アサーティブコミュニケーションとは?

『アサーティブコミュニケーションとは?』のサイトトップへ
 >  『コミュニケーション能力向上の実践的基本トレーニング』カテゴリー記事一覧へ
 >   >  コミュニケーション能力向上で人間関係の悩みを改善しよう

コミュニケーション能力向上で人間関係の悩みを改善しよう

スポンサードリンク

コミュニケーション能力向上の目的は相手を思うようにコントロールすることであってはならない。
強力なコミュニケーション手段の一つである催眠術でも同じことが言える。
催眠術やコミュニケーション能力向上の必要性を感じるのは相手が思うようにならないことが
原因であるから、最初の一歩目でこの考え方を改める必要がある。
催眠術は一方的に相手を操っているように見えるが、お互いの信頼関係を構築するからこそ
安心していうことが聞けるのである。
相手の信頼関係を裏切るような暗示を入れようとすると、催眠にかかりやすい人でも、
急に催眠から覚めてしまうことが多い。
どんなにうまく操っても催眠が解けてから強い反感を買い、直接または間接に復讐を受けることになる。

コミュニケーション能力を向上したい人を引き付けるための一番のえさとなる
「相手を思い通りにコントロールできる」というキャッチコピーに注意することはもうわかったと思います。
とても魅力的な話ですが、こんなキャッチコピーに惑わされてはいけません。
職場の人間関係を改善する方法としてコミュニケーション能力を向上する、
といった今の自分にあった目標に集中することが大切です。
職場の人間関係の悩みの中でも一番重要な部分か一番改善しやすそうな部分に集中するのです。


コミュニケーション能力が向上して、
本当に上級になった時点でも「相手にとっても良い方向に誘導する」以上のことはしてはいけない。
一時的にうまくいったとしても後で相手に「だまされた」という強い恨みを抱かせてしまう。
そして、多くの場合はコミュニケーションの最中にすぐに反感を買うことになる。
相手を思うようにコントロールするというより、相手をいい気分にさせて、
少しずつ相手のことを気遣いながら望ましい方向に誘導するのです。
この方法だと現実社会の仕組みにあっているので実践的なコミュニケーション能力が向上できる。

コミュニケーション能力向上を脳の変化という観点で見てみましょう。
話し上手になるためには発話系の脳番地を変化させる必要があります。
発声トレーニングでも鍛えることができます。歌を歌ったり、一人スピーチでも鍛えられます。
わかりやすく正確な言葉で話すためには言語系の脳番地を変化させるとよいでしょう。
これは、読み書きでも鍛えることできます。
相手の反応を理解するためには視覚系の脳番地を鍛えることが必要です。
相手のことをよくみながら、特に見落としている部分を探しながらコミュニケーションをすると鍛えられます。
聞き上手になるために欠かせない聴覚系の脳番地を変化させることも重要です。

コミュニケーション能力を向上させ続ける仕組みを作ろう。
何度も繰り返すコミュニケーションを自分でセルフモニタリングして、
理性により分析して良い部分と悪い部分を分ける癖をつける。
そしてコミュニケーションをするたびに悪い部分を直す方法を考え、
実践の場でトレーニングを行って少しずつでも直すのです。

コミュニケーションの多様なスタイルを理解し、それぞれの機会にコミュニケーション能力の向上を試みよう。
メール、チャット、セミナー、書籍、雑談、商談、会議、口喧嘩、仕事の指示、研修。
事前にどのようなコミュニケーションをするかを考えることもコミュニケーション能力向上には欠かせない。
何度も何度も予行練習することが大切なのです。


コミュニケーションをする前に頭の中に相手の話を整理するテンプレートを用意しよう。
相手はコミュニケーションにより何を達成しようとしているのか。
自分の話を伝えるテンプレートも用意しよう。
話し方だけではなく態度で示すことも重要である。
それがコミュニケーションの本質なのだ。

コミュニケーション能力を向上させるためには、
相手が言ったことだけを理解するのではなく、
相手が表現しきれなかった感情や考え方も予測するとよい。
相手のコミュニケーションの裏にある心と理性の葛藤に思いを巡らせるのだ。
過去に蓄積された心と理性の記憶がその人のコミュニケーションスタイルを決定づける。
これは向上心がある限り永遠に続ける価値のある実践的なコミュニケーション能力トレーニングだ。

コミュニケーション相手の心と理性を分析して解釈するさいに、
統計的分析は非常に役立つ情報である。
統計的分析により自己分析することも重要である。
自分がどういう人間かを知ると、自分特有のミスコミュニケーションに気づき能力を向上できます。
何度もコミュニケーションを繰り返すことで統計的な判断ができるようにしよう。
直感で相手の言いたいことがわかったと思ったら「統計的な根拠に基づいているか」と
自分に質問してみよう。
毎回、この質問をすることでコミュニケーションにおける統計的な判断能力が磨かれていく。
個性が重視される時代でも、義務教育やマスコミという強力な画一洗脳装置があるので、
統計をとると共通の性格要素がたくさん見られる。

そしてこのように深くコミュニケーションを見た上で、
わからない部分や自分が勘違いしそうな部分をすぐに質問しよう。
質問力を向上させることは、コミュニケーション能力向上の
中でも最も重要なもののひとつである。
そのためには、自己分析により自分の心と理性を見つめる必要がある。

コミュニケーション能力が向上すれば、
「そんなこと聞いてない」などということはなくなる。
コミュニケーションをしているときに「わからなかった部分」は記憶から消えていく。
勘違いした部分は、勘違いが確かな記憶になっていく。
コミュニケーション能力について考えることがなければ、その存在にすら気づけない
ミスコミュニケーションです。
この問題点に気づいた時点でコミュニケーション能力が向上するまで
あと一歩と考えてよいでしょう。

コミュニケーション能力を向上させるためには、
自分が正しくても偉そうな態度を取らない。
正しい正しくないは主観的な価値観にすぎない。
自分が間違っているかもしれないし、ほかに正しい意見が共存しえるかもしれない。
正しいことを偉そうに言われたら、自分の間違いに気付いた人間でも
強い反感を持つのはコミュニケーション学の常識である。


相手のコミュニケーション能力を想像し、相手の思考パターンが
すんなりと受け入れるコミュニケーションを心がけよう。
自分が正しいと思うことを主張するよりもコミュニケーションにより
お互いに少しでもよい変化が起きる方が重要である。
自分の正しさを相手に伝えるのはコミュニケーション能力がかなり向上するまでは
うまくいかないと思って、失敗しておこったり傷つかないようにしよう。

相手に自分のすごさを伝えたい時は自慢話より苦労話にするとよい。
苦労話は不幸話ではない。不幸話はリアクションをしづらく、コミュニケーションの障害となる。
笑い飛ばす感じて深刻さを軽減し、やりがいを強調して希望のある話にしよう。

コミュニケーション能力が向上すれば自慢話でも素直に聞いてもらえるが、
自慢話を異常に毛嫌いする人もいるので相手の素性が知れないときは苦労話が無難。
その人に自慢話がうざい人とレッテルを張られて他の人に言いふらされたら、
コミュニケーション能力が向上してからの自慢話も変な意味にとられてしまう。

根拠のない不安によってコミュニケーションする内容を変えてはいけない。
自分の現時点の信念でいちばんと思える内容を堂々とコミュニケーションすべき。
そのコミュニケーションを客観視する視点を時々持つことで、
コミュニケーション能力向上を図るとよい。

コミュニケーションで人間関係を改善したければ、相手がかけてほしい言葉を
いう癖をつけるとよいです。

コミュニケーション能力向上の初期段階では、自分の得意な形式のコミュニケーションばかり求めます。
そのせいで変な方向に独りよがりな話になってしまうこともあります。
また、過剰な自信から苦手意識が抑圧されているコミュニケーションに関しては
「言わなくても何となくわかってくれるだろう」と思い込んでしまうことがあります。

コミュニケーション能力向上の新しい段階。
それは、話してはいけない自己卑下、不幸話、自慢話、意見の押し付けをする相手と
うまくコミュニケーションすることです。
相手がコミュニケーション能力向上を望んでいるのならば、
指摘してアドバイスをしてもよいでしょう。
自分に近い人で長期的にかかわっていく必要がある人なら、
その方向に誘導する必要もあるでしょう。

相手が「私はだめだ」という自己否定をするとつい「そんなことないよ」
といきなり否定して相手を慰めようとしてしまいます。
相手の心がとりあえずその言葉を求めている場合には問題ありません。
一時的にでも癒されて「ありがとう」と言ってくれる場合も多いでしょう。
しかし、パターン学習が進みすぎて反射的に慰めるようになると、
相手は「私のことに興味ないのかな」と傷ついてしまいます。
時にはじっくり考える様子を見せて、
「自分の否定したい部分を堂々と話せるなんてすごいね。あなたはなかなかいい人間だと思うよ」
というような感じのコミュニケーションをするのもよいかもしれません。

コミュニケーション上級能力向上にうってつけの課題が、相手を改善することです。
教育、指導、コーチング、洗脳のためのコミュニケーションですね。
とくに相手の悪い癖を直そうとするときは、頭ごなしに否定して反感を買ったり、
遠まわしに言おうとして帰って反感を買ったり、
遠まわしすぎて相手に全く伝わらなかったりしてしまうものです。

自分の保身のために乱用するいいわけにはしないでほしいが、今の社会では嘘が重要である。
個人情報保護法やプライバシーが騒がれ隠すことを奨励する傾向があるうえに、
科学的な正しさはまだそれほど重要視されていない。
まだまだ占いで戦争や人の人生、刑罰を決めていた時代の名残がたくさん残っている平成社会。
コミュニケーション能力が向上してくると人間の心の非合理性が本当によく見えるようになる。
その非合理性の問題点を適切に簡潔に指摘できるようになっても、心の非合理性をよく考えれば、
遠回りをした方が賢明である。
スムーズなコミュニケーションを創出できるようになったばかりのときは特に、
社会的な洗脳を対処するときの遠回りの重要性を忘れてはいけない。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

『アサーティブコミュニケーションとは?』関連エントリー

◆人見知りのコミュニケーション能力を高める教材 普通は人見知りを解消するためには、「なんでもいいから思い切って話してご覧」とアドバイスすることが多いです。実際に、話しかけてみると相手もうまく会話を成立...
相手との人間関係を冷静に見て、自分の立場が下なら、相手の都合にできるだけ合わせるようにしましょう。 コミュニケーションをするときは、自分が言いたくなったタイミングではなく相手にとってベストなタイミング...
●最低限のコミュニケーション 捜索願い 受信トレイ × 返信 詳細を表示 12:43 (11分前) 私の部屋に肌色の布袋 赤い犬の足跡模様あり を捜して 中にDVD入ってる...
●コミュニケーションスキル向上と人間関係向上の勘違い 冷静で頭のよいタイプの人間は、他人と距離をとりながら、 頭の中で冷静な思考をすることをよいことと考える。 しかし、社会一般ではコミュニケーションス...
●コミュニケーション能力向上をアナウンサーの話術に 多くのインターネット放送やラジオ番組やテレビ番組では、 「あー」「まあ」「あの」という言葉が多く入りすぎていて 実に聞き苦しいインタビューが標準であ...
●コミュニケーションスキル向上の目的を明確に。 人間関係ごとにコミュニケーションスキル向上により 達成したい目標は異なります。 職場の人間関係ならばただ仲良くなればよいわけではありません。 会社の業績...
●コミュニケーションスキル、言語を丁寧に使う。 思いつきでしゃべるとどもったり、余計なことを いったり、「え~、あの」などと余計な言葉を 大量に話してしまいます。 わかりにくくなりますし、自信がなさそ...
●言語的コミュニケーションスキルの限界。 言語をコミュニケーションに使っている限り、 直列的な情報いがいはほとんど伝わらない。 頭の中では並列思考をするのが自然だが、 言語的なコミュニケーションをして...
幸せになるための人間関係をよくするコミュニケーションの秘訣。 目標を達成するためには、つまり、幸せになるためには人間関係の良好を保つことが非 常に大事です。なぜなら、目標が大きければ大きいほど、目標達...
コミュニケーション能力向上の目的は相手を思うようにコントロールすることであってはならない。 強力なコミュニケーション手段の一つである催眠術でも同じことが言える。 催眠術やコミュニケーション能力向上の必...
コミュニケーション能力向上の目的は相手を思うようにコントロールすることであってはならない。 強力なコミュニケーション手段の一つである催眠術でも同じことが言える。 催眠術やコミュニケーション能力向上の必...
コミュニケーション能力を向上させるためには、 相手が言ったことだけを理解するのではなく、 相手が表現しきれなかった情報も予測するとよい。 サイグラムや「さあ、才能に目覚めよう」の「ストレングス・ファイ...
◆「アサーティブコミュニケーション」の意味を理解しよう 「アサーティブコミュニケーション」とは、相手のことを尊重したうえで適切な形で自己主張をするというような意味を持ちます。コミュニケーションをする際...
コミュニケーション能力を向上させるためには、 相手が言ったことだけを理解するのではなく、 相手が表現しきれなかった情報も予測する。 そしてこの広い視野でコミュニケーションを見た上で、 わからない部分を...
コミュニケーションスキル習得のために、相手の性格を分析することは非常に重要です。初対面の人相手に使える、「ほぼだれにでも使える礼儀正しい無難なコミュニケーションスタイル」を習得したら、すぐに相手の性格...
無料なのにすごい情報量です。 限定公開対談をテキストに落とした感じの内容です。...
●コミュニケーションスキル、アップ!盗まない技術● 今回は、『コミュニケーションスキル、アップ!盗まない技術』というテーマの記事です ★興味のある方は読み進めてください ↓ 人の話を聞くのは難しい。 ...
●コミュニケーションスキルアップ「あなたはどう思いますか?」● 今回は、『コミュニケーションスキルアップ「あなたはどう思いますか?」』というテーマの記事です ★興味のある方は読み進めてください ↓ い...
●コミュニケーション能力向上だ!聞き方の3つの法則● 今回は、『コミュニケーション能力向上だ!聞き方の3つの法則』というテーマの記事です ★興味のある方は読み進めてください ↓ 聞き上手には3つの特徴...
●コミュニケーションスキル(聞き方)は、人生の成功を…● 今回は、『コミュニケーションスキル(聞き方)は、人生の成功を…』というテーマの記事です ★興味のある方は読み進めてください ↓ 聞き方で人生変...
●コミュニケーションスキルの基本は聞き方の裏にあり!● 今回は、『コミュニケーションスキルの基本は聞き方の裏にあり!』というテーマの記事です ★興味のある方は読み進めてください ↓ 聞き方は非常に大切...
●コミュニケーションスキル:相手を見るコミュニケーションスキル● 『コミュニケーションスキル:相手を見るコミュニケーションスキル』に・・・ ★興味のない方は ↓ 人気ブログランキング ★興味のある方は...
『コミュニケーション能力向上で人間関係の悩みを改善しよう』関連エントリー記事

◆人見知りのコミュニケーション能力を高める教材
普通は人見知りを解消するためには、「なんでもいいから思い切って話してご覧」とアドバイスすることが多いです。実際に、話しかけてみると相手もうまく会話を成立させるために努力してくれるので、それほど上手く話しかけなくても大丈夫なことが多いのです。ただ、それでもどうしても話しかけられない人には「コミュニケーション能力を高めるための、シチュエーション別の最も最適な話しかけ方」という教材を提供します。

◆人見知りがコミュニケーション能力を高めるためには
この教材を使うと、特定のシチュエーションでは問題なくスムーズに話すことが出来るようになります。そして、その成功によって初対面の会話自体に慣れて、他のシチュエーションでもうまく話せるようになるのです。これを繰り返すことでコミュニケーション能力はどんどん高まっていきます。人見知りの自分でも自然に対応できると思える内容ならば、人見知りの人でも気軽に話しかけられるようになるのです。

◆人見知りがコミュニケーション能力を高めるのは難しい
人見知りの人にとっては「気軽に話しかける」というのが難しいので、「緊張しながら話しても不自然じゃない内容とコミュニケーションスタイル」を提案させていただいています。初対面の方に対してはほぼゼロに近いコミュニケーション能力を高めたい方はぜひご相談ください。といっても、人見知りの方がいきなり見ず知らずのブログにコメントするのは難しいかもしれませんね。今後は、このブログがコメントしやすくなるように様々な工夫を凝らしていきますので、ぜひ継続的にチェックしてください。

◆子供の時から人見知り
子供には人見知りが多いですね。見知らぬ人には恐怖を感じるから当然です。特に、体の大きな大人に対しては無意識に恐れを持つので、大人に対して人見知りであることが多いです。子供どうしだと、誰から話しかけてくれれば、スムーズに話せるものですが。成長の過程で、「人と話せないと損をする」と何度も実感する中で、思い切って人見知りの殻を破るのが普通です。ただ、いつまでもその殻から抜け出せない人も少なくありません。

◆人見知り芸人
しゃべるのが仕事で、うるさいくらいテレビでしゃべっている芸人が人見知りというのは以外です。ただし、よく考えてみると、人見知りの子供も親の前では雄弁であることが多いですし、人見知りの大人も家族や友人の前では結構喋る人が多いです。多くの人は「緊張するとしゃべれなくなる」のですが、人見知りは見知らぬ人を見ると「緊張してしゃべれなくなる」タイプと考えることができます。見知らぬ人を恐れるのは、「嫌われるのが怖い」「怒られるのが怖い」「変な噂をされるのが怖い」などの理由があるでしょう。個人ごとに理由は異なるので、個別に解決していく事が必要です。

◆小声でぼそぼそしゃべる人見知り
人見知りの中でも軽度の人は、ある程度見たことある人が相手ならば、「小声でぼそぼそしゃべることは可能」です。なぜ、小声でぼそぼそしゃべるのかは個人ごとに理由がありますが、「第三者に聞かれているのが嫌」という理由が多いです。人見知りの人は、学生時代から集団の中で黙っていることが多いので、周りの集団の会話がすべて入ってくるのです。そうすると時には、「恥ずかしい話」「人を怒らせる話」なども入ってきます。そして、「自分もあんな話をしてしまうかもしれない。あんな話をしてしまうくらいなら黙っていたほうがいい」と考えてしまうのです。

◆壁を超える人見知り
もともと人見知りで相手とうまく打ち解ける自信がないからこそ、最初の一言の言い方を学んで関係をうまく作っている人たちがいます。私達が考えて「会話をはじめるテンプレート」はたくさんのパターンがあるので、各人が自分にあったものを見つけることに成功しています。

相手との人間関係を冷静に見て、自分の立場が下なら、相手の都合にできるだけ合わせるようにしましょう。
コミュニケーションをするときは、自分が言いたくなったタイミングではなく相手にとってベストなタイミングで話しましょう。ある程度大事な話でも、相手が大事な仕事をしているときなどに伝えようとしてはいけません。

そうしないと、相手から人間関係を絶たれます。コミュニケーションにより相手の本当の要望を聞き出して、それに答えるようにしましょう。自分独自の公平の考え方にとらわれないでください。たとえ不公平な人間関係でも、絶たれるよりは良いなら努力して維持しましょう。

平等や公平には大きく分けて二つの考え方があります。「どんな悪人も善人も同様に扱う」平等や公平と、「良いことをすれば褒美を与え、悪いことをすれば罰をあたえるというルールをすべての人に同様に当てはめる」タイプの平等や公平です。

現実の人間関係においては、どちらか一方の平等や公平のみが存在することはありません。様々なバリエーションの平等や公平が複雑に混じっています。お互いの考え方が一致していない部分もたくさんあります。コミュニケーションによって、違いをなくすことも重要ですが、なくせない違いを明確に意識することも大切です。

また、すべての人と一つのルールに基づいて人間関係を作る必要はありません。一つ一つの人間関係の「理想のあり方」と「無難なあり方」と「最低限のあり方」を明確にしましょう。

特に重要だったり、うまくいきそうな人間関係でのみ「理想のあり方」を目指しましょう。普通は、そこそこの努力で達成できる「無難なあり方」で程々のメリットを得ます。「最低限のあり方」の達成も難しそうなら、その人間関係は解消すべきです。

相手の考え方や都合をよく理解して、コミュニケーションを取り、人間関係を改善していきましょう。自分の理想にとらわれすぎずに、お互いのバランスを取ることが大切です。


 >   >  『コミュニケーション能力向上で人間関係の悩みを改善しよう』のページ上部へ↑
 >  『コミュニケーション能力向上の実践的基本トレーニング』カテゴリー記事一覧へ
『アサーティブコミュニケーションとは?』のサイトトップへ
まずは最新記事をチェック↓
  • 世の中にこなれて来ました。(読者投稿)
    世の中にこなれて来ました。(読者投稿) 最近、世渡りが少し上手くなってきました。アサーティブコミュニケーションやノンバーバルスキルを身につけたおかげですね。上手くっていっても、最初が下手過ぎたので今普...
カテゴリーをチェック
最近の記事
  • 人見知りが初対面のコミュニケーション能力を高める方法
    ◆人見知りのコミュニケーション能力を高める教材 普通は人見知りを解消するためには、「なんでもいいから思い切って話してご覧」とアドバイスすることが多いです。実際に、話しかけてみると相手もうまく会話を成立...
  • 悩み相談のリスクとメリットと良い方法
    人間関係を改善するために欠かせない悩み相談におけるコミュニケーションスキルを向上させる方法について書いていきます。この方法を利用することで、コミュニケーションスキルが高い人と同じくらい簡単に悩み相談に...
  • リーダーシップ関連の訪問者が想像以上に多い!
    当ブログにご訪問いただいている方が関心を持っているキーワードをランキングにしてみました。数値は左から順番に、「キーワードの検索数」「そのキーワードで検索した方がご覧になる平均のページ数」「そのキーワー...
  • 広告キャッチコピーの作り方ブログのプライバシーポリシーをコピーしました
    「当ブログでは、第三者(グーグル株式会社)配信による広告サービスを 利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品や サービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへの アクセスに関...
キーワードランキング
『コミュニケーションスキル(能力)で人間関係を美しく』の関連キーワードをリストアップ! このブログのテーマは
コミュニケーションです

人気キーワードの
順位を発表中!
1位コミュニケーション スキル
2位コミュニケーション 論文
3位親子 コミュニケーション
4位家族 コミュニケーション
5位携帯電話 コミュニケーション