイトル】5、相手の批判をポジティブなものと受け入れる!(読者の投稿)
【記事本文】

5、相手の批判をポジティブなものと受け入れる!

批判する、されるってどんな人間関係にもつきものです。
円滑な人間関係を目指すには、相手の批判をゆるりと受け止める度量が必要です。
人から信頼を置かれている人って、批判をきちんと受け止めて、それに対してきちんと自分の意見を言える人だと思うんです。
批判を受け止めて、相手を尊重しながら、自分の意見を言う。そういったコミュニケーションスキルは必要だと思います。
難易度は高いかもしれませんが、訓練する価値はあるのではないでしょうか。
本に書いてあったことですが、

完全主義者、劣等感の強い人、防衛の強い人などは、批判に弱く、それを受け入れるゆとりがありません。ささいな批判でもけちをつけられたと怒ったり、自分の人格を傷つけられたと落ち込んだりしがちです。しかしながら、批判は対人関係の一つとなるものです。

私もそうなんですが、相手の何気ない一言に一喜一憂してしまうんです。
相手が冗談としてしか言っていない批判に何も言えなくなってしまいます。こういう時に話の流れが悪くなったりします。
こう思ってしまう一因には、相手の言葉をネガティブにとらえすぎているんじゃないかと思います。
批判されたら、人間関係が悪くなっていく・・・こういう潜在意識があるのかもしれません。
しかしながら、本に書いてあったことですが、

批判は、よく聞いた上で異論があれば反論し、さらに反論するという関わり合いの中で、よりよい結果が生まれる可能性のスタート地点です。

批判をポジティブなものとして受け入れていく。ポジティブなコミュニケーションスキルが必要です。
批判されたことで人を判断したりしない。それはほんの人間の一部分です。
これ以上の関係になると意気込む。
この精神が必要なのかもしれません。
批判されるのは、人間関係がこれから良くなっていく兆しと思い込んだら、批判を受け入れるのにも少しは楽になります。
何か違うと思ったら、スマートに自分の意見を言えばいい。


人とある一定以上の関係を望むなら、批判する、される、を乗り越えた関係であると思います。


【記事タイトル】ビジネス人間関係のコミュニケーションスキルをアップする方法(読者の投稿)
【記事本文】

ビジネス人間関係のコミュニケーションスキルをアップする方法

友人関係のコミュニケーションスキルについてはまた書きます。記事のテーマがとびとびになりますが宜しくお願いします。

1相手に伝える

本に書いてあった事ですが、

重要なのは
①課題(テーマ)を確認する
コミュニケーションにおいて自分が相手に答えるべき課題は何なのかを確認する事。
自分が今相手に答えるべき課題(テーマ)は何だろうと自問自答してみよう。
いくら自分が「これは重要です!」と力んでみても相手がその課題を今検討するべき課題と認識していなければ、議論の土俵にすら上がれない。
②相手に期待する反応を確認する
期待成果のないコミュニケーションは独白でしかない。
1相手に理解してもらう
業務連絡、事務連絡はこのケースに当てはまる。
2相手に意見や助言、判断などをフィードバックしてもらう
相手がその内容に賛成なのか反対なのか、感想などを投げ返してもらいたい場合。
3相手に行動してもらう
相手になんらかの行動をしてもらいたい場合。
同じ課題であっても、内容を相手に理解してもらえばいいのか、相手の意見や考え、フィードバックが欲しいのか、何らかのアクションをとって欲しいのか、相手に期待する反応を確認することによって、答えとして伝えるべき深さや広がりが異なることは容易に想像できるだろう。

結論が伝わらない時の2つの落とし穴
落とし穴1 結論は課題の答えの要約であって、自分の言いたい事の要約ではない。
落とし穴2 状況に応じて、場合によってはに要注意。付帯条件は同床異夢の温床。

根拠が伝わらない時の3つの落とし穴
落とし穴1 Aが必要だ、なぜならAがないからだでは相手は納得しない。
落とし穴2 それは事実ですか?それともあなたの判断、仮説ですか?と思わせた途端に信憑性は半減する
落とし穴3 前提条件や判断基準、言わずもがな、当たり前と思っているのは伝え手だけ。

方法が伝わらない時の2つの落とし穴
落とし穴1 他の会社、10年前でも通用するような公理では人は動かない。
落とし穴2 修飾語で物事が具体的になることはない。

話の明らかな重複、漏れ、ずれ
1話の重複は私の頭のなかは混乱中のサイン
表現や言葉使いは違うものの言っていることは全く同じ。
この程度の整理もきちんとすることなしに出された結論に果たして信憑性があるのか、重大なミスがあるのではないかと思ってしまう。
2話のずれがそもそもの目的やテーマからの脱線を招く
話の中に種類やレベルの違うものが混ざっているために話が極めて分かりにくくなってしまう。伝え手も受け手も本来の話の混在やずれに気が付かないまま進んでしまうといつの間にか話がテーマから大きく外れてしまっていたという事になりかねない。

話している時に起承転結ができていなかったり、自分が一方的に話してしまっていることはあると思います。
それらをなくすために、課題(テーマ)を確認し、相手に期待する反応を確認したりする事が必要です。
相手に期待する反応が想像できたら、話し方もおのずと変わっていくはずです。
相手がいるから、自分が話す事ができます。
相手尊重し、どうしたら相手に伝わりやすくする事ができるのか考える事も必要かもしれません。

話の重複は良く起こってしまう事だと思います。
私も話す時に何度も同じ事を繰り返してしまいます。
本によると相手は混乱してしまうみたいです。
話のずれも自然と起こる事だと思います。
課題(テーマ)頭におき、話が脱線しないよう気をつける事が必要です。

より良いコミュニケーションスキルを得るために頑張りましょう!


【記事タイトル】2人望は練習次第で身に付いてくる(読者の投稿)
【記事本文】

2人望は練習次第で身に付いてくる

人望って誰もが憧れるものだと思います。
もちろん私も憧れています。
特に特別な事はしていないのに、自然と人が集まってくる・・・そんな人っていますよね?
周りの人に愛されて、毎日を楽しく過ごすことができる。
人を温かい目で見る事ができて、心地よい循環がそこにある。
人を愛し、人から愛されるという。
これは、私の人生のテーマです。
日々、どのようにしたら、この循環が上手くいくのか模索しています。
私が学んだコミュニケーションスキルをここでは紹介していきます。


仕事って、人生において、大きな割合を占める事ですよね?
じゃあ、上手く仕事を進めていくには何が必要なのでしょうか?
それは、仕事は人との助け合っていくものだから、人望が大切であると思います。
仕事でも、人望のある人は、順調に仕事が進むと思います。
周りの人から必要とされて、自分の意見も無理なく通す事ができると思うんです。
誰もが、人望のある人になり、楽しく仕事をしていきたいと望んでいますよね。
誰でも人望のある人になる事ができるんです。
どうしたら人望のある人になれるのか、探ってみましょう。

本に書いてあった事と私の意見を織り交ぜながら書いています。

初めに
人望とはスキルである
・人望とは性格や生き方、生まれつきの問題ではない。
・すなわち、変えられないもの、持って生まれたものではない。
 
人望をつけるには、言動や行動を変えさえすれば良い。

具体的には、どんな言動、どんな行動をとっていけばいいのでしょうか?

1ほめる
人を褒める人は案外少ないです。なぜならば、それは照れが邪魔をしていたり、褒めるイコールゴマすりという思い込みがあったり、自分が褒められていないからというなにかしらの理由があるからだと思います。私達は、褒める事の大切さをもっと感じた方がいいのだと思います。褒められるってとってもうれしい事ですよね?自分が褒める。そして相手からも褒められる。その循環があったら素敵な事ですよね?ここに、褒める事によって、人はやる気が出てくるという調査結果があります。ある会社にろくに仕事をしない社員がいました。しかしながら、その人は人の良いところを見つけるのが得意でいつも人を褒めて回っていたそうです。その人が休んだ日には、空気が重く感じられるそうです。仕事をしないその人を誰も陰口たたく人はいなかったそうです。褒めるという事には見えないパワーがあるんです。褒める事があいさつ代わりになっていくと、相手が生き生きとした表情になっていく。それだけではなく、褒めている自分自身の気分が良くなっている事が気づくだろう。

どんなフレーズが人に喜ばれるのだろうか?

そんなのやって当たり前と思っている事に関して褒める!
遅刻をしない部下に「君はいつも時間通りに来るね」
あいさつが元気な部下に「君の声を聞くと元気が出るよ」
よく食べる部下に「お前は本当にうまそうに食うよな」
など身近に色々転がっていると思います。

結果や成果ではなくプロセスを褒める!
「ねばり強く頑張ったもんな」
「君の密かな努力を僕はずっと見てきたよ」
「確かに結果にはつながらなかったが、良い経験になったはずだよ」

内面を褒める!
「君の諦めずに続ける姿勢はすごいと思うよ」
「お客様に接する態度が明るくて良いね」
・やさしさ
・繊細さ
・視野が広い
など内面は褒めるポイントがたくさんある。内面に関して褒めると、相手が気づかない事もあったりして喜ばれる事が多いのではないでしょうか?

過去よりどれくらい成長したかで褒める!
他者と比較して褒めるやり方ではなく、相手過去と現在を比較して褒めるようにしたい。
「一年前に比べてトラブルに対応できるようになったね」

具体的に褒める!
すごいねー、さすがだねーという褒め方は抽象的すぎる。お世辞のように聞こえてしまう事もあります。
具体的に褒める事で相手も喜びます。
「普通の人が諦めてしまうところで踏ん張りがきくね」
「自分の事だけじゃなく相手にも目が配れるよな」

気持ちを素直に伝えるのがうまい褒め方!
よくやったなで褒める人は多いらしい。目上の人が目下の人に対する印象が強いのであまり良い褒め方とは言えないかもしれません。「えらいぞ、優秀だな」もその部類です。そうではなく、自分の意見や気持ちを伝えましょう。自分の気持ちをストレートに言う事で相手の心まで響かせることができるのかもしれません。
「ありがとう」
「うれしいよ」
「助かったよ」

相手のリアクションを気にしない!
褒められなれていないと、褒められている方も照れくさいのだ。褒めた時に、こう言われるかもしれない。「またまた~何かあるんじゃないですか?」「そんな、やめて下さいよ」これはあくまで照れに過ぎない。そういう時はこんなせりふで返そう。
「褒める事って、やっぱ大切だと思ったから」
「こういう事ってなるべくきちんと伝える事にしたんだよ」
「おれも課長に褒めてもらってうれしかったから、自分でもやってみる事にしたんだよ」

これは私が思った事ですが、照れ隠しで、「そんな事ないよ、君はどこを見ているの」と言い返す人が居るかもしれません。そういう時に、おどおどしてしまってはダメです。「そんな事はない、僕はそう思うんだ」と堂々としていましょう。そうすれば、「あなたの言って居る事は本当なのね」と信じてもらう事ができるでしょう。

褒める事は、相手の心にダイレクトに伝わるものであると思います。
褒められたら、やっぱり、自分を改めて振り返って、そうなのかもしれないと思いますよね。どんな人でもそうだと思うんです。
照れ隠しはあるかもしれないけど、やっぱりうれしさのが大きいのではないでしょうか?
褒めて、コミュニケーションスキルをアップさせていく。
相手のリアクションがどうであろうと、褒める事を続けていきましょう!


【記事タイトル】コミュニケーションスキル向上に役立つ商品をここで、
【記事本文】

コミュニケーションスキル向上に役立つ商品をここで、
紹介する予定ですが、
今のところ紹介に値するようなものはございません。

とずっと表記したままでしたが、
コミュニケーションスキル向上に関するベストセラー作家が、
書籍では語れなかったことを語った動画ファイルが見つかりました。

人間関係に悩み人向けのコミュニケーションスキル向上方法を
教えてくださっている動画なのですが、
画質もよく、内容もよく、本当に優れたインタビューです。

コミュニケーションの理論や実践的テクニックについてのPDFや冊子
からメールサポートまで至れり尽くせりなので、
中身をじっくり調査しましたが、これは自信を持って推薦します。

こんな大物がコミュニケーション商材を出してしまったら、
後に続く人はなかなか出ないかもしれません。

●コミュニケーション、人間関係に関する情報商材のレビュー
コミュニケーションスキル向上の最適な方法は


【記事タイトル】励ます(読者の投稿)
【記事本文】

励ますってとっても素敵な事ですよね。誰もが今まで何度となく使っているありふれた事だけど、大きな力を持っている。落ち込んでる人を励まして、その人が元気になると自分もうれしくなりますよね。励ますって、お互いを高める効果があると思うんです。お互いを成長させるきっかけにつながるんじゃないでしょうか?人に励ましてもらっただけで、何か一言、言ってもらっただけで、心が楽になり、周りの景色が違う風に見える。また頑張ろうと思える。仕事に対してやる気も出てくる。人生、広くてまだまだだとと思える。ポジティブになれる。励まし上手になれたら、励ます人も、励まされる人も、相乗効果でやる気が出てきて、これからもより協力し合おうと感じると思います。
例えば、軽症うつの人がいたとする。なんとなく楽しくない、なんとなく仕事がする気がおきない、なんとなくやる気がおきないというマイナス状態。もっとやる気を出さねばとドリンク剤でも飲みながら頑張ってしまう。マイナス要素がたまってしまい、本格的なうつ状態になってしまう。不況やビジネス環境の激変というこんな時代だからこそ、うつ状態になりやすい。誰もがちょっとしたきっかけでこのようなうつ状態になってしまう可能性は高いのではないでしょうか?ここで、励ましって大きな役割を果たしていくと思うんです。相手を元気づけて、仕事へのやる気を出させる。相手はとても喜ぶと思います。元気のない人を励ましている人がいたら、その人の周りにはたくさんの人が集まっている事でしょう。それくらい、励ましとは、優しさであり、キラキラ光っているものだと思うんです。人に対する思いを大事にしていきましょう。人のために、そして自分のために励ましていきましょう。マイナスの状態で悩み、苦しんでいる部下をどうリセットし、どうやってビジネスのステージに再び送り出してあげる事ができるか・・・心のケアはビジネスマンにとって必須のコミュニケーションスキルとなっていくのではないでしょうか?

聞いてもらえるだけで人は癒される
話を聞いてもらえるだけで、人は癒され、元気が出てきます。人の悩みを聞くプロのカウンセラーでも、アドバイスは最小限にとどめています。とにかく、時間をかけて相手の話を聞く事を実践しましょう。悩んでいる相手は、聞いてもらっただけで、悩みから解放され、癒されてしまうものです。それで問題が解決してしまうパターンもあるのだけら、聞く事は侮れない事なのです。話をさせてあげる。たっぷりと聞く。それだけで大きな励ましとなるものです。私も、自分の話を聞いてくれる人には大きな好感を自然と持ってしまうんです。

①あいづち
次のようなあいづちを打ち、自然な感じで相手を受け止めよう。
「・・・なるほど」
「・・・ああ、そうだったのか」
「・・・そうなのか」
「ふーむ・・・」
②リピート
相手の話の中のキーワードを繰り返す事によって、あなたの言うことをきちんと聞いているというメッセージを伝える。
A「この前の日曜日は何をしていましたか?」
B「映画を見に行きましたね」
A「あっ、映画を見に行ったんですか」
B「そう、スピルバーグの最新作」
こんなことをしたら相手が変に思うのではと思うかもしれないが、かなりの効果があるので試してみて欲しい。リピートをする事で相手はきちんと話を受け止めてもらい、話を聞いてもらった気持ちになれるのだ。
③共感
「そうだったのか、そういうことで悩んでいたのか」
「なるほど、そういう気持ちでいるんだね」
共感イコール相手の気持ちを受け止めることだとイメージして、とにかく相手の話や気持ちを否定しない、とりあえずは受け止めるという意識を持つといいだろう。
④話を深める
相手が話すのをじっと待っていても、相手が話せない場合もある。そういう時は適当な質問を投げかけるなどして、話題を深めるようにしたい。
「具体的におしえてくれないか?」
「とくにどんな点が不安なんだ?」
5W1Hで聞いていくような感じでもうワンセンテンスでもいいから話をさせて吐き出させてあげるのも良い。
「それはいつの話なの?誰が言っていたこと?」
「なぜ君はそういう風に思ったんだい?」
こちらが何かを言うよりは、相手のネガティブなエネルギーを吐き出させてあげることに集中しよう。

チャレンジしたけど上手くいかなかった人に
「チャレンジしたことによって学べたことがあるんじゃないかな?」
「チャレンジしたことに意義があるんじゃないかな」
チャレンジした事への意義を引き出してあげてみよう。再びチャレンジしようというエネルギーがわいてくるはずだ。

自己開示が相手の心の扉を開く
落ち込んでいる人を励ましたい時は、自分の話をしてしまおう。自分から相談を持ちかけてしまおう。そうすれば相手もも打ち明けやすくなる。
A「最近こんなことがあってな。実は会社に行きたくないこともあるんだよ」
B「そうだったんですか」
A「田中君はそれについてどう思う?きみはそういうことはないかい?」
B「そうですね・・・じつは僕も悩んでいることがありまして・・・」

弱音を吐いてもいいんだよ
「たまには弱音を吐いてもいいんじゃないか」
「いつも頑張っているんだからたまには弱音を吐いてみようよ」
このセリフで相手が弱音を語ってくれなくても構わない。このセリフを投げかけてもらったこと自体が相手の心に響くのである。」

完璧主義者のよろいを解く
悩みを抱える人には、自分のネガティブな部分に意識が集中している。落ち込んでいる時」には自分の欠点や弱点ばかり目にいくものだ。そういう人には長所や良い点を見つけ出すように導いていく必要がある。
「失敗しました」ー「これまでどんあことで成功したんだ?」
「こういう欠点があるんです」-「じゃあ長所はどんなところ?」

この仕事は向いていないかもと不安になっている時
話を受け止め、深め、その上であなたなりの意見やアドバイスをしよう。それを守るだけで、励まし方の効果は何段階も上がるのである。

気落ちしている相手のそばにいるだけでも、十分に相手を癒し、励ます事ができる。
A「何かあったのか」
B[いえ、べつに」
A「なにかあったらいつでも言ってくれよ」
B「はい、ありがとうございます」

これだけでも相手に安心感を与えることができる。
「いつでもサポートするよ」
「いつでも見ているよ」
「いつでもここにいるよ」

励ますって言っても、具体的に何をしていいか分からない時もあると思います。そういう時はこのフレーズを使ってみてください。
人を励ますコミュニケーションスキルを一緒に頑張って身に付けていきましょう!


【記事タイトル】●コミュニケーションスキル向上と人間関係向上の勘違い
【記事本文】

●コミュニケーションスキル向上と人間関係向上の勘違い
冷静で頭のよいタイプの人間は、他人と距離をとりながら、
頭の中で冷静な思考をすることをよいことと考える。
しかし、社会一般ではコミュニケーションスキルがなく、
人間関係をまともに気付けないダメ人間という烙印を
押される。

頭の中でどれほどよいことを考えていても自分で表現
しない人間とよい人間関係を築くほど高いコミュニケーション
スキルを持った人間はほとんどいない。

中身のない会話ばかりでコミュニケーションして人間関係
を築く人間を馬鹿にして距離をとっていてはだめだ。
そんな人間にも受け入れられる形で中身のある会話をして
コミュニケーションスキルをどんどん向上させながら、
人間関係を主導していく必要がある。

中身のない会話ばかりする人間を軽蔑する態度も改まる。
中身のある会話でコミュニケーションを取るのは非常に
難しいと気づくからだ。
相当なスキルの向上がないとなかなかうまく話せない。

中身のある会話は正確に理解してもらうことが重要になる。
中身のない会話はできるだけあいまいにすることが重要だ。
中身のある会話でコミュニケーションをとるスキルを向上
させればかなり上質な人間関係がたくさん作れる。


【記事タイトル】コミュニケーションが上手くいく言葉の使い方
【記事本文】

コミュニケーションが上手くいく言葉の使い方

言葉ってコミュニケーションしていく上で本当に大切な事ですよね。
表情と同じくらい相手に影響を与えると思います。あの人は穏やかで言っている事もポジティブだからお近づきになりたいなぁとか私は思ってしまうんです。表情と言葉って、本当に密接に繋がっていて、穏やかな表情をしている時は、穏やかな言葉が自然と出てくるだろうし、ポジティブな事を言っている時は表情もポジティブになっていると思うんです。表情と言葉はコミュニケーションを取る上で二大大事な事です。全体からポジティブなオーラを発する人間になりたいです。ここでは、言葉の使い方を研究していこうと思います。


あの人の話す事は夢があって素敵だなぁとか、あの人の言っている事は少し傷ついてしまうなぁとか思ってしまう事ってありますよね?
言う言葉によって、相手が受ける影響も違うと思うんです。
夢のある事をいつも言っていたら、夢のある人と思われると思います。
言葉は人を作っていく。
いつもポジティブな事を言っていたら、ポジティブば人に近づけるような気になりませんか?
コミュニケーションスキルを磨くにはまず言葉からです。
コミュニケーションスキルを得たい、でも何をしていいか具体的に分からないと言う人がいたら、まず言葉を変えていってください。
表情をくるくる変える事って至難の技ですよね?思っていない事を表情に出すなんて無理強いですよね。
でも言葉なら、簡単に変えられると思うんです。
そう、言葉で、自分もコミュニケーションも変えて生きましょう!

①ありがとうで返事をする
人はありがとうと言うのも好きだけど、ありがとうと言われる事がもっと好きです。
だからたくさんありがとうと言っておくとたくさんの人をハッピーにするのです。
返事の代わりにありがとうと言いましょう。

「どうですか?」
とお店の人に商品を勧めてもらったら、
「ありがとう、そうですねぇ」

「木村さん、電話がありました。」
「ありがとう、誰から?」

「コーヒー飲む?」と聞かれたら
「ありがとう、私が入れるね。」

と言ってみてください。ありがとうって魔法の言葉ですよね。コミュニケーションを円滑に運んでいく魔法の言葉です。自分の素直な気持ちを相手に伝えてみましょう。自分のうれしい気持ちを相手に伝えるって気持ちの良い事ですよね。また、相手もハッピーになるはずです。もしかしたら、自分がありがとうと言った分、相手もありがとうを返してくれるかもしれません。

②「うそー?」より「本当?」と答える人になろう
人には何でも疑う人と何でも信じる人の二通りの人がいます。
「うそー?」「本当?」の言葉遣いだけでも、その人が物事をプラスの窓から見ているか、マイナスの窓から見ているか良く見えて来ます。
相手の人は基本的に否定されたり疑われたりするよりも、「本当?」と目をきらきらさせて信じてもらった方が嬉しいし、自尊心が上がると思います。人の事を信じれる人になりたいですよね。

③人間関係が上手くいかない原因の90パーセントは話をしていない事
コミュニケーション不足から誤解が生じて職場の人間関係がこじれる事は多いです。忙しいと話さなくてもいいかな、きっと相手は分かってくれるだろうと、勝手に自分に都合良く考えてしまいがちです。けれど、相手には思いの半分も伝わっていません。話す事から始めなくてはならないのです。相手に話さないと、相手の妄想はどんどん膨らんでいくばかりです。ここから、誤解に発展していきます。
自分から話をせず、相手に自分の事を伝える事ができなくて、悪く言われてしまったという経験がある方もいるかと思います。私もよく、相手から誤解される事が多く気持ちが分かるんです。私は自分の気持ちを伝える事が苦手です。なので、相手に余分に考える時間を与えてしまうんです。それでは、コミュニケーションの失敗を招いてしまいます。自分から自分の気持ちをどんどん相手に言っていく事が必要なんです。この場合、相手傷つけないように、思慮を持って発言する事が大事です。自分から何かを提案したり、自分の意見を言うようになってから、誤解される事も少なくなりました。
話す事は理解のスタート、話さない事は誤解のスタートです。もっと話をしてみましょう。


【記事タイトル】●人間関係を自由に操作するコミュニケーションスキル。
【記事本文】

●人間関係を自由に操作するコミュニケーションスキル。
テレビや動画を好む人々には直情的なコミュニケーション
スキルを使って人間関係を操作する方法が有効です。
そして、情報を省略・歪曲していることを嫌う人には
長文型のブログで知的な人向けのコミュニケーション
スキルを発揮して人間関係を操作します。

頭の悪い人からとった分を分ける代わりに頭の良い
人間にプロパガンダの邪魔をされないように気を使う
のも重要なコミュニケーションスキルです。

上記は世界を最も動かすコミュニケーションスキル
であるプロパガンダの基本原則です。
このように人間関係に合わせてコミュニケーション
スキルを調節すると人間関係を自由に操作しやすく
なります。

マクロの分析を直情型の人に伝えるときには、
日常生活で実感できるような情報を混ぜるとよい。
全体の傾向から特に目立つ個人を連想させると
理解され人間関係を自由に操作できます。
コミュニケーションスキルを向上することで暴力など
を一切使わずに頭の悪い人との人間関係を改善すること
は非常によいことです。

コミュニケーションスキル向上の努力も含めて人間関係
改善のために頑張った分の報酬を得ることができます。

厳密に平等な条件を提示しても理解・納得できない人
には相手のメリットだけを強調してわかりやすく
コミュニケーションするとよい。

ロジカルシンキングができない人を見下さずに、
信頼しあえる人間関係を作ることを目指して
コミュニケーションをするとよい。
頭の悪い人やコミュニケーションスキルの低い人は
双方に大きな損害を与える人間関係を平気で作ります。
そして、人間関係の悩みを他人のせいにしながらも、
コミュニケーションスキル向上の手間を惜しんで
どうしようもないと悩み続けます。

コミュニケーションスキルを向上して人間関係を
自由に操作することは健全な社会の維持のために
絶対に必要なことです。
スキル向上にはかなり手間がかかりますが、それに
見合った報酬も得られるので、コミュニケーション
スキル向上に関する意識の高いあなたにはぜひ頑張って
いただきたいと考えています。


【記事タイトル】人に好かれる行動の秘訣(読者の投稿)
【記事本文】

人に好かれる行動の秘訣

人に好かれたい。

自分も人を好きになりたい。

でも具体的にどう行動を起こせばいいのかなんて良く分からないですよね。

私もいつもそう思っているだけで、どうすればいいのかなんてあんまり分かっていませんでした。

行動することが大事なのかもしれません。

行動すれば、意外と簡単な事だったんだなって分かるかもしれません。

行動して、これは成功だとか、これは失敗だとか学んでいく事ができるんだと思います。

私は、行動するのが本当に苦手です。

言葉するのってとっても簡単で、スラスラ出てきてしまうんです。

だから人間関係が苦手なのかもしれません。

人間関係に成功している人は、自ら行動して、これは成功な行動だとか、失敗な行動だとか知っていくのかもしれません。

人間関係が上手い人は学びが上手い人とも言い換えられますね。

私も、学んで生きたいと思っています。

本で調べて、どんな行動が、人から好かれるのかを探ってみました。

是非参考にしてみて下さい。

1反応があれば人はとてもうれしい。

人間関係を向上させる一番の方法は受け入れる事です。誰でも相手に受け入れて欲しいと思っているので、相手の何らかの行動に反応するのです。「おはよう」と聞こえたら、笑顔で「おはよう」と返事をするのです。

話していて、反応が薄かったら、少し悲しいですよね。反応って、とっても大事です。良く反応してくれる人には、この人と話していて楽しいな~って気分になりますよね?自分の話を面白がって聞いてくれているんだって思いますよね?人と話す時は、反応良くしましょう。

2褒めても逆効果の人は目がいかんのです。

相手に。「あなた、それ本気で思ってないでしょ」と感じさせてしまう褒め方をする人には共通点があるのです。実は目がいかんのです。目が感動したり、尊敬したり、深く感じてはいないのです。

「いや、いつもすごいですね」と言うその人の目。

なんか怒っている?

いや、笑っているが上目線だ。

目が全く動かない。

目が泳いでいる。

目に注意してみましょう。褒める時は、目の表情を豊かにしてみましょう。

きっと印象も変わっていくはずです。

3聞き上手は相手を幸せにする。

人は自分の話を聞いてくれる人が好きです。だから、とにかく相手の言う事に一生懸命耳を傾けるのです。たとえそれがつまらない事だったとしても、とにかく聞いてあげた方がいいのです。何も全て同意しろと言っている訳ではありません。ただただ受け止めてあげてと言っているのです。そうかそうか大変だったねと受け止めて欲しいのです。それを表現するのが聞く態度です。

自分の話を聞いてくれる人には好感を誰でも持ちますよね。私は、この人とは、自分と考えが合うかもしれないと思ってしまいます。人に聞いてもらうと、認めてもらった気になります。映画でのワンフレーズですが、人間はみな子供だ、認めてもらいたいのだっていうセリフがありました。人ってみんな認めてもらいたいんです。聞いてもらいたいんです。

相手にも同じ事をしてあげましょう。聞いてあげたら、あなたのコミュニケーションスキルは数段良くなっているはずです。

4嫌われないで断る簡単な方法

人に好かれたい、人間関係を上手くやっていきたいと思っている人にありがちなのが、いつもいい人になっていまって、すぐに「いいよ」と言ってしまう事です。けど、断ってしまったからといって、関係が悪くなるわけじゃないし、絆が切れてしまうわけでもないのです。本当に無理な時や、気が乗らない時は、「それはできません。」と言ってしまっていいのです。無理して何でもOKと言っていたら疲れてしまいます。

「全ての人の期待に応えたい」

「全ての人に嫌われたくない」

と思っているのですよね?

相手からの拒絶が怖いのですよね?

そして誰にも頼めず一人で仕事を抱えて大変な思いをしているのですよね?

そんな状態から一刻も早く脱出しましょう。

勇気を持って断るのです。

相手の期待に応えられない人がだめな人間ではないのです。

断り方は簡単です。

とても申し訳なさそうに

「ほ、ほんとうにごめんなさい。本当はとても行きたいのですが、今日は無理なのです」

と言うだけです。

私も断るのは苦手です。相手に嫌われるのが怖いのです。相手の気分が不快になってしまったらどうしようと思うんです。でも、いつも頼み事を引き受けていたら自分が自分らしくなくなっちゃいますよね。自分の気持ちに正直に生きましょう。断りたい時は断りましょう。

これらは、人に好印象を与える例です。他にもたくさん好印象を持たれるものはあると思います。

より良いコミュニケーションスキルを得るために頑張っていきましょう!


【記事タイトル】やさしい空気にするが基本スタイル(読者投稿)
【記事本文】

やさしい空気にするが基本スタイル

空気ってどんなものだと思いますか?
空気って雰囲気ってことですよね・・・
人を好きになる直感が働く時って、雰囲気が多大な影響を及ぼしていませんか?
空気は人に大きな何かを与えます。
私もその何かは言えないけれど・・・言葉にはできませんね・・・
優しい人なら優しい空気が漂っているし、冷たい人になら冷たい空気が漂っているし・・・一概には言えませんが・・・
人には人を表す空気が漂っていますよね。
だから空気っていうものは、人を魅力的にさせる大きな要素であると思います。
もし、自分の持つ空気に納得ができなかったら、
空気を少し意識してみる・・・
空気を少し変えてみようと努力してみる・・・
そんな努力を少ししてみませんか?
もしかしたら、人間関係がよりスムーズにいくことができるかもしれません。
より魅力的な空気を得るために、頑張っていきましょう。


1あなたの空気はどんな色?
良くも悪くもあなたの印象を相手に与えるこの見えない空気は何でできているのって?
・目に見えるものである服装や持ち物
・座り方、歩き方、態度
・匂い(たばこ、香水、食べ物など)
・表情
そして忘れてはいけないのが、その人の心。
空気には自分の心が表れます。
わくわくしている人の空気は、相手をわくわくさせてくれます。
だからわくわくは伝染するのです。
私は、ネガティブな方なので、空気にも、それが表れていると思います。
空気で損をしているな~と思うことは多々あります。
空気は色んなものを引き寄せる大きな力になると思います。
プラスのものを引き寄せる、優しい空気を持つ人になりましょう。
自分の空気を調整する時には、自分の心がどういう状態かを知る必要があります。
感情が乱れて、ネガティブな表情になっているなと思う時もあります。
そういう時は、何か学べるために出会ったのだと、感謝する心に入れ替わるように、ものすごく訓練しなくてはいけないのです。
プラスのことを考えて、プラスの空気を発するようになりましょう。

2楽しい会話ができる心の訓練
「そんなことを言っても、嫌なときは嫌だし、悲しいときは悲しいのだから、急に心を切り替えるなんてできないですよ!」
私は、嫌なことや悲しいことがあるとすぐに考えていることが表情に出てしまう性格です。
急に心を切り替えることのできる人になることって難しいですよね・・・
だから、ポジティブなことで心を満たすことが必要となってくるんです。
「その事実の価値というものは、その人の受け止め方、考え方によって決まってくるんだよ」
「交通事故で片足を失ったら、どう思う?」
「そんな・・・生きていけません。」
「そう、それが普通の人間の反応だと思う。泣いて落ち込んで死にたいって思うのが普通のことだと思うんだよ。だけど、それだけの大事故なら本当は死んでいるかもしれなかった。死にたくなるほど、全てを無くしたように思っても。目も見えれば、手も動く。なくしたものでなくて、残されたものに感謝する。ああ、目は見えてる・・・片足だけで良かった。そんな考え方のする人が心の切り替えもできるし、きっと成功もできるんだ。当たり前でない心の反応を持つということーそれが心の訓練。営業して断られたらショックだし、嫌われたら傷つく。事実には二通り。プラスとマイナス面の受け方があって、それをプラス面で見る訓練をしなきゃいけないんだ。例えば、上司がこんなことを言った、お客がこんなことを言った・・・ありとあらゆることに対して、その事実に対して感情だけで自動的に反応するのではなくて、その事実のいい面と悪い面を見分けるようにして、そして、いつもいい面に注目するんだよ。」
事実は一つ。考え方は二つ。
私はネガティブなので、何か嫌なことがあると、ネガティブなことばっかり考えるようになってしまうんです。
でも、それでは前に進めませんよね。
事実1に対し、考え方は、100通りだって1000通りだってある。
心が幸せなことで満たされたほうが楽しい会話もできると思うんです。
ポジティブに考えたほうが得というか、絶対幸せになることができると思うんです。
幸せになるために、私と一緒にポジティブになる方法を模索していきませんか?

3心の状態をニュートラルに保つ。
人と会う時は、心を平常心に保つことが必要です。平常心を(わくわく)の位置に置いてみましょう。
ちょっと高めのわくわくニュートラルにする方法はすごく簡単なんです。それは出会った瞬間に相手を愛する努力をすることです。「私と出会う人は私にとって必ず必要な人だから感謝しよう」と心で感じて心から思うのです。感謝や愛で心を満たす方法は、目の前にいる相手を好きになってしまうことです。無理でも必死で暗示をかけます。「きっとこの人から何かを学べるんだ」って。少なくとも私と一緒にいてくださるし、私と話そうとしてくれているんだから、同じ時間を共有するなら努力してみようと思うのです。恋愛も同じなんです。自己暗示で好きになれてしまう。「惚れちゃったかなぁ。」となんとなく思ったら、「好きなんだ、きっと好きに違いない」とどんどん気持ちを入れ込んでいく。そうするとすごい気持ちが生まれます。「やさしさ」という心です。「思いやり」という気持ちです。好きな人になら親切になれるからなのです。とりあえず好きになる努力をしてみましょう。これは本当に空気が良くなってしまうんです。
ビジネスでは、本当に様々な人と出会う機会に恵まれると思います。その中で苦手な人って絶対いますよね。
私も苦手な人はいます。苦手と思っていると、その人がどんどん遠くにいってしまいます。それじゃもったいないですよね。苦手と思っていることはその人の一面の一つで、他にもすばらしいところはたくさんあるかもしれないのに。苦手な人に近づいてみましょう。苦手だと思っている人を好きになる努力が大切です。苦手な人と仲良くなれた人は本当に心の大きい人であると思います。私も、頑張ってみようと思います。

4共感ワードソフトをインストールしよう
話せる人ということは一緒にいて楽しい人ということです。相手をもっと楽しくさせる方法があります。共感ワードを使うことなんです。
「昨日、おいしいコーヒー豆買ってきたんだけど・・・」
「コーヒーは苦手です」
正直に答えるんだけど寒い空気が流れています。
こんな反応をしてしまう人には「共感ワードソフト」をインストールしておいて、全部を一度に変換してしまいたい衝動にかられます。
「昨日、おいしいコーヒー豆買ってきたんだけど。たまたま入った喫茶店で、とてもおいしいコーヒーを飲んでね。あなたにも飲ませたいと思って買ってきたんだよ」
「本当?あまりコーヒーは飲まないんだけど、それって興味ある!おいしそうじゃない!ありがとう。」
ちょっと思いやりのある嘘かもしれませんが、一緒にいて楽しい人になるために、そんな嘘もちょっとだけ必要な時もあるのです。

ビジネス関係のコミュニケーションスキルって優しい嘘のつきかたも必要であると思うんです。仕事をやっていくためには、心にも思っていないことを上手くいえなければなりませんよね・・・嘘は嘘でも優しい嘘であったら良いと思うんです。人間関係を上手くなるために、優しい嘘も考慮にいれてみてはどうですか?

より良いコミュニケーションスキルを得るために頑張っていきましょう!


【記事タイトル】●コミュニケーションスキル向上でネガティブな人との人間関係を改善
【記事本文】

●コミュニケーションスキル向上でネガティブな人との人間関係を改善
ネガティブな人の意見を頭から否定する必要はありません。
コミュニケーションスキルの向上が十分でないと
どうしても自分の状態を保つために否定してしまいます。

「失敗するかもしれません」と言われたら、
「そうだね。その可能性もあるから真剣にやるよ」
と半分相手の言うことを受け入れるのです。
そうすると、しつこくネガティブなことを言わなく
なります。

「まあ、そこまで言うならがんばったら?」と言って
来たら
「応援してくれてありがとう。自分の責任でしっかり頑張るよ」
と返せばよいでしょう。

コミュニケーションスキル向上のためには相手の意見に
賛同できないときに「相手の意見を否定せず迎合もしない」
バランスの良い発言をしましょう。
そうすれば、人間関係の改善にもつながります。


【記事タイトル】コミュニケーションスキル向上で就職・転職大成功
【記事本文】

登録ID 54798
ニックネーム コミュニケーションスキル向上
メールアドレス コミュニケーションスキル向上@s-teem.com
カテゴリ ビジネスと経済-就職・転職
ブログタイトル コミュニケーションスキル向上で就職・転職大成功
ブログのURL http://comu.s-teem.com/
紹介文 コミュニケーションスキル向上で就職・転職を大成功させる方法を紹介します。コミュニケーションスキル向上により職場の人間関係が改善し、転職を思いとどまった人もいます。豪華プレゼントをどんどん提供!


【記事タイトル】コミュニケーションスキル向上ブログへの読者の投稿
【記事本文】

目の前の人を好きになる。みんなを愛する。

目の前の人を愛する。みんなを愛する。
目の前の人を愛することって、
自分が幸せになる初めの一歩だと思うんです。
自分が満ち足りていない時って、
身近にいる人を苦手に思ってしまったりしたときじゃありませんか?
イライラしてしまう時って、家族や友達の嫌なところを見つけてしまった時が私は多いです・・・
相手に納得できないことがある。
それが許せなくなる。
心の中がイライラでいっぱいになる。
それでは、悩みは解決しません。
じゃあ一体どうすばいいのか?
自分を変えていけばいいんです。
自分を人を愛する方向へ変えていく。
人に好かれる自分を自分で作り上げていく。
自分の努力が必要ですね。
私も人を上手く愛せない人間だから・・・
私と一緒に人を愛する、人から愛されることの答えを一緒に探していきませんか?

1相手を安心させることのできる人は人に好かれる。
営業マンがお客さんを訪問して「この浄水器いかがですか?」って聞いても、(本当にお水がまずい場合でも)すぐに「うちのお水まずいから悩んでいたんです」なんて腹を割って正直に話してくれるお客さんって少ないですよね。だってお客さんは知っているんです。そんな簡単に自分の話を話したら追求されて買わなきゃならなくなってしまうことを。だから最初は警戒して「間に合ってます」って反射的に言うんです。でもすぐに人と打ち解けることのできる人は、営業のこういうシーンでも早く相手の問題を聞きだすことができるのです。相手の警戒心をとって、本当に納得して購入してもらっているのです。その上、相手も自分も幸せなんです。そういう話し方って魅力的です。

誰とでも、すぐに友達になれる人
交友関係がスムーズに築ける人は、すぐに友達になれる方法を無意識にも知っているようです。それは、共通項を探し出すことができるってことです。すぐに仲良くなれてしまう人は、この共通点を探すのがとても上手なんです。共通項なんかないって?そんなことはありません。人は仕事の顔とか、趣味の顔とか、お休みの顔とか、お母さんの顔とか、お父さんの顔とか、上司の顔とか、部下の顔とか、なんだか色々な側面を持っている多面体みたいなもの。だから、どっかの面でピターとする共通点っていうのが、その度合いに差があったとしても、必ずあるのです。それを聞き出す力をもっているのです。仲良くなれる人というのは。だから答えは簡単です。会話で共通点を引き出すために、自分自身が多方面に興味とか、ちょっとした知識を持っていればいい。深くでなくていいんです。ちょっと新聞見てるとか、ちょっと料理に凝っているとか、勉強嫌いな私にもできる範囲のことです。だけど、それだけでだんぜん共通項を見つけやすくなるのです。だって似ているということが分かったら、安心して話せるようになってくるのです。こういう風に、仲良くなるのが上手い人は、相手に与える安心感がかならずあるのです。こんな関係は人を孤独にしないし、人を幸せにすることができます。と和田さんは言っています。

私の友達にも、誰とでも仲良くなれてしまう子はいます。
この本を読んで、そうだなぁと思ったことは、
確かに誰とでも仲良くなれてしまう人というのは、
他の人とどんな話題でも話せてしまう人だと思うんです。
話のキャパシティの量が多いんですね。
相手の興味のあることを、理解してあげる。これが大切なことであると思うんです。
私は、様々な人と仲良くなるのがどうも苦手で、
話したくないことは話したくない、て自分を堅く守っていました。
でも、それじゃ、世界が広がりません。
色んな価値観を知ってこそ、人生楽しくなると思うんです。
でも、初めて、自分と違うタイプの人に近づいてみたことがあるんです。
そしたら、意外と、よい人で、一緒にいる時は本当に楽しい時間を過ごせました!
勇気を持って一歩踏み出すことが大切なのかもしれません。
そういうコミュニケーションスキルを得ていきましょう!

2複雑思考より単純思考で
素直に感じたまま表現することも大事な要素です。それは単純思考になるということです。「これ、おいしいね」「うん、とってもおいしいね」そんなふうに、最初は共感ワードに感情を入れて答えるといいのです。素直に感じたことでそれが相手に好感をもたれる言葉ならどんどん使いましょう!と和田さんは言っています。

人間って複雑な生き物です。
色んな感情を持って、色んな面を持っている。
だから、単純な受け答えが生きてくるんだと思います。
深く考えすぎずに・・・
できるだけシンプルに人と接する。
私は、人の気持ちを察するのが苦手で、人がどういう気持ちなのか良く分からないんです。
複雑な返答をされると本当に困ってしまうんです。
この人はどう思っているのかな・・・と。
私みたいな人って、意外と多いんじゃないでしょうか?分からないですけど・・・
単純な返答をすれば、相手も単純に返答してくれて、自分の世界がもっと単純に見えてくるはずです。
単純を悪い意味でなくて良い意味にとらえていきましょう!

3自分が使う言葉にはいつも感謝を添えてみる
言葉に感謝の気持ちを表すことによって、さらに相手を喜ばせるという方法は、ものすごくたくさんあると思います。例えば明日いつもより早く会社に来て欲しいとき、「明日八時に来てね」と言うより、「申し訳ないんだけど、明日八時に来てくれると嬉しいんだ」と言えば、ぜんぜん伝わり方が違うということです。「電話してね!」よりも、「電話くれると嬉しい」の方が、もっともっと伝わるでしょう?と和田さんは言っています。

感謝の気持ちを伝えることって本当に大切なことですよね。
当たり前のことかもしれませんが、私はできていなかったりします。
友達がいてくれるのも、何か助けてもらったりした時も、
なぜか心のどこかで当然と思っている自分がいるんです。
自分が使う言葉にはいつも感謝を添えてみましょう。
面と向かって、感謝の気持ちを言うことは恥ずかしいですが、
言葉のどこかに感謝の気持ちを含ませることは、私でも、できてしまいそうです。

目の前の人を好きになる。
感謝の気持ちを伝える。
相手の人が喜ぶ。
自分も幸せになる。

こういった循環があったら素敵ですね!私も頑張ります!

4人を幸せにする褒める技術
聞き上手と同じくらい相手を幸せにできる要素はやっぱり褒め上手です。人は評価を求めて生きていると思います。だけどいろいろな出来事は自己採点こそできるけど、他人からの評価はなかなか見えないのだと思います。だから、「これでよかったかな?」「これ似合うかな?」なんて迷ったり、不安になったりするのです。そんな時に、「それっていい方法ですね」「とても似合いますね」と人からほめてもらって評価を受けたらそれだけですごく自信が持てます。そんな自信が勇気になって、その人は前進できるのです。「そんなのめんどくせぇ。ほめてもらいたくない」なんて人もいるにはいるのですが、やっぱり「自分は人からどう思われているか?」とか「自分のやった仕事はどの程度の評価なのか?」とかは気になる。それは褒めて欲しいのと同じです。私たちは自分以外の誰かの意見を、できれば賞賛に値するような意見を、聞きたいと願っているのです。「褒めて人を動かす」という人も世の中にはいます。「すごいね。君ならもっとできるよ、期待しているからね」という言葉を、もし上司に言われたら「よし、もっと頑張ろう!」と言う人が多いのです。ほめてもらうと単純にうれしいと思う人が大半じゃないかなって思います。だから素直に「いいな」と思ったことは口に出して言った方が、相手はすごく嬉しいはずです。

ほめるより嫉妬の気持ちが強いときは
ほめたいのに褒めるのが悔しいという時もあります。嫉妬ですね。先に昇進した同僚におめでとうが言えないときは、その一言が言えないせいで、余計に話しかけにくくなってしまいます。そうして「先に昇進して悪かったなぁ・・・」と思っている相手だって余計にあなたと話せない状況になっています。そうして、ときのいはその関係が壊れてしまうこともあります。悔しくて悔しくて「ほめる」ことができないときは自分の未来を考えてください。「すごいね、おめでとう」と言えるほうが、それを言えない人よりも器が大きい人になっていそうな気がしませんか?相手のすごさを無条件で認めてしまうことも、褒め上手には大事な要素です。と和田さんは言っています。

人からの評価は誰でも気になるものだと思います。
褒めてもらったら、自信に繋がりますよね。
褒めってなかなか難しいことであると思うんです。
お世辞に聞こえてしまわないかとか気になりますよね・・・
私も人を褒めて失敗してしまったことは多々あります。
上手く喜んでもらえなかったりとか・・・
でも相手が照れていたりすることもあるんですよね・・・
でもめげてはいけません。
失敗したとしても、どんどん挑戦していきましょう!
褒めが上手くなれば、相手の人から好かれると思います。
人から好かれている人って褒める技術が長けている人が多いですよね!
褒めるコミュニケーションスキルを得ていきましょう!

より良いコミュニケーションスキルを得るために頑張っていきましょう!


【記事タイトル】話の内容をリンクさせていく~相手が楽しくなる言葉、テーマを選ぼう~
【記事本文】

話の内容をリンクさせていく~相手が楽しくなる言葉、テーマを選ぼう~

どうやったら、楽しく話ができるんだろう?
どうやったら、相手の人が良い気持ちになってくれるんだろう?
私は話すのがあんまり得意でないので、いつもそういうことを考えています。
話すって意外とテクがいりますよね?
話題を繋げていく技術がいると思うんです。
相手の人の話している話題をふくらませる技術。
私はなかなかできていなかったりします。
私はその反応がビックリするくらい苦手です。
自分の話したいことに重点を置いてしまうことが多いから・・・
相手の人も、自分の話題に、上手く反応してくれないとつまらないですよね。
でも、もし自分が話している立場で相手が上手く反応できなくても、それの対して寛容な人でありたい。
そう思っています。
話がそれましたね。
でも、自分は、相手の人に対して話題を上手く広げられる人になりたいと思っています。
より良いコミュニケーションスキルを得るためには、相手の人の話を上手く聞く技術が絶対必要です。
私と一緒に上手い聞き方を探っていきませんか?

1ボキャ貧のままでいい?
引用ここから~
あるところに話下手な人がいました。彼のボキャブラリーを増やしたいと考えた私は、彼にたくさんの本を読んでもらうようにしました。最初は小学生用の歴史本「織田信長」みたいのだったけど、そのうち言葉に目覚めた彼は自分からどんどん本を読むようになって、それにつれて、言葉をうまく使うようになりました。もちろん、人と一緒にいる空気も良く、相手の話を良く聞く姿勢も同時に身についていきました。

ボキャブラリーを増やす方法
ボキャブラリーを増やすには、まず、本、文字を読むことだと思います。とりあえずインプットです。でどんな本を読むかなんですが、いまはあまり本を読まない人は、なんでもいいから普段読まないものすべてを手にとって、簡単なもの(自分が面白そうと思うもの)から読み始めればいいです。
セールスの仕事をしている時、私は書店の店頭に立ってキャンペーンを実施していました。毎日いろんな本屋さんに行くうちに、西葛西の書店のT社長と仲良くなりました。ある日、休憩時間にT社長になんとなく、私は聞いてみました。
「こんなに毎日新しい本が入ってくると、読むのも全部とはいかないですよね~」
「うん、和田さん、いくらなんでも全部は読めないよ」
「でも社長は本がお好きなんでしょう?」
「うん。趣味が仕事みたいなもんだからなぁ」
「ふーん、私ももっと本読まなきゃなぁ」
「和田さんは普段どんな本読んでいるの?」
「へっ?営業の本が多いです」
「ね、和田さん、ビジネス書と平行して小説も読んだ方がいいよ」
「へっ?小説ですか?」
「うん、小説。小説はね、感情表現や景色の描写が細かいし、読んだ人それぞれが各自のイメージをつくって読むことができる、これがまぁ、面白いんだよ。言葉にもっと表現力を身に着けたかったら、和田さん、ね、小説を読みなさいよ、小説ね」
「はい、読んでみますが・・・小説って苦手なんです。途中で飽きてくるし、たまに推理小説も読むけど・・・あの・・・どんなものから読んだらいいですか・・・?」
「うーん、ちょっと探してみようか・・・」
「これ、これなんかいいんじゃない?」
「これですか・・・?分厚いし・・・なんかタイトルからして難しそうですね、私にも読めますか?」
「和田さん、そんなこと言ったらダメダメ。読めるようになるよ。本は最後まで読み終えたら嬉しいものだからね。これなら最後まで読めるし、それにこれは絶対にすぐ読めるよ」
そう言って私の手元に置かれた本は「クラインの壷」岡嶋二人著と書かれた一冊の小説でした。
T社長の言ったとおり、「クラインの壷」は見事に私のツボにはまりました。その日の夜は眠るのも惜しんで読みふけりました。その本がきっかけで、それからいま現在にいたるまで、私はどんなに忙しくても毎月五冊以上の小説を読んでいます。小説の背景から言葉を学ぶことを覚えたからです。

小説を読むと表現力もアップする
言葉の背景やイメージを小説という物語から読み取れというT社長のアドバイスは、確実に私の貧弱だったボキャブラリータンクを満たしてくれたのです。言葉には背景があります。海は「うみ」ではなく、「ひろくて青くて深くて・・・あたたかくて、冷たくて、怖くて、ザブーンと波が大きくて、塩辛い」五感の表現が必要です。相手に「言葉」を「映像」で伝えることができる人は、そうでない人よりも、明らかにボキャが多いのです。いま目の前の夕焼けを、どうすれば、それを見ていない相手に伝えられるのか、自分の見たこと、感じたこと、思いを伝えるには、やはり、それを表現する言葉を知ること、それを口に出してみることが大切です。

一つのジャンルに偏らない方がいい
一つに偏らない方がいい。そのためには、たまにはいつもは読まないジャンルの本や雑誌を読んでみると、新しいボキャブラリーが必ず増えます。
~引用ここまで

思っていることを言葉にするって、意外と難しいことですよね。
陳腐な表現になってしまったり、ありきたりな言葉になってしまったり・・・私もそうなんです。
感情って言葉にすっと言い換えられるものじゃないから難しいと思うんです。
感情=言葉で繋げられませんもんね。
私も、自分のことを話すのがどうも苦手で、いつも話している時、何を話していいか、どうすればいいのか、よく分からなくなってしまうんです。
相手の話していることが理解できないことも多々あるし・・・
もちろん性格が積極的じゃないってこともあると思います。
それでも、自分の感情を話せるようになるにはどうしたらいいのか?より良いコミュニケーションスキルを得るためにはどうしたらいいのか?
和田さんが言っている通り、ボキャブラリーを増やすことも、大きな一歩になると思います。
感情=言葉で繋げられなかったとしても、感情を魅力ある言葉で繋げるよう頑張ってみる。
話が面白くなる。
会話が弾む。
そのために小説を読む。
小説を読むのは、人の個性を豊かにすることなのかなぁと和田さんの本を読んで思いました。
千差万別の考え方があって、考えをどうふくらますのも自分次第。
ボキャブラリーも増えていくし、考え方の幅も広がると思います。
考え方の幅が広がるってことは、ボキャブラリーも増えていくってことですよね。
私も、小説を読んで、成長した部分はありました。
自分の言葉を増やしていく、面白い話をしていくために、小説を読んでいきませんか?
私も最近は読んでいないので、一緒に、読んでいこうという気持ちが強いです。

2話の内容をリンクさせていくこと
引用ここから~
いま頭にある内容だけで会話の広がりをつくっていきたいですよね?
普通に生きてくれば、それぞれの脳みそには、すでにいっぱいの情報が収まっているはずなんです。

キーボードをたたくように
そこでそのたくさんのきっとあるに違いない情報が、誰かと話をしているときの自分の目の前に、パソコンのキーボードみたいなものがわーっとあるようなイメージで見て欲しいのです。相手の話にそっていきながら、言葉を返すときに、ちゃんとそれに対応できるはずの、押さえるべきボタンが自分にはあるって、目の前にすでにあるんだぞって、自信を持っていて欲しいのです。相手に何かを発した時、たとえば「日曜日に釣りに行きましてね」と言うと、釣りのボタンがあるわけですよ。「おお、釣りか!」と釣りのボタンを探すと、「釣り」コーナーには「釣り①」から「釣り⑩」くらいの種類があるのです。で迷わずに①番のボタンを押すのです。①番のボタンは、もっと釣りの情報を得るためのボタンです。この人はどこに行かれるんだろう?みたいなそういう興味のボタンなのです。「へぇ、どちらあたりに行かれたんですか?」そうすると、たとえば「相模湖ですよ」という答えがある。次に「相模湖のボタンを押すのです。行ったことあれば、「私も行ったことあるんです、きれいですよね」という反応になって、行ったことなければ、「車で近くは通ったことあるのです。そこで釣りしたことはありません。いい場所ですか?」という反応のボタンを押せばいいのです。そうやって言葉をリンクしていくと、話題が広がりを見せてくれるのです。~引用ここまで

話をする時って、私は、次に何していいのか、何を話したらいいのか、良く分からなくなってしまうんです。
私みたいな方がいると救われます。
和田さんが言っているように、そういう時は、話題をリンクさせていけばいいんです。
相手が相模湖に行ったと言ったら、相模湖で話題を探していけばいい。
シンプルだけど、意外と私はできていなかったりします。
自分の聞きたいことに、重点を置きがちなんです。
相手を一番に考える。
相手の話したいことを話させてあげる。
そうすれば相手もいい気持ちになることができると思います。
より良いコミュニケーションスキルを得るために必須なことですね。

3あなたの話を聞いてもらえる話し方
引用ここから~
聞き上手になって、きちんと会話がスムーズにいくようになると、たいていの場合はちゃんと自分の話す順番、もしくは話すタイミングがやってきます。あなたに話を一生懸命聞いてもらった相手は気をよくして。「なんだか私ばかり話してしまいました。あなたのほうはどうなのですか?」と聞いてきてくれることが多くなるからです。
相手の話を聞きすぎて、予定していた商談時間を大幅に超えてしまい、何にも話せないまま約束の時間が終わりそうになりました。お話できただけでもいいかと思い、帰ろうとしたら、お客さんが、「私ばかり話してしまった。楽しくて、ごめんなさいね。和田さんも話したいことないのですか?」と言われたりしました。「ええ、あります。この商品のことをお話するために来たのですから、ただ、そういう目的だったけれど、OOさんとお話できて楽しかったし、満足です。私の話はもういいですよ~。気にしないで下さいね。それにお時間もないんじゃないですか?」と正直に答えたのです。「えっ、でも、和田さんのお話はどんなのです?話して下さいよ」「だけど・・・お時間は?」「話して下さい、時間、私は平気ですから」お客さんは座りなおして、すっかり聞く体制に入ってくださいました。相手がそういう気持ちになるのは「自分がたくさん話をして満足」という感情からです。相手に対しての思いやりが出てくるからだと思うんです。聞き上手になってから話をするというのは、「自分の言いたいことを話す」のではなく「相手の聞きたいことを話す」という構造がしっかり出来上がるためのステップなのです。~引用ここまで

相手にたっぷりと話をさせてあげる。
自分が話したいと思っても、相手を優先させてあげる。
そしたら、相手も心を開いてくれるはずです。
私もそうですが、人間て話したいという欲求がとても強い生き物ですから。
たくさん話したら、次は相手の番って決まっていますよね?
相手の話を聞くだけで、事態は好転していくと思います。


【記事タイトル】仕事のプロとしての話す力からコミュニケーションスキル向上方法を学ぶ読者の投稿記事
【記事本文】

仕事のプロとしての話す力からコミュニケーションスキル向上方法を学ぶ読者の投稿記事

1ビールを注ぐのが早い人は営業力が高い
コミュニケーションスキル向上に役立つ書籍「和田裕美の人に好かれる話し方 愛されキャラで人生が変わる!」第六章「仕事のプロとしての話す力」より引用ここから~
たとえば、これは動作にも現れてきて、相手が次に何して欲しいかって気づく能力を持っている人って、飲み会の席でも空いているグラスにすぐ気がつくのです。私は、「ビール注ぐのが上手な人って営業力が高い」っていつも言っているんです。「あ、カラだ」ってすぐに気がつきます。だけどそのカラのグラスの人の隣に座っている人はぜんぜん気がつかないときってあるでしょう?離れたところからビール瓶をもって、「あ、どうぞ」ってやっている人が必ずいますから。届かないところの大皿の料理を取り分けたり、「これ届かないでしょ?」って声をかける人は気が利く人なんです。接待でもなく上司でもない人にそれが自然にできていたら、そういうことに気が利く人は「相手が言って欲しい一言」にも気がつくのです。さて、そういう人には、どうやったらなれるのか?話すということを「口」を使うだけだと思わないこと、目を使って観察し、耳を使って相手の声のトーンを感じ、身体を使って「言葉と動作」を組み合わせてみること、気がつくこと、伝わること、そして相手から好かれることってリンクしていると思います。~コミュニケーションスキル向上に役立つ書籍「和田裕美の人に好かれる話し方 愛されキャラで人生が変わる!」第六章「仕事のプロとしての話す力」より引用ここまで

物事をすぐに気がつく人とそうでない人がいますよね。
気がつく人って色んなところにアンテナを張っているんだと思います。
常に視野を広く持っているというか・・・
周りが良く見えているんですね。
自分の周りにも、気が利いて、人から好かれている人っていませんか?
小さい事にも気がついて、人にも優しい。
気がつくって、優しさの中に含まれるものだと思うんです。
人に優しくなろうと思う。
そしたら、今までよりも周りがグッと見えてくるんじゃないのかな。
自分のことも大切だけど、周りを愛してみる。
自分の身体全体を使って、相手を見てみる。
そしたら、相手からの愛情も次第に増えていくものじゃないのかな。
優しい気がつく人になりましょう!

2うれしい顔がリンクしていく話し方
コミュニケーションスキル向上に役立つ書籍「和田裕美の人に好かれる話し方 愛されキャラで人生が変わる!」第六章「仕事のプロとしての話す力」より引用ここから~
そんなふうに気配りとか目配りとかっていうことができれば、言葉も変わってきます。自分が何をして欲しいかよりも、相手が何をして欲しいかに気がつくっていうのは思いやりをもつという意味です。そうするともっと話すのが簡単になります。トレーニング方法は、思いやりについての理解を持つことです。

思いやりの松竹梅
さて、思いやりには三段階のステップがあります。私はこれを思いやりの松竹梅と呼んでいます。
「自分がして欲しくないことを相手にしないという思いやり」は梅。
「自分がして欲しいことを相手にしてあげる思いやり」は竹。
「相手がして欲しいことをしてあげる思いやり」は松。
「ちょっと疲れただろうか?(自分も疲れてきたし)
休憩してお茶でもどうかな?(自分もお茶が飲みたくなってきたから)」
「だまってそばにいてあげよう(自分もこんな時はそっとしておいてほしいからなぁ)」
「挨拶されてイヤな人いないと思うし、ありがとうって言われてイヤな人いないと思うから「ありがとう」って言おう」

これが竹の思いやり。こういう人は本当に優しいし、気の利いた言葉を使える人ですね。相手が笑うために、嬉しそうに笑うためにどうしたらいいんだろう。幸せそうな笑顔を見るためにどうしたらいいんだろう。自分の思いではなく、相手中心なのが松の思いやりです。話せるということは、思いやりのある言葉を相手に渡せるということでもあります。心のあり方によって言葉が変わってきます。~コミュニケーションスキル向上に役立つ書籍「和田裕美の人に好かれる話し方 愛されキャラで人生が変わる!」第六章「仕事のプロとしての話す力」より引用ここまで

思いやりが人の笑顔を作っていくと思います。
人の笑顔を想像する。
人の笑顔が欲しいと思う。
思いやりって、単純にはいかないものですよね。
自分のプライドが邪魔してしまったり・・・
でもだからこそ、思いやりを持った優しい人に人って憧れるんだと思います。
色んなことで人を引き寄せることはできるけど、優しさで人を引き寄せることのできる魅力のある人になる。
私の目標です。
和田さんのように、優しくなることによって、言葉も変わっていくんだと思います。
優しさと言葉をリンクさせられるようになりましょう!

3自分にもやさしい言葉をかける
~コミュニケーションスキル向上に役立つ書籍「和田裕美の人に好かれる話し方 愛されキャラで人生が変わる!」第六章「仕事のプロとしての話す力」より引用ここから
相手が幸せになることを考えるためには実は大前提があるのです。それは自分がハッピーでいることです。自分に余裕がないと笑顔で「ありがとう」って言えないし、相手に「きっとあなたなら大丈夫」って声をかけることもできない。でも自分がハッピーじゃない時は、そんな時に言葉は実は自分のために使ってあげればいいんです。
(自分に対して)
「お前よく頑張っているよ」
「なんとかなるって」
「感謝、感謝、これも経験」
そんな風に自分に声をかけてあげる、心で思っているよりも言葉にして言ってみると、やっぱり言霊のパワーってあるのかなって思うくらい効果があるのです。鏡の前で自分に向かって言ってあげる言葉も重要です。ある状況があって、そこで悩んでいるあなたに、今一番早く声をかけることができるのは、今一番欲しい言葉を知っているのは、まぎれもなくあなたしかいないのです。

人から愛される笑顔でさらに元気に
今度はちょっと最初は無理して「ありがとう」と声を相手にかけること。ちょっと頑張って笑顔で「感謝しています」とか言ってみる。そうすると相手から笑顔がもらえる。「そんな私のほうこそありがとう」って言われる。そうやってあっちから返ってくる言葉で元気になれます。「大好きです」と言うと「私もだいすきです」という言葉が返ってくる確立は何も言わないより確実に大きい。好かれる。愛される。言葉が帰ってきて元気になっていく。そしてどんどん幸せになっていく。そんなふうに言葉はパワーを持っています。~コミュニケーションスキル向上に役立つ書籍「和田裕美の人に好かれる話し方 愛されキャラで人生が変わる!」第六章「仕事のプロとしての話す力」より引用ここまで

自分に優しくなる。
あたりまえのことでいて、なかなかできていないんじゃないのかな、こんな世の中。
色んなことで、自分を責めている自分がいます。
こうじゃなきゃいけない、こうしなきゃとか、色々理想があって、追いつけないって分かってるのに苦しんでいる。
私は、自分への優しさの意味もよく分かっていないのです。
でも、和田さんの本を読んで、自分に優しい言葉をかけることも、自分への優しさの一歩なのかなって思いました。
自分の欲しい言葉は自分にしか分からないっていうのも目からうろこでした。
確かにそうですよね。
自分に甘くなるのと優しくなるのは違うと思う。
自分を愛せた分だけ他人も愛せると思う。
自分に優しくなりましょう!

4「好かれたい」と強く思える人がいい
コミュニケーションスキル向上に役立つ書籍「和田裕美の人に好かれる話し方 愛されキャラで人生が変わる!」第六章「仕事のプロとしての話す力」より引用ここから~
実際に、思いやりとか相手の話を一生懸命聞くこと、感情をこめて話すことが重要になってくると、話し方というのは本当はノウハウではなく、やはり「人間力」が大きな要素になってくるのです。だから「心」のあり方というものが大切なのです。どんな心?相手がハッピーになって欲しいと思う心ですね。

すべての人は愛されるべき
私の場合は、それ以上に苦手な人にも好かれたいと強く思うので、「究極の八方美人さ」だと自分では思っています。だって好かれていたいです。~コミュニケーションスキル向上に役立つ書籍「和田裕美の人に好かれる話し方 愛されキャラで人生が変わる!」第六章「仕事のプロとしての話す力」より引用ここまで

好かれたいって思わなきゃ、人から愛されないと思う。
深い話になりますが、私は人から強く愛されたいと思う反面、なぜか少し人は関係ないという心を持っています。
だから、人から深く関わろうという思いを持たれることが少ないんだと思います。
人からの愛を強く望む。より良いコミュニケーションスキルを得るために、必要なことだと思います。
人からの愛だけをきっと求めてはいけないんです。
自分からも愛を与えられる人でなければ。
人に対して寛容にならなければ。
誰からも好かれたいと思うことは悪いことじゃないと思います。
それはイコール全ての人を愛したいと思う表れじゃないのかな。
人を強く望む。
そんな人になりましょう。

コミュニケーションスキル全く皆無の私が、コミュニケーションスキルを良くする方法を書いているのですから全く説得力ないと思います。でも、地球の片隅にこんな考えの人もいるんだという思いを持ってくださったらうれしいです。


【記事タイトル】リスニングとは何か、役に立つのか? (読者の投稿)
【記事本文】

リスニングとは何か、役に立つのか? 

1リスニングスキルの大切さを知る
コミュニケーションスキル向上に役立つ書籍「ビジネスマンの聞く技術」マデリン・バーレン・アレン著 第一章「リスニングとは何か、役に立つのか?」より引用ここから

リスニングスキルの大切さを知る

「びっくりですよ。私は話を聞いているだけでよかったんです。一言もアドバイスすることなしに、部下が一人で問題を解決してしまったんです」
この発言の主がしたことは、自分のリスニングスタイルを変えたことだ。つまり、部下が問題を抱えてもすぐに解決策を言わないようにした。その代わりに、黙って話を聞き、聞いた内容を別の言葉でまとめるようにした。すると驚いたことに、部下一人で解決策を導けるようになった。彼曰く、「今までのの私は部下の力になろうと焦ってしまい、部下自ら解決するのを邪魔していたのです。たいていの人はアドバイスが欲しいのではなく、ただ聞いてほしいだけなのです」
その他にも、リスニングスキルを学んだ人から次のような感想が聞こえてくる。
「ホンネで情報交換できるようになり、より深いコミュニケーションができるようになった」
「仕事での問題が解決した」
「自分に対してもっと正直になった」
「部下の気持ちや意図が分かり良い上司になれた」
これらの意見から察するに、リスニングスキルの習得には一定の効用がありそうだ。コミュニケーションが改善され、仕事を通じて自己成長が促される。充実感と達成感が得られる。あなたがリスニング上手ならば、話している方が次第に前向きな気持ちになり、あなたに好意を持ってくれる。リスニングスキルがあれば、面接でも相手から好感触を得られるし、問題を解決する時間も短縮する。職場の人間関係だって円滑になる。あらゆる場面で多くの人が好意を示してくれるだろう。

リスニングとは相手を受け入れること

リスニングとは相手を認めて受け入れることだ。相手の自尊心を大切にする作業なのだ。「あなたの存在は重要えあり、あなたについて軽率に決め付けたり評価したりしない」というメッセージを相手に送るものだ。リスニングが人間関係の強化や改善を及ぼす理由は、このメッセージが根底にあるからなのだ。
ちなみに、いつも自分の話を聞いてもらっている人は、話を聞いてくれる聞き手に感謝しているし、その人に対して非常に協力的になる。なぜならば、相手から受け入れられることは、人間の基本的かつ普遍的な欲求だからだ。この欲求を満たしてくれる相手に肯定的な姿勢を示すのは当然なのだ。より引用ここまで

以前にもリスニングの重要性について書きましたが、リスニングは本当に大切なことなので今回も触れることにしました。
本当に多くの書籍に聞くことの大切さが載っています。
それだけに、リスニングってたくさん利点があるんです。
マデリンさんが言っているように、アドバイスよりも、話を聞くだけで人は満足するんです。
話すことが大好きな人って多いですよね。
私も人に聞いてもらって、理解してもらいたいって気持ちも強いので良く分かります。
私も人の話を聞くのがあんまり上手じゃなくて、だからこそこの記事を書いているんですが、年をとるにつれて、少しずつは良くなってきたんです。
そしたら、友達とホンネで話す機会も増えたし、より分かち合いやすくなった気がするんです。
自分に対して正直になることも増えるのかもしれません。
もし、私が働いていて、話を良く聞いてくれる、理解のある人が上司だったら、絶対に仕事頑張ろうって思います。
様々な効用があると思います。
話が聞かれていなかったら、自尊心は傷つけられますよね・・・
私もそうです。
話を聞いて欲しくて聞いて欲しくてしょうがないんです。
誰だってそうじゃないかな・・・
上の引用を読んでいただければ、聞くことの重要性は分かっていただけると思います!
聞くということをあたりまえのことじゃなく、一歩上げた位置から見るようにしましょう!

2話を聞く上司は部下の信頼を獲得する
コミュニケーションスキル向上に役立つ書籍「ビジネスマンの聞く技術」マデリン・バーレン・アレン著 第一章「リスニングとは何か、役に立つのか?」より引用ここから

サラ・W・ランドスティンは学校教育におけるリスニング分野の専門家だが、言語能力のうち最も早期に現れるのは、聞く能力だと指摘している。彼女曰く、読む能力は聞く能力に依存しており、いわば聞く能力の延長線上にある。話を聞かされた後のほうが、同じ話でもより深く読み込めることに異論はないだろう。聞く能力によって、読む能力が制限されるとさえいえる。教室でも聞き方を良くすると、成績が上がることもある。成績が良くなれば、自己イメージも向上する。リスニングスキルを学んだ人は、自分自身について深く考え、自分に好感が持てるようになるという。そればかりか、能力向上にも前向きになり、人間的な成長もビジネスマンとしての成長も図れるようになる。
仕事においてもリスニングの上手い人は、大きなアドバンテージを持っている。「管理職の最も重要な資質を挙げるとしたら何か」。この問いに関してロヨラ大学による調査結果がある。何千万ものビジネスマンを対象とした調査結果を要約すると次のようになる。
最も重要なのは、社員一人一人から話を聞けるという資質だ。管理職が部下を掌握し正確に評価するには、社員一人一人から話を聞くことが最も重要だ。自分の上司が良い上司だと報告した社員に共通するコメントは、「私の言うことを上司がよく聞いてくれるので、話しやすい。だから好感を持っている」という内容だった。
部下の話を聞く上司は尊敬され、部下の信頼や忠誠心も獲得する。社員は自分たちの生産向上について優れたアイディアを持っている。だから、部下のアイディアに耳を傾ける上司こそが問題を解決できる。部下に対して関心を抱く上司は、質の高い情報を受け取っているものだ。より引用ここまで

誰でも一人一人違った優れたアイディアを持っているものですよね。
それを親身に聞いてくれる上司というのは人からの人望も厚いと思います。
一人一人平等に話を聞ける人がいたら、誰からも好かれるんじゃないでしょうか。
私は勤めたことはありませんが、そんな上司がいたら絶対、仕事も頑張ろうと思えます。
話を聞ける人になる。
人に対して優しさを持つ。
自分が上司という人は、聞き方を再度見直してはどうでしょうか?

3影響力が強まる
コミュニケーションスキル向上に役立つ書籍「ビジネスマンの聞く技術」マデリン・バーレン・アレン著 第一章「リスニングとは何か、役に立つのか?」より引用ここから
リスニングを上手に行うと、自分の置かれた状況をコントロールできるようになる。結果に影響を与えられるようになる。自分が状況をコントロールできると思えば、さらにやる気が湧いて来る。
またリスニングは、論点を明らかにしたり相手と課題認識を共有したりするのにも有効だ。問題が発生したとしても、リスニングが相手のストレスや緊張をほぐすいっかけにもなる。仮にあなた自身に問題があり、あなたの対応こそが相手にとって悩みの種だったとしよう。そんな場合でも、あなたへが相手と向き合って話しを聞くならば、どうだろうか?相手があなたへの不満を率直に伝えられるならば、どんな変化が起こるだろうか?おそらく相手の感情は次第に収まり、コミュニケーションは改善するだろう。次の話は、相手の怒りの感情を発散させることで、前向きな結果が得られた。

セミナー参加者の話
同僚のジョーンとちょっとしたトラブルについてです。少し前に同僚のジョーンと言い争いになりました。そこでなぜなのか聞いたところ、ジョーンはこの機会を逃すものかと私を責め立てました。私は言い訳することなく、とりあえず彼女の批判を最後まで聞きました。まずは怒りの感情を受け止めようと思ったのです。ソシテこう言いました。「話を聞けて良かった。僕が君をけなしたと思っているんだね」と。「ええ、そうなの。だからカッときたのよ」とジョーンは本音を言ってくれました。
私はジョーンの怒りの感情に耳を傾けました。そして理解と関心を示した上で、けなすつもりはなかったと付け加えました。リスニングに終始したこの話し合いは、結果として功を奏しました。どうやらジョーンはその後周囲にこう漏らしていたそうです。「仕事をする上で、スティーブは最も望ましいパートナーだ」より引用ここまで

相手の話を聞くという姿勢は、相手を価値ある存在として認め、敬意を払うことだ。

仲たがいがあったら、ひたすら相手のことを聞くことが大切なんですね。
自分の意見を言っても、また更に相手との意見の違う点が見つけ出されてしまうだけかもしれないし・・・
ひたすら聞く。
そして誤解があったら、それを最後に違うよと言う。
相手の思いを優先させてあげることが必要なのかもしれません。
私たちは自分の意見を先に言いがちですが・・・
相手を尊重できる優しい人になる。
聞くことで人に優しさを見せる。
そんな人になりましょう!


【記事タイトル】コミュニケーションスキル向上ブログのランキング情報
【記事本文】

コミュニケーションスキル向上ブログのランキング情報

●FC2ブログランキング
コミュニケーションスキル(能力)向上で人間関係を改善しよう
コミュニケーションスキル(能力)向上の実践的トレーニングを紹介。人間関係が美しく改善します。心と理性をよくしることがコミュニ

ケーション能力向上のための実践的トレーニングです。

コミュニケーションスキル向上で人間関係の悩みを改善する方法
コミュニケーションスキルが向上する実践的トレーニング方法を紹介。人間関係の悩みの改善に役立ちます。コミュニケーションスキル向

上のために毎日チェックしましょう。確実にあなたのコミュニケーションスキル向上

●人気ブログランキング、ブログ王
コミュニケーションスキル向上で就職・転職大成功 管理者:コミュニケーションスキル向上 [ 就職・転職 ]
コミュニケーションスキル向上で就職・転職を大成功させる方法を紹介します。コミュニケーションスキル向上により職場の人間関係が改

善し、転職を思いとどまった人もいます。豪華プレゼントをどんどん提供!

●ブログランキング軽油のアクセス
4.
blogranking.fc2.com / referral 17 1.59 00:00:20 64.71% 52.94%
8.
kutsulog.net / referral 3 1.33 00:00:40 100.00% 66.67%


【記事タイトル】何がリスニングを邪魔するのか(読者投稿)
【記事本文】

何がリスニングを邪魔するのか

1共通するリスニングの課題
コミュニケーションスキル向上に役立つ書籍「ビジネスマンの聞く技術」マデリン・バーレン・アレン著 第三章「何がリスニングを邪魔するのか」より引用ここから

5歳にもなる私の孫のダナに質問された。
「大人もみんな悩みがあるんでしょう?」
「ああ、たいていの人はね」
「ふぅ」と、ため息をつく孫。
「どうしたんだい」
「えっと、私の悩みっていうのは、人のお話をよく聞けないことなの」
「どうして、そう思ったんだい」
「だって、この前先生がお話してくれたのだけれど、急にお話をやめて、どんなお話だったかみんあに聞いてきたの。私の番がきたんだけど、全然言えなかったのよ」
「なるほど・・・。で、先生がお話をしている時、何をしていたんだい」
ダナは少し考えてから、こう言った。
「他のことを考えていたわ」
5歳の子供にも教わるところがあるものだ。多くの大人たちは、自分のリスニングの課題に気づいていない。しかし、人の話の最中に自分が何をしているのか、この点を考えれば、自分の悪しき習慣に気づくはずだ。考えていることや、していることの例を挙げよう。

・相手がどう思っているのか、そのことばかりが気になる。
・相手が話し終わる前に、口を挟む。
・別のことに思いをめぐらせる。
・話に飽きると、空想にふけったり、手遊びを始めたり、何か文句を言い始めたりする。
・話の内容よりも、話し手の顔や癖が気になる。
・個人的に興味のある話題だと、自分の意見を言いたくなって、話を止めてくれないかと考える。
・次に自分が何を言おうかと、先回りして考える。
・相手の話に興味を持っているふりばかりしているうちに、かえって何を言っているか分からなくなる。
・相手の声が大きすぎて不快な声質だと、興味を失う。話を独占しようとする相手だったり、話し手自身に魅力がなっかたりすると、話題自体にも興味がなくなる。
・話し相手が好きか嫌いかによって、話を聞くか聞かないか決める。より引用ここまで

私も、ダナと同じ悩みを持っています。
聞くってそんなに簡単なことじゃないですよね。
相手の表情ばっかり気にしてしまったり・・・
他のことを考えたりしてしまったり・・・
自分のことを話したくなったり・・・
相手の言っていることが理解できなかったり・・・
集中しようと思ってもなかなか集中できない・・・
聞くって、ただ神経を集中させることなんだけれど、それがなかなかできないんですよね。
でも、それって、一歩間違えると、相手を傷つけることだと思うんです。
自分の話を聞かれてなかったら、傷つきますよね。
何がリスニングを邪魔するのか・・・
その点から探っていこうと思います。

2聞きたいように聞き間違える
コミュニケーションスキル向上に役立つ書籍「ビジネスマンの聞く技術」マデリン・バーレン・アレン著 第三章「何がリスニングを邪魔するのか」より引用ここから
実際に伝えられた内容ではなくて、聞きたい内容が耳に入ってくる。この現象もリスニングの障害の一つで、心のフィルター(価値観、記憶、期待値、信念、先入観、好奇心、感情の起伏など)が原因になっている。あらかじめ期待していることがあると、心のフィルターが働き、自分の期待通りの内容に聞き間違えてしまう。たとえば、営業の現場では、受注成績を上げたい営業マンの潜在的な期待が、聞き間違いを引き起こすものだ。より引用ここまで

聞く前からレッテルを貼る
コミュニケーションスキル向上に役立つ書籍「ビジネスマンの聞く技術」マデリン・バーレン・アレン著 第三章「何がリスニングを邪魔するのか」より引用ここから

リスニングに関するもう一つの障害は、話を聞く前から評論を始めてしまうことだ。あまり重要でないとか、つまらないはずだとか、はたまた話がややこしいとか、目新しさがないとか、こんな感じで聞く前から決め付けてしまう。そして、話を聞きながら思い込みに合う点だけを見つけようとするのだ。
話を聞く前にレッテルを貼ってしまうのは、過去に受けたネガティブな印象が原因だ。過去のネガティブな経験を、現在の状況にそのまま当てはめてしまう。過去の経験が無意識のうちに「心のフィルター」となり偏見につながっている。新しい話を聞いているのに、心は昔のままなのだ。特定の言葉を聞くと、特定の感情がわき上がってくるのだ。そして、その感情が邪魔をして効果的なリスニングはできなくなる。ネガティブなレッテルが貼られたものは耳に入らないのだ。より引用ここまで

心のフィルターによって、聞こえてくる内容が変わってくる。
自分の先入観によって人を判断してしまうことってありますよね。
人がああいう風に言ってたとか、ちょっと話したことがあるとかで。
うわさもそのたぐいですよね。
そういうもので、人を判断してはいけないと思うんです。
他の人がそういうことを言ってたとしても、自分はその人を実際に良く知らない限りは、それを信じない人間でありたい。
その先入観によって、人が良いことをしてたとか言ってたとしても、認めたくないという気持ちが働いてしまう人もいると思う。
心のフィルターによって、聞こえてくる内容が変わってくるというのも、似たような話だと思うんです。
自分の視点からその人を見るようにする。
視野を広くする。
そういうことで、自分が聞いている内容も、数段と素晴らしいものに感じられる。

3気持ちの高揚による誤解
コミュニケーションスキル向上に役立つ書籍「ビジネスマンの聞く技術」マデリン・バーレン・アレン著 第三章「何がリスニングを邪魔するのか」より引用ここから

言葉が感情に影響を与えるのは、「地雷となる言葉」のような否定的な言葉ばかりではない。肯定的な言葉でも感情的な影響を与え、リスニングの障害となりうる。たとえば、次のような状況を想像してほしい。相手から「何もかも成功しているね」とか「絶好調じゃないか」とか言われながら、打ち合わせをしておたとしよう。すると、あなたはその褒め言葉に舞い上がってしまうかもしれない。称賛で頭が一杯になるかもしれない。そして打ち合わせの内容について理解が浅くなるかもしれない。より引用ここまで

人から褒められるとうれしい気持ちになりますよね。
自分が自分以上のものに感じられる。
自分を見失わない人もいると思いますが、少し油断をしてしまう人も多いのではないかと思います。
自分のしていることに過度な自信を持ちすぎるなど・・・
自分を自分以上に受け取らないようにする。
これがより良いリスニングスキルを得るために必要なことだと思います。

4激しい感情による混乱
コミュニケーションスキル向上に役立つ書籍「ビジネスマンの聞く技術」マデリン・バーレン・アレン著 第三章「何がリスニングを邪魔するのか」より引用ここから

「地雷となる言葉」は、触れてほしくない話題に関係していることもある。触れて欲しくないフレーズが聞こえてくると、心のフィルターから過去の嫌な出来事が浮かんでくる。すると防衛本能が働き、相手の話を聞かないようになる。親切な提案でもむげに断る。検討外れの質問をして相手を煙に巻こうとする。
また信念がぐらつくような何かに出くわしても、やはり恐怖心が生まれる。激しい感情がわき起こり、混乱さえ感じる。そこで。この感情を打ち消すために、耳をふさぎ逃避行動に走る。自分の信念を変えずに済むように、うがった解釈をして心地よい内容に変えてしまう。そして誤解が生まれ、事態が混乱する。肯定的なものにしろ否定的なものにしろ、激しい感情が原因で冷静なリスニングができなくなるのだ。より引用ここまで

その人の持っている地位や名誉、その他のものも色々ありますが、そういうもので人を判断しがちです。
そういう判断をすると、リスニングに多いに影響を与えるというのも納得できます。
私達は、本当にありとあまるもので、人を判断することができる。
人を良く見せるも悪くみせるも自分自身。
でも、それをリスニングに持ち込んではいけない。
リスニングは中立の立場から行わなくてはならない。
これは、より良いコミュニケーションスキルを得るために、必要なことである。

5解釈は言葉にあらず
コミュニケーションスキル向上に役立つ書籍「ビジネスマンの聞く技術」マデリン・バーレン・アレン著 第三章「何がリスニングを邪魔するのか」より引用ここから

信念、知識、教育、育ち、経験、これらは人それぞれで異なる。人それぞれで違えば、言葉の使い方も変わってくる。同じ言葉でも違う意味づけをするものだ。同じ単語や同じ表現でも人によって意味は違うし、同じことを聞いても全く同じ解釈はしない。つまり、解釈は言葉に依存しているものではなく、話し手は聞き手に依存しているのだ。
そもそも言葉とは、単に事象や物体につけられた名前にすぎず、事象や物体そのものではない。だから話し手と聞き手で解釈が違っても不思議はない。
言葉だけでなく人物についても、独自の見方、感じ方、理解の仕方に基づいて判断している。つまり自分本位で解釈している。心のフィルターを通して、相手の人物像や能力を見極めようとしている。
もめている二人の仲介で、こんなことを言った経験はないだろうか。「ちょっと待ってくれよ。君は「あいつがこんなふうに言うんだ」と言っているが、彼はそう言ってないぜ」と。決してわざとうがった見方をしているわけではない。同じ言葉を聞いていても、相手と同じ解釈をしていないだけなのだ。セミナーで私が良く使うセリフがある。それはこんなセリフだ。「あなたは私が言ったことを自分では理解できていると信じていますよね。でも、あなたの解釈が私の解釈だという保証はどこにもないんですよ」と。みなそれぞれの方法で感覚的に情報を受け取るに過ぎない。生の情報なんて現実には存在しない。私達が接している情報とは、人それぞれの解釈を通した情報なのだ。より引用ここまで

言葉以外に注意を払う
コミュニケーションスキル向上に役立つ書籍「ビジネスマンの聞く技術」マデリン・バーレン・アレン著 第三章「何がリスニングを邪魔するのか」より引用ここから

コミュニケーションでは、言葉で表現されずに多くのことが伝えられている。一言も話さなくても、一定のコミュニケーションは成立する。リスニングの重要スキルの一つに、言葉以外の要素に耳を傾けることがある。近年の研究では、コミュニケーションに影響を与える要素には3つの分類があると言われている。3つの要素とは言葉、声の調子、ボディランゲージだ。じっくりと見れば表情一つでも、さまざまなメッセージを送っている。相手はどう感じているか、その顔色が変わっていく様を観察しよう。口の動き、頬の筋肉、目の動き、それぞれが相手の心の動きに如実に表している。その表情から、緊張、疑い、信頼、集中の途切れなど、さまざまなメッセージを受け取ることになるだろう。
感情の機敏に耳を傾けるのも、言葉では表されないメッセージを汲み取るための重要なスキルだ。相手の声の調子は、相手がどんな状況にあり、どう接してくるかというヒントも与えてくれる。言葉以外の表情や態度や仕草は、無意識のうちに出てしまうものだから。相手も演じたり、隠したりするのは難しいのだ。
リスニングの技術を磨くと、言葉以外のメッセージも汲み取れるようになる。言葉の抑揚、話すスピード、声色の小さな変化に敏感になる。たとえば、リスニングのうまい上司は、部下の言葉だけを聞いているわけではない。むしろ言葉で表現されていないメッセージから、本音を聞き取るのだ。より引用ここまで

私は、自分本位で、相手を判断し、「あの人が悪口を言っている気がする」と勘違いしてしまうこともありました。
あなたは被害妄想すぎると母に言われました。
私と母では、言葉の解釈が違うようです。
良くあることですよね。
解釈が違うからこそ、面白くもあり、難しかったりする。
より良いコミュニケーションスキルを得るために、自分の解釈で物事を判断していると忘れずにおきたいところである。

言葉は人を判断する一部分にしか過ぎない。
もちろん、言葉で人間を魅力的にすることもできると思う。
言葉の使い方についての記事も書きましたが、やっぱり、それが全てではない気がする。
声の調子、ボディランゲージなど、他のものも注意して考えてみる。
言葉では厳しいことを言っていても、顔は穏やかかもしれないし、色々なパターンがあると思う。
身体全体でその人を判断する。
それがより良いコミュニケーションスキルを得るために必要なことである。

私の記事は、本の引用がほとんどです。本をじっくり読む時間のない人には、うってつけかもしれません。よろしくお願いします。より良いコミュニケーションスキルを得るためにがんばっていきましょう!

*コミュニケーションスキル向上に役立った部分と、
その役立ち方を紹介するための記事なのです。


【記事タイトル】何がリスニングを邪魔するのか(続編)読者の投稿
【記事本文】

何がリスニングを邪魔するのか(続編)

6言葉以外のメッセージ
コミュニケーションスキル向上に役立つ書籍「ビジネスマンの聞く技術」マデリン・バーレン・アレン著 第三章「何がリスニングを邪魔するのか」より引用ここから

言葉以外のメッセージは、本当の気持ちを雄弁に語っている。本人は言葉を駆使してうわべをとりつくってるつもりでも、そう思っているのは当の本人だけだ。感情を押し殺したつもりでも、態度に本音が出てしまう。笑顔で怒りを隠しても、言葉の端々に怒りのメッセージが滲み出る。
表情や仕草や態度を読み取れると、いろいろなことが分かってくる。大事な話の最中に肩をすくめるのは話に同意できない時であり、ポーカーフェイスを決め込むのは緊張を隠すだめである。唇が動くのは言いたいことがある場合で、視線を合わせないのは嫌気がさしていたり当惑していたりする場合だ。逆に視線が合うのは、強い興味を持っているときだ。言葉以外のメッセージは、相手と自分との間で起きていることの有効な手がかりなのだ。
忘れてはならないのが、私たちは過去の経験という心のフィルターを通してしか物事を理解できない点だ。だから巷で言われる「読心術」のようなテクニックについても注意が必要だ。「読心術」というと、相手の心理状態が手に取るように分かる魔法の技術だとイメージされている。しかし、その解釈は聞いている人の過去の経験や考えに基づいているにすぎず、話している本人が感じていることではない。ちなみに、相手の気持ちは読み取れるものだという誤解は、特に長年連れ添った職場の同僚に対して生まれることが多いので、注意が必要だ。
また、過去に苦い経験をすると、その時の印象を引きずるものだ。似たような状況に出くわせば、昔の経験がフラッシュバックのようによみがえる。今対面している相手に苦い思いを投影してしまい、無意識に反応する。そうなると、相手の行動や意図を誤って解釈してコミュニケーションに支障をきたす。より引用ここまで

言葉以外のメッセージは本当にその本人を表していると思う。
私も感情がすぐに顔に出るタイプだから、その事実は本当に良く分かります。
言葉ではなく態度の方が本音を表しているときもあると思うんです。
マデリンさんの言っている通り、人って言葉よりも、態度でその人を判断していませんか?
私は少なくともその傾向が強いです。
笑っている。
怒っている。
喜んでいる。
言葉よりも、態度で判断しちゃいますよね。
態度も人を見る大きな要素ですが、これを重視しすぎると、リスニングに支障をきたします。
過去に自分がされた態度で、他の人も判断していまう・・・
これも納得してしまいました。
でも、これは意外と危険な判断だと思います。
過去にあった体験は他の人に重ねては考えていけないと思います。
リスニングに多大な影響を及ぼします。
リスニング以外にも、自分の交友関係を狭めてしまうという危険があると思います。


より良いコミュニケーションスキルを得るために頑張っていきましょう!


【記事タイトル】内なる声に耳を傾ける(読者投稿)
【記事本文】

内なる声に耳を傾ける

1改善と成長を促す内なる声
コミュニケーションスキル向上に役立つ書籍「ビジネスマンの聞く技術」マデリン・バーレン・アレン著 第四章「内なる声に耳を傾ける」より引用ここから

相手の話を聞くだけがリスニングの全てではない。自分自身の内なる声に耳を傾けるのもリスニングのひとつだ。内なる声に耳を傾ければ、自己認識が深まると同時に、物事を効果的に進められるようになる。ただし、この作業は良いことばかりではない。自分自身の内面と対話すると、ショックを受けて落ち込んでしまう人もいる。否定的な考えで頭が一杯になってしまうのだ。内省することでかえってストレスを抱え、エネルギーを失ってしまう。
それでもやはり、自分自身の内面に目を向ける必要がある。そうしないと、自分のことも相手のことも理解できないからだ。内なる声に耳を傾けることで、仕事への洞察力も高まる。自分を客観的かつ中立的に見られると、自分の信条や価値観、そして態度に気づくようになる。自分があるがままに受け入れられると、欠点に気づいても自然体でいられる。自分自身の内なる声を素直に聞く、この姿勢は重要なのだ。内なる声とは、あなたを改善させる友人の声だとも言えよう。内なる声に耳を傾けてすべて受け入れる。より引用ここまで

自分を良く知る。
自分の成長を促し、より良いコミュニケーションスキルを得るためには、必須なことだと思います。
自分を知るって、確かに否定的なことで頭がいっぱいになってしまいますよね。
ネガティブなことで頭がいっぱいになってくる・・・
欠点ばかりが、頭に浮かんでくる。
でもこれは、自分を知るために避けて通れないことだと思います。
私も、自分を知るために、自分の悪いところを逃げないで考えるようにしています。
考えすぎてしまうこともありますが・・・
話がそれてしまいますが、自分の欠点を深く考えるとは、成長への近道だと思います。
私も、自分の欠点を深く考えて、随分、ここ2~3年で変わりました。
話が戻りますが、自分を知るって、マデリンさんの言うように、他の人と話す上で大切なことだと思います。
自分をどうゆうふうに、表現するか、自分を知らないと分かりませんよね。
自分を知り、自分の言葉で自分を表現する。
相手の人も、自分を良く知っている話し手とは、居心地がいいものだと思います。
自分自身の内面に目を向ける必要があるのは、そうしないと、自分のことも相手のことも理解できないからだと、マデリンさんは言っていますが、その通りだと思います。
自分を客観的に見る。甘えを捨てて。
自分を理解する。
コミュニケーションスキルがアップする。
相手のことも理解できるようになる。
内なる声は、リスニングに多大な影響を与えます。
内なる声を、無視しないでちゃんと受け止められるようになりましょう。
落ち込んでも、自分を知るように、一緒に努力していきましょう!

2内なる声に耳を傾ける前に
コミュニケーションスキル向上に役立つ書籍「ビジネスマンの聞く技術」マデリン・バーレン・アレン著 第四章「内なる声に耳を傾ける」より引用ここから

自分自身の内なる声に耳を傾ける一つの方法は、自分の思考サイクルを知ることだ。まず、自分の思考を意識する習慣が第一ステップとなる。そうすれば、なぜ こう考えたのか、なぜこんな行動をしたのか気づくようになり、自分が拠り所となる信条も見つかる。たとえば、ある人は次のような信条を持っているかもしれない。「人生とは人からコントロールされるもので、自分がコントロールできるものではない」という誤った信条である。より引用ここまで

出口のない思考サイクル
コミュニケーションスキル向上に役立つ書籍「ビジネスマンの聞く技術」マデリン・バーレン・アレン著 第四章「内なる声に耳を傾ける」より引用ここから

惨めな生活の原因に目を向けない人は本当に多い。出口のない惨めな生活から抜け出せないでいる。どうしてこんな行動をとってしまうのか、その原因を突き詰めて考えようとはしない。思考サイクルに目を向けないから、自分を責め続け、後悔と苛立ちを抱えることになる。「出口のない思考サイクル」に陥っているの だ。
内なる声に耳を傾ければ、どうして「出口のない思考サイクル」に陥っているのが分かる。ストレスや惨めな思いの原因が分かる。

出口のある思考サイクル
コミュニケーションスキル向上に役立つ書籍「ビジネスマンの聞く技術」マデリン・バーレン・アレン著 第四章「内なる声に耳を傾ける」より引用ここから

新しい思考サイクルを使えば、仕事の生産性は上がり、納期どおりに終わることだろう。
これまで説明してきたように、内なる声に耳を傾けるのは重要だ。内なる声があなたの行動を司っているからだ。思考の基となっている信条や価値観をチェックするといい。自己チェックをすると、思考サイクルがプラスに働いているときと、逆にマイナスに働いている時が分かる。マイナス思考サイクルが明らかになったら、それらを修正しよう。こうしたチェックを続けていると、葛藤やストレスに敏感になれる。凝り固まった思考にとらわれることなく、状況になったものに修正できる。「出口のない思考サイクル」に陥りそうになっても、自分の意思と責任で状況をコントロールできるようになる。慣れ親しんだ否定的な信条や価値観に縛られていると気づいたら、すぐにその考えを打ち捨てなければならない。新しい前向きな考えと交換するのだ。私達は正反対のことを同時に考えることはできないものだ。だから前向きな考え方を志向すれば、否定的な考え方は自然と捨てられるのだ。より引用ここまで

自分の思考サイクル。
誰でも持っているものですよね。
こう考えた後はこう必ず考えるみたいな・・・
少し悪いことがあった後は、もっと悪く考えるくせがついているみたいな・・・
私もあって、親から怒られた後は、誰かに八つ当たりをするというのが、サイクルです。
ネガティブですよね、すいません。
でも悪いことのあとには、必ず悪いことが起こると考えてしまいますよね。私だけですか??
自分の思考サイクルを知ることは、自分を知るということ。
思考サイクルを知ればもっと前向きに考える方法も考えられる。
思考サイクルは自由自在に変えることができると思う。
悪いことがあっても、これから良いことが起こるんだと前向きに考えられる人もいる。
自分のサイクルを知って、その改善方法を考えることもできる。
出口のない思考サイクルに陥りそうになっても、、自分の意思と責任でコントロールできるようになるとマデリンさんは言っています。
内なる声に耳を傾けるとはそういうことなんですね。
自分を知る。
サイクルを考える。
悪い点を見つける。
それを改善する。
マデリンさんの言うように、正反対のことを同時に考えることはできないと思う。
ある人の良いところを考えている時は、そのことしか考えられませんよね。
同時に悪いことが浮かんでくるとはありえない話だと思います。


3言い方がもたらす影響
コミュニケーションスキル向上に役立つ書籍「ビジネスマンの聞く技術」マデリン・バーレン・アレン著 第四章「内なる声に耳を傾ける」より引用ここから

これまでは、思考パターンが自己の定義や自己イメージに影響を与えることを説明した。また、自分の定義や自己イメージが、行動や感情の基になることも触れた。心の中で自分自身にどんなことを言っているのか、この発言に耳を傾ける。そうすれば自分への言葉が、実際の行動や感情に与える影響を理解できる。
自分への言葉が否定的だと、自分の存在を否定してしまう危険もある。そこで、否定的な考え方に縛られていないか、常にチェックする必要がある。「自分はリスニングが下手だ」という言葉を使うと、自己否定に発展する可能性があるのだ。自己否定の例を見てみよう。
「私は頭が悪いので・・・」
「私は注意力や集中力がないので・・・」
「いつも理解できないので・・・」
こんな自己否定トークを続けていれば、自分で失敗をお膳立てしているようなものだ。

「いつも私は・・・」というセリフ
コミュニケーションスキル向上に役立つ書籍「ビジネスマンの聞く技術」マデリン・バーレン・アレン著 第四章「内なる声に耳を傾ける」より引用ここから

自分を卑下するセリフをもう一つ挙げるならば、「いつも私は・・・」になる。「いつも」というセリフ自分の行動に制約を設けるものだ。「いつも」とは、どんなときでも特定の行動しか取らないという意味だ。他の行動は不可能だと思っている。「絶対に・・・」や「必ず・・・」も、同じように行動を制約させる。
「いつも」という言葉は非常に安直だ。ある事態が起きると、必ず同じような対応しかできないという発想だ。だから、何とかして状況を変えてやろうとすることに意義を感じない。「何もできることはないね」という具合だ。こんなセリフばかり使っていると、積極的に取り組むことはできない。創造性も活かせないし、才能も発揮できない。しり込みをしてるうちに、自尊心は傷つき自身が失われていく。「いつも」というセリフは、状況の違いを無視して人の行動をひとくくりにする。このような考え方では、主体的に考えて行動することができない。あなたは、「私はいつも・・・」というセリフを使っていないだろうか。もしも使っていたら、「私がいつも・・・」という大雑把な表現ではなく、それぞれの状況に合ったセリフに変えよう。そうすれば、より主体的に状況に対応できるようになる。
前述のいつもを使ったセリフを個別の状況に合わせてより具体的な表現に変えてみよう。

修正前のセリフ「部門ミーティングでもスピーチは、いつも緊張するね」
修正後のセリフ「部門ミーティングで、言いたいことがあるのに良い表現が見つからないと緊張するね。話す前にあらかじめ考えておくといいかもしれない。ちょっとしたメモを起こすとか」

自分自身に関心を持つという姿勢があれば、日常的な経験から多くが学べる。あなたがどんな人物であろうと、あなたは価値ある存在なのだ。この点を理解することこそが、あなた自身ありのままに受け入れる最良の方法なのだ。

ネガティブな言葉は使ってはいけないんですね。
私もブログ記事を書いている時に、私はできないんですが・・・とかたくさん書いている気がします。
ブログ記事はどうコミュニケーションスキルをアップさせるかが問題なので、その例示は必要ですが、
それ以外でが使わないようにします。
自己否定が強い人とは話してても物足りないという人が多いんではないでしょうか?
自己否定が失敗を作っていく。
確かにそうだと思います。
話していることで実現しちゃうこともありますよね。
プラスの言葉を使うようにしましょう。
自分の内なる声に耳を傾けてみる。
ネガティブな声が聞こえる。
それをプラス方向に変えて、プラスの言葉を出してみる。
プラスの循環が必要だと思いました。
いつもという言葉も、暇さえあれば使っていました。
いつもつまんないよね~とかいつも怒るよね~とか。
確かに行動を限定しているような気がします。
何とかして状況を変えてやろうとすることに意義を感じないし、「何もできることはないね」という具合だ。こんなセリフばかり使っていると、積極的に取り組むことはできない。というのも納得できました。
いつもよりも、もっと創造性にとんだ言葉を使うようにしてみる。
人生がより豊かになるんじゃないでしょうか?

より良いコミュニケーションスキルを得るために頑張っていきましょう!


【記事タイトル】リスニングを強みにする(コミュニケーションスキル向上ブログ読者の投稿)
【記事本文】

リスニングを強みにする

1聞き上手に共通すること
コミュニケーションスキル向上に役立つ書籍「ビジネスマンの聞く技術」マデリン・バーレン・アレン著 第五章「リスニングを強みにする」より引用ここから

リスニングをあなたの強みにするには、聞き上手の共通点を知っておくことだ。ミネソタ大学で行われた調査で、聞き上手には共通点があると分かってきた。その共通点とは、相手の話の中に自分の関心との接点を見つけていることだ。それを新たな情報収集のチャンスととらえるのだ。また、聞き上手は相手のことを軽率に決め付けたり、感情的な言葉に影響を受けたりしない。表面上の言葉ではなくメッセージに込められた真意に目を向ける。話に集中しながら、次の展開を予測したりメッセージを要約したりする。意識的に言葉以外のサインに注目する。同大学の他の研究によれば、理想的な聞き手には次のような特徴もあることも明らかになった。

a)親しみやすく好奇心が強い
b)新しいアイディアに耳を傾け、自分の知識や経験と結びつける。
c)注意力が高く、全神経を働かせて話を聞く。
d)話に集中し、軽率に先入観で判断しない。
e)周囲に安直に迎合しない。
f)今起きていることに集中し、重要なことを見過ごさない。
g)新しいアイディアを探求して、本質的なことを聞こうとする。
h)同じ事でも人によって理解が違うと分かっているので、話を要約して相手に確認する。
i)自分の価値観や態度や人間関係を客観的に把握し、必要に応じて改めようと努めている。
j)感性や直感を活用しつつも、相手の考えをとらえようと集中している。より引用ここまで

聞き上手には、確かに共通している部分があると思います。
相手の話の中に、自分の興味あることの接点を見つけているんです。
今、相手の話している内容と、自分の興味のあることの接点。
相手が夕食のおかずのことについて話していたら、自分は料理が趣味だということを話の中に自然と入れていくことだと思うんです。
和田裕美さんの書籍で話した、話をリンクさせていくと似ていますね。
相手の話していることに、自然と繋げていく話を展開させれば、相手も話がいがあると思うんです。
相手の話を一番に尊重させる。
これが大切なことだと思います。
また、マデリンさんも言っているように、聞き上手は相手のことを軽率に決め付けたり、感情的な言葉に影響を受けたりしないと思います。
相手のことを軽率に決め付けていたり、感情的な言葉に影響を受けていると、リスニングに支障をきたします。
相手のことを軽率に決め付けるというのは、視野を狭めてしまう可能性があります。
今聞いていることが、限定されたことでしか、意味を持たなくなってしまう。
感情的な言葉に影響を受けるも同じことが言えると思います。
聞き上手というのは、言葉ではなく、真意に目を向ける。
真意に目を向けた方がコミュニケーションの仕方が簡単になると思います。
言葉というのは言葉でしかありえない。
言葉の奥にある、気持ちというものに注意を向けるようにしましょう。
そうした方が、相手からも好かれると思います。
私の知っている聞き上手は、この方法がとても上手です。
親しみやすく、好奇心が強いというのも、話上手なる上で必要なことだと思います。
相手の話に好奇心を持ち、自分の話に繋げていく技術。
話をリンクさせていくために、好奇心を持ちましょう。
話に集中し、軽率に先入観で判断しないというのも、大切なことだと思います。
先入観で判断してしまうことはもったいないことだと思います。
話の内容はもっと意味のあるものかもしれないのに・・・
真意に意味を見出せる人になりましょう。

2リスニングの改善方法
コミュニケーションスキル向上に役立つ書籍「ビジネスマンの聞く技術」マデリン・バーレン・アレン著 第五章「リスニングを強みにする」より引用ここから

私達は業務時間の40%をリスニングに費やしているが、そのうち有効に使えているのは25%程度だ。努力をすれば、効果的なリスニング時間がもっと増えるようになる。聞き手としてあなたにできる12の努力ポイントを挙げてみよう。

①相手の話に共通の関心事を探す

積極的な姿勢で聞くと、どんな話でも自分にも関心があり知識を広げる何かが発見できる。話が無味乾燥に思われても、多少はためになることがあるものだ。価値あるものを引き出すのも、リスニングの秘訣だ。使える情報はないかどうか、私のためになることはないか、すでに知っていることとどう関連づけられるか、どんな行動を次にとれるか、そんなことを考えながら聞くことだ。

②双方向のコミュニケーションに努める。

話の内容に集中し、双方向のコミュニケーションに努める。もしも相手の話し方が気に入らないのならその点は無視して、伝えようとしている内容や発想に集中する。注意深く聞き興味を示すと、相手が会話に前向きな気持ちになる。「なるほど」「それはすごい」「ふぅん、面白いね」「本当に」などと相槌を打つことで、話を活性化できる。

③リスニングに向けて事前準備をする

確かにリスニングをしっかりやるのはエネルギーがいるが、予習をしておけば比較的簡単だ。テーマがあらかじめ分かっていたら、前もって資料を読める。自分の考えをまとめて準備もできる。そうすれば熱意を持って聞けるだろう。

④中心となる主張に目を向ける。

話の中心となる主張に耳を傾ける。そうすれば、話を構成している形式が見えてくる。まず、テーマの導入があり、テーマが発展するに従って細かい転換があり、繊細な叙述と、例示、そして最後のまとめ、あるいは具体的な行動への呼びかけで終わる。そこに示されている主張を見つけ、主張を裏付けている事実を特定し、例示の中にアイディアを引き出すよう努める。

⑤メモを活用する

要点を簡潔に記録する。そうすれば、あなたの学習能力と記憶力が向上する。また、後でそのメモを見返せば、自分が利用できる情報はないか、話し手の主張に賛成か反対か分かる。効果的なメモを取るには多少の訓練も必要だ。簡潔で説明がしやすく再検討も容易なメモが良い。話によっては図で描いたり、キーフレーズを取り出してみるのも効果的だ。臨機応変にやってみよう。話している本人でさえも、話の内容や構成を把握していないことが多いものだ。

⑥外部の雑音に負けない

どこにいても外部の雑音には負けないようにする。できれば邪魔が入らず集中して聞ける場所を選ぶ。まさに集中することに集中する。そうすると雑音に気づいても気を取られない。

⑦地雷となる言葉に気をつける

相手から感情的な言葉を返されないように注意する。ある特定の言葉やフレーズがきっかけとなり、相手は聞くことをやめて反論に転じる。相手が感情的に高揚しても、なぜそうなったのか、自分が地雷となる言葉を使ってしまったのかなど、原因をすばやく突き止める。そしてリスニングを再開し、相手の要点を十分に理解するまでは、こちらから決め付けたり反論したりしない。また、別の方法としては、反論したいポイントや質問事項として簡潔にメモしておく。そうすれば、反論を我慢してもイライラせずにリスニングができるからだ。

⑧冷静さを保ち、自分の理解を確認する

常に冷静な気持ちで聞く。興奮して軽率に反論してしまうと、相手の論点が正確に理解できない。十二分に注意を払い、話の核心は何かを考える。人の話を間違いと決め付けず、言われたことを自分の言葉で言い換えて意味を確認する。

⑨すばやく要約し論理チェックする

時間がなくて慌てて聞くときでも、話に集中する。頭の中で相手の話を要約し、論点がぶれていないかチェックする。論理展開をなぞり、論理チェックや論証チェックをする。

⑩定期的に訓練する

日頃から練習を積む。難しい題材や馴染みのないテーマについて聞く機会を設ける。どのような会合でも、練習のチャンスはころがっているものだ。定期的な訓練で驚くような成果が得られる。

⑪言語以外のメッセージを理解する

相手の感情やその推移に気を配る。話をした理由は何か、本当の意図は何かを考える。言葉に表現されていない隠れた意味を聞くようにする。言葉の外で言おうとしていることは何なのか探るようにする。

⑫話し方にごまかされない

事実や仮定については、主張と別に扱う。軽率に判断する前に、まず最後まで聞く。相手の印象や話し方に惑わされずに本当のメッセージをつかむことが大事なのだ。話し手の声や癖、性格、外見がメッセージの邪魔になることのないようにする。より引用ここまで

①から順に感想
①相手の話に共通の関心事を見つけるというのは、自分のためになることだと思いました。
相手の話を注意して聞くと、自分の話し方の改善点も見えてきそうです。
相手の話にも、自分を成長させる何かがあるかもしれないと思いながら聞く下心が必要です。
②注意深く聞くと、相手が会話に前向きな気持ちになるのも納得です。
注意深く聞いてくれる人、みんな大好きですよね。私もです。
あいづちを打つことが効果的です。あいづちを打ってくれると、話を聞いてくれてるって思いますもんね。
③予習も必要な場合があるかもしれません。ビジネスマンの方なんかは、専門的な用語を使って話す機会も多いんじゃないかと思います。そういう場合予習は必要ですよね。
④中心となる主張に目を向けることが必要です。起承転結に目を向ければ、反応もしやすいですよね。何が一番相手が言いたいことなのか気をつけて聞くようにしましょう。
⑤要点を簡潔に書けば、自分の理解も進みますよね。④のように、相手の主張が分かる。
⑥外部の雑音は気にしないようにしましょう。リスニングに支障をきたします。
⑦地雷となる言葉には注意しましょう。相手の本当に言いたいことを言わない可能性があるし、今後のコミュニケーションスキルに多大な影響を及ぼします。
⑧冷静な気持ちで聞く、本当に大切なことだと思います。私の知っている聞き上手な人はこれが本当に上手です。冷静な気持ちでいるから、相手の話に、冷静な反応ができる。人の話を間違いと決め付けず、言われたことを自分の言葉で言い換えて意味を確認することも、効果があると思います。相手の気持ちを尊重していることが伝わると思います。
⑨要約し論理チェックをするというのは、自分が話すときに、とても役立つことだと思います。相手を分析しているおかげで、何を話していいかわかるからだと思います。
⑩定期的な訓練が大事です。色々な話を聞くことで、リスニングスキルが身についていくと思います。
⑪言葉以外のメッセージは本当に大切です。言葉よりも、重要な意味持つこともあります。注意して考えましょう。
⑫話し方はリスニングに支障をきたすこともあります。話し方って気になりますよね。本当のメッセージをつかむようにしましょう。


【記事タイトル】リスニングを強みにする3(コミュニケーションスキル向上ブログ読者の投稿)
【記事本文】

リスニングを強みにする(続編)

7聞き手が主導権を持つ方法

1)ポイントを確認する
コミュニケーションスキル向上に役立つ書籍「ビジネスマンの聞く技術」マデリン・バーレン・アレン著 第五章「リスニングを強みにする」より引用ここから

目的*①話のポイントを明確にする。事実を知る。もっと詳しく知る。事実と推測を区別して理解する。
方法*話のポイントについて、自分が理解した内容で具体的に言って、相手に確認させる。
サンプル分*①あなたが問題と考えるのは~という点ですね。
        ②~と表現すれば、あなたが言おうとしたのと同じ意味になりますか。 
        ③一番伝えたいのは~ですか。
        ④私の理解では、あなたは~と言っていると思いますが、それで正しいですか。

2)正確さを確認する

目的*①正しく聞けているか確認し、さらに議論を進める。
    ②あなたが理解していることを相手に分かってもらう。
方法*相手の基本的な考えを復唱する。
サンプル文*①つまり、問題は~(相手の言ったとおりに話す)ですね。合ってますか。
        ②つまりあなたの言っていることは~ということですね。

3)相手の感情を確認する

目的*①受け入れて理解していることを相手に示す。
    ②相手の不安や怒りやネガティブな感情を抑える。
    ③相手の気持ちに理解があることを示す。
方法*相手の感情をよく考える。
    相手の感情を自分の言葉で言い換える。
    相手の感情に合った言葉を選ぶ。
    相手の感情に合った表現方法やニュアンスに注意する。

4)話を要約する

目的*①議論を整理して発展させる
    ②論点を絞り考えを深める
    ③重要な事実やアイディアを引き出す
方法*主な考えや感情を復唱し要約する
サンプル文*①これが問題の主な要因ですね
        ②あなたが言う主なポイントはこの5つですか
        ③要約すると、私が聞く限り、あなたのポイントは~ということですか

5)態度を保留する
   
目的*①関心は示すが、中立の立場を維持する
    ②態度は保留するが、相手が話してくれる雰囲気を作る
方法*賛成・反対を明言しない
    判断や評価はしない
    ネガティブな印象を与える言葉は使わない
サンプル文*①なるほど・・・
        ②ふうん、そうですか
        ③えぇ、えぇ・・・
        ④内容は理解できます・・・(沈黙も有効に使う)

6)話すきっかけを作る

目的*①議題を特定する
方法*課題や問題について話し合いたいという気持ちを伝える
サンプル文*①教えてもらえませんか
        ②何か問題がありそうですねより引用ここまで

ポイントを確認するというのは勉強になりました。
話のポイントについて、自分が理解した内容で具体的に言って、相手に確認させるというのは非常に効果がありそうです。
あなたのことを認めて話を聞いているという姿勢が伝わることが、主導権を握る第一歩なのかなと思いました。
サンプル文で、私の理解では、「あなたは~と言っていると思いますが、それで正しいですか」という表現がありますが、
私はこれを言われたらすごいうれしいと思いました。
私も試してみますので、読者さんも是非試してみてどうですか?
相手の基本的な考えを復唱するというのも何回か言っていると思いますが、効果があると思います。
自分の考えが理解されてるのかって気になりませんか?
私は気になります。
相手に自分は話を理解してるんだよと言うことを伝える。
非常に重要です。
「つまりあなたの言っていることは~ということですね」も言われてうれしい表現ですよね。
一緒に試しましょう。
相手の感情を確認することで、相手の不安や怒りやネガティブな感情を抑えることができると思います。
理解されていると思うことで、自分の複雑な感情も、おさまってくると思います。
相手の感情を自分の言葉で言い換えるのも試してみる価値があると思います。
やっぱり自分を理解してくれる人って大好きなものですから。
私は、自分の勘違いかもしれないけど、自分を理解してくれる人がなかなかいなくて、孤独を感じていました。
だから自分を理解してくれる人は大好きです。
 相手の感情に合った表現方法やニュアンスに注意するというのも、相手を思いやるために必要なことだと思います。
相手の気分を最高に高めるために、自分としても最大限の努力をしてみる。
頑張りましょう。
態度を保留するというのも新しい考えだと思いました。
話し上手の人というのは、中立な態度をとるのがとても得意です。
やたらなことでムキになったりしない。
関心は示すが、中立の立場を維持するというのが大切なことだと思います。
多くの人はただ話を聞いて欲しいだけだから、判断や評価はしないのも、考慮にいれておくべきです。
私は、判断や評価をされると、なぜか混乱してしまいます。
私は、自分の考えを守りたいという考えがあるからなんです。
私みたいな人が多かったら、これは大切なことですよね。

より良いコミュニケーションスキルを得るために頑張りましょう!


【記事タイトル】話を聞いてもらうには(コミュニケーションスキル向上ブログ読者投稿)
【記事本文】

話を聞いてもらうには

1相手に話を聞いてもらうには
コミュニケーションスキル向上に役立つ書籍「ビジネスマンの聞く技術」マデリン・バーレン・アレン著 第六章「話を聞いてもらうには」より引用ここから

これまでの章では、聞き手の役割や聞く際の習慣について説明した。どちらかといえば、聞き手に焦点を絞っての習慣だった。しかしリスニングで重要な要素にはもうひとつある。それは聞かせる力に気づくことだ。リスニングが上手くなると、聞かせる力を意識するようになり、いかに聞かせるかを考えるようになる。
コミュニケーションをうまく進めたいなら、話を聞いてもらうには何ができるのか知っておこう。「アドバイスをしてやりたいが聞いてくれない」「サポートしたいが、意見すると身構えられる」、こんな愚痴や不満をきくことが多い。どんな言動が相手をそうさせてしまうのか。反対に、どんな言動ならば相手に話を聞かせ影響を与えられるのか。実際のところ、話を聞きたいと思わせる方法はいろいろと存在する。それは、言葉の選択であり、動作や仕草である。声の調子や態度であり、質問の仕方やフィードバックの仕方でもある。

しかし、相手を説得するには、批判的な態度を使うのではなく、理路整然と考えを伝える方がよい。そのために自分の話を聞いてもらう必要があるし、話を聞いてもらうには、まず相手の話を聞くべきだ。適切な態度や仕草で接するべきた。仕草や態度や表情によって、説得力や影響力は大きく変わってくる。

ボディランゲージを活用する

表情や仕草をうまく活用すれば、話を聞いてもらえるようになる。相手のやる気を促す態度で会話に臨めば、会議の流れを作れるようになる。周りの人に良い影響を与え、その影響は継続性する。だから、最初に正しい方向で会話を始めることが大切なのだ。
自分の話し方や癖に注意を払うようになると、同僚とでも上司とでもコミュニケーションが円滑になる。表情や仕草を活用すれば、話しやすい雰囲気や聞きやすい雰囲気を作れる。相互理解や同意を促し、抵抗や誤解を減らす流れが作れる。

①自然体で相手にまっすぐ向き合う。六割くらいの時間は目線を合わせるようにし、顔もまっすぐに向ける。
②相槌を打つ際には、体の動きだけではなく、「はい」や「ええ」や「なるほど」などの声も添える。注意しないと実際には声が出ないものだ。相槌では声の調子が重要で、声の調子次第でプラス効果にもマイナス効果にもなる。
③前に身を乗り出す動きをし、首を振ってうなずき、状況が許せば相手の肩をたたいたりする。
④表情が相手に与える影響は大きい。笑顔で興味を示せば、相手を前向きな気持ちにさせられる。ただし、取り繕った表情ではかえって信用をなくすので注意が必要だ。
⑤否定的な態度に注意する。否定的な仕草や態度はコミュニケーションを破綻させることを忘れないように。


相手を説得するには、批判的な態度を使うのではなく、理路整然と考えを伝える方がよいというのも納得です。
批判的な態度というのは、一度自分がしてしまうと、相手からも同じように振舞われる可能性がある。
自分からは、人に対して穏やかな姿勢を保つようにしましょう。
それがより良いコミュニケーションスキルを得るために大切なことだと思います。
話を聞いてもらうには、まず相手の話を聞くべきですよね。
相手を一番に考える。
私は、いつも、自分の話をどう聞いてもらうかに、焦点を当てていました。
でも、それでは、自分の話は上手く聞いてもらえないということに、気がつきました。
これは、家族相手に会話していて思ったことです。
身近に自分の会話能力を試す人がいたら、是非試してみてください。
自分のコミュニケーションスキルは今どれくらいなのか知ることができます。
相手の話を注意して聞く。
これが、より良いコミュニケーションスキルを得る第一歩です。
適切な態度や仕草で接するべきた、仕草や態度や表情によって、説得力や影響力は大きく変わってくるというのも、分かりませんか?
私がバイトをしていた時に注意されたことですが、てわすらをするのはやめなさいと言われました。
お客様に誤まった印象を持たれるからだと思います。
仕草もコミュニケーションスキルを得るために重要な要素です。

より良いコミュニケーションスキルを得るために頑張っていきましょう!


【記事タイトル】話を聞いてもらうには(コミュニケーションスキル向上ブログ読者投稿)
【記事本文】

話を聞いてもらうには

2相手のリスニングを向上させる
コミュニケーションスキル向上に役立つ書籍「ビジネスマンの聞く技術」マデリン・バーレン・アレン著 第六章「話を聞いてもらうには」より引用ここから

よく聞いてもらうために、実行するべきガイドライン
・自分が何を言いたいのかを整理する
・聞き手について出来る限りのことを知る
・好意的な印象を与える
・確実に理解してもらう
・記憶に留めてもらう
・相手からのフィードバックを促す

①自分が何を言いたいのか整理する

伝 えたいメッセージや情報伝達の目的をはっきりと頭に描いておく。言いたいことをはっきりさせるのは、能動的なコミュニケーションの第一歩だ。あいまいな言 葉では、相手は理解できない。聞き手が勝手な解釈で理解してしまう。相互理解に程遠く、誤解や論争につながることもある。

②聞き手について出来る限りのことを知る

話 す相手について情報を集めておく。日々一緒に働いていると、その人についての情報を無意識のうちに収集しているものだ。相手のボディランゲージからも、心 の内を知ることができる。そういった手がかりが相手とうまく付き合う助けになる。相手を理解すれば、相手に合わせた伝え方も工夫できる。

③好意的な印象を与える

共感型リスニングで前向きな態度を示していれば、好意的に見てもらえる。そうなれば、お互いに信頼感が生まれる。大切に扱われれば、相手も自分が重要だと感じることができる。相手の関心に合った話題から話を始めるのも一案である。関心のある話題は好意的に受け止められる。

④確実に理解してもらう

人 によって理解のレベルは様々だ。相手が理解できないような難しい話題をすれば、相手から嫌われることもある。嫌われた上に、あなたは「インテリ気取り」と いうレッテルを貼られてしまう。一方で、相手の知的レベルよりも極端に低い話なら、今度に軽蔑の対象になり見下されることになる。つまり、聴衆のレベルに あった話や言葉遣いが重要なのだ。まず、相手に理解され同意される内容からスタートしよう。シンプルで具体的なほうが誤解は少ない。自分の意見を言う時は 経験と関連付けてた方が、相手もイメージも湧きやすい。また、複数の意見は同時に言わず、別々に分けて説明したほうが分かりやすい。

⑤記憶に留めてもらう

記憶に留めてもらうには、相手にとって始めての内容でもすでに知っていることに結び付けてあげる。また、話した内容をときどき要約してあげるのもよい。必要であれば、どちらかがメモを取る。相手の理解を確認したいのなら、ポイントで内容を話してもらうのも一案だ。
こんな方法では時間がかかりすぎるという不満もあるだろう。しかし結果的には時間の節約になる。私の経験で言えば、この方法で秘書との誤解は半分に減った。誤解だけでなく、誤解が原因の後始末やお互いのイライラも大幅に減ったのだ。

⑥相手からのフィードバックを促す

聞 き手は自分のリスニングを過信しているし、話し手も聞き手のリスニングを過大評価している。だから、お互いに理解し合えたつもりになってしまう。本当に理 解を深めるには、自分が話した内容について聞き手に確認の質問をすることだ。話し手がフィードバックを求めるのは、相手の理解を確認するためなのだ。相手 からのフィードバックが欲しければ、相手の考え方を聞き、提案を求めることだ。話を中断して質問できるタイミングを作るようにする。相手からのフィード バックがなければ、相手の意図通りメッセージを伝わる保証はないからだ。理想的なコミュニケーションは一方通行ではなく双方向なのだ。より引用ここまで

伝えたいメッセージや情報伝達の目的をはっきりと頭に描いておくというのは、あたりまえのことでいて、とても重要なことだと思います。
私は、頭が整理できていないうちに話し出してしまっていたので、起承転結がばらばらになってしまっていました。
年をとるにつれて次第に良くなってきましたが、まだ苦手なことでもあります。
自分が何を言いたいのかはっきりさせてから、話す。
少し時間がかかってもいいことだと思うんです。
相手の理解を最大限に引き出すために、自分の話をまとめておく。
あいまいな言葉では相手が理解できないこともある。
以心伝心というのは理想ごとだと思います。
私もあいまいな言葉を使ってしまうことは多いですが、必ず聞き返されます。
頑張りましょう。
聞き手について出来る限りのことを知るというのも大切です。
相手のことを知って話を聞くと何も知らない状態より、より理解できると思います。
しかし、先入観を持ちすぎてしまうと言うのも危険な考えだと思います。
相手を理解すれば、相手に合わせた伝え方も工夫できると思います。
伝え方って千差万別だと思います。
穏やかな人にはソフトな伝え方を。
はっきりめが好きな人には、はっきりとした伝え方の方がいいかもしれません。
共感型リスニングで前向きな態度を示していれば、好意的に見てもらえるというのも納得です。
前向きな態度を示すというのは、どんな場面においても、上手くいく秘訣だと思います。
前向きな人と思われた方がコミュニケーションは上手くいくと思う。
相手の関心に合った話題から話を始めるのも効果がありそうです。
私は、私の興味のある内容を話してくれたらうれしいです。
聴衆のレベルにあった話や言葉遣いが重要なのだというのも、経験上、納得のできる話でした。
相手に難しい人と思われたくない。
相手に理解され同意される内容からスタートすることも大切だと思います。
相手の興味のある話題から始めていく。
私は難しい話をされてもよく分からないので、こういう配慮を持ってくれる人は好きです。
どちらかがメモを取るというのも、効果を発揮しそうです。
ビジネス関係の人は、細かいやりとりが多そうなので、こういう方法を取り入れてみてはどうですか?
話を中断して質問できるタイミングを作るようにするというのも実践しがいがあるんじゃないかと思いました。
相手だって、本当に理解しているか分からないし、相手も、質問する時間を持ってくれる人の方が余裕があっていいと思う。
余裕のある人の方が人から好かれると思います。
私の知っているコミュニケーションスキルの長けた人は余裕のある人です。

より良いコミュニケーションスキルを得るために頑張っていきましょう!


【記事タイトル】話を聞いてもらうには(続編)(コミュニケーションスキル向上無料ブログの読者投稿)
【記事本文】

話を聞いてもらうには(続編)

話をするときは、自分の考えを整理して論理を一貫させることが重要だ。個人的な見解は、客観的な事実ではない。日常的な会話では、個人的な仮説をあたかも事実のように話すことがよくある。しかし、事実なのか、仮説なのかを明確に区別して習慣がないと、ビジネスでは信用を失う。理解されなくなり、誰からも話を聞いてもらえなくなる。
たとえば、ある人がこう言ったとしよう。「経理を外部委託する理由は全く見つからないね。法外な費用がかかるし、たとえいい仕事をしてくれるにしたってその価値があるとは思えないよ」と。
この例では、根拠が明確でない仮定に基づいて、巧みな表現で一般論を展開している。このような話し方をされれば、聞いているほうは納得できるはずもないし、反論したい衝動に駆られるだろう。時には強く反論してしまうだろう。そして論点がずれて、本来議論するべき外部委託の賛否についてではなく、どっちの主張が正しいのかという低レベルの言い争いになってしまう。このような状況では、先ほど紹介したテクニックが役立つ。
実際に起きている事実とあなたが立てた仮説は区別されなければならないが、事実や論拠なしに仮説を作るのもコミュニケーションを混乱させる原因だ。確かな論拠もないのに意見を言うと、相手はあなたの意見を割り引いて聞くことになる。あらかじめ情報収集して事実確認すれば信憑性が増すのに、そうしない人も多い。時間の浪費だとか、そこまでやる必要はないとか思っている。
では、事実と仮説は具体的にどう違うのか、表を参考にしながら改めて確認しよう。

事実に述べることとは

1実際に観察した後でしか話せない
2観察したことしか扱えない
3確かなことだけに限定される
4伝えられるものの数が少ない
5相手からの同意が得られる
6周りで進行していて確認できること

仮説を述べることとは

1実際に観察する前でも想像で話せる
2観察できること以上を扱える
3可能性が低いことでも扱える
4伝えられるものの数に限りがない
5相手との意見の相違が生まれる
6見たり聞いたりしたことにさらに脚色すること、または話し手だけだ当然に思っていること。

すべての状況をひとくくりにした一般論を話すのではなく、事実や状況に基づいて評価し判断するべきだ。そうしたほうが、あなたの意図も理解されやすいし誤解も少なくなる。しかし現実の会話では、一つの事例からあたかも全部がそうであるように語られることが多い。

・「客は高いものは買いたくないんだよ。とにかく一番安く手に入ればいいのさ」
・「私は思っていることを人にはっきり言うことができないんだ。だってみんな怒るからね」
・「大卒にルーチンワークをやらせると、みなやめてしまうよ。私の会社でも辞めた人間が一人いるんだよ」

この3つの文で本来言える内容は、「自分の経験では、そういう例もあった」というまでだ。それなのに、一つの経験ですべてを推測して話しているのだ。たった一人がある特定の行動をしたからといって、全ての人が同じとは限らない。上記の例のような話ばかりする人は、同僚からも信用されない。何をどう話すかという姿勢や行動が、あなたの人となりを語ってしまう。意見を言う時には、一般論や主観を避けて、相手が違和感なく耳を傾けられるようにする必要がある。そのためには、自分の意見を言う前に、まず自分自身に次のように問いかけることだ。

・話の根拠はどの程度確実か。
・根拠となる状況や事実は、どんな頻度で発生するのか。
・それが観察され確認されたのは、いつのことか。
・どこで観察され確認されたのか。
・何と比較して評価し判断しているのか。

これらの問いかけによって、具体的な事実、主張の前提とねる仮定、背景にある比較対象について考えられる。建設的な批判精神が生まれ、質問を通して言葉の定義が明らかになる。だから、事実関係を押さえるまでは、自分の考えに固執せず軽率な決め付けは避ける。そうすれば、相手はますます話を聞いてくれるようになる。より引用ここまで

私は、仮説をあたかも事実のように話すことがよくあります。
何か嫌なことがあると、他の人にも、そのような性質があると疑ってしまう。
よく、高校生の時は考えすぎっと言われていました。
思春期によくある傾向かもしれません。
でも、私の偏見に満ちた考えは、他の人は批判したくて仕方がなかったでしょう。
この本を読んで思いました。
「経理を外部委託する理由は全く見つからないね。法外な費用がかかるし、たとえいい仕事をしてくれるにしたってその価値があるとは思えないよ」というような話を出す人は多いと思います。
でもそれではどっちの主張が正しいのかという低レベルの言い争いに発展してしまうとマデリンさんは言っています。
どっちが正しいかとは世の中に満ち溢れた考え方で、そういった概念を持っている人は多いんじゃないでしょうか。
でも、どっちが正しいという概念は極端に思考を狭めてしまう可能性がある。
自分の考えを守りたいという気持ちもあるけど、相手の気持ちも考えてみる。
喧嘩しても、どっちが悪いとか考える必要はない。
最近その考えに目覚めてきたような気がします。
話がそれてしまいましたね。
大きな心を持つ。
これがより良いコミュニケーションスキルを得るために必要なことだと思います。
頑張りましょう。
事実と仮説を話すことの区別をした方がいいと思います。
私は仮説を話すことが多く、よく家族からそれは狭い考え方と注意されます。
仮説は仮説でしかありえず、否定的なことは話しずぎることは良くないということです。
私はよく、つっこみどころが多いと言われますが、それは、仮説をよく話しているということでもあると思うんです。
すべての状況をひとくくりにした一般論を話すのではなく、事実や状況に基づいて評価し判断するべきだ、そうしたほうが、あなたの意図も理解されやすいし誤解も少なくなるというのも納得です。
事実を話した方が相手も納得できる。
相手の理解を得られるように頑張りましょう。
一つの経験ですべてを推測して話しているのだ、たった一人がある特定の行動をしたからといって、全ての人が同じとは限らないんです。
私もそう思います。
しかし、私はそう考えるのがどうも苦手で、偏見に満ちた考えになってしまう。
でもそれは逃げで、世の中には自分の想像以上に、様々な人がいる。
この事実を受け止めましょう。事実なのかな・・・事実だと信じたいです。
より良いコミュニケーションスキルを得るためにその考えは必要なことであると思います。
そういった考えがコミュニケーションスキルを得るために役に立つと思う。

より良いコミュニケーションスキルを得るために頑張っていきましょう!


【記事タイトル】自らのリスニングを変える(コミュニケーションスキル向上ブログ読者の投稿)
【記事本文】

自らのリスニングを変える

コミュニケーションスキル向上に役立つ書籍「ビジネスマンの聞く技術」マデリン・バーレン・アレン著 第七章「すべてを統合して聞く」より引用ここから

この本を通じて、あなたは多くの演習を実践し、リスニングスキルを磨いた。習慣となっていたスタイルを修正し、行動を変えたことだろう。行動変革には、変化が突然訪れるものもあれば、変化が非常に遅いものもある。行動変革に抵抗があるのは、その効果がはっきりと見えないからだ。新しい行動を身につけるには、その行動について咀嚼する時間が必要だ。新しい行動が自分の役に立つと納得し、変化の進み方を理解できさえすれば、行動変革を前向きに受け止められる。

共感型リスニングの効用(まとめ)
共感型リスニングを始めると、明らかな効果が表れてくる。私の長年の観察に基づけば、その効果は6つのタイプに分類できる。最後にその6つの効果を説明して、本書を締めくくることにしよう。

・共感型リスニングをすると、話している相手の問題も解決できるようになる。相手に話す機会を与えるので、相手の考えがまとまってくるし、冷静になってくる。
・共感型リスニングをすると、相手の緊張感がほぐれ敵対心が薄まる。相手に自分の問題として認識させる機会を与える。
・共感型リスニングをすると、協力関係が築ける。会話の内容にも相手の意見にも興味と関心を示せば、相手はあなたに敬意を払いあなたを受け入れてくれる。
・共感型リスニングをすると、コミュニケーションが促進される。コミュニケーションは仕事を進める上で必須だ。リスニングを磨けば、コミュニケーション上の問題も解決する。
・共感型リスニングをすると、前向きな気持ちになる。そもそもリスニングとは能動的な作業だ。相手への働きかけを通じて、言葉の裏にある感情や真意を理解しようとする姿勢なのだ。
・共感型リスニングをすると、あなたの評価が上がる。効果的なリスニングとは「相手は価値ある存在だ」という前提で進めるものだ。この意識と姿勢があるから、相手の自尊心を尊重し、相手があなたを評価するようになる。

七章最後に

本書を通じてリスニングの質を向上させるさまざまなポイントを説明した。そのポイントを一覧にして並べ直しておこう。

1あなたのリスニングをチェックする。
・リスニングの障害と心のフィルター
・社会に適応するときに身につけたリスニングの癖
2あなたの改善すべき点を特定する。
3次の点に注意することでリスニングを改善する
・その場に集中して、仕草や態度や表情を通じ前向きな雰囲気を作る。
・相手に関心を持つ。
・「私もあなたもOK」という態度を示す。
・協力の精神を持つ。
・聞き手になりきる。相手に自由に話させて、こちらから批判したり反論したりしない。
・中立的な立場で話を聞く。怒りなどの激しい感情を排除して、純粋に相手の話を聞く。
・相手の問題解決をサポートする
4次の点に注意を払いながら、会話の流れや雰囲気を作る。
・相手が意味するところや自分の理解の程度を確認する。
・相手の話の前提を確認する。
・相手の主張を自分の言葉で言い直してみる。
・相手の感情を汲み取る。
・前向きで明快な言葉を使う。
・話の要点をまとめる。
・抱えている問題をオープンに話せるようになるより引用ここまで

この本のまとめとなっているところを引用しました。
今までブログに書いたことのまとめとなっています。
大事なことなので、もう一度書こうと思いました。
共感型リスニングをすると、話している相手の問題も解決できるようになる、相手に話す機会を与えるので、相手の考えがまとまってくるし、冷静になってくるというのは本当に大切なところです。
相手に話させるというのは相手を満足させるために必要なことです。
何度も話していますが、話すということを大好きな人って多いものです。
話もまとまってくるので、分かりやすいと思います。
話した後に、私は満足しています。
相手の話をむやみに遮ったりしないようにしましょう。
相手の満足を一番に考えましょう。
共感型リスニングをすると、コミュニケーションが促進される。コミュニケーションは仕事を進める上で必須だ、リスニングを磨けば、コミュニケーション上の問題も解決するというのも分かります。
リスニングを磨くことは本当に大切だと思います。
これからの人生がきっと変わってきます。
自分も受け入れられるようになるし、相手も受け入れられるようになる。
この本を読んでそう思いました。
私と一緒に頑張りましょう!
共感型リスニングをすると、前向きな気持ちになる、そもそもリスニングとは能動的な作業だ、相手への働きかけを通じて、言葉の裏にある感情や真意を理解しようとする姿勢なのだというのもそうだなぁと思いました。
人に共感して、それを受け入れられると、前向きな気持ちになりませんか?
私はなります。
言葉の裏にある感情や真意を理解しようとする姿勢は、相手を受け入れようとする上で非常に大切なものだと思います。
相手を受け入れる努力をする。
より良いコミュニケーションスキルを得るために必要なことだと思います。
その場に集中して、仕草や態度や表情を通じ前向きな雰囲気を作るのも大切だと思いませんか?
仕草や表情が人に与える影響は強い。
そういうものが前向きであったなら、人から受け入れられる可能性は強いと思うし、自分をより高めていけると思うんです。
明るいとはまた違って、前向きな表情を出来る人になりましょう。
私もあなたもOKという姿勢で聞きましょう。
私はこれを全然できていません。
これができるようになったら、人からも好かれると思うんです。
自分を否定していたら人から好かれないと思う。
自分を好きになりましょう。
といいながら、私も全然自分を好きになれていません。
自分を好きになるとは、自分の全てを受け入れるということ。
私はこのことがとても難しいと思っています。
でも、自分を愛せなきゃ、他の人と本当に分かり合うことはできないと思う。本当のコミュニケーションスキルはつかないと思います。
少しずつでもいいから、自分の良いところを見つけて、それを好きになる訓練をした方がコミュニケーションスキルを得るために良いと思います。
私と頑張りましょう!

より良いコミュニケーションスキルを得るために頑張っていきましょう!


【記事タイトル】すべてを統合して聞く(コミュニケーションスキル向上ブログ読者投稿)
【記事本文】

すべてを統合して聞く

この本のまとめは昨日しましたが、今日書くリソースがないため、また活用します。よろしくお願いします。

抵抗に対する会話術
コミュニケーションスキル向上に役立つ書籍「ビジネスマンの聞く技術」マデリン・バーレン・アレン著 第七章「すべてを統合して聞く」より引用ここから

さて、相手から反対意見がでてくるのは、自分のほうが正しいと相手が思っているときだ。ビジネスの会話において、反対意見が出たり議論が白熱したりするのは日常茶飯事だ。そこで、相手からの反論に対処する方法を次に学ぼう。

1相手の言うことにすぐに否定し反論するのではなく、主張内容を確認したり、根拠となる情報を尋ねたりする。

2合意できないポイントではなく、合意できるポイントを見つけるようにする。論点で合意できるポイントがなければ、感情面で合意できる点を指摘する。「解決策に行き詰ってしまうとストレスを感じるのはよくわかりますね」といった具合である。

3相手の話の弱点をついて会話を優位に進めたいという、エゴや欲求をコントロールする。相手の主張に穴があれば、事実に基づいた根拠を淡々と尋ねればよい。相手の自尊心を傷つけるようなまねは決して、しない。

4相手の言動や考えの中から、肯定的に受け取れる内容を出来る限り見つける。

5あなたの指示通り皆が協力して目標を達成するには、相手が肯定的な気持ちであなたの話を受け入れている必要がある。期待を明確に示すとともに、相手を受け入れ、相手の考えを尊重しなければならない。

6指示されたり命令されたりしても、そう簡単に相手が考えを変えることはない。相手の考えを変えたいならば。強制的な方法では効果が薄い。言葉い表そうが態度で示そうが、強制的な方法はダメなのだ。まずやるべきことは相手に身構えなくてもよいと思ってもらうことだ。

7相手が心を閉ざしてしまうような事柄を確認し、相手を詳しく知り共感を示す。相手を知るには、次の点を確認しておく。
・相手の信念や価値観は何か。相手の人生観や世界観はどんなものか。
・どんなことで相手の気分がよくなり自信を取り戻すのか。
・何が起こると相手の精神的なバランスが崩れるのか。
・どんなフレーズを使えば、相手が理解してくれるのか。
・どんな行動が効果的で、どんな行動だとトラブルになるのか。

8あなたを信用していれば、相手は抵抗なくあなたの話に耳を傾けるので、日頃から次の点を磨いて信用を築いておく。
・基礎的な能力を向上させるー知識を向上させ、幅広い経験を積む。教育を受ける。
・知識を向上させる。-世の中で何が起きているのか、周囲で何が起きているのか、相手はどんなことを知っているのか。
・信頼を向上させる。-相手のためにあなたは何をしてあげているか。誠実で正直か。安請け合いをせず約束を守っているか。相手の立場で物事を考え、相手に共感を示し、相手をサポートしているか。
・やる気と実行力を向上させるー仕事の全体を俯瞰してやり遂げられるか。自分でやると言った事は確実に達成しているか。

9私もあなたもOKという姿勢を常に維持しているか。より引用ここまで

自分の考えを守りたいって思っている人は多いですよね・・・
私もそうです。
できるなら自分の考えを曲げたくない。
でも、それでは、上手くいかないんです。
引用を見てみましょう。
相手の言うことにすぐに否定し反論するのではなく、主張内容を確認したり、根拠となる情報を尋ねたりするのは大切です。
相手の言うことを言い直すというのは、自分も相手も冷静になるために必要なことだと思うんです。
もしかしたら、相手が思っていることと、自分が思っていることは違うかもしれない。
否定し反論するというのは最後の最後までとっておきましょう。
否定し反論するというのも、相手を思いやり、できるだけソフトにした方がいいと思います。
合意できないポイントではなく、合意できるポイントを見つけるようにするのもより良いコミュニケーションスキルを得る上で大切だと思います。
相手と自分の共通点が見つかったら、素直にうれしいもの。私だけですか?
もし、私みたいな人が多かったら、この方法は上手くいくと思うんです。
批判するポイントはできるだけ、見つけない方がいい。
そういうのも、スルーできるような、懐の大きい人が幸せを見つけられるんじゃないでしょうか?
そういう小さいことでも幸せを見出せる人になる。
私の目標です。
それでも、論点で合意できる点がなければ、感情面で合意できる点を探す。
最後の最後まで合意できる点を探すのが重要です。
相手の話の弱点をついて会話を優位に進めたいという、エゴや欲求をコントロールするのも必要です。
少なくとも私にもこの感情はあります。
相手に勝ちたいって気持ちが少しあるんです。
でも、それじゃあ、より良いコミュニケーションスキルは得られないと思う。
コミュニケーションスキルの理想は高く保っていきましょう!
相手の自尊心を傷つけるようなまねは決して、しないようにしましょう。
相手を傷つけるというのは、自分も傷つけられる可能性を秘めているということ。
相手を傷つけるのではなく、相手を幸せにしてあげるコミュニケーションスキルを得ていきましょう。
相手の言動や考えの中から、肯定的に受け取れる内容を出来る限り見つけるのも大切です。
相手を肯定する。
誰だって肯定されたいから、相手にも同じことをしてあげる。
あなたの指示通り皆が協力して目標を達成するには、相手が肯定的な気持ちであなたの話を受け入れている必要がある、期待を明確に示すとともに、相手を受け入れ、相手の考えを尊重しなければならないというのも何度も言っていることですね。
相手の考えを思いやる。
これがより良いコミュニケーションスキルを得る基本のスタンスだと思います。
相手の信念や価値観は何か、相手の人生観や世界観はどんなものかを確認しておくのも大切です。
価値観、人生観、世界観、人によって様々です。
相手のそういったものを、自分からも大切にしていけるように、知っておくことが大切です。
そういったものを知っている相手とは、より深いコミュニケーションのレベルに入っていけるものですから。
私も、そういった相手と出会いました。その人は大切にしたい。大切に仕方分からないけど、自分なりに頑張る。
信頼を向上させる。-相手のためにあなたは何をしてあげているか、誠実で正直か。安請け合いをせず約束を守っているか、相手の立場で物事を考え、相手に共感を示し、相手をサポートしているかというのも大切だと思います。
相手のために、何ができるのか?
何をしてあげているのか?
信頼は人を引き寄せるための必須な要素です。
相手から信用してもらうために、引用に書いてある部分磨くようにしましょう。

より良いコミュニケーションスキルを得るために頑張っていきましょう!


【記事タイトル】鍛えるチャンスは日常会話にあり(コミュニケーションスキル向上ブログ読者の投稿)
【記事本文】

鍛えるチャンスは日常会話にあり

コミュニケーションスキル向上に役立つ書籍「質問力」 斉藤孝著 第一章「質問力を技化する」より引用ここから

コミュニケーションの基本は一対一つまり二人の対話だから、これを徹底的に習熟させることで、三人でも五人でも対応できる形になっていくだろう。まず二人の対話を深めるのが先決だ。
要するにサッカーと同じだと思うが、二人でパスをしあうのが一番簡単だ。二人なら相手を見て、確実にパスができる。他に邪魔する敵もいないし、選択肢もそれ一つに限られている。にもかかわらず、正確なパスが出せないとすれば、複数で行う試合でパスが出せるわけがない。出せたとしてもそれはまぐれだ。
多くの人数でディスカッションするのは、サッカーのゲームのように複雑な力学が働く。一対一の訓練ができていないと、複数の人間の中でクリエィティブな関係を作るのは難しいだろう。
本書で取り上げるテキストも一対一で深まっている対話の例を取り上げている。コミュニケーション力の中でも「対話力」がいちばん一対一をイメージしやすいからだ。「対話力」を「質問力」というポイントから分析するのがこの本の大筋である。「コミュニケーションの秘訣は質問力にあり」というのがこの本の大きなメッセージである。質問さえできれば、コミュニケーションはほとんど大丈夫だとさえいえる。
老若男女と必ず瞬間的に対話を深めることができるのが理想だ。あるいは外国人と語学力は別にして、きちんとコミュニケーションができることが理想である。自分と価値観の合う人や同年代の人、同じ状況の人しか上手く話せないというのでは、コミュニケーション力はないといっていい。
今は自分と同質の人と対話をする時間が圧倒的に長い。昔に比べると兄弟も少ないし、異年齢で遊ぶこともなくなっている。要するに自分と同じような人と同じ時間を過ごしているわけだ。つまりホームで試合をやっているようなもので、アウェイの試合には弱い。
しかし質問さえできれば、アウェイでもコミュニケーションができる。アウェイというのは相手がよくわからない状況をいうが、そんな時でも質問次第で相手の言葉が引き出せる。それによって相手の状況がわかってくるから、さらに深めた質問をする。その繰り返しによって「気が合うね」という状況を作り出すことも可能である。より引用ここまで

質問力・・・
会話上手の人って、質問するのがとても上手じゃないですか?
その状況、内容、相手の全てを読み取って質問する。
なかなかレベルが高いですよね・・・
でも、より良いコミュニケーションスキルを得るために必要なことだから、ここで書くことにしました。
私は質問しても、相手から、「違う、そうじゃなくてこういう話だよ」と言い返されることが多いです。
だからこの本をとって、勉強しようと思いました。
読者さんも、一緒に質問力について、学んでいきましょう。
斉藤さんによれば、まず二人の対話を深めるのが大切だと言っていますが、私もそうだと思います。
二人の対話から究めていけば、三人でもそれより大人数でも対応できると思います。
最初から大きな夢はかまえないで、小さいことから実現するようにする。
私が最近ある人から習ったことでもあります。
二人からいけば、選択肢も少ない。
さほど難しいことも考えなくてよい。これはどうでしょう・・・
二人から考えることをオススメします。
一対一の訓練。
これがより良いコミュニケーションスキルには必要です。
相手の人間性を掘り下げて考える。
複数の人を考えるのはその先です。
まぐれは期待しない。
実力の分だけ見返りもある。
そう考えるようにしましょう。
質問さえできれば、コミュニケーションはほとんど大丈夫だとさえいえるのも納得です。
質問にはそれ程大きな力がある。
最初少し大げさだとも思いましたが、やはり考えてみると質問上手の人が周りから好かれている。
誰だって、自分の話に対して、適切な面白い質問をされればうれしいですよね。
私はそうです。
より良いコミュニケーションスキルには質問力が必須です。
自分と価値観の合う人や同年代の人、同じ状況の人しか上手く話せないというのでは、コミュニケーション力はないといっていいのも少し辛辣かもしれませんが、そうだと思いました。
誰とでも、深い関係になれるような人間性を持つ。
簡単なことじゃないけど挑戦してみる。
アウェイというのは相手がよくわからない状況をいうが、そんな時でも質問次第で相手の言葉が引き出せるというのも大切です。
質問は相手の言葉を引き出すもの。
自分から会話の主導権を握ることもできるんです。
会話の主導権を握る・・・
少し横暴ですね。
でも、自分がリラックスした状態で話せるという意味にしてみましょうか・・・
気が合うという言葉を引き出せたらこっちのものです。
相手に共感を持たれるような雰囲気を作りましょう。

より良いコミュニケーションスキルを得るために頑張っていきましょう!


【記事タイトル】おもしろい話をするからと言って、対話上手とは限らない(コミュニケーションスキル向上ブログ読者の投稿)
【記事本文】

おもしろい話をするからと言って、対話上手とは限らない

コミュニケーションスキル向上に役立つ書籍「質問力」 斉藤孝著 第一章「質問力を技化する」より引用ここから

人の絶対的なコミュニケーション能力は外から見てもある程度判断できるが、自分が相手と対話した時、より鮮明になる。自分が演奏者の一人となってセッションした時、相手が上手い奏者だと自分が下手でもそれに合わでせてうまく演奏してくれる。そういう人になる必要がある。
言葉がやり取りされている水面下には相手にも自分にも経験世界がある。誰もが自分の経験世界を話したい。だから自分の話をしながら相手の経験世界をくみ取り、うまく引き取って、自分の面白い話につなげていく。それがきればいちばんいいわけである。つきあいが長ければ、互いに経験世界を知っているので話は続く。だから仲の良い人同士の方が話はしやすい。
しかし同窓会で20年くらい会っていない同級生に会うと、最初の5分、10分は盛り上がるが、その後は何を話したらいいかわからなくなる。20年分の経験世界が抜けているので、そこから繰り出すネタがないのだ。
上手な対話者の場合は、自分の経験世界を会話の中に織り込みながら話をする。すると表面の話だけでなく、ここ何年か自分がどんな経験をしたかを話すことになる。さらに相手の経験世界からも上手に話を引き出す。これが質問力である。面白い話をするからと言って対話上手とは限らない。
私はいろいろな人と対談をしたが、私の経験世界を一度も質問しなかった人もいる。私が相手の経験世界から何かを引き出そうと質問すると、向こうは自分の経験世界だから話が一挙に噴き出してくる。それを受けて私の方に「あなたの場合はどうだったでしょうか」と聞けば、少なくとも話は絡み合っていくわけだが、その程度の質問もできない。要するに自分しか文脈がないという人もいる。
これは仕事で一流であるかどうかということと必ずしも一致しない。コミュニケーション能力があったほうが仕事をゲットしやすいが、それがなくても一流の仕事をすることは充分にありえる。
だが楽しい場を作っていくためにはお互いに経験世界を混ぜ合わせることが大切だろう。双方の脳みそを混ぜ合わせられる快感が、充実した時間を過ごしたという感覚につながるのである。
このように経験世界を絡み合わせるための鍵が質問力である。表面の話題だけでなく、相手の過去に切り込んでいく質問が望ましい。相手の苦労や積み重ねてきたものを掘り起こすような質問ができると、少なくとも相手にとっては深まった話ができた印象になる。
今話している表面のテーマに一見関係ないようでも、ある角度を付ければ、関係する過去の経験が出てくる。すると話題に奥行きが出てくる。相手が持っている主観的な世界に対してこちらがおもしろいと感じて質問すると、相手は「そう言えば」と言ってあれこれ思い出す。それは発見であり、非常にクリエイティブな関係だ。
そういうコミュニケーションを引き出す「質問力」には明らかにコツがあり、技化できる。それが私の言いたいメッセージである。より引用ここまで

相手が上手い奏者だと自分が下手でもそれに合わせてうまく演奏してくれる、そういう人になる必要があるというのが心に響きました。
少し不器用な人を助ける。
全ての人に思いやりを持つ。
そういう人になるという意味でしょう。
夢が壮大ですね、でも私は好きなセリフです。
そんな人になるよう頑張りましょう!
誰もが自分の経験世界を話したい、だから自分の話をしながら相手の経験世界をくみ取り、うまく引き取って、自分の面白い話につなげていく、それがきればいちばんいいわけであると斉藤さんは言っていますが納得です。
誰もが自分のことを話したいというのも良く分かります。
だって私だってそうだから・・・
でも、相手の気持ちも考える必要がある。
相手の経験世界をくみ取り、自分の面白い話につなげていく。
そんな技術というか、自分の優しさみたいなものが必要なんでしょう。
相手の経験世界を認めてあげるようにする。
相手の経験世界から、自分の経験世界につなげていく。
これは、相手を好きになれたら、思いやりを持てたら上手くいくことだと思います。
上手な対話者の場合は、自分の経験世界を会話の中に織り込みながら話をする、すると表面の話だけでなく、ここ何年か自分がどんな経験をしたかを話すことになる、さらに相手の経験世界からも上手に話を引き出す、これが質問力である、というのも大切です。
相手の経験世界から上手く話を聞き出す。
私はそうしようと思っていてもなかなかできていなかったりします。
面白い内容で質問しなければいけないんでしょうかね?私の疑問です。
でも、面白い質問ができなくても、あなたのことが好きで質問してるんですっていう姿勢が大切なのかも・・・
みなさんも試してみて下さい。
面白い話をするからと言って対話上手とは限らないというのも分かりました。
上手く質問できてこそ、会話上手なんでしょう。
相手にどれだけ入り込むことができるか・・・
勝負どころですね。
頑張りましょう!
私はいろいろな人と対談をしたが、私の経験世界を一度も質問しなかった人もいると斉藤さんは言っていますが、それでは少し寂しいですよね・・・
私も相手の話ばかり聞いていて、自分の話はする機会がない時もあって、それでは少し寂しいなと感じていました。
相手との相性があるにせよ、質問はするようにしましょう。
何度も言っていますが、大きな心を持つ。
私も持てていないものだけど、頑張る。
より良いコミュニケーションスキルには必要なものだと思います。
だが楽しい場を作っていくためにはお互いに経験世界を混ぜ合わせることが大切だろうというのも納得です。
お互いの経験世界を混ぜ合わせられた時、本当の幸福は生まれると思います。
私も、お互いに上手く質問をできる相手と出会いました。
その時は本当に楽しくて、今でも心に残っています。
このように経験世界を絡み合わせるための鍵が質問力である、表面の話題だけでなく、相手の過去に切り込んでいく質問が望ましい、相手の苦労や積み重ねてきたものを掘り起こすような質問ができると、少なくとも相手にとっては深まった話ができた印象になるというのも大切です。
相手の本質的なものを掴んで質問する。
なかなか技のいることですね。
でもこれができれば、コミュニケーションスキルの長けた人になれるはず。

より良いコミュニケーションスキルを得るために頑張っていきましょう!


【記事タイトル】頭を整理させてくれる質問(コミュニケーションスキル向上ブログ読者の投稿)
【記事本文】

頭を整理させてくれる質問

コミュニケーションスキル向上に役立つ書籍「質問力」 斉藤孝著 第二章「いい質問とは何か?座標軸を使って」より引用ここから

ここから、座標軸の話をしますが、図は書けないので、想像でお願いします。

縦軸のプラス方向が「自分が聞きたい」、マイナス方向は「自分は聞きたくない」である。横軸は右側のプラス方向が「相手が話したい、答えたい」で、マイナス方向が「相手は話したくない、答えたくない」になる。この座標軸は非常にシンプルだが、意外に整理がきく。
まず左上の第二象限は「自分は聞きたいが、相手は答えたくない」というゾーンになる。こおは「子供ゾーン」と名づけたい。子供は自分が疑問に思うことをやたらと質問してくる。しかし大人はうるさくて答えるのにうんざりしてしまう。「テレビは誰が発明したの」と聞かれても分かるわけないし、興味もない。しかし子供はしつこく聞く。相手の事情や文脈をあまり理解しない自己中心的な質問といってよい。
最近、私はこのゾーンにぴったりとあてはまるある経験をした。自分の息子を連れて私が主催している「斉藤メソッド」という塾に行く途中の出来事だった。
たまたま最近買った中古車にはカーナビがついていて、小学校6年生になる息子はいたく興味を覚えたらしい。カーナビの質問を延々と私にしてくるのだ。だがそもそも私は機械音痴だし、カーナビに興味もない。
私の興味や関心とまったく関係なく質問をし続けて平気な感性に、私はついに耐えられなくなった。そこで私は息子に向かってこう宣言した。「おまえが生まれてから10年あまり、あらゆる質問に耐えてきたが、今日を限りに耐えるのをやめた」
質問とは相手の状況、相手の興味、関心を押しはかり、自分の興味や関心とすりあわせてするものである。自分の一方的な興味で聞く質問は、相手にとって苦痛以外のなにものでもない。
さらに私は息子に言った。「今、おまえに許されている質問はたった一つだ。さあ、それは何でしょう」。息子はさすがにカーナビとは言わなかった。しばらく考えていたが、「本を読めってことと関係ある?」と聞いてきた。というのは私が始終「本を読め」と言っているからだ。
しかしそれは私が常に言っていることであって、今この車の中で必要とされている質問ではない。たった一つ許されている質問とは、「今日の塾ではいったいどんなことをやるつもりなのか」ということだ。
私の頭の中はこれからやる授業のことでいっぱいである。今日は何をしようか頭の中で授業のことが高速で回転しているわけだ。なおかつ息子はその塾に参加するために車に乗っているのである。
2人が一緒にいるのは息子だからということもあるが、塾に行くためであって、その文脈を理解すれば塾に関わる話をするのが当たり前である。その質問をしてくれれば、私は塾のメニューについて語りながら、自分の頭を整理することができただろう。人に語ると整理ができる。これは頭を整理する鉄則だ。
逆に言えば、頭を整理させてくれるような質問を自分に振ってくれる人はありがたい。だから、一生懸命答えたくなる。それが呼び水になって、ああしてみよう、こうしてみようと語り合いながら、目的地に着くころには一応メニューが仕上がっている。それが理想的な時間の過ごし方である。
あるいは、まるで罪の無い話をしてリラックスするのもいい。「具体的かつ非本質的」な質問によってリラックスすることはあり得る。しかし私はその時、必死に考えざるを得ない主催者の立場だったので、「具体的かつ本質的」な質問が欲しかった。
息子との間には10年の歳月を耐えて、「質問力」の座標軸における禁止ゾーンをつくったというわけだ。

相手が答えたくないのに、質問しちゃあダメですよね・・・
相手が子供だったらしょうがない気もしますが・・・
私も、相手が答えたくなさそうなのに、つい好奇心で聞いちゃうことがあります。
これは、相手が答えたくないとかは、人次第かもしれませんが、「どこの大学行ってるの?」「お父さん、お母さんは何してる人?」とはあまり聞かない方がいいかもしれません。
聞いちゃいけないことってありますもんね・・・
あと、あまり、人のプライベートなことは避けなくては・・・
私にも聞かれたくないことはあって、何気にそういう話題になると避けている気がします。
より良いコミュニケーションスキルを得るためには、相手のグレーゾーンに触れるようなことはしないというのも大切だと思います。
逆に、そういうことに触れない、気遣いの出来る人には好感を持ちます。
私の知っているコミュニケーションスキルの長けている人は、細かいことにも気を配るのが得意で、みんなから好かれています。
相手のことを些細なことでも思いやる。
これが大切なことだと思います。
私の興味や関心とまったく関係なく質問をし続けて平気な感性に、私はついに耐えられなくなったと斉藤さんは言っていますが、それも少しは納得できます。
そういうことは感性の問題なのかなぁとも思います。
細かいことに気がつく人にならなくては・・・
そういうことに気がつく人とあまり気がつかない人と二通りに別れます。
私も今は少し良くなってきましたが、昔は全然気がつかない人でした。
今までの人生、色々なことを経験して、少しは人の気持ちも分かるようになり、そういうことを気がつくようにもなりました。
もちろん今でも、好奇心で聞いちゃうこともありますが・・・
色んなことを経験する。
これはこれからの人生にプラスに働くことであり、成長できることでもあります。
人の気持ちをくみ取ることのできるように、できるだけ多くの体験しましょう。
辛いことでも負けないように、自分を磨いていきましょう。
自分の一方的な興味で聞く質問は、相手にとって苦痛以外のなにものでもないと斉藤さんは言っていますが、その通りですよね。
相手の苦痛を理解すべきだと思います。
2人が一緒にいるのは息子だからということもあるが、塾に行くためであって、その文脈を理解すれば塾に関わる話をするのが当たり前であると斉藤さんは言っていますが、文脈を理解するというのも、大切なことだと思います。
文脈を理解して、会話を続けていきましょう。
相手が何を望んでいるか、分かる人になりましょう。
もちろん、相手だけの望みじゃなくて、自分も自分らしく生きなきゃいけないから、自分の気持ちも大切にして下さい。
自分の頭を整理することができただろう、人に語ると整理ができる、これは頭を整理する鉄則だというのも納得です。
人に語る。
そうすることで、冷静にもなるし、整理もできてくる。
でも語りすぎもよくないけど、大切な人に話すならいい。そう思ってます。
頭を整理させてくれるような質問を自分に振ってくれる人はありがたいというのも納得です。
私も的確な質問をしてくれる人と出会って、感動しました。
自分もそういう人になりたい。
だからこの本を読んでいます。
相手のグレーゾーンには触れないで、的確な質問の出来る人になる。
頑張りましょう!

より良いコミュニケーションスキルを得るために頑張っていきましょう!


【記事タイトル】相手が苦労したところに共感する(コミュニケーションスキル向上ブログの読者投稿)
【記事本文】

相手が苦労したところに共感する

コミュニケーションスキル向上に役立つ書籍「質問力」 斉藤孝著 第三章「コミュニケーションの秘訣ー沿う技」より引用ここから

今までは、相手に対する知識が無い技について見てきた。
今度は相手に対する知識を前提とした沿う技について、黒柳徹子と淀川長治の対談(「徹子と淀川おじさん、人生おもしろ談義」NTT出版)で見ていこう。

淀川 私も、どっちかいうたら映画の知識をつけるよりも、何か役に立ててくださったらと思ってこの「日曜洋画劇場」をね、十五年間ずーっとやらしてもらってるんですけど、たしかに何かのお役には立っているのかなと思いますね。ええ。
黒柳 でも800本。その中のすべての映画が、大好きとは限らないと思うの。だけどそういうの全部愛情をこめて解説なさっていらっしゃるでしょう?
淀川 まあ800本ですから、「ちょっと、かったるいな」と思うものも出てきます。私はそういうとき、「でも、商売柄おしゃべりしなくちゃいけない」とは絶対思えないんです。そういう思い方をするともうだめ、「休ませてください」言いたくなるの。でも映画はね、どっかに何か必ずいいところがあるんですね。このお手洗いのきれいなこと、とかね。
黒柳 は、は、は、お手洗い!

淀川長治が日曜洋画劇場を15年間やっていると言った時、黒柳徹子はすかさず、「でも800本。その中の全ての映画が・・・」と800という具体的な数字をあげている。そのことで、相手の仕事の大きさへの共感を示し、敬意を伝えているのだ。
大切なのは、相手が一番苦労したことをとりあえずくみ取ることである。論文の審査などでも、些末な部分ばかり批判し、著者がいちばんエネルギーをかけたところをまったくノーカウントする人がいる。これは間違った評価の仕方だと私は思う。その人間がいちばん力を入れている部分をしっかり認めることがコミュニケーションには必要である。
つまりコミュニケーションは減点制ではないということだ。減点制は自分の基準に照らして、相手に欠けているところを探して行く。相手にすばらしいところがあって、そこにエネルギーがかかっていても、自分の基準に合わせなければ切り捨ててしまう。弱点ばかりを拡大してみるという評価の仕方だと、お互いに共感が深まらない。
黒柳徹子の対談に戻ると、「800本」という形で共感を示したあとの質問がいい。「そのなかのすべての映画が、大好きとは限らないと思うの。だけどそういうのでも全部愛情をこめて解説なさっているでしょう?」
これはいいところを突いた質問である。800本もあれば、全部好きなはずはない。いったいどうやってあんなに熱をこめて解説できるのか、その秘密を聞き出そうとしている。これは淀川長治の魅力の根幹に迫る質問だ。彼が解説するとどの映画も楽しそうに見える。だから見たくなる。
その答えがまたおもしろい。「まあ、800本ですから、「ちょっと、かったるいな」と思うものも出てきます」と非常に正直である。「つまらない映画なんかないんです。全部感動します」と言ってしまえば、おもしろくも何ともない対談になってしまうが、やはり淀川長治でも「かったるい」と思うものもあるのが興味深い。
続けて「そういうとき、「でも商売柄、おしゃべりしなくちゃいけない」とは絶対思えないんです。そういう思い方をするともうだめ」と言う。これも面白い発言だ。そのあとに、「映画はね、どっかに何か必ずいいところがあるんですね」と言う。その具体例が傑作で「このお手洗いのきれいなこと、とかね」。黒柳さんが「は、は、は、お手洗い!」と爆笑するわけである。
この話の展開は両者とも大変うまい。これを型通りに答えてしまっては、おもしろくなかっただろう。本音を言ったとしても、「商売だからイヤイヤやってます」と答えたら、聞いている方もしらけてしまう。具体例で「お手洗い」をあげたところが非常に面白いのだ。

相手が苦労したところに共感する。
とってもレベルの高い技だと思います。
そして思いやりのかたまりのわざだと思います。
そういうところって、見過ごしてしまって方が楽だと思うんです。
相手の辛いことを聞くなんて、少し憂鬱なことですよね・・・
私は少しそう思ってしまうんです。
でも、相手の辛い経験もくみ取る広い心を持つ。
これが大切なことだと思うんです。
淀川長治が日曜洋画劇場を15年間やっていると言った時、黒柳徹子はすかさず、「でも800本。その中の全ての映画が・・・」と800という具体的な数字をあげていると斉藤さんは言っていますが、大切なことですよね。
相手の苦労しているポイントをすかさず察する。
これが出来ている人はもうすでにより良いコミュニケーションスキルを持っている人かもしれません。
相手の苦労話を進んで聞く。
そして、共感する。
相手はあなたに対してものすごい信頼の念を抱くでしょう。
私は、自分の苦労話を進んで聞いてくれる人がいたら、この人はすごい!!心の広い人だ!!って思ってしまいます。
私は、自分がものすごい辛い状況に遭った時、人への優しさを忘れていました。
人の苦労話も聞けなくなってしまっていたんです。
でもこれじゃだめだ。
自分が辛いときにこそ、相手の苦労話も聞ける人になる。
ものすごいレベルが高いですね・・・
こんな人がいたら本当にすごいです。
私も目指していくので、一緒に頑張りましょう!
大切なのは、相手が一番苦労したことをとりあえずくみ取ることである、論文の審査などでも、些末な部分ばかり批判し、著者がいちばんエネルギーをかけたと ころをまったくノーカウントする人がいる、これは間違った評価の仕方だと私は思うと斉藤さんは言っていますが、私もそう思います。その人間がいちばん力を入れている部分をしっかり認めることがコミュニ ケーションには必要である。
細かいところは気にしない。
もっと大きなところを見る。
より良いコミュニケーションスキルを得るための基本のスタンスです。
相手が一番頑張った部分って、きっと一番輝いているはずなんです。
私はそう思うんです。
輝いている部分に気がつく人になる。
そんな人になりたいですよね。
相手が一番頑張った部分って、相手だって一番プライドがあるところ。
そんなところを褒める人になりたい。
簡単にはいかないけど、頑張りましょう。
つまりコミュニケーションは減点制ではないということだ、減点制は自分の基準に照らして、相手に欠けているところを探して行く、相手にすばらしいところが あって、そこにエネルギーがかかっていても、自分の基準に合わせなければ切り捨ててしまうと斉藤さんは言っていますが、深く考えてしまいました。
減点制はつまらないと思う。
辛い作業だと思う。
しかしながらつい私もやってしまっていますが・・・
自分の基準に照らして、相手に欠けているところを探して行くというのは悲しい作業だと思います。
相手に欠けているところを探すというのは、自分の悪いところを無視してしまっているということ。
自分にも悪いとこがある。
それを忘れちゃいけない。
相手の悪いところも寛大になれる人になる。
私は、はっきりしている人がどうも苦手で、あまり関わりたくないと思っていました。
でも、それじゃあ、自分の視野は狭いままだし、色んな人と関わった方が、楽しい人生を送れると思う。
理想論かもしれないけど、頑張ってみる。
弱点ばかりを拡大してみるという評価の仕方だと、お互いに共感 が深まらないというのもものすごく納得できました。
共感を深めるためにも、相手の良いところを探す。
頑張りましょう!

より良いコミュニケーションスキルを得るために頑張っていきましょう!


【記事タイトル】ハイレベルな沿う技(コミュニケーションスキル向上ブログの読者投稿)
【記事本文】

ハイレベルな沿う技

コミュニケーションスキル向上に役立つ書籍「質問力」 斉藤孝著 第三章「コミュニケーションの秘訣ー沿う技」より引用ここから

相手の話の中のキーワードをみつける
 
作家の村上春樹と河合隼雄の対談「村上春樹、河合隼雄に会いに行く」にも、高度な沿う技が見て取れる。

村上 関係のなかにいろいろな側面がある?
河 合 そうです。西洋な場合は、どうしてもロマンチック・ラブというのを下敷きにしていますね。ロマンチック・ラブというのは長続きしないんです。もしロマ ンチック・ラブを長続きさせようと思ったら、性的関係を持ってはならないんです。性的関係を持ちながらロマンチック・ラブの考えを永続させようというの は、不可能なことなんだとぼくは思うんです。もし夫婦の関係を続けていこうと思ったら、違う次元に入っていかないとだめですね。
村上 ただ、その性的な関係にも一種の治癒作用はあるのですね。ところが、それはある時点から別のかたちの治癒作用に変わっていかなくちゃいけない・・・そこには井戸掘りが必要なのですか。
河合 そうです。若いあいだは性的な関係はすごく大事だし、治癒作用を持っているけど、それだけではもういけないですね。
村上 その時点で井戸掘りに移行できない人は、別の性的治癒に走るのですか。

夫 婦について河合が「性的関係を持ちながらロマンチック・ラブの考えを永続させるのは不可能である。夫婦関係を続けようと思ったら、違う次元に入っていかな いとだめだ」という話をしている。それに対して、村上春樹は「性的な関係にも一種の治癒作用があるが、ある時点から別の形の治癒作用に変わっていかなけれ ばならない」という言い方をして、そのあと「そこには井戸掘りが必要なのですか」と聞いている。
実はこの対談の前のほうで、河合隼雄が村上春樹の 「ねじまき鳥クロニクル」の日本人的な個を追求するスタイルについて「井戸へ入る」と形容している。それを村上が覚えていて、性的関係の治癒作用をしてい る時に「井戸掘り」という比喩を持ち出してきたのである。比喩はやりすぎると言葉に酔っているいるように見えるからまずいが、ほどほどなら相手の言うこと がわかったということを相手に伝える有効なメッセージになる。
この場合の井戸掘りは精神作用の比喩であり、このキーワードで二人は共感しあってい る。さらに村上は「そこに井戸掘りが必要なのですか」「その時点で井戸掘りに移行できない人は、別の性的治癒に走るのですか」と言う具合に「井戸掘り」と いう比喩をキーワードにして相手の言葉を咀嚼し、返している。
この質問には、「あなたの言っていることを、私はこういうキーワードとして結晶化しました」というメッセージが込められている。すると相手の言おうとしていることと、自分の世界が「井戸掘り」というキーワードで繋がっていく。
相手の言葉を比喩的に言い換えて、自分と相手の話を絡めるやり方である。「自分のキーワードで言えば、それはこういうことだろう」ということを織り交ぜて質問する技である。より引用ここまで

相手の話の中にキーワードを見つける。
相手の話の中で、何が大事か、判断する力がより良いコミュニケーションスキルには必要です。
相手の話をじっくり聞く。
そして考えてみる。
素通りしちゃえば分からないけど、じっくり考えてみれば、分かってくることもあると思う。
相手の話の中にキーワードを見つけて話した方が、話に弾みがつくし、相手も自分の話の中に意味を見出してくれたと思うのでうれしいと思う。
相手の話に意味を見出す。
これがより良いコミュニケーションスキルには必要だと思います。
でも、なかなか、すぐには、意味を見出せなかったりするし、相手の話にも賛成できるか分からない。
でも、頑張ってみる。
少しだけほんの少しだけ深く考えてみる。
これが基本のスタンスだと思います。
苦手なことも苦手と思わないように、ほんの少しだけ努力してみる。
頑張りましょう!
比喩はやりすぎると言葉に酔っているいるように見えるからまずいと斉藤さんは言っていますが、そうかもしれません。
比喩はけっこう、本来のものを大きく見せすぎることがあると思う。
あまり比喩を使いすぎると、話を大きくしすぎだと思われるかもしれません。
たまに使う比喩なら効果てき面だとは思います。
比喩は、ほどほどなら相手の言うことがわかったということを相手に伝える有効なメッセージになると斉藤さんは言っていますが、その通りだと思います。
たまに使う比喩ならカッコいいと思う。
相手が自分の話を膨らましてくれているから。
私は、たまに使われる比喩ならとってもうれしいです。
相手が自分の話を大きくしてくれる。
自分の話に理解を示してくれる。
すごいうれしいです。
私は、あまり、人の話に比喩を使うことはありませんが、今度は試してみようと思います。
みなさんも試してみてはどうですか?
さらに村上は「そこに井戸掘りが必要なのですか」「その時点で井戸掘りに移行できない人は、別の性的治癒に走るのですか」と言う具合に「井戸掘り」という比喩をキーワードにして相手の言葉を咀嚼し、返していると斉藤さんは言っていますが、とても大切なことだと思います。
相手の言葉を理解することが大切だと思います。
理解できないこともあるけど、できるだけ相手に歩み寄ってみる。
自分と違う人間性を持った人でも、きっと何か輝いているものがある。
そう信じることが大切だと思う。
これがより良いコミュニケーションスキルには必要だと思います。
こ の質問には、「あなたの言っていることを、私はこういうキーワードとして結晶化しました」というメッセージが込められている、すると相手の言おうとしてい ることと、自分の世界が「井戸掘り」というキーワードで繋がっていくと斉藤さんは言っていますが、これは本当に大切なことだと思います。
相手の言っていることを結晶化する。
素敵なことだと思います。
自分の持っている言葉で相手の言っていることを表現する。
とても素晴らしいことですよね・・・
表現が気に入りました。
結晶化する。。
みなさんも心にとめておいてはどうですか?
相手の言ったことを結晶化してみて下さい。
私はそれをされたらすごいうれしいし、相手をきっと好きになります。

より良いコミュニケーションスキルを得るために頑張っていきましょう!


【記事タイトル】コミュニケーションスキル向上に役立つ箱田忠昭氏の 『人を動かす話方5つのポイント』音声ファイルの感想を述べます。
【記事本文】

コミュニケーションスキル向上に役立つ箱田忠昭氏の
『人を動かす話方5つのポイント』音声ファイルの感想を述べます。

ポイント1 『ごますり戦法』
ポイント2 『説得力のある話し方』
ポイント3 『交渉する態度の重要性』
電気店の店員は高圧的なコミュニケーションスキルを使う
より下手に行って相手をいい気分にしたほうがうまくいく。
ポイント4 『聞き上手になれ!』
ポイント5 『初頭要求極大化の法則』


【記事タイトル】●コミュニケーションスキル向上でぼろ儲け
【記事本文】

●コミュニケーションスキル向上でぼろ儲け
コミュニケーションスキル向上のためには相手の話を
聴いていることが相手に伝わるスキルを身につけると
よい。
相手をいい気分にさせることを「ごますり」と悪く
とらえるのはコミュニケーションスキル向上の障害と
なる。

コミュニケーションを使って自分の望む結論を得よう
とする意識があるとスキル向上に役立つ。
思い切って大きめの要求をする癖をつける。
できるだけ多くの要求を通す努力をすることで、
コミュニケーションスキルを向上させることができる。


【記事タイトル】コミュニケーションスキル向上について質問を受けたら
【記事本文】

コミュニケーションブログの運営者の添田貴宏(仮名)と申します。
http://comu2.s-teem.com/2009/06/post_44.html
にて、大雑把にご質問に回答させていただきました。
追加質問もお気軽にどうぞ。


【記事タイトル】相手をよい方に解釈する
【記事本文】

コミュニケーション能力向上のために大切なのは、
相手をよい方に解釈することです。
相手をよい方に解釈すると他人との深いコミュニケーション
をする機械に恵まれ能力向上が期待できます。

相手のことをよい方に解釈するだけでも、
うまくやれることは多いです。
悪意がそがれるのです。

相手のことをよい方に解釈するだけで、いい人だと
思われ人間関係は改善されます。
コミュニケーション能力の高い人として
慕われ、さらにコミュニケーション能力
を磨く機会を得られます。

初心者の方は、まずこれを実践してください。
損をすることも初心者のうちはありますが、
全体でみると大きく得をします。
上級者の方には、「相手がいい人にならざるを得ない解釈」
をする方法をお教えして、人間関係をさらに改善し、
コミュニケーション能力を高めてもらいます。


【記事タイトル】ビジネスに忙しくてコミュニケーション不足になり人間関係が悪化
【記事本文】

ビジネスに忙しくてコミュニケーション不足になり人間関係が悪化
するのを防ぐためにも最低限のコミュニケーションが必要です。
人間関係が良ければよいほど無駄なコミュニケーションを認め合う
ようになっているので、ビジネスや仕事に集中したいと伝えておく
ことが必要となります。

人間関係を改善し続けたり維持し続けたりするためには、
こまめなコミュニケーションが役に立ちます。
ですから、細かく短めで充実したコミュニケーションを
行うようにすることを目指すのです。

「仕事やビジネスに今は集中したいから」と一時的に
コミュニケーションを減らす許可をもらっても実際に
そうしてみると人間関係が維持できないと気づくこと
もあります。

コミュニケーションを減らした状態でも人間関係を
維持できているかを毎日でも確認する必要があります。
人間関係は悪ければ悪いほど改善するのが難しいです。

よい人間関係を維持するのはそれほど難しくありません。
しかし、何もしないでいると自然に悪化して改善が
難しくなることもあるので要注意です。

仕事やビジネスで忙しいときは、一番大切なテーマを
中心に濃密なコミュニケーションを行って人間関係を
維持・改善するように努めましょう。


【記事タイトル】はぐらかされることを防ぐ方法
【記事本文】

●コミュニケーションスキルに関する悩み
> 何してもはぐらかされる・・・
> 私は一体何をすればいいんだろう。。
◆コミュニケーションスキル向上で人間関係を改善
何が言いたいかを詳細に語る必要があります。
相手がわかってくれると期待して省略すると何が
いいたいのかわからずに適当に流されます。

相手が真剣に答えることに対するメリットを提示する
ことも大切です。自分のことのみを考えてコミュニケーション
してもうまくいきません。自分の常識が正しいと信じて、
相手に押し付けるコミュニケーションも人間関係を改善
することにつながらないことが多いです。


【記事タイトル】最低限のコミュニケーション
【記事本文】

●最低限のコミュニケーション
捜索願い
受信トレイ
×
返信
詳細を表示 12:43 (11分前)
私の部屋に肌色の布袋 赤い犬の足跡模様あり を捜して

中にDVD入ってるか見て


あるよ。


ありがとう


【記事タイトル】◆コミュニケーションと人間関係と戦争と正義に関する読者投稿1
【記事本文】

◆コミュニケーションと人間関係と戦争と正義に関する読者投稿1
アメリカとビンラディン容疑者の話題で昨日からいっぱいですね。
戦争って人間の本質的なものなんでしょうか?と考えてしまいます。。
私の考えって完全に親から譲り受けたもので、考えればテレビと本の延長線上です。
私がこんなに簡単にこの戦争に関して書けるのも、直接的に私に関係ないからです。。
私って本当に自己中心的だもん・・・
戦争がなくなるように必要なことがあるなら、全ての人間の頭脳を進化させることじゃないでしょうか。。
私このこと書くのも本当にチキンで超びくびくしながら書いてるんですけど。。言います。。
一人でも頭脳を進化させることが欠けたなら、平和って成り立たないのかもしれません・・・と思います。
じゃあ自分はどうなんだよ?!って聞かれたなら、分からないって感じですけど。。
親に「今更良い父親ぶっても無駄なんだよっ」って言っちゃうくらいだし。。
私もpeace of mindにすることにまだまだなんです。相手に自分を支配されている気がする。。
でも新しいバイト始めました。接客です。
戦争をなくすことを考えるなら、WIN WIN コミュニケーションが改めて考えなおされることじゃないでしょうか。。
自分も勝って、相手も勝つってすごくないですか?!この考え方は有名だそうです。有名なのに、私たちに普及しないのもやっぱ本当に難しいことなんでしょうか。。
だってテレビや映画や本って正義の味方に溢れて、それが持ち上げられてるけど、現実の世界は違うじゃないですか。
弱い人が損する世の中だと思う。自分も弱い人間だからです。。
みんな実はそれが凄いと思ってるんだけど、現実の世界に普及にしないのは、なんででしょう。。
戦争のない平和な世の中ってたぶん世界中の人が思ってるんじゃないでしょうか??
なんで実現しないんでしょうか??
不思議です。
私は自分からWIN WIN コミュニケーションな人間関係を持って、何かを始められる一人になろうと思います。地味でいいです。地味に生きたいんです。
まず自分の頭脳を進化させて、頑張ろうと思います。英語の勉強もします。
実は友達から「お前って何したいんだよ?」って聞かれてぱっと私が答えたものは「正義の味方になりたい」です。
その人は正義の味方って言っても色んな見方があるみたいに言ってたけど、私は正義を探求していきたい。
「そんなこと周りに言ったらお前笑われるよ」って言われたけど、別にいい気がする。って言っても超チキンですけど
親にそのことを話したら、それはもう会社に入る人間の言うことじゃない、政治の世界だみたいに言われたけど、不可能ですね。。
うちの親変で、私のこと散々ダメ人間扱いするくせに、ユニセフとかやってみろとか不可能なことを言われます。。絶対無理だってば。。
アルバイトだって続けるの大変だよ。。てか本気で言ってないんでしょうけどね・・・
アルバイトとか簡単に言うけど、働くの大変ですよね。。今ダメでも長い目で人生を見つめようと思います。
WIN WIN コミュニケーション持つことを考えながら、頑張ろうと思います。ってこれは自分に関してか。。
戦争がなくなる世の中になるためにWIN WIN コミュニケーションを得るように頑張っていきます。

GOODWILLHUNTINGに出てきたCIAが朝日新聞に載ってました。。
WILLの言っていたことが思い出されます。

みんなで正義の味方になりたいです。
◆読者投稿に対する意見
WINWINのコミュニケーションが難しいのは、相手を騙したら多くのメリットがあるからです。
そして、相手に裏切られる可能性があると想定するために、自分から裏切る可能性がさらに高くなります。

一旦攻撃を受けたら、追撃を防ぐために反撃をするのが世界の常識です。
テロの首謀者の引渡しを求めても、敵国同士の場合は国内の反発があり事実上引渡しは不可能です。

また、武器商人などは戦争が増えれば増えるほど生活が豊かになり幸せな人生を送れます。
敵国に家族を殺された人間も復習をすることが唯一の生きがいと鳴っていることが多いです。
長期的な洗脳コミュニケーションや人間関係に縛られて、本来戦うべきでない戦争を戦うことも多いですが、
言語や国家ごとの情報管理の仕組みを超えて、現実的にお互いの人間関係を改善するコミュニケーション手段
を確保できなければ、実際に戦争を防ぐのは難しくなります。

中国・韓国・ロシア・アメリカなど大抵の国が、一方的に領土や資金を搾取できるのが最善と考えています。
日本が全然反撃をしないせいで、「中国には尖閣諸島および沖縄」「韓国には竹島」「ロシアには北方領土」
を侵略されそうになっています。また、アメリカには「幅広い分野で経済的に都合の良い国」になることを
求められています。
これを防ぐためには、軍備拡大や核配備により、「侵略は損」と実感させる必要があります。

「戦争をなくす正義の味方」として成功するためにはかなりの力が入ります。
戦争を必要としている人々にとって「戦争をなくす正義の味方」は邪魔な敵であることも忘れてはいけません。

中国・北朝鮮・韓国などの反日教育を行っている国では、「理屈に関係なく日本人を攻撃すべき」と考えています。
こちらがWINWINの提案をしても「卑怯な日本人が騙そうとしている」と考えるため、うまくいいきません。
「弱い人=無能な人」が幸せに生きるためには、「強い人=有能な人」を奴隷のように使うことが必要ですが、
現実的には受け入れられません。奴隷ほど酷使しなくても一方的な搾取さえも許されることではありません。

◆読者投稿に対するアドバイス
「コミュニケーション」のように日本語のほうが一般的な場合は、日本語で表記してください。
今回提示した意見やその他の情報を参考に、ひとつのテーマを掘り下げてたくさんの記事を書いてください。

◆読者投稿2
それは一部の人の場合でしょ??なぜWINWINのコミュニケーションができないか、私は違うもん。
でも、人との関係ってそういう個人の関係が一番の根源なんだよね。そういう人の考えることは分かるよ。みんな色々な理由があるんだろうね。
自分がWINWINコミュニケーションを得て、地味に頑張っていけたらと思います。
色々な人の立場から考えていけたらと思います。でっかいこと言いすぎたかも・・・チキンですが、
このブログを見て下さった方ありがとうございます。頑張ります。

WINWINのコミュニケーションを実現する際に気をつける必要があるのは、「相手に対して十分配慮したつもり」になることです。
相手のことを本気で思いやって尽くしても、迷惑であることさえありえます。
そこまでいかなくても、ありがたみを感じないがためにお礼をしないことはよくあります。
「相手にしてあげたい」事をしても喜ばれないことが多いので、WINWINの人間関係を築けるように、しっかりとコミュニケーションをして、相手が本当に求めているものを探すようにしましょうね。


【記事タイトル】実践的コミュニケーションで人間関係を改善しましょう。
【記事本文】

相手との人間関係を冷静に見て、自分の立場が下なら、相手の都合にできるだけ合わせるようにしましょう。
コミュニケーションをするときは、自分が言いたくなったタイミングではなく相手にとってベストなタイミングで話しましょう。ある程度大事な話でも、相手が大事な仕事をしているときなどに伝えようとしてはいけません。

そうしないと、相手から人間関係を絶たれます。コミュニケーションにより相手の本当の要望を聞き出して、それに答えるようにしましょう。自分独自の公平の考え方にとらわれないでください。たとえ不公平な人間関係でも、絶たれるよりは良いなら努力して維持しましょう。

平等や公平には大きく分けて二つの考え方があります。「どんな悪人も善人も同様に扱う」平等や公平と、「良いことをすれば褒美を与え、悪いことをすれば罰をあたえるというルールをすべての人に同様に当てはめる」タイプの平等や公平です。

現実の人間関係においては、どちらか一方の平等や公平のみが存在することはありません。様々なバリエーションの平等や公平が複雑に混じっています。お互いの考え方が一致していない部分もたくさんあります。コミュニケーションによって、違いをなくすことも重要ですが、なくせない違いを明確に意識することも大切です。

また、すべての人と一つのルールに基づいて人間関係を作る必要はありません。一つ一つの人間関係の「理想のあり方」と「無難なあり方」と「最低限のあり方」を明確にしましょう。

特に重要だったり、うまくいきそうな人間関係でのみ「理想のあり方」を目指しましょう。普通は、そこそこの努力で達成できる「無難なあり方」で程々のメリットを得ます。「最低限のあり方」の達成も難しそうなら、その人間関係は解消すべきです。

相手の考え方や都合をよく理解して、コミュニケーションを取り、人間関係を改善していきましょう。自分の理想にとらわれすぎずに、お互いのバランスを取ることが大切です。


【記事タイトル】甘えさせてくれない彼氏と親と友達に関する相談
【記事本文】

甘えさせてくれない彼氏と親と友達に関する相談
自分を抑えるのも難しいよね…私は寂しいと寂しい寂しい状態になっちゃうから相手のしている事を気にかけられないね…家族も友達もいるけどなんだか孤独なんだよ。。寂しいんだよね…この寂しさに勝たないと上手く生きてけないんだと思う。。私は理想の人間関係をずっと追ってるよ。誰とでも誠意を持って接するということ。できてるかは謎だけど…でもずっとそう思って生きてきた。たぶん損をする生き方だと思う。でもそれを上手く自分の変わらないものとしたいとも思ってるんだ。確かに辛い生き方だね…でも自分を世の中にいるたった一人の存在として見たい。

◆甘えさせてくれない彼氏と親と友達に関する相談への回答
甘やかされて育つと、自分を抑えるのが難しくなります。そのため、甘えさせてくれない彼氏との人間関係はうまくいかなくても、「甘えられたい」人との人間関係はうまく行きやすいです。たいていは、「甘えさせたい気持ち」と「甘えたい気持ち」の両方があると思いますので、それぞれの感情を別の人間関係によって満たすようにするとよいでしょう。コミュニケーションによって一人ひとり違う人間関係に求めるものを理解して、人間関係の改善を目指しましょう。あまり甘えさせてくれない彼氏と付き合う場合は、「尽くす女性」になってずっと大事にされることを目指しましょう。そして、親や年上の兄弟、または頼れる友達に甘えるとよいでしょう。

大人になると、「甘えさせたいタイプの人にしか甘えない」という考え方を持つ必要が出てくる可能性もあります。コミュニケーションにより、「甘えさせてくれない人かどうか」「なぜ甘えさせてくれないのか」など細かい点まで相手のタイプを把握して、どういう態度で接すればいいかを考えて、人間関係の改善をしていきましょう。


この記事のタイトルは「甘えたい気持ちを使ったコミュニケーションによる人間関係改善」でした。


【記事タイトル】誰とでも仲良くなる必要はありません
【記事本文】

コミュニケーションスキル向上で人間関係を改善するというと、誰とでも仲良くすべき、と解釈されることが多いです。しかし、現実的なあなたの人生を良くすることを考えると、仲良くしないほうが良い人とはできるだけ被害が少ない形で距離を取る必要があります。人間関係には、「仲が良いかどうか」意外にも重要な点がたくさんあります。コミュニケーションスキル向上に取り組むなら、人間関係のあなたの役に立つように改善することを考えて良いのです。はっきりいってしまうと、他人をうまく利用するためにコミュニケーションスキルや人間関係構築スキルを使うのです。もちろん、他人を利用することに抵抗があるはずは無理に利用する必要はありません。人間としてあまり尊敬できない人だけ、利用するという考え方もありです。ただ、立派な人ほど利用されることに耐性があることは覚えておいてください。


【記事タイトル】ソーシャライジングできない読者の悩み
【記事本文】

*読者の悩み
ソーシャライジングできない…そういう能力がない…一番の悩みです。

*コミュニケーション能力改善コンサルタントのコメント
ソーシャライジングというのは、コミュニケーション能力を使って人間関係を改善することですよね?具体的な悩みや失敗談をお聞かせください。

*読者の悩み2
上手くみんなの輪の中に入れない…浮いちゃうんです…

*コミュニケーション能力改善コンサルタントのコメント
自分を変えてまでコミュニティの輪の中に入りたいと思える場所はありますか?

*読者の悩み3
自分を変えてまでコミュニティの輪の中に入りたいと思える場所は悲しいことにないですね…

*コミュニケーション能力改善コンサルタントのコメント
コミュニケーション能力によって、人間関係を築ける自信がないと、なかなかそういうコミュニティは見つからないかもしれません。コミュニケーション能力を改善したい、という思いはありますか?

*そういう思いならあります。ちゃんとしたコミュニケーション能力がないとこれから大変だなって思う。どう直せばいいのか分からないですが…

*コミュニケーション能力改善コンサルタントのコメント
大雑把に言うと「相手の発言を理解するスキル」「相手の気持を推測するスキル」「場の空気を読むスキル」「わかりやすく伝えるスキル」の4つのスキルを向上させることでコミュニケーション能力を向上させることができます。苦手な人ほど難しく感じると思うので、それぞれをさらに細かく分解して小さなスキルにして、1つずつ習得していくといいと思います。4つの中で最初に取り組みたいもの、一番うまくできそうなものはありますか?

*一番上手くできそうなのはわかりやすく伝えるスキルでしょうか…4つともものすごくできないので一番自分でどうにかなるものを選びました。

*コミュニケーション能力改善コンサルタントのコメント
ではまずは「わかりやすく伝えるスキル」から解説していきます。まず前提として重要なのは「自分が何を伝えたいか」を自分で明確に意識することです。日本の義務教育には、自分の意見を封印するように仕向ける過程が幾つか存在しているので、「自分が何を伝えたいか」を自分で明確に意識できない人は意外と多いのです。「伝えたいこと」と「頭の中で考えていること」は別物と考えてください。「頭の中で考えていること」のうち、コミュニケーションを通じて他人に伝えて良いことは限られています。まずは、あなたの「頭の中で考えていること」の中から他人に伝えたいと思うことを幾つか選び出して、わかりやすくリストにしてみてください。


【記事タイトル】広告キャッチコピーの作り方ブログのプライバシーポリシーをコピーしました
【記事本文】

「当ブログでは、第三者(グーグル株式会社)配信による広告サービスを
利用しています。
広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品や
サービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへの
アクセスに関する情報
(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません)
を使用することがあります。
このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に
使用されないようにする方法については、
グーグルのプライバシーポリシーのページを参考にしてください。
---------------

現在ヤフーなどの有名なサイトも含めてどこでも
利用しているアクセス情報をしています。
グーグルも社会的使命に燃える優良な会社ですので、
あなたに最適な情報を提供するためにあなたのクッキー
情報を利用しています。

全く実害はなく、あるのはメリットだけですが、
個人情報保護法の縛りがあるので記載させて
いただいています。

詳しくはグーグルのサイトを閲覧してください。

広告キャッチコピーの作り方ブログのプライバシーポリシーをコピーしました


【記事タイトル】リーダーシップ関連の訪問者が想像以上に多い!
【記事本文】

当ブログにご訪問いただいている方が関心を持っているキーワードをランキングにしてみました。数値は左から順番に、「キーワードの検索数」「そのキーワードで検索した方がご覧になる平均のページ数」「そのキーワードで検索した方の平均のサイト閲覧時間」「そのキーワードで初めて当ブログを訪問された方の割合」「すぐに当ブログを見るのをやめた人の割合」となっています。このデータを元にブログの運営方針を決めていますので、参考にしてください。

1.
リーダーシップ理論 62 1.58 00:00:51 90.32% 67.74%
2.
リーダーシップ 具体例 17 1.00 00:00:00 5.88% 100.00%
3.
リーダーシップ論 16 1.75 00:01:16 100.00% 56.25%
4.
コミュニケーションスキル 11 1.27 00:00:16 100.00% 72.73%
5.
リーダーシップ 理論 11 1.91 00:01:11 100.00% 63.64%
6.
経営 リーダーシップとは 7 1.71 00:01:14 100.00% 57.14%
7.
コミニュケーションスキル 6 1.50 00:00:21 100.00% 50.00%
8.
コミュニケーションスキルの向上 6 1.33 00:00:11 100.00% 83.33%
9.
コミュニケーション能力 向上 5 1.40 00:00:40 100.00% 60.00%
10.
コミュニケーション スキル 4 1.75 00:00:43 100.00% 50.00%
11.
コミュニケーションスキル 向上 4 1.75 00:00:41 100.00% 25.00%
12.
ドラッカー リーダーシップ論 4 2.00 00:02:27 75.00% 25.00%
13.
リーダーシップ 論文 4 1.50 00:00:24 100.00% 50.00%
14.
人間関係 セミナー 4 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
15.
孫正義 リーダーシップ 4 2.00 00:01:44 75.00% 50.00%
16.
コミュニケーションスキル向上 3 1.33 00:00:11 100.00% 66.67%
17.
リーダーシップ理論 定義 3 2.00 00:01:05 100.00% 33.33%
18.
人間関係スキル 3 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
19.
人間関係セミナー 3 1.00 00:00:00 66.67% 100.00%
20.
社長のリーダーシップ 3 1.67 00:00:18 100.00% 66.67%
21.
(not set) 2 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
22.
コミュニケーションスキルとは 2 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
23.
リーダーシップ 発揮 有名人 2 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
24.
リーダーシップ 経営者 2 1.50 00:00:43 100.00% 50.00%
25.
リーダーシップのある有名人 2 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
26.
リーダーシップ本 2 1.00 00:00:00 0.00% 100.00%
27.
リーダーシップ論 ドラッカー 2 1.00 00:00:00 50.00% 100.00%
28.
リーダーシップ論 本 2 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
29.
リーダーシップ論文 2 1.50 00:00:23 50.00% 50.00%
30.
人間関係能力 2 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
31.
民主党事務局 平塚 2 1.00 00:00:00 50.00% 100.00%
32.
社長 リーダーシップ 2 1.50 00:01:44 100.00% 50.00%
33.
経営者のリーダーシップ 2 1.50 00:00:39 100.00% 50.00%
34.
pm理論 具体例 1 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
35.
ケータイ コミュニケーション能力向上 1 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
36.
コミニュケーション スキル 1 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
37.
コミニュケーションセミナー 1 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
38.
コミュニケーション スキル 向上 1 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
39.
コミュニケーション スキル 関係 1 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
40.
コミュニケーション 手段 ありがとう 1 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
41.
コミュニケーション力 向上 1 1.00 00:00:00 0.00% 100.00%
42.
コミュニケーション技術向上 1 3.00 00:01:22 100.00% 0.00%
43.
コミュニケーション能力 セミナー 1 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
44.
コミュニケーション能力 人間関係 1 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
45.
コミュニケーション能力 向上 方法 1 4.00 00:03:03 100.00% 0.00%
46.
コミュニケーション能力のセミナー 1 2.00 00:01:22 100.00% 0.00%
47.
スキルセミナー 1 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
48.
セミナー 人間関係 1 2.00 00:00:14 100.00% 0.00%
49.
ドラッカー 具体例 1 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
50.
リイダーシップの七条件 1 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
51.
リーダシップ 経営者 1 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
52.
リーダーシップ 1 3.00 00:01:36 100.00% 0.00%
53.
リーダーシップ syatyou 1 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
54.
リーダーシップ ある人 例 1 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
55.
リーダーシップ 定義 ドラッカー 1 2.00 00:00:35 100.00% 0.00%
56.
リーダーシップ 書籍 1 3.00 00:00:17 100.00% 0.00%
57.
リーダーシップ 発揮例 1 2.00 00:00:51 100.00% 0.00%
58.
リーダーシップがある著名人 1 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
59.
リーダーシップとは 具体例 1 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
60.
リーダーシップのある経営者 1 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
61.
リーダーシップの具体例 1 4.00 00:02:18 100.00% 0.00%
62.
リーダーシップ書籍 1 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
63.
リーダーシップ著名人 1 2.00 00:02:34 100.00% 0.00%
64.
リーダーシップ論 井形 1 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
65.
リーダーシップ論 経営 1 6.00 00:36:15 100.00% 0.00%
66.
リーダーシップ論 論文 1 3.00 00:02:27 100.00% 0.00%
67.
リーダーシップ論の展開 1 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
68.
リーダーシップ論の本 1 3.00 00:03:21 100.00% 0.00%
69.
リーダー論 本 1 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
70.
不公平 甘えてみたい 1 3.00 00:03:14 100.00% 0.00%
71.
人づき合い 改善講座 1 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
72.
人は利用し利用されたらいい 人間関係 1 7.00 00:40:26 100.00% 0.00%
73.
人付き合い 克服 セミナー 1 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
74.
人間関スキル 1 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
75.
人間関係 コミニケーション能力 1 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
76.
人間関係 改善 講演 1 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
77.
人間関係のスキル 1 2.00 00:00:34 100.00% 0.00%
78.
人間関係向上セミナー 1 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
79.
人間関係能力とは 1 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
80.
企業経営者 リーダーシップ 1 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
81.
会社経営 リーダーシップ 理論 1 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
82.
南場智子 書籍 1 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
83.
基本的なコミュニケーション技術のうち重要と思う技術は 1 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
84.
変革型リーダー 事例 1 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
85.
孫正義 リダー論 1 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
86.
孫正義 経営戦略 1 1.00 00:00:00 0.00% 100.00%
87.
孫正義 習慣 1 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
88.
孫正義と稲盛 1 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
89.
孫正義のリーダーシップ 1 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
90.
宗一郎 由来 1 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
91.
対人関係改善 目的 ビジネス 1 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
92.
役員のリーダーシップとは 1 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
93.
書籍 リーダーシップ論 1 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
94.
本田宗一郎 リーダーシップ 1 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
95.
本田宗一郎 孫正義 1 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
96.
社長リーダーシップとは 1 2.00 00:00:20 100.00% 0.00%
97.
稲盛和男リーダー論 1 2.00 00:02:35 100.00% 0.00%
98.
経営のリーダーシップとは 1 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
99.
経営リーダー 条件 1 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
100.
経営者 リーダーシップ 1 2.00 00:00:15 100.00% 0.00%
101.
経営者のリーダーシップとは 1 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
102.
著名なリーダー 1 1.00 00:00:00 100.00% 100.00%
103.
論文 リーダーシップ 1 2.00 00:01:17 100.00% 0.00%


【記事タイトル】悩み相談のリスクとメリットと良い方法
【記事本文】

人間関係を改善するために欠かせない悩み相談におけるコミュニケーションスキルを向上させる方法について書いていきます。この方法を利用することで、コミュニケーションスキルが高い人と同じくらい簡単に悩み相談により人間関係を改善できます。

秘密保持契約を結んだ場合や守秘義務のある職業を除けば、ある程度悩み相談の内容が公になるリスクはあるでしょうね。秘密保持契約や守秘義務を破られることさえ、少なくないですから。相談者側からすると「秘密にしておきたい私だけの特別な悩み」だとしても、頻繁に相談を受ける側からすると「よくある定番の悩みでFAQにしておくべき内容」と見られることも多いのが情報が公開される原因の一つでしょう。

また、プライベートでの相談でも、相談を受けた人が第三者に相談することもよくありますね。家族の悩みについて「うちの娘がこんなことで悩んでいるのですが…」「私の彼氏がこんなことで悩んでいるのですが…」という相談もよくあります。本当は自分の悩みであることが多いですが、「友達がこんなことで悩んでいるのですが…」という聞き方は決まり文句といってもいいほどの悩み相談の定番ですね。大抵の悩み相談の内容は自分の知らない所で第三者に知られていると考えて間違いないと思います。

こういうことを考えると悩み相談をしづらくなりますが、冷静に考えますと、一人で悩みを抱えているよりもよほどいい方向に行く場合が多いです。「悪用しやすい悩み」が「悪い人に伝わる」という位のことがない限り、問題は起きませんね。むしろ、「どうしてもっと早く言ってくれなかったの?」と親身になって考えてくれる人のほうが多いので、「もっと早く相談すればよかった」と思うことの方が多いものです。

「これは秘密にしておいて欲しい相談なのですが…」と事前に行っておけば、情報が漏れる可能性をかなり低くすることができます。また、悩み相談に支障がない範囲で、悩みの内容や文体や話し方を変えておくというのもいい方法です。悩みの解決には、多くの人の意見を参考にしたほうがうまくいくものも多いですから、情報漏洩のリスクに配慮しながらも、できるだけ多くの頼れる人に相談する習慣をつけるとよいでしょうね。そうすることで、悩み相談に関するコミュニケーションスキルがどんどん向上していきます。


【記事タイトル】人見知りが初対面のコミュニケーション能力を高める方法
【記事本文】

◆人見知りのコミュニケーション能力を高める教材
普通は人見知りを解消するためには、「なんでもいいから思い切って話してご覧」とアドバイスすることが多いです。実際に、話しかけてみると相手もうまく会話を成立させるために努力してくれるので、それほど上手く話しかけなくても大丈夫なことが多いのです。ただ、それでもどうしても話しかけられない人には「コミュニケーション能力を高めるための、シチュエーション別の最も最適な話しかけ方」という教材を提供します。

◆人見知りがコミュニケーション能力を高めるためには
この教材を使うと、特定のシチュエーションでは問題なくスムーズに話すことが出来るようになります。そして、その成功によって初対面の会話自体に慣れて、他のシチュエーションでもうまく話せるようになるのです。これを繰り返すことでコミュニケーション能力はどんどん高まっていきます。人見知りの自分でも自然に対応できると思える内容ならば、人見知りの人でも気軽に話しかけられるようになるのです。

◆人見知りがコミュニケーション能力を高めるのは難しい
人見知りの人にとっては「気軽に話しかける」というのが難しいので、「緊張しながら話しても不自然じゃない内容とコミュニケーションスタイル」を提案させていただいています。初対面の方に対してはほぼゼロに近いコミュニケーション能力を高めたい方はぜひご相談ください。といっても、人見知りの方がいきなり見ず知らずのブログにコメントするのは難しいかもしれませんね。今後は、このブログがコメントしやすくなるように様々な工夫を凝らしていきますので、ぜひ継続的にチェックしてください。

◆子供の時から人見知り
子供には人見知りが多いですね。見知らぬ人には恐怖を感じるから当然です。特に、体の大きな大人に対しては無意識に恐れを持つので、大人に対して人見知りであることが多いです。子供どうしだと、誰から話しかけてくれれば、スムーズに話せるものですが。成長の過程で、「人と話せないと損をする」と何度も実感する中で、思い切って人見知りの殻を破るのが普通です。ただ、いつまでもその殻から抜け出せない人も少なくありません。

◆人見知り芸人
しゃべるのが仕事で、うるさいくらいテレビでしゃべっている芸人が人見知りというのは以外です。ただし、よく考えてみると、人見知りの子供も親の前では雄弁であることが多いですし、人見知りの大人も家族や友人の前では結構喋る人が多いです。多くの人は「緊張するとしゃべれなくなる」のですが、人見知りは見知らぬ人を見ると「緊張してしゃべれなくなる」タイプと考えることができます。見知らぬ人を恐れるのは、「嫌われるのが怖い」「怒られるのが怖い」「変な噂をされるのが怖い」などの理由があるでしょう。個人ごとに理由は異なるので、個別に解決していく事が必要です。

◆小声でぼそぼそしゃべる人見知り
人見知りの中でも軽度の人は、ある程度見たことある人が相手ならば、「小声でぼそぼそしゃべることは可能」です。なぜ、小声でぼそぼそしゃべるのかは個人ごとに理由がありますが、「第三者に聞かれているのが嫌」という理由が多いです。人見知りの人は、学生時代から集団の中で黙っていることが多いので、周りの集団の会話がすべて入ってくるのです。そうすると時には、「恥ずかしい話」「人を怒らせる話」なども入ってきます。そして、「自分もあんな話をしてしまうかもしれない。あんな話をしてしまうくらいなら黙っていたほうがいい」と考えてしまうのです。

◆壁を超える人見知り
もともと人見知りで相手とうまく打ち解ける自信がないからこそ、最初の一言の言い方を学んで関係をうまく作っている人たちがいます。私達が考えて「会話をはじめるテンプレート」はたくさんのパターンがあるので、各人が自分にあったものを見つけることに成功しています。


【記事タイトル】接客販売の仕事でコミュニケーションスキル向上!
【記事本文】

コミュニケーションスキル向上で人間関係を改善する努力をされている読者からの体験談の投稿をいただきました。ありがとうございます。

何にもしない人生はつまらないですよね。。

何か生きがいがないと。

毎日、誰とも関わらないでも仕事をしなくても毎日生きていけるとしても、やっぱ何かしらしていた方が喜びは大きいと思う。


仕事は、コミュニケーションや人間関係に関する新しい発見もできて、自分が自由になるお金も稼ぐ事ができるんですよね。

昔は、家庭の事情でいつも家にいる生活をしていました。何年か前に精神的に病んでしまってしまった事もあり、仕事はあまりせず、家にいる事ばかりしていました。結婚はしていないので、今の自分の家族のために家事をする日々、、、毎日朝10時まで寝て、生産的ではない日々、、、毎日、毎日つまらないなぁなんて思っていました。かといって仕事をして人間関係失敗するのも怖いし・・・新しい人と出会って、新しい人間関係を築く自信もないし・・・そんな生活、つ・ま・ら・な・いですよ~~~~いつも家にいる生活なんて。けっこうななまけものな私がいうんだから、本当につまらない訳です。

その後、やっとバイトで雇ってもらえて、パン屋さんで働きだした訳ですが、そこでの経験は楽しかった!!!仕事つまらなそうとかの出発点だったから、新しい人と出会って、時には失敗もしたりするけど、楽しい事も多くて、お金も稼げるし、自分の幅が広がった気がしました!お客さんも優しい人が多くて、頑張っていれば評価してもらえるし、失敗して怒られても、次のお客さんが良い人だったら笑顔もらえてまたまたやる気が出てくるし、良いサイクルで仕事できるんですよね。まぁ何と言っても、ゆるい感じの仕事場の雰囲気だったので、上の人に怒られたりとかしなかったのですが、、、どんなに失敗しててもね。

そう、怖がって何もしない人生なんて本当につまらない。何でもやってみないと感想を語ることもできないし、それが本当に何なのか一生分からないまま終わってしまいます。ということに最近気づいたのですが、、、


これからは正社員になるために就職活動する予定です。正社員になって、もっと色々な経験をして、お金も貯めて、、、という将来を想像しているのですが、、、そのためには、コミュニケーションスキル向上で人間関係を改善する力が欠かせませんね!


ボランティアも週一で通っていた時もあるけれど、発見の度合いがやっぱり違うんですよね。ボランティアも素晴らしい事だと思うけど、仕事のがやはり気合いが入ってしまうといいますか、、、発見することが明らかに仕事のが大きいです。ほんとうの意味でコミュニケーションスキル向上につながるのは仕事です。人間関係の悩みも仕事の方が真剣です。


人間関係で悩んでいる人にオススメするのは、接客のお仕事!自分だめだなと思っている時に特に効果的です。何と言っても、本当に色々な人と関わる事ができるんですから。色んなお客さんがいて、この人は笑顔くれるとか、厳しい人もいるなとか、本当に色々な人がいると分かります。お客さんが、厳しい理由は、ただ機嫌が悪かっただけなんだ・・・と分かります。人間関係が上手く出来ない人でも私のような方でも、頑張っていれば、評価してもらえるし、楽しいです。友人との人間関係ともまた仕事は違いますね。だから、バイトでも接客を体験して、世の中には色々な人がいるなぁ、、、自分が悪いはずなんて100パーセントあることはないんだまた次に新しい人との人間関係を築こう!という気になるわけですよ。


仕事は自信に繋がります。そういうサイクルが人生の楽しみに繋がる気がします。私がよい接客の仕事を見つけてコミュニケーションスキル向上とともに人間関係を改善する力を身につけたサイトを紹介します。仕事を見つけるための話し合うのもコミュニケーションスキル向上には欠かせませんね。スタッフの方との人間関係も大切です。

接客販売のお仕事なら「ヒトコム」


【記事タイトル】「甘えさせてくれない」「相手の良いところを見つける」というテーマでよろしく
【記事本文】

◆読者投稿のお願い例
午前中にできらだけはやく「甘えさせてくれない」というテーマでコミュニケーションや人間関係に関する記事を書いてメールで送ってね。「相手の良いところを見つける」というテーマでも書いて送ってね。ちなみに、「甘えさせてくれない」「相手の良いところを見つける」というテーマで前にも記事を書いてもらったけど、前回の記事は使わずに全く別の記事として書いてね。「甘えさせてくれない」「相手の良いところを見つける」という言葉は、そのまま何度か使ってね。よろしくね。

◆読者投稿例
今日は甘えさせてくれないというテーマで記事を書こうと思います。甘えさせてくれないという事に関しては、私が大人になってから悩んでいる事の一つで、これも大人になったからしょうがないのかなぁなんて思っています。

私は、兄弟構成は姉がいて、従兄弟の中でも一番下という順番なので、いつも小さい頃は甘えるということをしていました。周りにいつも甘えてばっかりだったと思います。何か分からないところがあったら、誰かに聞けばいいやっていつも思っている感じですかね。小さい頃は周りの店員さんにも優しくされるじゃないですか。それがいつまでも続くのが当たり前と思っていました。

ですが、大学生特に20歳以上になってから、周りの目が変わりました。周りの人達がもう甘えさせてくれなくなったんです。もう大人なんだからという目で。だから、それに随分とショックを受けました。何で甘えさせてくれないんだろうとかずっと考えてて、気づいたんですね。それはもう私が大人なんだからと。自立するのが当たり前なんだと。

それから、、、自立するために、色々なことを試しました。英語を勉強して、料理もたくさんして、ボランティアもやって、バイトも頑張って、朝早く起きるのを定着させて、就職活動もして、、、、今は紹介予定派遣として、茅場町で事務してます。何でそんな事で思うかもしれないけれど、みんなそんな事してることだしって思うかもしれないけど、自信を持つことが大切だと思うんです。

甘えるという事は、自信がないことの裏返し。だと思います。自信を持っている人は、やっぱ精神的に自立しています。その自立というのも色々な観点から見れそうだけど、、、人の悪口ばっかり言って、人の批判ばかりしてる人は自立しているとは言えないですよね。そういう人は今だに他の人に甘えているんだと思います。

理想の人間像ー自分の意見は最終的に自分で決める。人の批判を容易にしない。人の良いところを見つけるのが得意。他の人に甘えない。周りの人に流されない。甘えさせてくれないと私は悩んでから、そこから色々始まって、、、色々試して、、、今は自立への道を頑張って歩んでますけど、意外と大人って楽しいですよ!!子供の頃の周りがいつも甘えさせてくれる状況って、楽かもしれないけど、それは周りが自分を決めているみたいなところもあって、、

自立していると、また違った景色が見えて、一つ大きな山から大きな風景を眺めている感じです。私もまだまだですが、まだ登り途中で、でも少しは高いところまで登れて景色を見れていると思います。私も、何もかも上手くいかない時期があって、、周りが甘えさせてくれないから悪いって心のどこかで思っていたんですね。でもそこから、頑張って。

甘えさせてくれないから、やっぱり成長できるものも大きいと思う。自分を成長させるよう、奮闘しましょう。大きくなったら政治に関しても不満が出てくるし、こんな世知辛い世の中だし、悲しくなっちゃう時もあるけど、でもそれなら自分がもっと大きな人間になろうと。というかなるしかないんだと思います。少しずつでも良いから、自立できるよう頑張って、積み重ねていく。そうすれば、数年後、違った景色が自分の中で見れると思います。


甘えさせてくれないというテーマに関してもう一度記事を書こうと思います。

甘えたいというのが、人の欲求としてどうしてもあると思うんです。子供の時は甘えるのが当たり前かもしれないけれど、大人になると甘えることはそんなに出来なくなります。私は大人になってから周りが甘えさせてくれない事に関して、大きなフラストレーションを抱えていました。

小さい頃は末っ子で従兄弟の中でも一番下ということもあり、周りにいつも甘えていました。しかし、大人になり周りの自分への対応が変わり、甘えさせてくれなくなったのです。甘えるということが、大人になり出来なくなり、大人ってつまらないなぁなんて思っていました。

そこから、甘えたがりから自立への道を歩み始めました。自分の事は自分で決めるようにして、できるだけ親に頼らないようにとか、周りの意見に流されないようにとか、、仕事もちゃんと見つけて、今は紹介予定派遣として、茅場町で事務をしています。

ちゃんとした仕事を持っていると気持ちも全然違ってきます。仕事ですので、しっかり自分の出来る事を素早くこなしていかないといけないので、そんな事を考える余裕などないのです。大人ってつまらないなぁって思っていましたが、ちゃんとした仕事を見つけて、自立への道を歩むって大変かもしれないけど、やりがいはあるし、楽しいです。何と言っても、全ての自分に関する決定権が自分にあるのですから。

甘えている状況では、やはり周りが自分のあり方を決めているという状態でした。しかし、ちゃんとした仕事を持った今、全ての決定権は自分にあります。甘えさせてくれない状況から、自分で人生を切り開いていくのは楽しいです。そう思うと大人のが全然楽しいかもしれませんね。自立を目指して、もっともっと頑張ろうと思います。


【記事タイトル】相手の良いところを見つけられる人は、得をすると思います(読者投稿)
【記事本文】

相手の良いところを見つけられる人は、得をすると思います。相手の良いところを見つけられる人は、最初からそういう人だったんじゃなくて、年を重ねていくごとに相手の良い所を見つけられるようになった努力家なのかもしれません。相手の良いところを見つけるって、案外難しいですよ、、誰だって嫉妬とかあるし、相手を上に見るって難しいじゃないですか、、

でもそこは素直に。相手のちょっと良いところが見つかったら、言ってみましょう。「私、あなたのそういうところが好きだ」って。ここで素直な人なら「ありがとう」って言ってくれると思います。ひねくれている人なら「全然そんなんじゃないよ、君変わってるね」って言われるかもしれません。そこはもう賭けですね。すごい親しい人にしか、相手の良いところを伝えないという手もありますし、、

でも、いちかばちかで、相手に伝えてみて、「ありがとう」って言ってもらえたら、そこから何か始まるかもしれないし、、人生って賭けなんですよね。本当にどうなるか分からないけど、素直になりたいってみんな思ってるけど、それは簡単な事ですよ。悪い人になるよりずっと。相手の良いところを誰よりも早く見つけて、伝え続ければ良いのだから。素直になりましょう。

◆読者投稿に対するコメント
相手の良いところを見つける気になれる良い記事ですね。相手の良いところを見つけるだけでなく、それをしっかり相手に伝えることも大切と書いてあるところがいいですね。ひねくれている人の中には、内心喜んでいる人もいますし、後で「なんであんな事言ったんだろう」と反省している人もいることも書いてあれば、更にいいですね。相手を褒めるのはいいことですが、タイミングと内容がしっかりしていないと「嫌味に聞こえる」「悪いことをした埋め合わせをしている」「媚びている」「褒め返しを期待しているだけ」と悪い風に思われることも要注意ですね。そうならないように、コミュニケーションスキルを向上させていきましょう!


【記事タイトル】世の中にこなれて来ました。(読者投稿)
【記事本文】

世の中にこなれて来ました。(読者投稿)

最近、世渡りが少し上手くなってきました。アサーティブコミュニケーションやノンバーバルスキルを身につけたおかげですね。上手くっていっても、最初が下手過ぎたので今普通に近づいた感じですが。会社の人達と少しずつ上手くできるようになってきた。何で上手くできるようになったかというと、人間関係というものが少しずつ分かってきたのです。(アサーティブコミュニケーションとは、言いたいことを上手に伝えるコミュニケーションスキルのことです。)

それは、みんな人に関心がないということです。少しは思っているかもしれないけど、そんなに深くは考えていないということです。傷つかれること言われたとしても、そんなに本気で考えてる人いません。アサーティブコミュニケーションを学べばわかりますが、うっかり思ってもいないことを言ってしまうことも多いのです。

私は、今まで色んな職についてきたのである意味自信があるんです。この仕事がクビになってもどうにかなるでしょうみたいな。資格も頑張って取ったし。これ、すごい大事ですよ。この仕事を逃しても、次なんとかなるという強みを持っているということは。そういう気持ちを持っていると、世の中上手く渡れます。アサーティブコミュニケーションのスキルを身につければ、言いづらいことを上手に伝えることができますが、相手によってはどんなに上手に伝えても怒り出す可能性はあります。そんなときに、怒り出すことに対する不安が小さくなれば安心してアサーティブコミュニケーションのスキルを使えます

以下のアクセス情報を元に記事を改変しました。

 

検索単語リクエスト数
アサーティブコミュニケーションとは51
ノンバーバルスキル11
良いところを見つける10
ノンバーバルコミュニケーション8
人のいいところを見つける7
相手のいいところを見つける6
人のいいところを見つける方法6
話を聞いてもらうには5
相手のいいところ4
甘えたい気持ち4
相手の良いところ4
話を聞いてもらう方法4
コミュニケーションスキル アサーティブ3
人の良いところを探す3
タイプ別コミュニケーション3
コミュニケーション スキル アップ 書籍3
面白い コミュニケーション3
相手の良いところを見つける3
アサーティブコミュニケーション3
コミュニケーション 改善3
コミュニケーション 映画3
基本的なコミュニケーション技術3
アサーティブコミュニケーション とは3
対人関係能力向上のためには2
コミュニケーション能力 家族2
話しを聞いてもらう方法2
仲良くなるまでは コミュニケーション2
セミナー情報  人付き合い2
アサーティブ 意味2
コミュニケーションランキング2
[その他315

◆読者投稿の改変への反応
ありがとうございます。
アサーティブコミュニケーション大事ですね。
ブログにアサーティブコミュニケーションの良い記事を書けば人が集まるかもしれないですね。
これからもアサーティブコミュニケーションについての記事を調べて書きます。

よろしくお願いします!


【記事タイトル】統合失調症の彼女を持つ人の読者投稿
【記事本文】

◆統合失調症の彼女を持つ人の読者投稿
統合失調症の彼女とのコミュニケーションを考える際に、このブログを参考にさせて頂きました。彼女は、統合失調症の症状のせいか、大学にあってから出会ったのに、子供の頃から知っていた運命の人だった、という空想に固執しています。

病的な思い出し笑いを繰り返しているのですが、その内容を聞いてみると全く面白くありません。ユーモアセンスの個人差ではなく、ただの空想のストーリーにすぎないのです。

彼女が話す話は、ほとんどすべてが空想です。個人的には、真面目な事実ベースの話しより空想の話のほうが面白いので楽しんでいます。ただ、定期的に、空想の話に同意を求めてきたり、空想の世界の事実を確認を行って来るのが嫌ですね。

彼女の空想の話には、彼女と恋する気持ちと願望があふれているので楽しいです。また、ひどいことを行ったりしてしまっても、空想と現実の区別がつかないので、忘れてくれるのがありがたいです。

どんな問題があっても彼女のせいにしてしまえば、納得してくれるので、いつも安定した関係が気付けます。統合失調症の彼女と付き合っているとコミュニケーションの奥深い部分に気付けました。

というより、統合失調症の彼女の存在自体が面白いので、本気で精神科医を目指したいと考えています。同じく統合失調症の彼女を持つ人とも交流していますが、統合失調症の人にも個人差がかなりあるので、自分の彼女は良い方だと思いました。

リスパダール投薬治療をはじめる前には、「誰かに見られている」「あなたが私の周りのすべての人間を操っている」「あなたの先輩が集団ストーカをしている」などと、なんでも人のせいにする嫌な空想ばかりしていました。

ただ、リスパダール投薬治療をはじめてからは、いつも思い出し笑いをしていて、楽しそうに生きています。何が面白いのかを聞くと、過去を書き換えるタイプの空想話のオンパレードで、最初はドン引きしましたが、その中にも明確なパターンがあることがわかったので、楽しくなって来ました。

家族の方々は、精神科医の方に「空想を否定するのはよくない」といわれているのか、父親と兄弟は空想の話に乗っかって、母親は空想の話をわらってごまかすそうです。

私は、空想の話を否定しまくるタイプですが、それで症状が悪化することもなさそうです。徹底的に否定したら、空想の現実の区別ができていないことが理解でき多様で、たまに「空想の話だけど」という枕詞を使ってコミュニケーションをしてくれるようになりました。

といっても、完全に否定したからといって統合失調症の症状が治ることはないので、相変わらず妄想を続けているのですが、完全に否定しても大丈夫だと知ったら、コミュニケーションがだいぶ楽になりました。

相手を完全に否定しても人間関係を維持できるという安心感は、家族や親友などとのコミュニケーションの心地よさと通じるものがありますね。彼女の相手をしていると仕事に支障がありますが、自営業なので致命的なダメージにはなりませんし、謝罪のお金をシッカリ払ってくれるので安心です。

突然、統合失調症の彼女の話を投稿してすみません。是非記事として使って、私のことや彼女のことを分析してください。また投稿しますので、よろしくお願いします。

統合失調症の彼女を持っている人は、責任感が強すぎて思いつめている人が多いように感じますが、私のようにある程度無責任なタイプだと楽に付き合えます。というか、そうでないと無理でしょうね。

◆統合失調症の彼女を持つ人の読者投稿への返事
読者投稿ありがとうございます。あなたは変わった体験をしているので、非常に面白いと思います。ただ、情報量が少ない上に、センシティブな問題なので、今回は診断をしたりすることは避けます。よかったら、また時間のあるときに投稿してください。


【記事タイトル】姉との人間関係を社会人の妹が語ったらこうなります
【記事本文】

◆姉との人間関係を社会人の妹が語ったらこうなります

そして昨日は、姉と久しぶり会いました!
プロフィールにも書いてるんですが、
姉はいま関西で働いており、私より3歳年上です。
私と同じアパレル業界で働いていますが、
職種はまったく違って企画やバイヤー的な事をしているらしいです。

今 出張でこっちに来ており、忙しいなか何とか時間を作ってもらって会う事ができました
先日帰省した時に、姉だけに会えなかったので良かった
今回はさすがに時間の制約があったので、
次はゆっくりプライベートで遊びに来るらしい

姉は水曜日まで横浜に滞在しているらしいです。
大人になったら姉妹でもあまり会えなくなるんだなぁ・・って少し寂しくなりました


楽しみにしてた3連休も簡単に終わりました
来週は4日間しか平日がない週で、忙しくなりそうです
また頑張ります!


【記事タイトル】コミュニケーションスキルは文章で磨く?例
【記事本文】

CD音源を保存しているフォルダを整理していたら尾崎豊の卒業を見つけたので再生することにした。

ただ、今の若者に尾崎豊いいよ!なんて言ったところでなかなか聞き入れてくれはしないのだ。

今の時代、校舎の窓ガラスを壊してまわることもないし、盗んだバイクで走りだすこともないし、時代遅れなのだ。

でも心の中で思っていることとか、もやもやしていることっていうのはいつの時代も共通していると思う。

≪最初に≫

ぼくは普段から音楽を聴く趣味はない。でもたまにこうやって聴くことがある。

≪過去のはなし≫

ぼくの育ってきた環境は、そんなにいい環境とは言えないものだし、むしろあまり良くないかもしれない。

ぼくの両親はぼくが小さい頃に離婚して、僕は母とふたりでアパート暮らしをしていたわけだが、

母は夜のしごとをしていたので、おっさんどもがぼくによくあれこれプレゼントをくれていた。

ぼくがケーキが食べたいと言えばケーキだったし、図書券が欲しいと言えば図書券だった。

ちなみにぼくは今、ケーキとかそういった甘いものは好きではない。甘いものにはもううんざりだ。

ぼくはとても無愛想で生意気な子どもなので、いつもむすっとしていた。

母は生意気なぼくを叱ってばかりいたし、毎日痛いことばかりで、ぼくは人生をやめてしまいたいと思っていた。

でもぼくは口ばかりで実際にやめてしまうことはなかった。

ぼくはおとなってやつらが大嫌いだったし、気持ち悪かった。

でもぼくは、かなしいことに、ぼくが嫌悪していたやつらと同じなんだってこと。

ぼくは男がきらいなんだよ。そう、気持ち悪いからね。そもそもにんげんってやつらが嫌いなんだよ。

あいつらは猫とかインコと違って醜い生きものだからね。

ぼくはいつだって、矛盾している。

≪じぶんを語るはなし≫

ぼくはカラオケボックスがだめだった。あの空間は何か異様な空間で、ぼくはたまらず泣き出してしまったんだ。

ぼくは暗い廊下がだめだった。襖の向こうから明かりが漏れているのに、ぼくは泣きわめいてしまったんだ。

ぼくは反射神経がよい。ぼくの頭を撫でようとした生徒会長の手をぼくはとっさに回避することに成功した。

嫌いだったからではない、家でいつもぶたれていたから、自分の近くに手が伸びてくると避ける癖がついただけだ。

会長さんがいたから、ぼくは、いまこうやっていられるんだよ。なんて本人には言わないさ。

ぼくは花火がだめだ。ぼくのママはいつも大きい音を出すから、ぼくは怖くて怖くてたまらなかった。

ぼくは今でも打ち上げ花火がだめだし、人の大きな声もだめだ、ぼくはみんなが思っているより繊細だということ。

ちなみにぼくの声はスカイプだと大きく聞こえるかもしれないが、実際の声は小さめだから耳を傾けてあげてね。

ぼくはにんげんってやつらが大嫌いだ。そしてぼくは、にんげんってやつらのしあわせを願っている。

ぼくはひとが多く集まるところがこわい。笑い声だけじゃなくて、人の声もいやだ。やめてくれ。

でもぼくはあいつらの笑顔がきらいじゃない。あいつらの笑顔を見ると悲しくなるが、ぼくは、まもりたい。

ぼくは実は年下の男の子、だいたい高校生とか大学生くらいがすきだ。キャンディーズのはなしではない。

かわいくてかわいくて仕方ない。大事にしてあげたくなるんだよ。

≪見られるじぶん≫

ぼくの人気なポイントを紹介しよう。

「明るいところ」「元気なところ」「よく喋るところ」「おもしろいところ」「ノーテンキ」「優しいところ」

これがみんなから言われるぼくのポイントだ。

≪好きな音楽のはなし≫

最初に書いたようにぼくは尾崎豊が好きだが、いちばんは宇多田ヒカルかもしれない。

例えば、Time will Tellを挙げよう。ぼくはこの歌を聴くといつも、しにたくなるのさ。

ビルの屋上なんて行ったことないけど、ビルの屋上から空に向かって飛んでみたくなるんだ。

ぼくは空が好きだからいつかあの空に飛びこんでみたいと思っている。

今はもうひとりでカラオケに行くくらいカラオケが好きだからね、まあでもたまに変な空間のカラオケボックスもあるけど。

さて、長くなってきたし、書くのに飽きてきたからこのあたりで切り上げるとするよ( ・д・)

≪もうひとつ≫

愛されたいし、愛したい。


『アサーティブコミュニケーションとは?』のサイトトップへ
まずは最新記事をチェック↓
  • コミュニケーションスキルは文章で磨く?例
    CD音源を保存しているフォルダを整理していたら尾崎豊の卒業を見つけたので再生することにした。 ただ、今の若者に尾崎豊いいよ!なんて言ったところでなかなか聞き入れてくれはしないのだ。 今の時代、校舎の窓...
カテゴリーをチェック
最近の記事
キーワードランキング
『コミュニケーションスキル(能力)で人間関係を美しく』の関連キーワードをリストアップ! このブログのテーマは
コミュニケーションです

人気キーワードの
順位を発表中!
1位コミュニケーション スキル
2位コミュニケーション 論文
3位親子 コミュニケーション
4位家族 コミュニケーション
5位携帯電話 コミュニケーション